« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

やな川←馬些浪嘉(ばさろか)←珍楽

Dc042901 私が知っているだけで、「珍楽」というラーメン屋が広島に四軒あった。今も残っているのは安佐北区三入にある店だけで、中区の二軒はかなり昔になくなったと思う。もう一軒の可部南にあった店が、3年ほど前に閉店、廃業したのかと思ったら、安佐南区川内に移転していた。名前も変わって、馬些浪嘉(ばさろか)。はじめパッと見たとき「ばさらか」だと思った。九州の方言で、大変、たくさん、というような意味だったと思う。また、「ばさらか」というラーメン屋も存在し、九州の道路を走っていると何軒か見るのでチェーン店かもしれない。だから、店に入るまではそのチェーン店が広島に進出したのだろうと思っていた。しかし、ビックリ、厨房には可部南珍楽のオヤジが!しかし、ラーメンを作っているのは若者、何となく似ているので息子だろう。可部南珍楽の名物はラーメンとチャーハンのセット。旨くてボリューム満点、男でもお腹いっぱい。しかし、馬些浪嘉は違った。ラーメンがマアマア、チャーハンは肉系のダシが薄く魅力なし。材料費をケチったか。ここは2年ほどで閉店。今度こそは廃業かと思ったら、安佐北区亀山に「やな川」という名前で復活。若者はいなくなっていた。味はかなり元に戻ったように思う。ラーメンと『半』チャーハンのセットができていて、年を取って昔ほど食べれなくなった私には丁度よかった。今日行ってまた半チャーハンのセットを食べようと思ったら、土曜日曜はないとのこと。何故?どうして?仕方なしに普通のセットを頼んだ。出てきてアレ!量が少ない。軽く食べれました。ムムム・・・

Dc0403051

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

*****     *****     *****

我が家御用達の川中醤油、今日久し振りに本店へ。

Dc042903

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

ピエ・ダングロワ

Dc040606 ウォッシュタイプのチーズ。塩水・ワイン・ブランデーなどでチーズの表面をウォッシュして熟成させるチーズです。一般に、色はオレンジ系の褐色、香りは発酵食品独特で強烈なものが多いようです。表面も柔らかく、口の中でとろけます。このピエ・ダングロワ、ウォッシュにしては色も匂いもそんなに強くはありません。Dc042207 

私、チーズは賞味期限が切れてから食べ始めます。この頃が実に美味です。特にこのチーズ、トロトロになってそれはもう最高でした。

*****     *****     *****

頂き物-私が頂いた訳ではないのですが、お相伴に預かりました。Yさん、いつも有難う御座います。Dc042801

 

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

桜ういろう

Dc042204 東広島の老舗、「さくらや」の和菓子です。春つげ菓子「桜ういろう」。まさに季節を感じる上品な味わいです。Mr.O.H.に頂きました。いつも細やかなお心遣い、有難う御座います。

*****     *****     *****     *****     *****     *****

今日のお昼 さぬきうどん喜志屋(安佐北区落合二丁目30-33)

Dc042202 ぶっかけ+鶏ご飯+唐揚げ=700円

| | コメント (0)

2007年4月21日 (土)

サンフレッチェ・よし家

Dc042103_1 サンフレッチェの応援に行きました。今シーズン2回目。1回目、マリノスに負け。今日アルビレックスと引き分け。次は勝つかな。2回ともナイトゲーム、2回ともハーフタイム頃から雨。今回初めてタオルを貰いました。ウレシ。

Dc042104

*****     *****     *****     *****     *****

今日の昼食:よし家(南千田西町)

Dc042101 ざるうどん+ミニカツ丼=750円 味も量もヨシ

隣にある不思議なお店(さーたんの独り言2006.11.26参照)

Dc042102

*****     *****     *****     *****     *****

もひとつオマケ:安佐南図書館の山水木 今日の写真全部携帯・・

Dc042105_2

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

鉄板カレー 煉瓦亭仏館

Dc041509 仏館というのは、作っているのがお坊さんだからです。今流行の言葉で言うと、オーナーシェフ。予約が好ましい、とあるのは、別に気取った店だからではなく、一人で全てをやっているからです。最近、手伝ってくれる人が来はじめたようですが、かなりお歳の方で慣れてなく、あまり手伝いになっていないようでした。

Dc041508 店主は70歳、とても元気な方です。我われ以外に3組、計8人の食事が出来、次の客まで時間があったので、厨房から出てきて話をしてくれました。「火垂るの墓」の世界を生きたこと。戦後世話になった人の導きで、仏教の世界への憧れをずっと持ち続け、遂に50歳で出家、7~8年比叡山で修行を。現在はカレー屋(実はカレーだけではない)以外に、店を休む月曜・木曜を中心に指圧、リンパマッサージをやっているとのこと。ここからの話しが長く、治療予定表や診察記録を持ってきての説明でした。リンパマッサージとは、その名の通り、リンパ腺をマッサージすることです。これによって乳癌が防げるとのこと。広島には乳癌が多いそうで、それは広島にはリンパマッサージがないからだと言われていました。もうひとつ、脊髄の大切さを強調されていました。私は背骨が曲がっているので太るのだそうです。

Dc041503_1 さて、カレーですが、ログハウス内の吹き抜けの部屋か、写真のサンルームような所で頂きます。この日我々が一番乗りだったのですが、オーナーはこの写真のところに案内してくれました。先ずはサラダが出ます。これは充分一品になるほどのものです。瑞々しい野菜ばかりで、ドレッシングもまた上品で美味でした。

Dc041510 カレーには有精卵を生でかけてくれました。マイルドになるということで、確かにそうなりました。だから、卵がなくなったあとのカレーはスパイスが強く感じられ、辛さが私好みになってきました。私には卵なしの方がよかったのでは・・・また行かねば・・・Dc041513_2

ご飯の後ろに隠れて見えませんが、ジャガイモを焼いたようなものが添えられていて、超旨でした。

三次市三和町羽出庭2749-16 電話 0824-52-3635

営業時間 12時~14時:17時~19時

***** ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****

タラの芽

Dc041519

 

 

 

 

 

やちよ産直市にて

 

  

| | コメント (0)

2007年4月17日 (火)

試写会の舞台挨拶

試写会に行くと偶にスポンサーからのプレゼントがあります。先日「東京タワー」の試写会に行きました。映写前の説明の時に、終わってからプレゼントがあるというアナウンスがありました。もったいぶった言い方で感じ悪かったので終わってすぐ出ました。何だったかというと、オダギリジョーが来た・・ということでした。へー。普通、監督や俳優が挨拶に来るときは事前に予告があるのですが、このようなパターンは初めてです。

かなり前になりますが、「霧の子午線」(1996年)という映画の試写会に吉永小百合が来るというので、せっせと応募して当選しました。広島東映という大きくない劇場だったので結構間近で見ることが出来ました。その時は岩下志摩も来ていて、熱烈なファンが数人、女性ですが、花束をあげていました。吉永小百合には何もなし。私が持って行けばよかった・・・

「雨あがる」(2000年)の試写会も印象に残っています。小泉尭史(監督)、寺尾聡、小西真奈美が挨拶に来ました。映画が終わった時、出口が異常に混んでいます。何事かと思ったら、3人が出口いるのです。初めに挨拶して終わった時にもまだいる、などということは、これが最初で最後です。携帯で寺尾聡とのツーショットを撮って貰いました。画像が不鮮明ですが、大切にとってあります。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

天下一品

「たっぷり野菜のちょい辛いラーメン」Dc041101

あのスープが、あっさり野菜スープになっています。これはこれでグッド!

中筋店、安佐南区中筋一丁目3-10、
京都が本店で全国展開、200店舗以上あるようです。

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

2010年11月の店舗。Dc112403

| | コメント (0)

2007年4月 9日 (月)

せんじがら

Dc040805 広島の珍味、だそうです。ホルモン料理屋で売っているものを貰って食べたことがあります。今日、久地PAで発見。佐伯区の会社が作ったものでした。
簡単に言うと、豚の胃を油で揚げたものです。原材料名に、豚(胃)・油脂(大豆油を含む)・食塩・調味料(アミノ酸等)とあります。ちょっと癖はあるが、酒のつまみに最高です。

Dc040801_1 こごみ
そんなに珍しいものではありませんが、たかた産直市できれいなものを売っていました。おひたしにして夕食に頂きました。美味。 

 

 

 

| | コメント (0)

ピットイン エトワール

54号線、勝田三叉路を過ぎてちょっと、左側。カレー屋ではないが、メニューにはカレー絡みが多い。本日はトンヒレカツ丼定食、850円を頂く。ここはどれも量が多い。

Dc040802
老夫婦がゆっくりと食事をしていました。女性のほうがボケているような感じでした。われわれが行ったときほとんど食事が終わっていましたが、食後の珈琲を楽しみ、われわれが帰るとき二人がトイレから戻るところでした。どうやら男性が女性を連れて行ったようです。このような使い方が出来る場所っていいですね。

小学校低学年の子供を連れた夫婦がいました。食事が終わっても、二人は本(マンガ?)に熱中、子供が暇そうでした。

中年男性が一人でやって来てカレーを注文、そして「ビール!」。注文を聞いた女性、「お車ではありませんか?」。「はい・・」「お車の方にはアルコールはお出し出来ません・・」

| | コメント (0)

桜満開

所用があり北へ行きました。途中54号線のあちこちに桜が咲いていました。ポツンと一本咲いているもの、何本か並んでいるもの、色々ですが、どれも満開できれいでした。残念なことに、天気がよくありませんでした。昼過ぎには雨まで降ってきました。桜は青空に映える花だと思います。
Dc040801 大林付近(車の窓から)。
Dc040803 八千代湖畔(これも渋滞中の車の窓から)。左の方、桜のすぐ上の黒い屋根の建物が「花水木」(2月4日参照)。
Dc040804 西風新都ICを出てすぐ、奥畑付近。

おまけ、我が家の近く。

Dc040601_1 もうひとつ、おまけ。たかた産直市で購入。たぶん桃、店の人も断言しなかった。

Dc040806

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

大吟醸の酒粕07

岡山県鴨方に丸本酒造という酒蔵があります。自らを農産酒造と呼び、酒米作りから取り組んでいます。代表銘柄は「かもみどり」です。「竹林」というお酒もあり、これが自分たちで有機栽培した山田錦を使って醸したものです。販売している店は岡山以外では関東に多いようです。数年前蔵見学に伺って以来、たまにお邪魔して購入しています。

Dc032090 昨年たまたま、ここが大吟醸の酒粕を販売しているというのを知り購入しました。粕汁大好きな私には堪らないものでした(奥さんの調理もうまい!)。マイルドで濃厚、口の中で旨みが広がり何とも言えない香りが漂います。

Dc040604 今年も手に入れました。美味しく頂いています。

| | コメント (0)

2007年4月 3日 (火)

喜味喜

Dc040307「きみよし」と読みます。動物園を越えたところ、太田川の河畔にあります。田園風景の中、独特の形で異彩を放っています。昔は普通の食堂で、普通の船の色だったような気がします。

セットメニューで、ラーメンに半チャン、唐揚げと小鉢、さらに珈琲がついて1000円。味は、普通に旨い、ぐらい。

Dc040305

 

ここの店のいい所は、川に面したカウンター席から正面に見える景色です。とても落ちつきます。

Dc040302

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »