« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

三月のラーメン

三月の記事に書いたラーメン以外に、三月に食べたラーメン。
(プラス、今まで記事に書いたことがあるお店のラーメン。)

島根県の道の駅「シルクウェイにちはら」の「らーめん屋」
煮干らーめん600円、太めの麺、仄かに煮干の風味、なかなか。
Dc030303

麺屋(こちらDc030702

またまた行った、珍楽本店、今回は半チャンセット、940円。Dc031501

八戒(こちら)。知人より、うすくなった、との情報、行ってみました。
白濁していません。
店のオヤジは高温でスープをとり濃厚になったと言ってました。
しかし・・・Conv0003

ばくだん屋(こちら)。
つけ麺のお店のラーメン、結構いけます。Conv0004

今月退職なので、最後になるだろう勤務先食堂のラーメン。Dc031101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定年退職

本日、退職しました。といっても、明日からも週20時間働き続けます。

家族がお祝いの夕食会を催して呉れました。Dc033110

Dc033116  
先日、
還暦のお祝いを
やって貰った
ばかりなのに
プレゼントまで
頂きました。
これについては
いずれ紹介します。

昼は一緒に退職する同僚と食事をしました。「和食家 和です。Dc033102 

 
元同僚からは、お祝いのお酒が送られてきました。有難う御座います。
このお酒についてもいずれ紹介します。

たくさんの人のお陰でここまでこれたと思います。
ただただ感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

長浜屋台「一心亭」

Conv0009 福屋八丁堀店、福岡県の物産店にて(31日まで)。
云うまでもなく、典型的博多ラーメン、普通に旨い。Conv0008

西区東観音に博多ラーメンの「一心亭」というラーメン屋があります。
関係があるのかな。まあ、どこにでもありそうな名前ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縮景園の桜

Conv0007 縮景園ではなく、県立美術館に行きました。Conv0006

小さくて見えにくいのですが、右の方に白無垢の花嫁がいます。
結婚写真の前撮りのようでした。他にも一組見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

麺屋元就の「武蔵ラーメン」

以前、「元就ラーメン」の記事を書きました(こちら)。Conv0001
今日は、もう一つの「武蔵ラーメン」を頂きました。
魚介とのダブルスープです。Conv0002

これは旨い。かなり進化しています。
程よい魚介の風味、加水率が絶妙な麺、、ホロホロの叉焼、
モヤシ・ネギも一体となり、久し振りに感動の一杯でした。

中区舟入本町12-21、木曜定休。

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

話食家「和」の和オススメランチ

昼の新メニュー、和オススメランチ、
前回は肉バージョン(こちら)を頂いたので、
本日は魚バージョンンをお願いしました。Conv0002

手前中央がお魚のフライ、
たっぷりの野菜とともに美味しく頂きました。

中央のピンクのお皿に入っている芋、
以前書いたコメント(
こちら)、悪い意味ではないのですが、
御主人気にされていたようで、そのリベンジとのこと、
程よい味付けで、以前のうす味ともども、素材が生きた旨さでした。

「和」の次回へ(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

お好み焼き「楓」

Conv0001  

久し振りに行きました。

このお店については書いているとばかり思っていましたが、キミッツ(こちら)の記事でふれただけでした。

平日といっても春休みのためか、1時過ぎに行ったのにちょっと待ちました。2時ごろ帰る時も満席でした。相変わらず繁盛しています。

関西風もメニューにありますが、食べている人を見たことはありません。

下の写真は待合室の高い所に掲げてあるものです。Conv0005

野菜・肉・卵、とうがらし麺を頂きました。Conv0003

奥さんは、うどん。Conv0004

安佐南区八木一丁目20-24、火曜定休。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

鍋帽子

Dc022108 かなり大きなものです。中には・・・Dc022107

座布団にのったお鍋。Dc022111

保温効果抜群、よく味がしみ込みます。
うちの奥さん制作、この冬活躍しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

鷹野橋近辺の駐車場

以前にもちょっと書いた(こちら)が、驚きの新発見情報。
正確に言うと、少し前からあったので、「新」ではない。
土日だけだが、なんと、120分100円。120分ですよ!Dc020102

サロンシネマに行くのに最適、
だが、今まで駐車できたのは今回一回だけ。
サロンシネマを南へ、最初の角を西へ、すぐ。Dc020111

市役所交差点の南西角にあるビルの西、ここもなかなか空いてない。Dc020104

このあたり、30分100円はたくさんあります。

***

2012年4月の情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

蓬莱鶴「奏」

Conv0003  

蓬莱鶴
純米吟醸

原本店
広島市内の
ビルの地下にある
酒蔵

旨みのあるお酒です。Conv0002

Conv0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

テリーズ チョコレート オレンジ・ミルク

Dc021312 頂き物。四角い箱に入っていますが・・・Dc021311

入っているものは、オレンジのように真ん丸です。
さらに、中のチョコは・・・Dc021315

一つひとつがミカンの形です。Dc021316

箱は全部英語で、Made in the EU と書いてあります。Dc021301

日本語のラベルが貼ってあり、
原産国名:ポーランド、と書いてありますが、
テリーズは、イギリスの老舗チョコレート会社のようです。

ちょっと甘めですが、オレンジフレーバーの美味しいチョコでした。
ビターもあるようなので、次はそれを・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

薄型液晶テレビ「アクオス」

Dc030805 遂に我が家も、地デジ対応テレビを購入しました。
きれいです。本当にきれいです。感動的にきれいです。
といっても、私はあまり見ませんが。
天気予報の日本地図、緑一色だと思っていました。
が、このテレビで見ると、平野と山が描き分けてあります。
(地デジ放送がそうなっているのかな?)Dc030809

人の肌が生々しく映ります。テレビに映るのが仕事の人はさすがきれいな肌をしています。
背広の肩に落ちているフケまでハッキリと識別できました。

42型ですが、すぐその大きさに慣れました。
これから買おうと思っている人へ、大きいと思うぐらいがいいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

Cafe Vag

Dc030811 福屋食品館Fredの南に最近出来ました。尾道からの移転のようです。
Dc031421

 

無愛想なオヤジが
一人でやってます。

奥に
狭いスペース、
丸テーブルの
小さいのが二つ、
大きなスピーカー
ターンテーブル、
いい音を
出していました。

「ケニア」を購入、
250グラム
定価2100円が
2割引きで
1680円でした。

旨い珈琲です。
久し振りに
いい店を
見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

音戸ちりめんの川口商店

Dc031705 呉のベネスティの真ん前にありました。Dc031707

ちりめんも美味しいのですが、ここの牡蠣は一級品です。
広島の本通にもお店があり、買ったり送ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ベネスティ

このブログを始める前の日記。
2006年12月21日、ベネスティ。

(古江に)ベネスティという八百屋が出来ました。テレビが開店まで密着取材をしたようです。偶々その放送を見て行ってみたいと思っていました。呉に本店があり、ここがその支店のようです。そんなに広い店ではありませんが、産地直送の、香りのある美味しそうな野菜がたくさん。紫山芋、というものを購入しました。ちょっと甘く、シャリシャリとした面白い食感でした。いろんな野菜がありますね。
2007年01月18日、寒締めほうれん草

ベネスティで購入。一袋、360円。宮城県産。縮れているのは寒さのためで、特別な種類のものではありません。なぜ冬の寒い時に育てるのかというと、寒さに負けないようほうれん草が頑張って甘みを蓄えるようになり、美味しくなるからです。宮城より北に行くと寒すぎて育たず、南だと寒さが足りないそうです。肥料もほとんど使わず、通常の3倍の時間をかけて栽培し、ビタミンCが3倍以上。生で食べてもおいしいほうれん草でした。Dc011302

Dc011303この広島のベネスティ、閉店してしまいました。 

先日、呉に行ったとき偶々、ベネスティの前を通りましたDc031704

「きんかん」の概念が覆る「きんかん」と書いてあったので購入しました。Dc031706

確かに一味違うおいしい「きんかん」でした。Dc031903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

大吟醸「十四代」播州山田錦

Dc123004  
なかなか
手に入らないお酒

品があり
ちょっとだけ
苦味のようなものがあり
それでいて穏やかでマイルド
キレがよく素晴らしいバランス

飲んでいて
旨さに感動し
幸せな気持ちにになります

誕生日のお祝いとして
飲みはじめましたDc031601

Dc031602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜咲く

15日、たかた産直市で購入した桜、
蕾だったのに、あっと言う間に満開になりました。
春ですね。

Dc031804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

仙八来来軒

Dc031712 呉の有名なラーメン屋。
天下一品を思わせるどろどろスープだが、天下一品同様そんなにどぎつくない。色々なものが溶け込んでいるのだろう。6・7年前に代替わりし、味が落ちたということも言われていたが、私には十分旨かった。(人が変われば当然味も変わる。そもそも昔の味を覚えていない。)
「あっさりラーメン」にも惹かれたが、「ピリ辛味噌ラーメン」を頂いた。味噌ラーメンはあまり好みではないのだが、ピリ辛に引き寄せられた。Dc031709

連れが食べた、チャーシュー麺。Dc031710

呉市のど真ん中、中通三丁目4-3。

広島市の流川に支店ができていたが、なくなったと店主が言っていた。
以前はスープを送っていたそうだ。
今度行くことがあったら「あっさり」を食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

還暦

今日ついに60回目の誕生日、華寿です。

奥さんよりのプレゼント。Dc031715

奥さんの手作りケーキ。Dc031718

今週末、子供たちが温泉に招待してくれるそうです。楽しみ!

先日、同僚がお祝いの会を催してくれました。感謝です。Dc031408

 

これからも、

本を読み、映画を観、
美味しいものを食べ、旨い日本酒を飲み、
偶に温泉に浸かる、

で生きていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

李白

Dc030812  

ピチピチ
フレッシュ

開栓後は
徐々に
穏やかに

ここのお酒は
旨口です

Dc030902

Dc030901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

「クリミナ」と「パンドミー」

先月はじめのことですが、サブリナ(こちら)がリニューアルオープン、
何故か、お店の名前が変わっていました。Dc022103

店名以外に何が変わったのかよく分かりません。サンドウィッチを始めるので、そのための設備が出来た、ということのようです。Dc022102

私がいつも食べている大好きな「パンドミー」が
「クリミナブレッド」という名前に変わっていました。

私、昔フランス語を勉強していました。パンドミーはフランス語で、pain de mie 、中身のパン、という意味です。イギリスの食パンをまねてフランスで作られたのですが、フランスパンの材料を使うので外側がパリッとしています。しかし、フランスパンが外側のパリパリを楽しむのに対して、パンドミーは中身のフワフワを味わいます。で、この名前です。

以前、福屋八丁堀店地下に全国的にも有名な「フォーション」というお店がありました。ここのパンドミーは絶品です。味的にはサブリナのパンドミーが劣っているわけではありませんが、外側もフワフワで全体的イメージからパンドミーと言えるかどうか疑問に思っていました。今回名前が変わったので、何かスッキリしました。(勝手にスッキリしろ、と突っ込みが入りそうですが。) これからもおいしく頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

稲茶

Dc031417  

中区鉄砲町7-13、
八丁堀交差点を北へ
二筋目を東へ、北側。

左の看板、
エレベーターで三階へ。

降りると、
下の写真のような入口。Dc031416

特別鰯膳(2300円)を頂きました。Dc031411

小鰯の刺身、美味です。野菜のきんぴら、酒肴的味付け。
小鰯のてんぷら、酒が飲みたくなります。
メインの鰯ハンバーグ鉄板焼、ホロホロとトロケル旨さ。
蓋を取り忘れたお吸い物、トロトロ・ネバネバのかじめ汁。Dc031413

寿司膳・蛤吸い付(2000円)を食べた人も。Dc031410

家族皆で行ったので、いろんなデザートを。Dc031414

それほど高級感漂う店ではなく、接客もフレンドリーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

薬蜜本舗の蜂蜜

Dc122312 珍しいものを頂きました。下のように書いてあります。Dc122314

ちょっと苦みがあります。
食べた感じではよくわかりませんが、きっと体にいいものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

瑞櫻

島根に行ってきました。エピローグ。Dc030342  

旅館樋口で飲んだお酒、
記載するのを忘れていました。

お値段もよかったが、
さすが大吟醸、
それらしい、
穏やかでありながら
華やかな、
とろけるような
実に旨い酒でした。Dc030327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

やさか仙人

島根に行ってきました。その8。Dc0303106

 

島根に行ったので、
地元のお酒を購入。

このお酒、
意外にと言っては
失礼ですが、
美味でした。

バランス良く、
味がしっかりして、
飲み飽きしません。

又行くことがあったら
この酒造のお酒を
買おう。Dc030701

Dc030702_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

古代出雲歴史博物館

島根に行ってきました。その7。Dc030387

出雲大社のすぐ横にあります。
出雲に関するものが多数展示されています。
先ずは入ってすぐの宇豆柱(うずばしら)・・・
Dc030389 

これだけ撮影可。でもガラスケースに入っているので反射が・・・

そして、この柱の上に建っていた、平安時代の出雲大社本殿の、十分の一の模型、小さなものですが圧倒されます。実物を見た当時の人はどんな気持ちになったのでしょう。

もう一つ、荒神谷遺跡から出土した358本の銅剣、これも圧巻です。

その他にも色々あって、一度は訪れるべきところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

ぜんざい餅

島根に行ってきました。その6。
宿禰餅で有名な老舗お菓子屋、坂根屋。Dc030385

Dc0303107 

 

出雲大社の真前のこのお店のみで、
ぜんざい餅を売っている。Dc0303112

「ぜんざい発祥の地・出雲」、で売り出しているようです。何故か・・・

旧暦十月は、神無月、しかし、出雲は神々が集まるので、神在月、で、神在祭が行われます。その時振る舞われるのが「神在餅」です。これは「じんざいもち」と読まれ、「じんざい」が出雲弁で訛って「ずんざい」、さらに「ぜんざい」になったとのことです。江戸の文献にも、出雲がぜんざい発祥の地と書いてあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

雲太

島根に行ってきました。その5。Dc030382

180年の伝統を誇る、羊羹で有名な、高田屋、神仰の道にあります。Dc0303120

心御柱(しんのみはしら)発掘を記念してつくられた最中、
雲太という名前は・・・

○○太(郎)・○○二(郎)・○○三(郎)、というベスト3を表す言い方があり、例えば、坂東太郎・筑紫二郎・四国三郎、と川のベスト3を表現します。「口遊(くちずさみ)」という平安時代の本に、雲太(うんた)和二(わに)京三(きょうさん)という言葉があり、建物の高さベスト3で、出雲大社が一番ということのようです。心御柱が発掘されたということは、この言い伝えが本当だと証明されたということです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

俵まんぢう

島根に行ってきました。その4。Dc030381

俵屋菓舗、出雲大社から西の「神迎の道」にあります。
鳥居の前にも一店舗、離れた所にもう一店舗、あるようです。
Dc0303116

白餡の饅頭です。せんべいも大好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

荒木屋

島根に行ってきました。その3。Dc030380

江戸天明年間から約220年続く出雲蕎麦の老舗です。
蕎麦屋という佇まい、食べ物を頂くときの雰囲気は大切です。
Dc030376 

割子四代そば、1380円を頂きました。
代が代わってどうこうという噂を聞きましたが、充分に美味しい蕎麦です。Dc030377

出雲市大社町杵築東209-2、
出雲大社から西へ(神迎の道と言うそうです)徒歩10分程。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

有福温泉

島根に行ってきました。その2。
グラントワから次の目的地の途中ということで、有福温泉に宿泊しました。ちょっと南の美又温泉には何度も行ったのですが、ここは初めてです。
約1300年前に発見された温泉で、古来より名湯が湧く福ありの里として有福という名がついたと云われています。10軒ぐらいの宿があり、小さな谷間に張り付いたように建っています。石段が至る所にあり、浴衣では歩きにくいぐらいです。外湯が三つあり、鄙びた温泉の雰囲気があります。

御前湯(左のタイル張りの建物)。湯殿の中央に、正方形の角を落としたような八角形の湯船、中央の石柱から三筋の源泉が注ぐ。六・七人も入れば一杯か。Dc030330

さつき湯。湯殿の奥に正方形の湯船、奥の一か所から源泉が注ぐ。ここも、六・七人も入れば一杯か。Dc030337

やよい湯。残念ながら、改修中で入れず。Dc030334

入った二か所とも、殆ど地元の人でした。印象的だったのは、源泉を口に含み、うがいをするようにして洗い場に吐き出す人がたくさんいたことです。飲用不可と書いてありました。外来者の入浴料は300円、地元の人は月600円で入り放題だそうです。

泊まった宿は、竹と茶香の宿「旅館樋口」です。
詳細は、さーたんの独り言本家へ(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

グラントワ

島根に行ってきました。その1。
Grand Toit (フランス語で大きい屋根の意)、正式名称、島根県立芸術文化センター。「石見美術館」と「いわみ芸術劇場」の複合施設です。2005年10月開館、当時かなり話題になりました。ずっと行ってみたいと思っていましたが、機会がありませんでした。今回、開館3周年記念展「アメリカの見た夢」の切符が手にはいったのをきっかけに、出かけました。Dc030314

正面にモニュメント「大蛇(おろち)」、反対側からみると・・・Dc030316

モニュメントの向こうにある入口をはいると、目の前に中庭が見え、その周りを回廊がぐるっと取り巻いています。対面が「いわみ芸術劇場」の大ホール、右側が小ホールやスタジオ、左側が「石見美術館」です。下の写真、ちょっと暗いですが、美術館のロビーです。Dc030321

中庭では車(レクサス)の撮影が行われていました。過去にも何回かあったそうです(美術館の受付のおねえさんが嬉しそうに話してくれました)。中庭の中央は浅い池、というか、水溜りになっています。下の写真、背後は美術館です。Dc030320

下の写真、背後は入り口です。Dc030319

10人を超える人が、昼過ぎから準備し、暗くなってから霧を発生させ、宣伝に使う一枚の写真を撮るのだそうです(話好きな警備員のおじさんが教えてくれました)。

美しい石州瓦活かした、素晴らしい施設です。屋根に使った石州瓦、12万枚、壁には、16万枚、だそうです。

「おくりびと」のチケット完売、という掲示がありました。地域の文化拠点として機能しているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

出雲誉 DAIGO

島根に行ってきました。プロローグ。
まず、「こんなんでええんか」、という話題を。Dc030343

最後に行ったお店においてありました。「竹下本店」――あの竹下登の実家――のお酒です。孫の人気に便乗して酒を売ろうとしています。その割には、ラベルがやっつけ仕事みたいにチャチです。まるで安物のプリンターで印刷したように見えます。中にどんなお酒が入っているのか分かりませんが、お酒は泣いているのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

京都・平安の乳菓「醍醐」

昔のチーズを食べてみたい、
という思いがあって、この様な名前に反応してしまいます。Dc012420

まざあぐうす(こちら)のお菓子です。Dc012423

その説明には以下のように書いてあります。
仏教の経典『大般涅槃経(だいはんねはんきょう)』の中に、五味として順に、「乳(にゅう)」、「酪(らく)」、「生酥(しょうそ)」、「熟酥(じゅくそ)」、「醍醐(だいご)」、と精製され、最上の味を持つものとして書かれている。十世紀のころ、平安京で製造されていた乳製品である。牛乳を煮詰め熟成させて作られる和製チーズ様と考えられている、幻の高級食品であります。その最高の美味しさを求め続け、醍醐味なチーズケーキが出来ました。Dc012424

私が食べたいチーズではなく、チーズケーキです。
が、チーズのように美味しい、口の中でとろけるケーキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

純米辛口「蔵粋」壺の華

Dc020711  

福島県の物産展で購入。
ゆべし売りのおばさんが
福島の酒はこれと
推薦してくれました。

蔵粋の読みは、くらしっく。
クラシック音楽(モーツアルト)を
聞いて育った音楽醸造酒(?)
というものだそうです。

モーツアルトの
軽快さはありましたが、
典雅さはありませんでした。
辛口の普通に旨い酒です。Dc022701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »