« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

番屋&汁なし担担麺

西区横川町二丁目4-26、広島銀行横川支店の南、
以前「長谷川商店」というラーメン屋があった所。
Dc073108

一番右の暖簾・中華そばが畳んであります。
私が目指すのは、汁なし担担麺。Dc073109

これはかなり旨い。山椒だけでなく複雑な辛さ、旨さがあります。
近々移転するとのこと、それまでに又行かなければ・・・Dc073110

 

2月3日の日記に書いた「骨々亭」の汁なし担担麺。Dc073105

これも相当に旨い。モヤシが面白い。Dc073106

汁が多め、最後はご飯を投入して頂きました。
ご飯は50円で食べ放題。漬物もたくさん。Dc073103

 

去年も紹介した「紺屋」の汁なし担担麺。進化していました。Dc073101

野菜の量が増え、辛い中にもB級を超えた旨さがありました。Dc073102

 
汁なし担担麺を求めての旅、続く・・・

 

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

はくろすいしゅ

Dc072701  Dc072902

 

白露垂珠
出羽の里
純米吟醸
吊雫原酒

出羽の里とは、
出羽燦々と
山田錦の交配種

これは美味!

日本酒度よりも
からく感じる。
まろやか、
でもある。
Dc072901

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

Restaurant MILLE [ミル]

ACTUSの雑貨や家具のお店・FOUR ANTSの一角にあるレストランです。Dc072722

以前ここには「オリジネ」というイタリアンがありました。
その時はこちらが入口でしたが、今は下のように南側になっています。Dc072719

スペインの画家、Mar Revert Guillart(マル・レベール・ギジャール)の絵が
飾ってあります。
油絵に金属を混ぜた独特の画法で、上下二つに分かれています。Dc072708

先日、ランチ、1800円を頂きました。Dc072709

前菜のテリーヌDc072710

程よく焼いてあるパンDc072711

桃のコンポート入りのビシソワーズDc072713

メインは魚(鯛)Dc072714

あるいは 肉(地鶏)Dc072716

マンゴーとフロマージュブランDc072717

エスプレッソ 紅茶を選ぶこともできます

先日読んだ「食の世界」という本に以下のように書いてありました。
フランス料理の基本は、旬の食材をそれに適した調理法で食べることにある。旬の食材を食べることは日本料理と共通しているが、大きな違いは日本料理が初ものや新鮮さを重視するのに対して、フランス料理は熟していることを重視する。例えば、トマトがあるとすれば、日本人はもぎたてのトマトを好んで食べるが、フランス人は腐る直前の熟しきったものを食べる。肉も腐らない程度にしばらくおいておき、うま味の成分であるアミノ酸が十分にでた頃に調理する。つまり、素材のうま味が十分にでた頃合いを見計らって、その素材に一番合う方法で調理するのがフランス料理である。

これを読んで、そしてここの料理を食べて、フランス料理に対する考えがちょっと変わりました。どの料理もなかなかの美味しさでした。特に鯛は絶品でした。次回は夜行ってみようと思います。

安佐南区緑井六丁目19-2

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

鶏肉の中華風甘酢かけ

家の奥さんの料理。Dc072802

夏にぴったり、ビールにぴったり。

| | コメント (0)

2008年7月27日 (日)

チヂミ&ベーコン&霧の森大福

Dc072723 娘が作ったチヂミ、上出来でした。Dc072728

娘の勤務先の上司が作ったベーコン、
頂いたのは何回目かですが、だんだん旨くなっています。

Dc072730  

そして今年もまた
愛媛の親類から頂きました、
霧の森大福。

これは本当に旨い。

感謝です。Dc072732

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

肥後グリーン

Dc072306  
熊本県産のメロンです。

熊本の親戚より頂きました。

感謝。Dc172308

ネットで調べてみたところによると・・・
全国的に有名なメロンと比べると、まだまだ知名度が低く、見た目がちょっと・・・だが、九州ではかなりメジャーになりつつあり、果物天国熊本ではアールスメロンをも上回る人気だそうです!
他のネット系のメロンと比較すると糖度が高く、一般的に16度以上あるのが普通で、これはアールスメロンの糖度を遥かに凌ぐ、食感はアールスメロンよりもしっかりとしていて、フレッシュ感が強い、香りはアールスメロンの上品なものとは違い、新鮮味のあるみずみずしい香り、アールスメロンの味を上品なよそ行きの味とすれば、さしずめ肥後グリーンは飽きの来ない普段着の味と言える、とのことです。Dc072303

美味しく頂いております。

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

伊勢うどん

三重県伊勢市で食べられているうどん、半生めんを頂きました。Dc072302

極太の緬でホニョホニョにやわらかく、讃岐うどんとは正反対である。たまり醤油が入ったタレは真黒であるが、意外と甘さがありサッパリしている。

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

黒船ハーバー

先日、横浜在住の方々から少しの時間差で頂きました。有名なお菓子?
調べると、作っているのは有明製菓、20世紀半ばからあったようです。
Dc052505 右の、「ありあけのハーバー」がもともとあったもの。
粒々栗入り生クリーム仕立てのマロン餡をカステラ生地で包んだもの。
「黒船ハーバー」は去年新発売のその姉妹品でチョコレート味。Dc052508

私的な好みで云うと、「黒船ハーバー」よりは「ありあけのハーバー」かな。

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

新鮮野菜と本わさびドレッシング

Dc072310 先日購入した野菜はほとんどなくなりました。
すると今日、岡山の親戚が自家菜園の野菜を送ってくれました。
この中にも、昔ながらのいぼいぼキュウリがありました。
これ美味しいんですよね。Dc072311

 

今日はこのドレッシングで頂きました。

これ、夏にはピッタリです。

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

奥播磨 夏の芳醇超辛 青ラベル

Dc071904  

ここのお酒大好きです。

これも痺れます。
超辛、と云うより、
超旨、です。
お米の旨さ、
酸の切れ、
香りの儚さ、
申し分御座いません。Dc072101

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

新鮮野菜と紫蘇チリメン

Dc072027 Dc072031

昨日豊平に行った時、
知人の農家に
野菜を分けて貰いに行きました
(実はこちらがメインだったのです)。
すべて当日採れた野菜、
濃厚なお味でした。Dc072029

Dc072032

その時頂いた
奥様手作りの
チリメンジャコと
紫蘇の佃煮。
これは美味、
今回一番の収穫でした。

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

森のカフェ&レストラン Dude

Dc072020 「デュード」と読みます。Dc072004

北広島町、県道313号から1キロぐらい山の中に入ります。Dc072005

昨日電話をしたのですがつながらず、屋内4テーブルは予約でいっぱい。
で、お外で頂きました。吹く風が冷たく快適でした。Dc072006

Dc072012

ナスとベーコン・モッツァレラチーズのトマトソーススパゲッティDc072013

魚介と色々野菜のトマトソーススパゲッティDc072015

エビとホタテのトマトクリームスパゲッティDc072014

ズワイガニとサーモンのクリームスパゲッティDc072016

デザート:

桃のシャーベットDc072017

 

苺のシャーベットDc072018

 

チーズケーキ

 

 

 

広島県山県郡北広島町西宗3962-280 どんぐり村入口を北へ

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

越山もち

「こっさん」と読みます。福岡県は柳川の上品な和菓子です。Dc062108 

しっとりとした白あんが精製白玉に包まれています。
もっちり、とろける美味しさです。

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

花えびせん

Dc070414  

 

 

 

 

 

 

 

 

但馬のえびせんべい処「佳長」(よしなが)の製品。
えびの原材料比率70%だそうです。
パンフレットに、「水」は究極の調味料。「風」は究極の香辛料。とあります。
カワイイ箱に入っていました。Dc071707

 

 

 

 

 

 

えびの風味が濃厚。サクサクの食感。旨!

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

グリーンネックレス

Dc071321 Dc071703

上の写真:
購入時の状態

 

ナミビア南部原産、
キク科、
別名「緑の鈴」。

 

緑の球は
葉っぱが
多肉化したもの。

茎の長さは
メートルに達する
こともあるとか。

 

大切に育てよう
と思います。

楽しみです。

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

まざあぐうす

京都「きぬかけの路」にある人気の洋菓子店。

きぬかけの路とは、金閣寺から龍安寺を経て仁和寺に至る道。
北にある衣笠山に夏、絹を掛け雪山に見立て楽しんだという
宇多天皇の伝説から、1991年に名付けられた。

「はんなり京の抹茶ロールケーキ」はこの店を代表するお菓子。Dc071320

宇治の抹茶をふんだんに使ったしっとりフワフワのスポンジ、
コクのある生クリーム、
真ん中には大納言の小豆・きざみ栗・カスタードクリーム、美味しい!Dc071322

これも、緑井天満屋「三都味めぐり」で購入。

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

かぼちゃの浅漬

Dc071316 カボチャの漬物、初めてです。若いカボチャを使うとのこと。Dc071318

試食して旨かったので購入しました。
カボチャの風味があり、コリコリとした食感です。日本酒によくあいました。Dc071507

京都の川勝總本店の作。緑井天満屋「三都味めぐり」にて。

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

楽粹

鳥取県智頭町の豆腐屋さん。Dc062136

Dc062107

極吟とろり

「男前」の対極
驚くべき淡白さ
ここまでやるか!

315円だそうですDc062204

湯葉豆腐

面白い食感
別々の方が旨いかも?

250g
340円だそうですDc071315

で、湯葉です

轆轤豆腐 生湯葉

轆轤という名は、
「轆轤の水」から来ています。
杉林の奥深く、
大自然に抱かれた
芦津の里(鳥取県)に湧き出る、
混じり気のない
限りなく純度の高い
岩清水のことだそうです。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

ムジカ・ファーム

Dc071313 手こねハンバーグと和inの店、と看板に書いてあります。
飲んだことはありませんが、かなりの数のワインが置いてあります。
もう一つのウリは音楽です。すごいステレオがあります(下の写真の奥)。Dc071301

デミグラスソースのハンバーグ、ふつう160g、900円を、
トリオセット(スープ・サラダ・ライスorパン)500円とともに頂きました。Dc071305

ツブツブ感のないコーンスープでした。Dc071311

ハンバーグを拡大すると・・・Dc071310

様々な材料がもとの状態が分からないほどしっかりと捏ねられています。
ふんわりとやわらかく、口の中でとろけます。

平日はランチとして、ほぼ同じものが1000円で出されます。

安佐南区中須一丁目9-5、
アストラムラインと54号線が交差するところをちょっと西へ、南側すぐ。

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

パン工房「サンライズ」

Dc071201 毘沙門台にあるパン屋さんです。
一見、住宅街の中の、ごく普通の民家です。看板がなかったら分らないでしょう。中に入るといい匂いがしてパン屋さんらしい雰囲気です。景色のいいテラス席もあります。
営業は土日だけで、朝早くから開いていますが、売り切れたらお仕舞い。昼前には無くなることが多いようです。かなりの種類のパンがあります。Dc071203

Dc071205  

 

 

本日のご購入:

店名にもなっている
サンライズDc071204

抹茶サンライズDc071206

カレーベーコンDc071207

チーズスティック

以上、530円

 

安佐南区
毘沙門台二丁目
33-25

 

 

その他のパン
こちら

| | コメント (5)

2008年7月11日 (金)

砂丘夫人

Dc051603 

一善やの砂丘夫人、
「メープルナッツ」を頂きました。

「チョコベリー」より
しっとりしていて
シンプルな味わい。Dc051606

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

魂の酒を語る会 第一弾

造り手と語り、魂の酒を飲む会。第一弾
天寳一五代目蔵元村上康久[魂の酒を語る会]Dc071007

五種類のお酒を頂きました。Dc071019

Dc071004 Dc071005

会場は爐談亭。

上、一汁五菜の初の膳。
一汁の写真、撮り忘れ。

素晴らしい料理でした。Dc071015

蓮酒、蓮の葉の中を潜らせる。
スッキリした味わいになります。
Dc071017

幸せな一夜でした。

| | コメント (0)

2008年7月 9日 (水)

香梅

熊本の有名なお菓子屋さんです。Dc062115

Dc062122  

肥後五十四万石

こしあんを求肥で包み
玉川ではさんだDc062125

武者がえし

さらし餡を
パイ生地で包んで
焼き上げたDc062117

あかねさす

つぶし餡を
しなやかな生地で包んだ
焼き菓子Dc062121

本丸

餡入り求肥を
ゴマ入りせんべいで
はさんだDc062119

花橘

甘夏を
白あんの中に溶かし
ミルク風味の生地で包むDc062127

ザビエルの誉

ミルクたっぷりの
黄味餡を
バター風味の皮で包み
焼き上げた乳菓Dc062130

そして、これが真打、誉の陣太鼓。
大納言小豆をたっぷりと使い、寒天で流し固め、
その中に求肥を入れた銘菓。

この陣太鼓、広島三越の地下で常時売っていて、
有難いのか、有難くないのか・・・

| | コメント (0)

2008年7月 8日 (火)

和兵衛御菓子処

Dc070401 Dc070402

毘沙門台店
安佐南区
毘沙門台二丁目
24-20

下、左から
桔梗、枇杷、
淡ゆきかのこDc070408

実にきれいなお菓子です。

| | コメント (0)

2008年7月 7日 (月)

ひとつぶのマスカット

Dc070410  

旬果瞬菓

旬の果物や穀類、
野菜などを大胆に使い、
その一瞬輝くお菓子を提供、
広島県は三原市のお菓子屋、
共楽堂のコンセプト。

Dc070516 マスカット求肥包み、という名称ですが、
薄いた為か、あまり求肥は感じません。
外側のほんのりとした甘さ、皮のちょっとした歯応え、
マスカットの甘酸っぱさ、見事なハーモニーです。

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

春餅[シュンピン]

Dc070506 Dc070508

粉を練り、
玉にしたものを
二つ重ねて
伸ばして、焼く。

だから、剥がして
二枚になる。

具を入れて
丸めて頂く。Dc070510

モチモチとした食感が素晴らしい。

干豆腐と一緒に「明明」で。

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

干豆腐

Dc070512  
中国の豆腐。
湯葉のような、高野豆腐のような、
でもペラペラ。 

Dc070501

Dc070503 中央下の野菜、香菜(シャンツァイ)。
地中海東部原産、種子を乾燥させたものがコリアンダー。Dc070504

 
味噌だれを付け、
野菜をのせ、巻く。 

Dc070505

味噌だれのちょっと辛い奥行きのある味わい、香菜のちょっとクセのある独特の風味、干豆腐の硬からず柔らかからずの歯応え、葱キュウリの存在感もあり、これは美味です。今度ビールと一緒味わいたいと思いました。

中国北方小吃「明明」にて。この料理、いつもある訳ではありません。

| | コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

7月4日

アメリカの独立記念日、というより、我が家では、娘の誕生日。Dc070413

他にも娘の好きな料理で、お祝いしました。Dc070409

Dc070407

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

大江戸菓子匠「銀座松前煎餅」

文化元年(1804年)創業。Dc052522

見えるところは渋めに、見えないところにお洒落をする、という江戸っ子の粋と洒落っ気を感じてもらいたいとのこと。
それはともかく、パリッとした美味しい煎餅でした。

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

純米吟醸「菊池川」

Dc062106  

熊本県山鹿市
千代の園酒造のお酒。

お米の風味が濃厚で
キレのいい飲み口。

二男から
父の日のプレゼントに
貰いました。Dc170102

 

序にその他、父の日にもらったもの。

娘から:Dc070109

長男から:Dc070107

アリガトー

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

京菓子司 「延年」

Dc070102 かなり昔からあるお店です。以前は旧道沿いにありました。現在は旧道から少し西に入ったところにあります。で、車を停めやすくなりました。上品なやさしいお菓子です。Dc070104

安佐南区祇園一丁目39-7、安芸山本交差点西。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »