« ガネーシュ | トップページ | 温泉津温泉吉田屋 »

2007年3月23日 (金)

緑色なのになぜ「青信号」?

今朝の新聞に出ていました。1930年に初めて信号機が日比谷交差点に設置され、当時の警視庁告示に「緑色信号」となっていた。それがなぜか「青」と呼ばれ、1947年法令で「青信号」になった。一説に、日本語では緑色のものを青と表現することがある、からだと言う。「青葉」「青物」「隣の芝生は青い」など。別の説、青と赤は反対語で、音数も同じで語呂がいい。

これに関連してもうひとつ興味深かったこと:古の日本では、色を示す表現は赤、青、白、黒の四色だけだった。語尾に「い」だけをつけて形容詞になるのはこの4つ。

*****     *****     *****

今日の昼食:長州(フジグラン高陽)のラーメン定食

Dc032301

 

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

|

« ガネーシュ | トップページ | 温泉津温泉吉田屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガネーシュ | トップページ | 温泉津温泉吉田屋 »