« やわらかマロンケーキ | トップページ | あいのり丼 »

2008年10月 3日 (金)

魂の酒を語る会 第二弾

金光秀起、加茂金秀を語る会Dc100210

Dc100211  

純米吟醸
「芳華」
雄町
精米歩合
50%

 Dc100212

 

純米吟醸
「爽」
千本錦
精米歩合
50% 55%

これは
キリリと
爽快

実に美味

 Dc100215

 

 

 

 

 

特別純米
斗瓶とり
こいおまち
精米歩合
55%

 Dc100221

 

燗酒

特別純米
秋の便り
千本錦
こいおまち
精米歩合
55%Dc100228

 

 

 

 

純米大吟醸「この道」 雄町 精米歩合45% 酒商山田の波多野さんDc100229

締めに予定していたお酒を金光杜氏が割ってしまった!
ので、急遽、酒商山田に四年間眠っていた桜吹雪の大吟醸が登場。

六種類のお酒を頂きました。

 

会場は前回と同じ爐談亭、

美味しい料理でした。

先ずは、初の膳。Dc100209

左上、落ち鮎朴葉煮。右上、梨と水前寺海苔の白和え。
右下、走り蕎麦がきとろろ。真中、菱の実。右下、たたき酢牛蒡。
膳の右、名残り茄子ずんだ汁。箸置きは、山帰来。Dc100207

料理の説明をする店主、三浦さん。Dc100217

Dc100218

菊酒
古代中国からあったらしい。菊の花びらを浸した水で仕込む、など色々な製法があるようだが、加茂金秀の夏純で作ったと三浦店主が言っていたので、これは後から菊の香りを移したものだろう。菊の花びらが二つ浮いている。柔らかい味わいになっている。Dc100224

 


いぶりがっこ
(沢庵の燻製)

 

お酒も料理も大満足、楽しい三時間近い会でした。次が楽しみ!

 

昨夜は幸せに酔っぱらっていたので一日遅れの報告でした。

     第一弾はこちら

|

« やわらかマロンケーキ | トップページ | あいのり丼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やわらかマロンケーキ | トップページ | あいのり丼 »