« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

餓死

散々食い物のことを書いておきながら、このようなニュースを取り上げるのは違和感あるかもしれませんが、一応食い物がらみだし、気になったことなので、今年最後の話題として書きます

「人間食ってなくてももう10日生きてます」「オニギリ食べたい」

経済大国日本で福祉の恩恵を受けられず、「餓死」した北九州の男性(52歳)が日記に書き残した言葉です。私、日本で餓死する人は居ないと思っていました。改めて餓死という言葉の意味を考えると定義が難しいですね。広辞苑には素っ気なく、「うえて死ぬこと。かつえじに。うえじに。」と出ています。人が飢えるのには様々な理由が考えられます。日本には食い物が氾濫しているから飢えることがない、とは言えないということです。調べてみると、厚生労働省の統計では、毎年20名程度が餓死者に分類されていたのですが、95年、61名に急増し、以後、年に80名程度で推移しているようです。この日付を見ると政治の影響が大きいと言えそうです。
近年同じように孤独死も増加していますが(孤独死という言葉の定義も難しいですね)、餓死者の増加と関係ありそうです。因みに、この北九州の餓死者に対して、行政担当者は孤独死という見方をしていると報道されていました。
このニュースでもう一つ驚いたのは、このことがニューヨークタイムズに載ったという事実です。以下のタイトルのかなり長い記事で、福祉政策について多角的に取り上げられたものでした。'Model' というのは、生活保護費削減に成功したモデルという意味です。事が発覚して三ヵ月後の10月という日付にはなにやら他の意図があるのではという疑問が起こらないでもありません。
Death Reveals Harsh Side of a 'Model' in Japan (Published: October 12, 2007) 〔死が日本の「モデル」の無情な面を明らかにする〕
日記もちゃんと英訳されています。
"3 a.m. This human being hasn't eaten in 10 days but is still alive," he wrote. "I want to eat rice. I want to eat a rice ball."

今年も終わります。来年がこのようなニュースのない良い年でありますように。私は旨いものを食べ飲み続けます。

| | コメント (0)

2007年12月30日 (日)

鳳梨

台湾のお菓子を頂きました。袋の表には、「鳳梨」という中国語、「パイナップルケーキ」という日本語、“PINEAPPLE CAKE”という英語。一番下に赤丸がついて、「台湾名産」。Dc121501

袋の裏には日本語がなく、中国語と英語のみ。中国語で、品名:鳳梨酥、と書いてあります(読み方不明)。「鳳梨」はパイナップルの漢名。「酥」という漢字がコンピュータで使えるとは驚きですが、漢字源には、以下のように出ています。①牛や羊などの乳を煮つめて、その上層の部分でつくるバターの多い食品。くりーむ。②油けの多い、もろい菓子。

広島の人、特に呉の人はこれを見て思い出すお菓子があるはずです。Dc122806

呉名菓「鳳梨萬頭(おんらいまんとう)」、形は違いますが、同じお菓子です。中国のものが多少、外がパサパサ、中が硬めです。名前やパイナップルジャムということを考えれば、元々は中国産のお菓子ということでしょうか。福屋(八丁堀店・駅前店)の地下でも売っています。

| | コメント (3)

2007年12月29日 (土)

広島ドリミネーション

先日飲みに行ったとき偶々見ました。

星空のツリーDc122509

秘密の森Dc122510

ピース城Dc122511

ピース城の側にあった-Dc122512

聖なる場所Dc122513

龍神の森Dc122514

時間がなくて半分も見れませんでした。平和大通りだけではなく、色んな所でライトアップもしているようです。

ドリミネーションが始まって五・六年、初めてこの目で見ました。1月3日までやっているようですが今回はもう行けそうにありません。来年はこれを目指して行ってみるかな。

| | コメント (0)

2007年12月28日 (金)

老四川麺館 新天地店

広島の名所、お好み村、のビルの一階、見えますね・・・Dc122805

こんな所に老四川が出来ています。Dc122801

麺館ではありますが、かなり中華料理のほうに傾いています。〔12月8日の日記に書いた〕稲荷町店の方は少なくとも昼は麺だけだったような・・・ということで、マーボ丼をたのんでしまいました。味はいいが、ご飯に比べ麻婆豆腐が少なかった。Dc122803

場所的には他の二店より便利、だが、外は人通りが多いのに、一時前客は私一人だった(後で女性の二人組みが入って来た)。

おまけ(以前MIXIの日記に書いたもの)

2006年12月07日 麻婆丼
私、麻婆豆腐、大好きです。
でも、麻婆丼は好きではありませんでした。
何故かというと、豆腐と御飯は一緒に食べるものではない、
豆腐はおかずにはならない、と思っています。
ある時、麻婆豆腐を食べたいがビールが飲めない状況でした。
で、麻婆丼を食べたのです。旨~~い。東海飯店での出来事でした。
それから結構食べました。そして一つの法則を発見しました。
「麻婆丼の旨い店は他の料理も旨い」
だから、初めて行く中華料理屋では麻婆丼を注文します。
今日は、この法則に従った訳ではなくて、
そもそも麻婆丼で有名な「いばらや飯店」に行きました。
席について注文しようと・・・ビックリしました。
1000円です。ちょっと悩みました。
いや、結構悩みました。でもまあ頼みました。
何か判らない甘さがありましたが、美味しいとは思いました。
しかし、1000円は・・・

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

タイ料理「ぴぃすぅあ」

Dc122711 宇品にあったお店が半年ぐらい前に可部に移転。広島市安佐北区可部八丁目14-10、54号線191号分れ交差点から北へ五六百メートル左側。Dc122701

クン・オブ・ウンセン、というエビと春雨の鉄板焼のランチを頂きました。Dc122706

タイでは、レストランでも家でもテーブルに調味料が置いてあり、各自が好みの味付けをするそうです。Dc122704

Dc122709  

食後にタイのロイヤル・イーアム・コーヒーを飲みました。ほどよい酸味の美味しい珈琲でした。器もタイのもの。

食べてみたい料理がたくさんあります。

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

四川麻辣商人

Dc122605 汁なし担担麺、凄い勢いです(つぶれた店もありますが)。最近アルパーク東棟の南に出来たお店、入れ替わりの激しい場所のような気がします。担担麺の他には味噌ラーメンだけ、強気です。1辛~10辛から選びます。特盛6辛をお願いしました。山椒がスゴク効いてます。最後は痺れるような感じ、大盛ぐらいにしておけばよかった!味の深みと麺のコシがもう少しほしいが、そこそこいい線いってます。Dc122602

西区草津新町二丁目29-34

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

ライオンカレー

Dc122504 鷹野橋商店街の北に数ヶ月前に出来たお店。ちょっと洒落た感じの作りで、若い夫婦(?)がやっている。基本のビーフカレーが550円。辛さを指定できるが、もともとそんなに辛くない。今一歩の飛躍を期待したい。中区大手町五丁目4-1Dc122502

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

C型肝炎

薬害C型肝炎訴訟で「一律救済」が実現しそうだ。ただし、この言葉が何を意味しているのか定かではない。また、「国の責任」についても官房長官が「責任を超越して立法作業をする」と患者側の要求を無視した、訳の分からないことを言っている。まだまだ紆余曲折があるのではないだろうか。

ところで

私もC型肝炎でした。過去形です。インターフェロン治療2回でウィールスを追い出すことに成功しました。しかし、その間10年近く、漢方薬を飲み、週3回キョウミノ(強力ネオミノファーゲンC)の静脈注射をうっていました。色々な意味で相当の負担でした。これが一生続くと思っていたので、医者からもう来なくていいと言われたときは、C型肝炎だと分かった時と同じくらい、人生観が変わりました。

私がC型肝炎だと分かったのは、ウィールスが特定出来、検査薬が出来た直後の1990年、人間ドックに行った時でした。何故ウィールスが体の中にいたのか分かりません。よく言われるのは、私が子供の頃、針を変えずに複数の人に注射した予防接種ではないかということです。これが日本でC型肝炎が蔓延した大きな原因の一つと考えられているようです。

このようなC型肝炎患者は、薬害C型肝炎患者ほど明確ではないにしても、全く本人の責任ではないところで病気にさせられた可能性が高いのです。ハッキリしないからといって何もしないでいいのでしょうか。私が治療している頃、C型肝炎の治療には本人負担がないという自治体がありました。今はどうなっているのでしょう。薬害C型肝炎だけではなく、この際C型肝炎全般にも目を向けてほしいと思います。

ほとんど見る人がいない、このブログにこんなことを書いても意味ないだろうが、今日のところは思いついたことを取敢えず。

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

なると金時

息子が鳴門の大学に行ったので、なると金時の美味しさを知ってしまいました。息子が広島に戻ってからもその美味しさを忘れることが出来ず、ほとんどお取り寄せをしない我が家で、毎年この時期に必ず頼んでいます。Dc121522

なると金時とは鳴門海峡の砂地で作られたサツマイモのことです。特に、鳴門市の里浦町でとれるものには「里むすめ」というブランド名がついています。JA里浦の厳しい選別を経た鳴門金時であるため、評価が高く、他の鳴門金時に比べ一・二割高い値段で取引されることが多いそうです。Dc122303

お・い・し・い・・・

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

神戸ミルクチョコラングドシャ

Dc121503 Dc121507

頂きもの。

さくさくバリッと焼き上げた薄焼きのコーヒークッキーで生乳たっぷりのミルクチョコレレートをはさんだもの。

かなりの美味。

ラング・ド・シャ、はこのような焼き菓子の名称。

フランス語で「猫の舌」の意。

あの、賞味期限改ざんで営業停止になった、北海道の「白い恋人」も同じ種類のお菓子。三ヵ月後の先月末に販売を再開、よく売れているようで、偶々今日の朝日新聞に、次の見出しで記事が出ていました。

「白い恋人」が大売れ 売れ行き3倍、30分で品切れも

食の偽装に関しては、何処でもやっているのでは、という疑いを今でも持っている。ただ、賞味期限切れ食品については、食べ物を粗末にしない、という観点からの考察がないのでは。

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

本通りルミナリエ

今夏、広島の繁華街・本通りに、本通ヒルズなるものがオープンした。要は、地上7階地下1階の一つのビルである。一度行ったがおじさんには魅力のないものだった。それにしても呆れるのはそのネーミングである。なんでヒルズなのだろう。それで私も本通りの電飾に名前を付けてみた。「本通りルミナリエ」・・!?・・まあ、本通ヒルズよりはいいだろう。

全てを確認した訳ではないが、アーケードの入口には以下の様なもの。Dc120903

途中には以下のようなものが幾つか。Dc120904

結構キレイです。上を向いて歩こう!

| | コメント (1)

2007年12月20日 (木)

ラーメン熊吾郎

Kuma1 東区戸坂千足1丁目10-1、不動院から高陽町のほうへ行き、ゴルフ場が終わる辺りの右手。二年ぐらい前に出来たお店で、今回が初めての訪問。以前は「かぐ楽」という熊本ラーメンのお店があった。

さっぽろ、というと、味噌ラーメンになるが、私、あまり好きではない。味噌が嫌いな訳ではなく、味噌味だけになってしまうところが嫌なのだ。何にしようか悩んだが、店の人お薦めの「北の恵」を選んだ。Kuma2

北海道という感じのミルキーなラーメン!麺はお約束の、太めの縮れ麺。なかなかでした。

「カルボナーラらーめん」というのがあって、惹かれた。次回のお楽しみ。

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

らーめん笑豚人

Dc121905 安佐北区口田南七丁目7-32、高陽町(昔の町名ですがまだ使われていますよね)のメインストリートを北上すると山陽道高架の手前右側に見えます。1年ぐらい前に出来た博多ラーメンのお店です。「豚骨あっさり」、「豚骨こってり」は食べたことがあるので、今回は「豚骨からか」を頂きました。Dc121902

Dc121903  

ここの器はちょっと洒落たものです。丼に差し込まれた金属・・・・レンゲ、ではありません。穴が開いています。「豚骨からか」は坦坦麺のようなものです。肉味噌が上に載っているのではなく底に沈んでいます。それを掬うためなのです。

 
ここのラーメン、かなり旨いと思います。
次回はもう一つあるメニュー、「豚骨からかこってり」に挑戦します。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

らーめん「さんや」

Dc121803 安佐南区川内五丁目21-44(ホームセンターダイキの近く)に、今年初めにできたお店。初めの頃、麺とスープが合っていないように感じました。それぞれは悪くなかったので、そろそろ変化があるかなと、ちょっと期待をして行ってみました。塩ラーメンを選択・・・やはり何か合っていないような・・・次回は醤油に挑戦してみます。Dc121802

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

讃岐の傳統「わさんぼん」

Dc112607 うどんツアーで引田に行ったとき、

友人に貰ったもの。

やっと使いました。

中央左のピンクのシール、

珈琲・紅茶、と書いてあります。

ねば砂糖、より穏やかで、

珈琲の味を邪魔しません。Dc121504

| | コメント (1)

2007年12月16日 (日)

話食家 和 ④

今日はまず、「和」のお部屋をご紹介。

玄関入って左の洋間、の右側。1回目と3回目がここでした。Dc120814

その左側。2回目がここでした。Dc120813

Dc121603  

玄関入って右側の和室。

掘り炬燵になってます。

今回初めてここでした。

 

 

 

高い所にも

お猪口やグイ呑み。Dc121611

今日の「おばんざい」、かなり内容が変わってました。Dc121605

「昔なつかしナポリタン」、本当に懐かしい味でした。Dc121610

和室は調理場とつながっています。お昼の忙しい中でしたが、ご主人・奥さんと、ちょっとだけですが、お話しをすることができました。又いつか、ゆっくりと色々なお話をさせていただきたいと思います。

③へ ⑤へ

| | コメント (0)

2007年12月15日 (土)

対馬名菓「かす巻」

Dc120810 対馬、「つしま」と読みます。しばしば「国境の島」という枕詞が付きます。玄界灘に浮かび、朝鮮半島まで50キロぐらい、九州へは130キロぐらいです。東西18キロ・南北82キロで、左の写真の下に描かれている形をしています。飛行機が長崎と博多から飛んでいますが、船は博多からがほとんどです。しかし、長崎県です。以前は、北のほうを上県郡(かみあがたぐん)、南のほうを下県郡(しもあがたぐん)といっていましたが、平成の大合併で、対馬市になりました。「市」です!驚きです。人口は漸減で、四万人をきっているようです。南東にある一番大きな町、厳原(いずはら)が私の父親の故郷です。そこにいる従兄弟が久し振りに「かす巻」を送ってきました。Dc120812

カステラで餡を巻いたので「かす巻」、遥か昔からあり、その頃は高級品だったようです。私が覚えているのは、断面がもっと丸かったような・・・味も上品になったような・・・

対馬についてはまだまだ書きたいことがありますが、又何か機会があれば、ということで、今日は終わりです。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

長崎堂のバターケーキ

隣人よりの頂き物。広島で有名なバターケーキ。午前中で売切れてしまうと言うほどの人気。並ばないと買えないと言われていたが、最近はそうでもないらしい。創業者が長崎で修行して、カステラよりも滋養のあるものをと考えてこのケーキになった。現在は二代目が継いでいる。その為かどうか、以前はバターが強い濃厚なものだったが、ちょっとアッサリ味になっているような気がする。Dc121513

中区中町3-24

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

蝦焼菓-さやか-

Dc120808  

名古屋にある蝦菓子屋:

桂新堂の定番商品。

私の娘のお気に入り。

福屋で販売しています。 

Dc120901

パンフレットより

豊かな海の恵を、長く美味しく保つ知恵として受け継がれてきた、えびせんべい。桂新堂ならではの素材へのこだわりと、伝統の知恵と技で、ちょっと贅沢な「蝦」「焼」き「菓」子に仕上げました。獲れたての新鮮なえびをたっぷり使い、独自の手法で、焼き上げました。パリッと香ばしい食感と、口いっぱいに広がるえびの風味は、これぞ、「えび」の焼き菓子です。

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

菊池温泉

ちょっと昔、10月のことです。さーたんの独り言本家の温泉レポートからはみ出した話題をひとつ。菊池に行って息子の所に泊まりました。ここまで来て、温泉に浸からないということはないだろう、とて、夜中に出かけました。ひとつ目星はあったのですが、臨時休業、仕方なく温泉街を彷徨い、はずれまで来て・・・、ほぼ諦めかけた時、菊池神社の横に看板を見つけました。Dc102701城乃井旅館の下の赤い文字、温泉、です。

近づいてみると、ちょうど洗面器を持った人がいます。やっと発見です。これがなかなかのものでした。大きな湯船と打たせ湯、だけですが、ざあざあとお湯があふれ、洗い場を流れています。お湯はちょっとヌルッとしていて湯の花が浮かび、注湯口では硫黄の匂いがします。これは当りです。料金も一人250円。写真は翌朝市内観光のときに撮りました。Dc102703 

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

北海道物産展

気になったので調べました。物産展を紹介するサイトまでありビックリ。

11月、広島で行われた北海道物産展(名称は違う場合アリ):

11月 1日~11月 6日・・福屋八丁堀店

11月 8日~11月13日・・福屋八丁堀店

11月14日~11月26日・・天満屋アルパーク店

11月23日~12月 2日・・天満屋緑井店

7日以外はどこかでやっていた!驚き!!

もう少し遡ると、

 9月14日~ 9月24日・・三越広島店

10月 3日~10月 9日・・そごう広島店

10月17日~10月29日・・天満屋八丁堀店

福屋駅前店だけ、北海道という名の入った催事をやってませんでした。

売れるのでしょうね。儲かるのでしょうね。

私も、ルタオのチーズケーキ、牧家のカチョカヴァッロ、を買いました!

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

話食家 和 ③

三回目、初めて夜にお邪魔しました。実は、一昨日のことです。かなり酒を飲んだ二晩が過ぎたので、かなりの事を忘れてしまいました。ということで写真を中心に。広島和牛A5をメインにしたお任せコースです。Dc120815

前菜。

Dc120817 魚介も、その味がしみ込んだ野菜も旨かった。

Dc120818 この生ハム、イベリコ豚を使った自家製です。超ウマ。

Dc120819 メインのステーキ。レア気味に焼いてある。下の石が焼けているので好みに応じてさらに焼くことが出来る。右はモンゴル産の岩塩。

Dc120820 この中の芋、エビ芋(たぶん)。里芋のように見えるが、より大きく、粘りは弱く、味付けは薄かったが芋そのものの味は濃密。

Dc120821 左下の菊芋、アッサリ美味。

Dc120826 和風ピザ。これはいわゆるピザとは違った料理になっている。チーズの粘りを出さず、日本の食材の風味で、満腹のお腹にスイスイと、まるでお茶漬けのように入っていく。

Dc120828

 

 

 飲み物は、

 悦凱陣、十四代。

  

Dc120822

 つまみに燻製が!

 沢庵

Dc120827

 

 鯵?だったと思う

 

 

 

 

 ②へ ④へ

| | コメント (1)

2007年12月 9日 (日)

「白鴻」の会

Dc120912  

今日は色々ありました。今、酔っぱらっています。取敢えず、このことを。

盛川酒蔵、盛川社長をお迎えしての「白鴻」の会に参加しました。

場所は「相さん家」、です。

Dc120905 これだけのお酒を、常温、様々な温度のお燗、で頂きました。満足です。今日はこれにて寝ます

お酒情報の追加、すべて盛川酒蔵「白鴻」、写真左から
純米吟醸沙羅双樹」-(使用米)兵庫県産山田錦・(精米歩合)50%・(日本酒度)+6・(酸度)+1.5/味わい純米酒八反35号」18BY-麹米掛米:八反35号・精米歩合60%・日本酒度+5・酸度1.4/味わい純米酒広島雄町」18BY-麹米掛米:広島雄町・精米歩合60%・日本酒度+5・酸度1.5/味わい純米酒千本錦」18BY-麹米掛米:千本錦・精米歩合60%・日本酒度+4・酸度1.5/特別純米酒(緑ラベル)18BY-麹米:八反35号・掛米:山田錦・精米歩合60%・日本酒度+5・酸度1.6/純米酒(紫ラベル)17BY-麹米:八反35号・掛米:八反錦・精米歩合65%・日本酒度+5・酸度1.6/特別本醸造18BY-(使用米)広島県産八反/兵庫産山田錦・(精米歩合)65%

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

老四川麺館

汁なし担担麺で書いた(こちら)お店。楠木町に老四川という四川料理の名店があります。その麺料理専門店。因みに、横川二丁目に三番目の店が出来、火鍋を食べに行ったことがあります。ただし、今は閉店しているようです。最近、新たな店が大都会に出来たようですが、未訪。Dc120803

入店するとまず食券を買います。その理由の一つは、ここの従業員が日本語を自由に喋れないということがあるのでは、と思います。ここの坦坦麺は「汁なし」と枕に付いていませんが、汁なしです。中国では当たり前のことのようです。Dc120802

まず第一に麺が美味しい。具の方は、以前より増えたような気がします。そう言えば、麺の量も増えたような。相変わらず、山椒がよく効いていて、食べるのには何の問題もないのですが、後から後から汗が出てきます。食後の満足感はかなりのものです。

広島駅からまっすぐ南へ、電車通りを越えて、右側、真ん前に市の駐車場があります。南区稲荷町5-4

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (3)

2007年12月 7日 (金)

いよ路

Dc120701 四国のうどん、いよ路、私の生活圏にある一番のうどん屋です。左の赤い幟にある、「たかがうどん されどうどん」、がここのキャッチフレーズです。コシがあり、うどんらしい香りのする、旨いうどんです。Dc120702

安佐南区川内六丁目44-9

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

囲碁もち & 霧の森大福

Dc120105

 

頂き物。

棋聖・本因坊秀策 囲碁いごもち 松愛堂

と書いてあります。

秀策の出身地、尾道のお菓子です。

Dc120107  

包みを開いて・・・

しばし・・・

あ!そうか。

もう少し、白黒ハッキリしてほしかった。

*****     *****

霧の森大福

私が大好きだということを知っている愛媛の親戚が送ってくれました。有難う御座います。早速頂きました。これは本当にもう何とも表現できないほど美味、頬っぺた三回ぐらい落ちます。

写真?実は5月27日の日記にも書いてます。写真はそちらへ。

| | コメント (1)

2007年12月 5日 (水)

カチョカヴァッロ

「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」は馬の意。くびれの部分に紐をかけて棒に吊って熟成させる様子が、馬の背にまたがっているような格好に見えるところから、この名前が付いたという説もある。イタリア原産のセミハードタイプのチーズ。Dc120201

牧家(ぼっか)のものは「どっちの料理ショー」(古ッ!)の特選素材に選ばれ有名になった。数年前、北海道に行ったとき入手でき、感動した。

先日たまたま行ったデパートで、北海道物産展をやっていて、フツーに売っていた。で購入してしまった。あちらのデパート、こちらのデパート、ちょっと北海道物産展をやり過ぎではないか。全く有難みが無い。

このチーズ、そのままでも濃厚なミルクの風味で美味しいが、熱を加えると、ビローーンと伸び、一味違った味わいがでる。私、これを日本酒とともに頂きます。

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

釜八

うどん禁断症状が続いています。今日はご近所へ。2003年、世はうどんブーム、広島もうどん屋の開店ラッシュで、その時出来たチェーン店です。今広島市内に3店舗ありますが、広島以外のことは分かりません。Dc120402

チェーン店と侮ってはいけません。結構旨いのです。生姜もネギも天カスも自由に入れることが出来ます。Dc120403

安佐南区大町西三丁目3-28(安古市ビッグの少し西)。他の2店舗:西区南観音三丁目1-25(2号線と空港通りが交差する所からチョイ西)、中区堀川町6-4(福屋南の狭い通り)。

| | コメント (1)

2007年12月 3日 (月)

ねば砂糖

うどんツアーで行った、香川県東かがわ市引田(ひけた)の羽根さぬき本舗で購入。以下、容器のラベルに記載されていること。 ねば砂糖の召し上がり方 ●コーヒーに。 ●煮物、煮魚、煮豆、すき焼き等に。 ●お餅、パンにつけて。 ●酒粕の間にはさんで少し焼くとおいしい。 ●おいり、玄米のもち米と大豆、あられ餅をそれぞれいり、ねば砂糖をまぶす。 ●利休饅頭:外側のメリケン粉に重曹少々とねば砂糖を入れれば独特の風味と滋養があり、柔らかなお饅頭が出来ます。 ●蒸しパン:メリケン粉4に対し、ねば砂糖1・水2の割合で生地を作り、弁当箱に流し込み蒸し器で蒸すと美味しく手軽な蒸しパンが出来上がります。 ねば砂糖のできるまで 地元の砂糖きびを厳寒の12月に取り入れて、作業は夜中の午前1時頃より砂糖を搾り、その汁を大釜にいれ1日中煮詰めて出来たものが栄養豊富な讃岐育ちのお砂糖でございます。Dc112605_2

珈琲に入れてみました。苦味の強いコーヒーによく合いました。パンにつけてみました。塗るのが難しいのですが、薄くひろげると美味です。今のところ、これだけです。餅につけたら美味しいだろうと思います。

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

キリン「ビールの学校」

昨日行きました。ビールを飲みながらお勉強、ではなくて、ビールについてお勉強をして、確認のためにビールを飲む、という、大変有意義で楽しい会でした。驚いたのは女性が多いことです。半分以上いたでしょう。

まず、PART1《ビールの歴史》。紀元前数千年前、文明とともに人はビールを飲んでいたようです。もちろん今のビールとは違うものですが。日本へは明治になってから。

次は、PART2《ビールの製造工程》。

Dc120115Dc120116
左、ホップ

右、大麦(麦芽)
   の実物。

Dc120118Dc120119 

 

 
左、麦汁
  (単なる麦の汁)、
右、若ビール
  (醗酵7日目
)、
  を試飲しました。

Dc120122 Dc120128

そして、待ってました、

出来立てのビール。

さらに、出来立てを家で味わうためのチルドビール。この日一番旨いビールでした。一番搾り無濾過<生>。冷蔵配送のためどこでもは買えない。

 

PART3《ビールを美味しく飲むために》。泡の役割、「3度注ぎ」、グラスの洗浄、飲用温度、保管方法、などを勉強。

Dc120133 最後は、ブランド当てクイズ。

残念ながら当たりませんでした。

真昼間からビール、幸せな日でした。

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

水戸家

キリン「ビールの学校」というものに行きました(この報告は後日)。1時からなので、その前にお昼。1週間前に讃岐に行って(この報告も後日さーたんの独り言本家で)、うどん禁断症状がでているので水戸家へ。Dc120101

このうどん屋、始めは東区役所の裏にありました。ダイヤモンドシティ・ソレイユが出来て、そこのフードコートに支店を出しました。こちらが繁盛したのか、その後本店の営業時間が短くなり、ついには閉店してしまいました。Dc120102

以前、広島では旨い方でした。讃岐で食べたばかりということもありますが、なんか・・・・・ フードコートというロケーションも食欲をそそりません。料理が出来たことを知らせるレシーバーのピーピーという音があちらこちらで鳴り続けています。

安芸郡府中町大須二丁目1-1(ダイヤモンドシティ・ソレイユ内)

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »