« 長浜ラーメン博多屋 | トップページ | 大手まんぢゅう »

2007年10月17日 (水)

田平屋

やっと行くことが出来ました。カキエキス入りのラーメンを出すお店です。カウンターに座り、カキエキスが濃いという特製ラーメン、750円を注文。ふと前を見ると・・・Dc101702

薩摩芋ではありません。その周りにある石のように見えるもの、岩塩です。モンゴル産とアンデス産(ピンクのもの)。左の四角い形のものは肉などを載せて塩をこすり付けるのだそうです。ラーメンが出来るまで親切なオヤジさんと塩談議など。で、ラーメン・・・Dc101703

原料や醸造法など全てが分かっているお気に入りの醤油を使っているとのこと。ラーメンには合わないかも、と言われていたが、私には結構ピッタリだと思われた。見た目ほど濃くはなく、麺や具と好相性。麺は細くなく太くなく程よい硬さだった。醤油が前面に出てカキエキスは控え目。

食後にまた塩談議。次々に出てくる色々な塩たち。幾つか舐めさせていただきました。ラーメンの塩はフランスのものだそうで、「仏国ゲラントの自然海塩使用店」というボードがありました。ボードの下も塩塩塩・・・Dc101705

Dc101704

これがゲラントの塩。フランスでは、「太陽を風が作り出した芸術」と呼んでいるそうです

珍しいお酒もあるようです。夜、行ってみなければ・・・

南区出汐一丁目3-21。

2号線出汐交差点を北へ少し、東側。

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

|

« 長浜ラーメン博多屋 | トップページ | 大手まんぢゅう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長浜ラーメン博多屋 | トップページ | 大手まんぢゅう »