« 器とCOFFEE「花水木」 | トップページ | hay fever »

2007年2月11日 (日)

麦とろの店 じねんじょ倶楽部

数年前、本通り二丁目にありました。永井紙店を南に行った所です。普通のマンションをそのまま使っていて、まるで人の家におじゃまするようでした。昼は麦とろ飯メインの定食、確か1200円と1500円の二種類。1200円のものは、他に、料理一品とお汁・漬物が付き、その一品が素晴らしく、麦飯はお櫃に入ってくるのですが足らなければお代わり可で、十分に満足できるものでした。1500円のものは、とろろ料理一品が付くようでしたが、食べたことなし。夜は5000円で、完全予約制。途中から予約なしでも行けるようになったようでした。昼は二三回しか行けませんでしたが、夜はよくお世話になりました。いつも季節の花が活けてあり、特に春、桜の木が豪快に咲いていたのが印象に残っています。種類は多くなかったかも知れませんが、いい日本酒がおいてあり、ここで過ごす一夜は至福の時でした。ママさんの体力的なことで閉店になったようです。とても残念でした。

近頃、麦とろ飯を出す店があるというので、行って見ました。なんと、じねんじょ倶楽部のすぐ南です。いぶしぎんがあった所でした。名もなき店 自然生(じねんじょう)物語。

携帯の写真で不鮮明ですが、真ん中はアナゴです。これで880円。マアマアでしょう。

Dc021004_1 

|

« 器とCOFFEE「花水木」 | トップページ | hay fever »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 器とCOFFEE「花水木」 | トップページ | hay fever »