« 兼六園 | トップページ | ひがし茶屋街&加賀棒茶 »

2009年7月 9日 (木)

冶部煮

北陸への旅、その6。

Dc0630161 金沢の郷土料理。肉(本来は鴨肉)に小麦粉(或いは、片栗粉)を塗し、麩(金沢特産の麩)や野菜と煮たもの。名前の由来はハッキリしない。この料理を考案した人の名前(岡野治部右衛門・ロシア人のジーブなど、「じぶじぶ」と煮る、あたりがよく書いてある。また、野生の鴨を使うので、フランス料理のジビエから、と Wikipedia にあるが、江戸時代からの料理ということを考えると、「?」。
私が食べたのは醤油味が強かったが、店により、作る人により、色んな味があるようだ。特別に美味しいというものではないが、薬味にワサビを使い、いいアクセントになって、食べやすい。

|

« 兼六園 | トップページ | ひがし茶屋街&加賀棒茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/30472261

この記事へのトラックバック一覧です: 冶部煮:

« 兼六園 | トップページ | ひがし茶屋街&加賀棒茶 »