« 想夫恋のラーメン | トップページ | 扁炉(ピエンロー) »

2009年1月23日 (金)

瑞鷹「熊本城」

正月旅行シリーズ、その10、最終回。Dc010401

宿で飲んだお酒を忘れていました。
今回の宿は二件ともいいお酒を置いています。
「やまなみ」がこのお酒、宿の料理によく合っていました。

「華坊」の方はこれ:Dc010402

オリジナルブランドのお酒です(といってもラベルだけでしょう)。
山鹿の千代の園酒造のお酒です。これは上品でした。

|

« 想夫恋のラーメン | トップページ | 扁炉(ピエンロー) »

コメント

こんばんは。触発されたわけではないのですが,私も千代乃園酒造のお酒を買いました。「純米酒 朱盃」という銘柄です。
今夜開けて飲みます。

投稿: コタ | 2009年1月30日 (金) 21時40分

朱盃、飲んだことありません。
また何時か感想を聞かせて下さい。

投稿: さーたん | 2009年1月31日 (土) 21時30分

こんばんは。昨日、今日と飲んでみました。辛口でも甘口でもないといったところでしょうか?炙ったスルメによく合いました。(調味料とかを使用していないスルメはホントに美味しいですね)

投稿: コタ | 2009年1月31日 (土) 22時55分

熊本のお酒は穏やかなものが多いような気がします。
水がいいのでしょう。所謂名水がたくさんあります。
先日何かで読んだのですが、熊本市の水道はすべて地下水だそうです。

投稿: さーたん | 2009年2月 1日 (日) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想夫恋のラーメン | トップページ | 扁炉(ピエンロー) »