« 芭蕉布 | トップページ | バラカ »

2007年8月 2日 (木)

満得

広島で一番のラーメンは?と聞かれたら、答えはここです。ネットには出ていますが、マスコミには一切登場しません。この方針は徹底しています。ラーメンの写真を撮ってネットに載せた人がいて、それ以後写真撮影をしないよう小さな文字ですが店内に書いてあります。で、写真がありません。というと頑固オヤジがやっているのかと思われがちですが、30歳代(?)位に見える男性が作り、奥さん(?)らしき女性がサービスを担当しています。決して愛想がいいとは言えませんが、最低限の言葉は出ています。恥ずかしがり屋、だと思います。そう考えるとマスコミ嫌いも理解できます。昔、年配の男性が厨房にいたのですが、何時の間にかいなくなりました。今の店主のお父さんで、現在は周防大島の「みかちゃん」という店で、同じラーメンを作っているそうです。店の前まで行ったことはあるのですが、未食です。

熊本ラーメンです。スープは、豚骨白濁でマー油が浮きニンニクチップが散らばっています(以前は好みに応じて後から入れたような)。具はシンプルで、チャーシュー、ネギ、モヤシ。麺は自家製、その為か大盛でも同じ値段。加水率が絶妙で素晴らしい歯ごたえです。麺とスープが見事にマッチしています。

午後のみ営業だった土曜が、半年ぐらい前完全に休みになりました。土日祝に開いていないとナカナカ行けません。営業時間は11:30~13:50、18:00~21:30、終了時間は店を閉める時間のようです。以上のことに注意して、まだ行ったことのない広島のラーメン好きの方、是非是非、静かに行ってみてください。中区舟入幸町25-20、住吉橋西詰を少し南へ、西側です。

Dc092905写真がないとさびしいので店の外観を撮りました。
公道に面しているのでこれならいいでしょう。2009年9月追加。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

2012年春に改装。

Dc061902

写真撮影禁止は変わらず。店内も黒を基調、ユニフォームも黒、ラーメン丼も洒落たものに、深い円錐形でちょっと食べにくい、そして、100円値上げ、さらに、大盛りも同じ値段だったのが+100円。夫婦のような男女に加えて、厨房に男が一人増えている。ラーメン自体はさほど変わらず、油が増えたかな。土曜日の昼営業が復活しています。

Dc090509

|

« 芭蕉布 | トップページ | バラカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芭蕉布 | トップページ | バラカ »