« 飛脚 | トップページ | 英勲 »

2008年4月16日 (水)

千貫水

豆腐はぁうす「壱丁」のとろとろ鍋でこの水の存在を知りました。Dc041436

看板に以下のようなことが書いてありました:
『千貫水』の歴史は大変古く、1334年(建武元年)に遡る。室町時代、甲立庄の領主に命ぜられた宍戸朝家が山に城を築いたが、水が出なかった。そこで、この城の五ヶ所に龍王を祀ると、突然水が湧き出した。代々の領主はこの水を愛し、なかでも八代目宍戸隆家は
『値千貫にも換え難し』と称賛したとか。これが千貫水の名の由来である。宍戸隆家は、毛利元就の娘と結婚し、隆家も元就も共に千貫水を堪能したと言われている。Dc041431

54号線、高宮別れ交差点の南、トンネルぬけて少し南、東側に上の看板があります。

|

« 飛脚 | トップページ | 英勲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛脚 | トップページ | 英勲 »