« 純米辛口「蔵粋」壺の華 | トップページ | 出雲誉 DAIGO »

2009年3月 2日 (月)

京都・平安の乳菓「醍醐」

昔のチーズを食べてみたい、
という思いがあって、この様な名前に反応してしまいます。Dc012420

まざあぐうす(こちら)のお菓子です。Dc012423

その説明には以下のように書いてあります。
仏教の経典『大般涅槃経(だいはんねはんきょう)』の中に、五味として順に、「乳(にゅう)」、「酪(らく)」、「生酥(しょうそ)」、「熟酥(じゅくそ)」、「醍醐(だいご)」、と精製され、最上の味を持つものとして書かれている。十世紀のころ、平安京で製造されていた乳製品である。牛乳を煮詰め熟成させて作られる和製チーズ様と考えられている、幻の高級食品であります。その最高の美味しさを求め続け、醍醐味なチーズケーキが出来ました。Dc012424

私が食べたいチーズではなく、チーズケーキです。
が、チーズのように美味しい、口の中でとろけるケーキです。

|

« 純米辛口「蔵粋」壺の華 | トップページ | 出雲誉 DAIGO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/28427434

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・平安の乳菓「醍醐」:

« 純米辛口「蔵粋」壺の華 | トップページ | 出雲誉 DAIGO »