« 早朝ウォーキング | トップページ | らーめん酒家「かべ3丁目」 »

2007年9月21日 (金)

朝の挨拶

ウォーキングをしていると、多少の例外はあるが、大抵すれちがう時に挨拶をする。ほとんどの場合、「おはようございます」である。偶に会釈・目礼を交わすこともある。

会釈・目礼は日本の文化だ、と思う。慎ましさ・へりくだった感じを表す日本の文化だ、と思う。最近はどこでも声に出して挨拶をする。これ自体は悪いことではないが、何処と無く浅薄な感じがする。

恐らく、始めはファーストフード店でマニュアル化されたのではないかと思うが、「いらっしゃいませ、こんにちは」が今や到る所で聞かれるようになった。この挨拶、心が感じられずまるでロボットが言っているようだ。

ついでにもう一つ。店員が、「ありがとうございました、またおこしください」と言う時、両手を前に組む。この言葉も動作も、マニュアル化されているようだ。感謝の気持ちも、またの来店を期待するという気持ちも伝わってこない。

言葉の教育が叫ばれている。しかし、心の教育が抜け落ちているのではないだろうか。

|

« 早朝ウォーキング | トップページ | らーめん酒家「かべ3丁目」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早朝ウォーキング | トップページ | らーめん酒家「かべ3丁目」 »