« 天鳳閣 | トップページ | 鏡開き »

2008年1月22日 (火)

赤い屋根

Dc012002 毘沙門台が出来た頃からある古いお店。趣のある建物です。設計は、去年の2月4日に書いた「花水木」と同じ、今中敏幸。Dc012202

石と木が多用されています。中は落ち着いた雰囲気で、二方向の窓際ある備え付けのベンチが印象的です。アンドレ・ギャニオンの「永遠に」が流れていました。Dc012203

窓からは、安佐南区緑井地区や、遠くに広島の市街地が見えます。Dc012204

カレーを頂きました。ほんのり辛く上品な一品です。ご飯が美味。Dc012205

Dc012206

暫しの時間、珈琲を飲みながら、

音楽の流れる静寂の中で、

異次元の世界を満喫しました。

 

安佐南区毘沙門台二丁目4-3

|

« 天鳳閣 | トップページ | 鏡開き »

コメント

なんだか静かな時間が流れていくようですね。。
高台にあって季節ごとの景色も楽しめそうなお店で、思わず行ってみたい気になります。

投稿: すう☆ | 2008年1月22日 (火) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天鳳閣 | トップページ | 鏡開き »