« 鶏肉の中華風甘酢かけ | トップページ | はくろすいしゅ »

2008年7月29日 (火)

Restaurant MILLE [ミル]

ACTUSの雑貨や家具のお店・FOUR ANTSの一角にあるレストランです。Dc072722

以前ここには「オリジネ」というイタリアンがありました。
その時はこちらが入口でしたが、今は下のように南側になっています。Dc072719

スペインの画家、Mar Revert Guillart(マル・レベール・ギジャール)の絵が
飾ってあります。
油絵に金属を混ぜた独特の画法で、上下二つに分かれています。Dc072708

先日、ランチ、1800円を頂きました。Dc072709

前菜のテリーヌDc072710

程よく焼いてあるパンDc072711

桃のコンポート入りのビシソワーズDc072713

メインは魚(鯛)Dc072714

あるいは 肉(地鶏)Dc072716

マンゴーとフロマージュブランDc072717

エスプレッソ 紅茶を選ぶこともできます

先日読んだ「食の世界」という本に以下のように書いてありました。
フランス料理の基本は、旬の食材をそれに適した調理法で食べることにある。旬の食材を食べることは日本料理と共通しているが、大きな違いは日本料理が初ものや新鮮さを重視するのに対して、フランス料理は熟していることを重視する。例えば、トマトがあるとすれば、日本人はもぎたてのトマトを好んで食べるが、フランス人は腐る直前の熟しきったものを食べる。肉も腐らない程度にしばらくおいておき、うま味の成分であるアミノ酸が十分にでた頃に調理する。つまり、素材のうま味が十分にでた頃合いを見計らって、その素材に一番合う方法で調理するのがフランス料理である。

これを読んで、そしてここの料理を食べて、フランス料理に対する考えがちょっと変わりました。どの料理もなかなかの美味しさでした。特に鯛は絶品でした。次回は夜行ってみようと思います。

安佐南区緑井六丁目19-2

|

« 鶏肉の中華風甘酢かけ | トップページ | はくろすいしゅ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶏肉の中華風甘酢かけ | トップページ | はくろすいしゅ »