« 天冨良 天一 | トップページ | 「りょう花」のトマトラーメン »

2008年12月25日 (木)

あたご梨

Dc121609 頂き物です。デカイ。重さは1キロはあると思います。
「新高」も大きいナシですが、貫録が違うという感じです。Dc121611

個人的な好みでいうと、味は「二十世紀」だと思います。

調べてみると、二十世紀のような青梨系はこの写真のような色をした赤梨系とは比べ物にならないくらい少ないようです。二十世紀の生産量は全体の一割強で、幸水(四割弱)、豊水(二割五分位)に次いで第三位、第四位の新高(一割弱)を合わせると、この四品種で梨の全生産量の九割近くを占めることになります。
もう一つ意外だったのは、県別生産量です。多い順に、千葉、茨木、鳥取、福島、栃木、長野、この六県で半分ぐらいを生産しています。広島で暮らしていると、梨=鳥取、と繋がりますが、実際は東日本優位のようです。

|

« 天冨良 天一 | トップページ | 「りょう花」のトマトラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天冨良 天一 | トップページ | 「りょう花」のトマトラーメン »