« 金箔 | トップページ | 永平寺 »

2009年7月13日 (月)

粟津温泉「のとや」

北陸への旅、その9。

二泊目の宿「のとや」は、応長元年(1311年)創業と書いてあります。当時はどのような形だったのでしょう。以来698年、自家源泉が地下5メートルからコンコンとわき続けているそうです。この宿に決めたのは、とある掲示板での mimi さんという方のアドバイスがきっかけでした。一泊目の「べにや」はとても良さそうなのですぐ決まりました。二泊目を迷っているとき、「べにや」のHPに、「のとや」との2泊4食転泊プランというのが出ているのに気付きました。お得そうだし(本当にお得なのかはよく判りません)、mimi さんの推薦にもあったので決めたという訳です。「べにや」の若女将の実家が「のとや」なので、このようなプランが出来たとのこと、「べにや」の部屋担当の人が面白い裏話をしてくれました。Dc0630237

「のとや」に着いた時、先ずこの建物が目に入りました。どこが玄関かと探していたら、係りの人が右の方を指しています・・・Dc0630236

右の巨大な建物も「のとや」だったのです。改装はされていますが、左が昔からのもの、右が新しく作られたものです。

詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

|

« 金箔 | トップページ | 永平寺 »

コメント

「のとや」綺麗なお部屋ですね。私が泊まった時は。もっと古い感じの部屋でした。一昨年の事ですが…。二泊転泊プラン、私もHPで見ました。粟津温泉は、昔の面影はほとんどないようですね。唯一のとやが頑張っているようです。他の宿はチェーン化されたり、経営に苦労しているらしいです。

投稿: mimi | 2009年7月13日 (月) 22時34分

mimiさん、コメント有難う御座います。
「のとや」、設備投資にかなり注ぎ込んだと感じました。
これからが大変でしょう。
「べにや」の方も土曜日なのに客が少ない様子。
双方いい宿なので、兄妹で頑張ってほしいと思います。
そういえば、「転」泊だったのですね。
後で訂正します。

投稿: さーたん | 2009年7月14日 (火) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/30524950

この記事へのトラックバック一覧です: 粟津温泉「のとや」:

« 金箔 | トップページ | 永平寺 »