« 瑞鷹「熊本城」 | トップページ | Delicius (デリチュース) »

2009年1月24日 (土)

扁炉(ピエンロー)

妹尾河童「河童のスケッチブック」に出てくる、中国広西省の田舎料理。
以下、この本からの受け売りです。
味付けは、粗塩、胡麻油、一味唐辛子、
材料は、白菜、干し椎茸、豚肉、鶏肉、春雨。
作り方、大きい鍋に白菜の白い部分を入れ、たっぷり水を(椎茸をもどした水も)入れる。
沸騰したら、豚肉、鶏肉、椎茸を入れ、胡麻油をたらす。
しばらく煮て、白菜の白い部分を入れる。40分ぐらいひたすら煮る。
最後に春雨を入れる。食べる直前に、再度胡麻油をたらす。
食べ方は、各自が自分の椀に鍋の汁を入れ、
塩と唐辛子を溶かしてつけ汁にする。Dc012429

この鍋は、白菜と塩とゴマ油の美味しさを再確認することに尽きる料理。
最後に御飯を入れて「ピエンロー粥」を作る。
この時、冷たいべったら漬けがあう。Dc012433

注意、うんと寒くなって白菜がウマクなるまで待つこと。
二人で静かに食べる鍋ではない、数人で陽気に。

ということなので、今日六人で、楽しく美味しく頂きました。
詳細を知りたければ、本を読んでください。市立図書館にあります。

|

« 瑞鷹「熊本城」 | トップページ | Delicius (デリチュース) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瑞鷹「熊本城」 | トップページ | Delicius (デリチュース) »