« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

オボロドーフ「マブ」

Dc051706  

男前豆腐店、
相変らずのネーミング。

俺はお前のマブ。
お前は俺のマブ。

何て書いてあるけど・・
???

おぼろ豆腐だから
当たり前だけど、
柔らか、そして濃厚。
そのまま食べれます。

300g。
下のは、200g×2Dc042710

Dc042720

| | コメント (0)

2008年5月30日 (金)

「而今」千本錦火入れ

Dc051006  

 

前回飲んだ「而今」、
五百万石無濾過生。

 

旨かったので又買いました。Dc052301

Dc052302   

前回のものほど

個性的ではなく

とは言っても

力強さをもち

キレがあって

飲みやすい。

 

ここの酒は

なかなかに

旨い。

 

また飲もう。

| | コメント (0)

2008年5月29日 (木)

純粋蜂蜜「巣みつ」

Dc051002 熊本土産に
頂きました。

これは
超高級品
のようです。

OTさん
いつも
美味しい
ものを
有難う
御座います。

箱の中は・・Dc051004

 

 

 

この断面は・・Dc051701

なんとも表現のしようがないほど美味しい蜂蜜です。

詳しくは以下のしおりをご覧ください(クリックで大きくなります)。Dc051005

Dc051006

| | コメント (0)

2008年5月28日 (水)

熊本ラーメン「大門」

Dc052521 全国を写真のようなスタイルで廻っているようです。
昼前に通り掛かり、偶々駐車場が空いていたので寄ってみました。Dc052520

マー油入りの黒ラーメン、650円。
実はあまり期待していなかったのですが、結構美味しいラーメンでした。
奥さんは醤油豚骨玉葱ラーメン、690円。Dc052519

祗園大橋を北に、最初の信号の南東角、6月初旬までの営業。

| | コメント (2)

2008年5月27日 (火)

ミッキーのマウンテン焼

遂に食べました、ミッキーのマウンテン焼(実はこれが二回目)。Dc052509

調理中。右上二つは普通のもの。
残り三つがマウンテン焼になる。↓完成したもの。Dc052513

ちょっと判りにくいが、左の三段重ねがそれ。
チーズか山芋のトッピングがついてます。
前回チーズだったので、今回は山芋。Dc052514

山芋のトッピングは初めてでしたが、あいます、ピッタリです。
量的には二人で満腹になりました。

余談ですが、これは24日(土)のことです。店の奥の小上がりになった二つのテーブルに十人位の目立った集団がいました。私には背後でよく見えなかったのですが、私の前にいた娘には真正面でした。娘、「あの男、黄川田じゃないかな」。そうでした。その男、早く食べ終わり出口の所で煙草を吸いました。私の正面です。さほどオーラを出してはいません。店の人が色紙を持って行ってサインを貰っていました。出ていく時、若い女もサインをしていました。この日、TOHOシネマズ緑井で、映画「うん.何?」初日の舞台挨拶があり、その前にミッキーで昼食ということだったようです。調べてみると、女、平田薫、男、黄川田将也、でした。監督もいたのでしょう。しかし、目立った変な集団ではありましたが、私にはカッコいいと思える人はいませんでした。ミッキーの娘さんの方が遙かに可愛く感じが良い、と私は思います。

| | コメント (0)

2008年5月26日 (月)

鯖姿寿司「いづ重」

京都レポート第6弾
(最終回、とは言っても、時間的には逆を辿ったのでここが始り
)。
昼前京都に着き、昼食へ向う。塩小路通りを東へ。何故かというと、
映画「パッチギ」の舞台の一つがこの辺りではないかと思ったから。
しかし、大きく様変わりしていて、そんな感じは全くなかった。
途中、偶然に新福菜館を発見、ちょっと心が動いた。
(翌日、捜している訳でもないのに御所の東で支店にも出くわした。)
七条から京阪に乗って当初の目的地へ。Dc052001

八坂神社の真前です。Dc052004

店内の壁。Dc052005

天井に掲げられた舟形の看板。
在原業平に由来する「業平寿司」とは、
祇園のお茶屋の食卓を彩る寿司、上等な寿司といったところ。Dc052008

Dc052011 一言で言うと、
穏やかな味わい。
鯖と酢飯の
お互いを尊重した
美味しいハーモニー。
1900円。

鱧ちらし、
も頂きました。
すべてが
フワッとした感じ。
1500円。
Dc052006

軽く一杯頂いて、いい気持ちで東山散策へ。

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

東山散策&麩まん

京都レポート第5弾。東山散策、円山公園から。
かの有名な枝垂れ桜。花が咲いてないと寂寥感が漂っています。Dc052012

安養寺、高い所にあり京都市内が見える。Dc052014

知恩院の大鐘楼、大晦日のNHKでお馴染み。Dc052019

長楽寺、火事があったため、参拝休止中でした。Dc052020

この辺り、緑が多く、高級料亭があり、とても静かで、いい雰囲気です。

石塀小路、西側の入り口。Dc052024

こんな人たちが居ました。もちろん、本物ではありません。Dc052025

途中にあった喫茶店。近くの寺の坊主が珈琲を飲んでました。Dc052028

石塀小路、東側の入り口。Dc052029

八坂の塔。Dc052031

この近辺、俗化しましたね。

二年坂、産寧坂、清水坂、を辿り、子安の塔へ。Dc052036

1633年建立。ここからの清水の眺望が最高です。
しかし、木が生い茂り過ぎです。Dc052034

この写真、クリックで大きくなります。

坂を下りて、建仁寺へ。建仁寺と言えば・・・Dc052502

写真撮影禁止の表示はありませんでした。複製だからか。
これはパンフレットから頂きました。
方丈(重要文化財)、大雄苑(だいおうえん)。Dc052046

庭の向こうの法堂(はっとう)の天井画を公開していました。Dc052503

畳108枚分だそうです。これもパンフレットから。

建仁寺を北に出ると花見小路。
場外馬券売り場もあり、大変な賑わいです。
しかし、寺の中は静寂。
時間がなく、ゆっくり出来なかったのが残念でした。

 

Dc052055  

Dc052053 京都お土産、その4。

一口目、
餅のような食感。
中に抹茶餡。
上品です。

| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

京都駅&朧月

京都レポート第4弾。
二日目の出発も京都駅からです。京都駅の東側。Dc052073

京都タワーのスカイラウンジから。Dc052070

京都タワーの展望室から。Dc052058

下から見た方がきれいに見えました。
この写真の方向に肉眼では伏見城が見えましたが・・・
駅ビルの中に空中経路の一部が見えます。
次の写真はそれを内側から見たものです。Dc0520105

地下鉄で四条烏丸へ。

先ず、市原平兵衛商店という箸屋さんを訪問。
凄く良いものがあるが、あまりに高価過ぎて手が出ず。

寺町を北上。
嵯峨野という喫茶店がまだ存在していてビックリ。
いつもベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を流していた。

御池通りを越えさらに北上。
三月書房という本屋がまだあるのにもビックリ。
でもマニアックな本は減っていた。

そして、「はふう」はすぐそこです。

Dc052302 京都お土産、その3。

「加賀屋清和」製造。

生姜の利いた皮で
餡を
包み、
すり蜜をかける。

生姜煎餅を
思い出します。Dc0520109

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

はふう

京都レポート第3弾。今回の旅行の大きな目的の一つ。Dc052076

極上和牛のお店。「はふう」とは・・Dc052301

お昼の名物「カツサンド」のセットを頂きました。Dc052078

カツサンド、1900円、セット、2400円。充分にその価値あり。Dc052079

お肉の揚げ具合、パンの焼き具合、絶妙。
ソース、マヨネーズの味は控え目。
一切れが更に半分に切ってあり、何とか口に入るぐらい。
口の中が一杯になっても楽に咀嚼できる。
お肉を中心に全部が混然一体となり、えも言われぬ快感に襲われる。Dc052101

 

京都に
行かれる方、
必食です。

| | コメント (2)

2008年5月22日 (木)

京都御所&あうん

京都レポート第2弾。昼食後、堺町御門から御所へ。Dc052083

九条池。Dc052085

仙洞御所。Dc052086  

建礼門、奥が禁裏。Dc052088

禁裏の南東角。奥(西)、小さくて見えにくいが、蛤御門。Dc052091

東にある、清和院御門。奥に幽かに見えるのが禁裏、左が大宮御所。Dc052095

ゆっくり、ノンビリ、御所内を散策しました。

御所を出て東、鴨川へ。荒神橋から北の景色。
正面、糺の森(下賀茂神社)。左、加茂川、右、高野川。Dc052096

さらに東へ。
吉田神社、吉田山、その向こうに大文字山(「大」の文字が見える)。Dc0520103

吉田山を越えるつもりだったが、御所でノンビリしたので時間切れ。

Dc0520111  

京都お土産、その2。

菓子処「釜なりや」の
『あうん』。Dc0520113

麦こがし粉の生地で
一粒栗と
白あんを
包んで焼き、
粉糖を
振り掛ける。

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

八つ橋パフェ&志そ漬大根

Dc0520106 先日久し振りに京都へ。

ということで、
京都レポート第1弾。

帰りの新幹線に乗る前、
知人との別れを惜しんで
甘味処へ。

「八つ橋パフェ」を頂きました。
上に八つ橋が挿してある
だけではなく、
コーンフレイクの代りに
八つ橋が入っていました。

歩き疲れた体に
グッドでした

Dc052102

 
京都お土産、その1。

土井志ば漬本舗、
志そ漬大根。
大根のコリコリとした歯ごたえ、
紫蘇の爽やかな風味。

| | コメント (2)

2008年5月20日 (火)

田舎暮らし

Dc051211 Dc051212

一週間ほど前のことです。
どんぐり村に行った時、
近くで田舎暮らしをしている
元同僚を訪ねました。
突然だったにも拘らず
歓迎して頂き、感謝です。
懐かしい話をし、また
畑を案内してもらいました。

左の写真、ニンニクです。
初めて見ました。
ニンニク好きの我が家、
出来る頃に
わけて貰いに行くつもりです。Dc051218

Dc051612  
これは茗荷。
普通見るものはこの根元に生えるもの。
だからこれは茗荷の親。
教えてもらった通り冷奴と食べました。
これは実に美味でした。

Tさん有難う御座いました。
また近い内にお邪魔させて頂きます。

 

オマケ。この時にどんぐり村で買った山ウド。Dc051410

皮のキンピラDc051411

生サラダ

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

いわしのほっかぶり

Dc042903 北海道物産展シリーズ第三弾(今回はこれにて終了)。
ほっかぶり、とは大根の輪切りが鮨を巻いているから。この為か、上品な味わいになっている。日本酒によく合う。Dc042910

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

生酛純米カネナカ

Dc051001  

 

 

甘口という訳ではなく、
何か甘みを感じます。

お米本来の旨さか?

山口県の小さな蔵、
素晴らしい酒を造っています。

「寿」という酒も飲んでみよう。Dc051501

Dc051502

| | コメント (3)

2008年5月17日 (土)

じゃが豚

Dc042906  
北海道物産展シリーズ第二弾。
実に不思議な食感。
とてもじゃが芋とは思えません。
原材料を見ると、順番に:
澱粉、豚肉、小麦粉、キャベツ、
玉葱、ポテトパウダー、・・・
となっています。
つまり、じゃが芋は
そんなには入っていない
ということでしょう。
それは兎も角、
面白い口内感覚、味もいい、
ということで又買おう。Dc042911

Dc042913

| | コメント (1)

2008年5月16日 (金)

香龍

Dc051608 可部の店は二三度行ったが、大塚の店は初めて。可部はネギかけ放題のサービスがあったが、ここにはなかった。特選白香龍、850円を頂きました。こってり濃厚。麺がちょっと粉っぽいか。他に、黒香龍、赤香龍、というしょうゆラーメンあり。Dc051610

安佐南区沼田大塚3002-4、アストラムライン大塚駅の南。
可部の店は太田川橋の北、他に大竹と呉にあるようです。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

豚丼名人

Dc042901 先月末北海道物産展で購入したものを振り返るシリーズ第一弾。
数年前十勝に行った時食べることが出来ず、
以来、食べたいと思っていた。期待が大きかった為か、感動するほどではなかった。本場でアツアツを食べるとキット旨いのだろう。Dc042908

| | コメント (0)

2008年5月14日 (水)

トッポギ

よく知られた韓国料理。トックという韓国の餅を甘辛く炒めたもの。Dc051406

緑井天満屋の「ワールドインポート&フーズフェスティバル」にて。
同じ店で韓国の巻寿司も購入。日本のものとは別物、酢が利いていない。Dc051407

本物のトルコアイスもありました。美味。Dc051402

19日まで。

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

富久錦

Dc043001  

知人よりの頂き物。

純米酒しか作らない蔵のようです。

しっかりした造りで、程よい辛口、
旨みがすっと口から消えていきます。

山ウドと一緒に飲んだら
それはそれはピッタリでした。

コタさん、有難う御座いました。Dc050901  

| | コメント (2)

2008年5月12日 (月)

豊平どんぐり村

今日はお休み。快晴、空に雲一つなし。新緑を見に行こう・・・
お昼は豊平の山の中のイタリアン、と思ったが調べてみると月曜定休。
他にも候補はあったが、もう頭が豊平だったので、蕎麦に決定、出発。Dc051201

どんぐり村からの龍頭山。
緑も綺麗だったが、空の青さはそれはもう抜群。Dc051206

Dc051204_2 Dc051205 ここの蕎麦は初めて。

ザル大盛、1050円。
かけ、650円。

気のせいか、
つなぎが多いような。

しかしなかなか
美味しいものでした。Dc051223

 

山ウドを発見。

これだけで、120円。

早速、夜に頂きました。
堪らぬ風味です。

Dc051224

| | コメント (0)

2008年5月11日 (日)

カーネーション&シャンプノア

母の日です。Dc051113

この花は先日二男夫婦から。Dc051112

今日は長男夫婦がこのシュークリームを。左、しっとり、右、パリパリ。
安佐南区中筋一丁目7-12、シャンプノアのもの。

長男と娘から高価なウォーキングシューズも貰っていました。

父の日はまだまだ・・・

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

ミートローフ&ケーキ

Dc051010 Dc051011

上にのっているのは、
苺とゴールデンキウイ。

ミートローフは
20センチ以上の
かなり大きなものです。

いうまでもなく、
我が家の奥さんの作。Dc051008

| | コメント (0)

2008年5月 9日 (金)

そうめん・・・

一見、「そうめん」ですよね…

Dc042706  

実は・・・

 

Dc042704

確かに豆腐です、が
面白い、舌触り・歯触り・食感・喉越し。
酒のアテにぴったりです。

| | コメント (2)

2008年5月 8日 (木)

亀泉

Dc042705

 

 

高知県産の米・酵母・水を大切にしている酒造。

だたし、このお酒の八反錦は広島県産。

-15.5という信じられない日本酒度ですが、
冷やして飲むとそんなに甘口とは感じられません。

香り・コクがあり飲みやすいお酒です。 Dc050402

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

日替わり弁当〈350円〉

安佐南区古市二丁目11-4、旧国道沿いの『ココロロ』というスーパーのお弁当です。以前から存在は知っていました(250円の時代もありました)が、積極的の購入しようという気にもならず、機会も生じませんでした。
今日は色々あり、他にパンという選択肢ぐらいしかなく、これにしました。Dc050702

コストパフォーマンス、抜群。
これは「鮭」、他に「鯵」「ハンバーグ」がありました。

| | コメント (0)

2008年5月 6日 (火)

「珍豚香」再び(&ピザハット)

三日前に行ったのに、またまた。
実は、半額券がもう一枚、家にころがっていたのです。
同じ家に2回も配るとは、気前がいいのか、単なる間違いか。
この様なものには反応のいい我が家、有難く利用させて頂きました。Dc050602

今回は豪華にいきました。上、つけ麺大盛辛さ7倍、1020円。
下、味噌角煮ラーメン、900円。これらが半額、ご馳走様でした。Dc050603

半額といえば、ピザハット。
日本語が全く出来ない、知り合いの外国人に調査を依頼されました。
毎月第二火曜日から3日間、店頭購入の場合、半額だそうです。
とはいえ、私ここには食指が動きません、たとえ半額でも。

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

こどもの日のパン

アンデルセンで見つけました。
ブタさん、ネズミさん、カメさん。
ついつい買ってしまいました。

Dc050305Dc050308

Dc050309

| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

蓬莱鶴

Dc042001  

昨夜の残り、奄美黒糖焼酎
すぐなくなる。

次はこれ。

旨いな、
と飲んでいたら、
スグ空っぽに。Dc050401_2

広島の街中、ビルの地下にある酒蔵です。Dc042004 

| | コメント (0)

奄美黒糖焼酎「高倉」

Dc090914  

昨年、鹿児島出身の元同僚から頂きました。

昨日焼酎好きの息子が帰ってきたので開栓、
二人でほぼ飲んでしまいました。

ウイスキーのようだと息子が言ってました。
濃厚な旨み、しかもスッキリとした味わい、
いい酒でした。

今日は別の酒が必要です。Dc050404

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

珍豚香(ちんとんしゃん)

Dc050304

 

ちょっと前に
郵便受けに入っていました。

車に積んだまま忘却の彼方。

今日店の前を通り過ぎてから気付き
わざわざユーターンして行きました。

ここのラーメン結構好きです。

安佐南区西原八丁目24-12
54号線沿いです。Dc050301

豚骨ラーメン、600円(つまり、300円)。Dc050303

奥さんは、冷しラーメン、720円(つまり、360円)。Dc050302

ちょっと食べさせて貰いましたが、いけます。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

越州桜日和

Dc050201 Dc050202

 

あの朝日酒造の春限定品。

日本酒度-1、酸度1.0。

アルコール度が低いので、
軽やかでクイクイと飲める。

本当に米で出来ているのか
疑いたくなる味です。

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

FROMAGE ROUX

Dc021604 ウォッシュタイプのチーズ、ですが、さほど個性的ではありません。
クリーミーウォッシュと書いてあるように、とてもクリーミーです。
お値段も五・六百円とお手頃。Dc042303

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »