« 東山散策&麩まん | トップページ | ミッキーのマウンテン焼 »

2008年5月26日 (月)

鯖姿寿司「いづ重」

京都レポート第6弾
(最終回、とは言っても、時間的には逆を辿ったのでここが始り
)。
昼前京都に着き、昼食へ向う。塩小路通りを東へ。何故かというと、
映画「パッチギ」の舞台の一つがこの辺りではないかと思ったから。
しかし、大きく様変わりしていて、そんな感じは全くなかった。
途中、偶然に新福菜館を発見、ちょっと心が動いた。
(翌日、捜している訳でもないのに御所の東で支店にも出くわした。)
七条から京阪に乗って当初の目的地へ。Dc052001

八坂神社の真前です。Dc052004

店内の壁。Dc052005

天井に掲げられた舟形の看板。
在原業平に由来する「業平寿司」とは、
祇園のお茶屋の食卓を彩る寿司、上等な寿司といったところ。Dc052008

Dc052011 一言で言うと、
穏やかな味わい。
鯖と酢飯の
お互いを尊重した
美味しいハーモニー。
1900円。

鱧ちらし、
も頂きました。
すべてが
フワッとした感じ。
1500円。
Dc052006

軽く一杯頂いて、いい気持ちで東山散策へ。

|

« 東山散策&麩まん | トップページ | ミッキーのマウンテン焼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東山散策&麩まん | トップページ | ミッキーのマウンテン焼 »