« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

小田実 死去

6月5日の日記に書いた小田実が亡くなった。恐らく、もう一冊の本は完成しなかっただろう。昨30日の未明、75歳。ネットで知ったが当然この日の新聞には出ない。今朝の朝日は一面左下。三面記事にも、文化欄にも記載あり。後者に、鶴見俊輔の追悼文が掲載されている。

ながいあいだ一緒に歩いてきた その共同の旅がここで終わることはない

しかし、何かが終わった感じがする。いや、既に終わっているのだが、その象徴として彼の死がある。特に彼のファンという訳でもない私がそう感じる。

1989年の暮、サミュエル・ベケットが死んだ。大いに崇拝していた私は衝撃を受け、一つの時代が終わったことを実感した。同じ言い方だが、既に終わっていたのだが、その象徴として彼の死があった。

世の中も、私も変わった。ベ平連は遠く、ヌーボーロマン・不条理演劇も遠い。行動することもなく、思索することもない。久し振りに、小田実、サミュエル・ベケットを読んでみるかな。

[オマケ] 同じ30日、ベルイマン(89歳)、アントニオーニ(94歳)が亡くなったそうだ。同時代の監督とは言えないかも知れないが、『愛のめぐりあい』(95年)はリアルタイムでみた。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

京料理 たん熊 北店

「文月」御膳             前菜Dc073003Dc073004

 

 

 

 

 向付                 吸物Dc073005Dc073006

 

 

 

  

 揚げ物               焼物  Dc073008 Dc073007_1

 

 

 

 

 御飯・香の物Dc073009

 

デザート(写真を撮らずに食べた)

小さな葡萄が三粒のったマンゴー

 

とってもお上品なお食事でした。

中区胡町6-26 福屋八丁堀本店9階 

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

ビール(続)

様々なビール購入、第2弾。一体全体何種類あるのでしょう。Dc072803

前回と合わせて30種類。ビール/発泡酒/その他。

[キリン]ラガー、クラシックラガー、一番搾り、ザ・ゴールド、ブラウマイスター、ニッポンプレミアム/淡麗生、淡麗グリーンラベル/円熟、円熟黒、のどごし生、良質素材、モルトスカッシュ。

[アサヒ]スーパードライ、プライムタイム/本生ドラフト、本生アクアブルー、贅沢日和、スタイルフリー/新生3、ぐびなま、極旨。

[サントリー]ザ・プレミアム・モルツ/マグナム・ドライ/ジョッキ生、金麦

エビスビール、エビス<ザ・ブラック>、エビス<ザ・ホップ>/サッポロドラフトワン

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

蕎麦切り あしゃぎ

もり蕎麦を頂きました。以前聞いたところによると、外一で、つなぎに独特のものを使っているとのことでした。相変わらず美味です。Dc072801

このお店、全てが独特です。まず場所はおよそ店が成立しそうな所ではありません。古い住宅地のど真ん中で、そこに行くまでの道はちょっとの間だけですが車が一台通れるだけの幅しかありません。Dc060301

お店は古い民家を増改築して、古い良いところを残しながらモダンな作りになっています。新旧の絶妙なバランスです。Dc060304 

店主の知り合いが編集してくれたというクラシック系のBGMが流れていてとても落ち着くことが出来ます。午後のひと時読書をさせてもらえたらと思います。Dc060303 

蕎麦の写真以外は二年程前のものです。今日は客が多くて写真が取れませんでした。その当時、店主はあまり宣伝するつもりはないと言ってました。最近テレビや雑誌にちょっと出ましたが、その考え方はまだ生きていると感じました。出来ればあまり混まないことを願うばかりです。

「あしゃぎ」とは沖縄の言葉で「離れ」と言う意味で、俗世間を離れて、という思いが込められているようです。なぜ沖縄の言葉が使われているかというと、奥様が沖縄出身とのこと。そういえば昨年末、出産のため二ヶ月ほど休業でした。今日小さい子供が奥さんにまとわり付いていて・・・・・半年で歩き回れるわけもなく、二歳になった上のお子さんでした。

安佐南区山本八丁目1-22-9

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

フーレン亭

可部に開店した中華料理店です。廿日市にあった店が移転した、とか、支店を出した、とか、よく分かりません。ラーメンが旨いという噂は聞いたことがあります。場所は、安小峠から移転した酔香園があった所です。その前はカレー屋さんだったと思います。Dc072701

ラーメンを食べようと思っていたのですが、坦々麺があったのでつい心変わりしてしまいました。チャーハンとのセットで650円!「辛い」と書いてあり、色も辛さを主張していますが、実際はそうでもありません。麺が美味しく、油が多いが意外にあっさりした旨みのあるスープでした。チャーハンの出来もなかなかです。次はラーメンを食べなければいけません。安佐北区可部3-40-16

| | コメント (1)

2007年7月26日 (木)

キリン亭

中華料理店だが、長崎の、を付けた方がいいだろう。店内には長崎県のポスターがたくさん貼ってある。長崎の中華(長崎化した中華)と言えば、チャンポン、皿うどん、だ。ここは、どこかのチェーン店とは違って、本当の長崎の、チャンポン、皿うどん、だ。Dc072603

この色合いが長崎です。Dc072601

Dc072602

 

 

麺は左のように極細。

 

佐伯区
城山一丁目
17-5

波出石交差点を北へ
左側(西側)すぐ
 

 

*****

2013年1月追加

Dc011306

道路拡張工事が行われ、昔店の前にあった駐車場がなくなりました。今は裏に5・6台分。このあたりも変わりました。

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

新藤兼人

NHKのクローズアップ現代で取り上げられていた。95歳だそうだ。これまでに監督した作品が47、書いた映画の脚本は238になる。最新作は、今週末(広島は9月1日)公開、自らの体験を基にして、原案・脚本・証言(出演)の『陸に上った軍艦』。戦争は個を破壊する、ということを一番に伝えたかったそうだ。まだ、5~6本のシナリオが頭の中にあると言っている。

私が初めて見た新藤作品は、1970年の『裸の19才』だったと思う。連続ピストル射殺事件の永山則夫を取り上げたものだ。とても心を揺さぶられた。そこに展開する世界は、その頃まで普通の生活を送ってきた私の想像を絶する世界だった。その描き方は、永山を糾弾するものでもなく、擁護するものでもなかった、と思う。

一番衝撃を受けたのが、1960年の『裸の島』だ。もちろんリアルタイムではなく、過去の日本名画を上映する「広島市映像文化ライブラリー」で見た。白黒映像で、セリフなし。このような世界があるのか、と思う反面、この生活こそが日本人の原点だ、とも思う。心に重く残る作品だ。

その後いろいろ見たと思うが、印象に残っているのは、『北斎漫画』、『墨東綺譚』あたりだ。

「クローズアップ現代」で紹介された今の新藤監督―――刻み込む感じが好きだから、原稿は鉛筆で書く。忘れた字に出会う、ということがあって勉強が好きで、今も英会話を習い、フランス語やロシア語を学んでいる。一人暮らしをしているが、思索が出来る、ボーっとした時間が過ごせる、ので寂しくない。

『陸に上った軍艦』、楽しみだ。

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

グラマーペイン

2年程前に石内バイパスに出来たパン屋さん、福山が本店のようです。行こうと思いつつ、休日には列ができると言うことで躊躇っていました。確かに平日でもかなり混雑していました。Dc072304

固有名詞だからとやかく言うことは無いのでしょうが、gulamour は glamour ではないでしょうか。pain も「ペイン」と読むと英語で苦痛になってしまいます。フランス語ではパンのことで、読み方もパンです。あるいは、フランス語ではないのでしょうか。店に行ったら聞いてみようと思っていたのですが、混んでいてとても聞けるような状況ではありませんでした。聞いても答えることができるような人もいませんでしたが。ほとんどがバイトと思われる若者で、対応もマニュアル化されたものでした。Dc072302

実にたくさんの種類のパンがありました。Dc072303 

何故か場違いな、豪華なシャンデリア。左奥にちょっと見えているように、仕切りがなく釜が置いてあるので、エアコンが効いていません。

バゲット、エピ、ハードトーストを購入。バゲットは評判通り、なかなかに美味しいものでした。

佐伯区八幡東4丁目31-23

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

ラーメン「御麺」

ビッグアーチに上がる左の飲食店が数件集まっているところにあります。以前に豚骨、醤油を食べたので、今日は塩を頂きました。どれもそこそこ美味しいラーメンです。Dc072301

問題は接客、雰囲気でしょうか。初めて行ったときよりはよくなりましたが、まだ柔軟性に欠けると思います。安佐南区大塚西4-8-32

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

ジョアンの「大男のバゲット」

Dc072106 広島三越の地下にあります。以前は、焼き上がりが夕方なので「夕焼けバゲット」と言う名前だったような気がします。1日1回5時ごろにしかないのでなかなか買えません。昨日は、舞台挨拶付きの「夕凪の町桜の国」を見たあと寄ったら、湯気を立てている熱々のものがちょうど出てきました。Dc072110

 

右、普通の食パン。

 

 

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

とうふ料理「かわ島」

佐賀県唐津が本店のお店、福屋八丁堀店9階にあります。Dc072104

奥さんは、ざる豆腐膳、1155円。私は麻婆丼、1050円。Dc072105

豆腐屋とはいえ、麻婆豆腐はなんとなく変な感じ。しかし、旨い!どうも味噌が入っているようです。その為か凄い色です。辛さも、注文する時かなり辛いですよ、と言われたとおり、本当に辛いものでした。辛いのが好きな私がちょうどでした。

Dc072103

 

おかわり自由だったのに、

このようなものが!

 

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

ラーメン「いちのや」

東蟹屋町交差点のすぐ西にあります。獣系と魚介系のダブルスープで、無化調、素材に拘っているようです。開店してすぐ(1年半ぐらい前?)に行ったときより美味しくなっていると感じました。塩ラーメンと瀬戸内ジャコ飯を頂きました。食べている途中でふと閃いて、ご飯を残ったラーメンのスープに投入しました。ジャコ飯だけでも美味しかったのですが、ラーメンスープご飯、有木屋に負けず劣らず、たいそう美味でした。

Dc072009

東区東蟹屋町1-11、「いちのや」のまえは「東麺房」でした。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

*****

2014年8月、追加。

一時期店主が体調を崩し休業していました。結構長かったような気がします。あまり通らないところなので何時なのかはよく判りませんが、先日営業していることに気付きました。

Dc080811

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

広島市中心部の駐車場

何時頃からかははっきり覚えていないが、かなり前から福屋の幟町駐車場を利用している。福屋ポイントカードを持っていて福屋で買い物をしなければいけないという条件はあるが、4時間の駐車サービスがあるので映画を見る時に便利である。以前は土日でも楽に止めることが出来たが、最近は知れ渡ってきたのか列が出来ていることが多い。

その前は、広島パーキングをよく利用した。ここは大抵のところの駐車サービスが使える(福屋:2時間、天満屋・三越・など:90分、他に中央商店街など)。金を払う場合は三川町パーキングを利用した。駐車スペースの横幅が極端に狭いのが欠点だが、プリペイドカードを使うととても安かった。その三川町パーキングのあったところが何時の間にか更地になっている。そういえば、中国醸造との絡みでニュースになっていたような気がするが、思い出せない。*その後、きれいな駐車場ビルになっています。

鷹野橋に映画に行くときはコインパーキングを利用する。1時間100円というのがある。この辺り、30分100円はざらにある。詳細はこちら
西平和大橋の近くに、40分100円というのがあった。この所、20分100円が崩れてきたようだ。

Dc072001_1 Dc072002

駐車場とは関係ないが、右の写真に写っている七福人、昼行ったら一軒しか営業していなかった。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

地鶏 瑞穂

広島駅の北に所用があったので、久し振りに行きました。定番の親子丼を注文。昔は味付けが濃かったけれど、マイルドになっていました。値段も、確か千円だったのが、千二百円に。雰囲気は変わることなく抜群でした。Dc071801

東区光が丘14-9、隣にあった光が丘スイミングスクールがなくなっていました。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

竜崎温泉 潮風の湯

山口県の周防大島にあります。1年程前に増改築したそうです。Dc071616

奥のトンガリ屋根の所が以前からあるもの。男風呂と食事処。手前が増築された部分。二階に女風呂、リラクゼーションルーム、休息所、一階はロビー、売店、フィットネスルーム、プール。Dc071604

男風呂。といっても週ごとに男女が入れ替わるようです。窓の外は大島富士といわれる嵩山(だけさん)、海も見え、なかなかの景色です。お風呂は、手前が源泉(22.4度)浴槽、奥が加熱浴槽(この浴槽は大きい)。サウナ・水風呂もあります。左右の外には小さな露天風呂が一つずつ。泉質は、中国地方でも屈指の塩化物強塩泉。加熱すると薄茶色になり、セピアの湯と称していました。Dc071612

名物 『アナゴ釜飯』。「ちどり」というお店で、他にも宿や店を経営していて、どうやらこの施設の管理を委託されているようです。

パンフレットにあった料理長の言葉:

われわれ料理人は、そこにある食材と会話しながら調理します。

食材に失礼のないように、「おいしくなれ、おいしくなれ」と・・・。

そして最後に気持ちを込めて塩のひとふり。

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

台風一過・苔玉その後

Dc071505 台風一過、強い風は残りましたが、爽快な夜明けでした。

*****     *****     *****     *****     *****

Dc071406_1

 

苔玉、元気です。と言うより、苔玉に生えている植物が元気です。巨大になりました。根が大きくなって苔玉を破壊するのではないかと心配しています。土がポロポロこぼれています。

土といえば、苔玉を水につけた時、中からミミズが出てきました!

 

 

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

善七で楽しむ会

竹原の藤井酒造のお酒を楽しむ会です。九種類のお酒を楽しませていただきました。Dc071101

左から、龍勢黒ラベル17BY、善七2007、宝寿酒の道、龍勢涼風生生特別純米生酒、龍勢純米吟醸中取り無濾過生原酒、龍勢備前雄町新酒、龍勢吟造り特別純米、龍勢和みの辛口特別純米、龍勢蔵生原酒吟造り純米中取り無濾過生原酒。何れのお酒も美味しく、幸せな一夜でした。呑善さん、有難う御座いました。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

東海飯店

安佐北区口田南にあった東海飯店が安佐南区祗園に移転、今日が初日でした。口田のあのバラックのような建物(失礼)、使い込まれた風格のようなものがあって好きでした。店主が何時からかテレビに出るようになり景気がよくなったのでしょうか。新しい所は以前焼肉屋があったと思います。奇麗なお店で、口田の店の壁に貼ってあった王貞治の写真などは、何もありませんでした。外の花の中に王監督からのものがありました。Dc070904

坦々麺を頂きました。ここのは赤ではありません。
今日は、麺がちょっと、でした。
Dc070901

連れはタルメンを。ここの看板メニューで、平麺です。Dc070903_1

安佐南区祇園4-50-5、ザ・ラーメンのちょっと南。駐車場10台、少し離れたところに第2駐車場15台もあります。

後日追加。
Dc042731

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

Dining 凡彩

安芸高田市吉田町竹原にあるお店。パンフレットには、『和、仏、伊のテイストで、思考を凝らした創作メニュー』、とあります。

普通の民家を改装したようです。Dc070801_1 

お部屋。Dc070802

お部屋からの景色、盆栽。Dc070809

お部屋からの景色、周りは田んぼ。Dc070811

まずは向原のお茶。料理の最初はぶどうジュース。Dc070804

前菜。(写真をクリックすると大きくなります。)Dc070805

ヴィシソワーズ。普通は冷たいが、ここのは温かい。ちょっと飲んだら美味しくて写真を撮るのを忘れてほとんど飲んでしまった。Dc070806

メインはお魚かお肉を選ぶ。小イワシの刺身 or 若鶏のグリル焼き。Dc070807 Dc070808

ご飯とお漬物、お魚美味。Dc070812

ご飯はおかわりできます。お味噌汁は、素麺とお魚入り。Dc070815

最後は、完熟メロンと飲み物。Dc070817

ご馳走様でした。これで1600円。満足、満足。

二回目へ 三回目へ

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

麺空海

東広島に所用があり、丁度昼なので寄ってみた。予想していたより旨かった。Dc070602

塩ラーメンを頂く。ラーメンの種類によって麺が変わるようだ。塩ラーメンには細い平麺。口中に快感を与え、スープとよくからむ。そのスープは塩と豚骨が絶妙なハーモニーを奏で、濃厚な旨みを出している。背油が少し浮いているが、尾道ラーメンという感じではない。これはほかのラーメンも食べねばならぬ。

西条インターを出て南下、JRの陸橋を越え右折、ちょっと行った左、東広島市西条土与丸5丁目4-34。

再訪、こちら

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

ザ・ラーメン

私的に広島でのベスト4の一つ。場所は昔、佐東バイパスの入口付近で、ロンドンラーメンという赤いバスのラーメン屋が近くにあった。祗園新道建設のためかその頃忽然と姿を消してしまう。テレビで追跡する番組があったことを覚えている。おじさんが見つかり、いつか再開すると言ったような気がする。赤いバスの方は今もあるが、もともとの場所ではないような気がする。営業しているかどうかも不明。Dc070601

なんと言っても、程よい豚骨スープが旨い。麺が、来頼亭ほどではないが、のび気味だった。それはそれで旨かったが、四・五年前にあまりのびないものに替わった。他には、デフォルトのコショウがなくなった。具の多さ、スープのタップリさは相変わらず、500円も変わらず。

安佐南区祗園4-1-7、経済大学入口の南、祗園中学入口のすぐ南。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

内閣支持率:統計学

先月末から今月初めに、内閣支持率が発表された。発表順に:

讀賣新聞 [支持] 34% [不支持] 52% 

毎日新聞 [支持] 32% [不支持] 52%

朝日新聞 [支持] 28% [不支持] 48%

共同通信 [支持] 32% [不支持] 58%

最後のものは、元防衛大臣の発言が不支持に影響しているのか?

以前興味があって統計学をかじった。信頼できる学問だと思った(完璧に理解することは出来なかった)が、数字を鵜呑みしてはいけないとも思った。当然のことだが、必ず誤差があるのだ。

テレビの視聴率はかなり恐ろしいと思う。ちょっとの数字の差が過大評価されてはいないだろうか。それに、何時の間にか、一社の独占になっているのも問題ではないか。

最近は母集団のとり方にも疑問を感じるものが多い。一企業が市場調査をやるのならともかく、特定の集団で行われたものを全体的な傾向のように評価するのは危険だと思う。回収率もわるいようだ。

内閣支持率を見ると、『美しい国へ』内閣も終わりでしょうか。しかし、次も同じようなものかな。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

『失言』

失言というのは、思ってもいなかったことをつい口にしてしまうこと、ではないでしょうか。この場合、撤回することは可能です。昨日辞任した大臣の場合、常日頃思っていたことをつい洩らしてしまった、のではないかと思います。だから撤回したと言っても、心の中は同じなのではないでしょうか。思想信条の自由はありますが、あのような考えを持っている人が防衛大臣とはとんでもないことです。その大臣を庇うだけの首相というのも如何なものでしょう。辞めて当然、というか、ことの重大さを考えれば、首相が罷免にすべきだったと思います。

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

ラーメン「孫吾喰」

かなり前に、恐らく10年以上前に、一度行きました。特別な印象は残っていません。その後、ずーと営業を続け、駐車場が増え、自家製麺という看板が出ました。場所がいいということもありますが、きっと固定客がついているのでしょう。Dc070301

ラーメンとチャーハンのセット、850円を頂きました。確かに麺は独特でした。細い多加水麺で、ソーメンのような食感です。スープは旨みが濃厚で、色ほどには醤油だれが強くありません。チャーハンは上品な味付けです。ガッツリ食べるという感じで、男性客ばかりでした。アストラムライン安東駅から上安の方に行く途中の左側。安佐南区上安1-6-32

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

お好み焼き「やまさ家」

県内1000店のお好み焼き店を食べ歩いた人のことが中国新聞にでていた。その人に食べ歩きを決意させたのがここ。気さくな店主でいろいろと話をしてくれた。二黄卵を使っているが、直接の八昌系列ではなく、ロペズで修行をしたとのこと。そばダブルをお願いすると、一玉ずつ成形し、二段重ねにした。高さのあるお好み焼きになったが、さくっと切れる。押さえないで焼くのがコツだそうだ。Dc070102_1

安佐南区高取北1-4-30サンビル1F。アストラムライン高取駅の北、以前ケー・ザヴールがあったビルです。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »