« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

九月のラーメン

九月の記事に書いた以外で、九月に食べたラーメン。

我馬 やはりここは旨いDc090101

五色屋 つけ麺 さんま出汁 Dc091210

百合花 塩ラーメンDc091902

満得 写真撮影禁止なので公道に面している外観Dc092905

久し振りに行きました。一時期週一ぐらい行って、毎回感動していました。しかし今回、その感動がありません。店を出てからも口の中に残る幸福感がありません。どうしたのでしょう。私が変ったのか、店が変ったのか。近い内にまた行ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

ハートランドビール

Dc081111 先日、Dish SAKAIMACHI で飲んで旨かったので探しました。やはり素晴らしい。私の好みにピッタリです。アッサリした食べ物に合います。

キリンが製造しているプレミアムビールです。テレビ番組がきっかけで開発されたといった歴史を持っていて、今でも、売っている酒屋、飲めるお店が限られています。

瓶はリターナブル、首に小さなラベルが貼ってあるだけ、胴にはエンボス加工がしてあります。

菱形の枠内に
         
  HEARTLAND
          (王冠と同じ樹の模様)
        in every spirit & every
         season, everywhere
                  BEER
枠の下に
          ハ
ートランドビール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

とっくり沢庵

Dc092504 山口県周南市福川地区の伝統野菜、とっくり大根の粕漬け。
酸味を出すため、長期間つけ込むとか。
確かに酸味の強い昔懐かしい味の沢庵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

話食家「和(なごむ)」

お久し振りの「和」(こちら)の「おばんざいランチ」Dc092702

相変わらずホッとする美味しさです。今写真を見ていて、いつもはある自家製豆腐が無いことに気付きました。今日はなかったのかな?

奥さんはパスタDc092704


前回の和(こちら)。
火鍋を食べる予定は家族の同意が得られず実現しませんでした。
次は、牛鍋、か、すき焼き、の予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

特別純米「小左衛門」

Dc081113  

お米の風味の強い
辛めのお酒です

去年は純米吟醸
今年は特別純米

先日病気のため
二週間ちょっと禁酒
その為開栓後
冷蔵庫で待機
その間に
まろやかに変化Dc092114

Dc092115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

亀の子ハウス

Dc092501 安佐北区亀山四丁目4-44、191号線沿い、亀山郵便局隣り。
以前から気になっていたお店です。チャンポンが一押しのようです。Dc092502

出てきてビックリ、チャンポンは豚骨鶏ガラだと思い込んでおりました。醤油であること、麺がラーメンのようであること、を除けは、確かにチャンポンです。豚肉、ゲソ、野菜などがうまく炒めてあり、とてもいい味になっています。こういうチャンポンもありだな、と感心しました。
カレーもお薦めのようです。次回に。

後日、カレーを食べに行きました(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

染と茶

Dc092405 安佐北区亀山七丁目13-5、191号別れ交差点から西へ2キロ位。
大町店もありますが、こちらの方がバンガロー風で趣があります。
まさお君のハンバーグ、950円、を頂きました。Dc092407

まさお君は店主の名前のようです。ハンバーグのアップ。Dc092408

生姜の効いた、わりとサッパリした味でした。

店の北側の景色、河原の木は栗です。Dc092409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

マツダスタジアムのスイートルーム

Dc092113  

残念ながら、行ったのは私ではなく、娘です。働いている会社が取引先から貰ったとのこと。

あの辺りにあるということは判っていますが、一般人は近づくことすら出来ません。専用の入り口、エレベーターがあるそうです。Dc092106

当然(?)、エアコンがあります。Dc092104

閉め切ると球場の音は全く聞こえないそうです。Dc092101

外の席に座るとこんな感じ、行ってみたいですね。

調べてみました。スイートルームは20室、年間700万円、企業の接待用でしょう。マツダスタジアムでの試合が66、それで割ると1回が10万6千円ぐらい、定員8名で割ると1人1万3千円ぐらい。
一般人が買える(と言っても、なかなか手に入らないようですが)一番高価な所が正面砂かぶり席、8000円。
ということは、そんなにべらぼうな値段ではないような・・・・でも700万・・・・もし1日だけ10万で買えるなら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小室哲哉「罪と音楽」

今朝新聞にこの本の宣伝が出ていました。とても変な感じがしました。
表現の自由があるから、誰が何を書こうと構わないのでしょう。が、
かなりの違和感を拭い去ることが出来ません。
自費出版ならいざ知らず、出版社が出すものは公共物ではないでしょうか。
この本にどのような存在理由があるのでしょうか。
読んでもいないのにこんな事を云うのは酷い偏見かもしれません。
しかし、売れる本を出したいという出版社のもうけ主義しか見えません。

夕方、発売記念イベントが行われたというニュースが出ていました。
このこと自体が驚きでしたが、さらにびっくりすることが書いてありました。
「逮捕の際、検事からも執筆を勧められた」
本当にこんな検事がいるのでしょうか。

数年後、こんな本が出版されるかもしれません。
酒井法子著「ラリピーの半生」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

ワニバーガー

Dc092212 この写真を見ても何のことか判りませんね。
下の文を読んで下さい。クリックすると大きくなります。Dc092209

以下のことは、ほとんどの広島の人が知っていることです、
広島県の人は一段落飛ばして下さい。

広島県の北部では、サメのことをワニといいます。ワニはサメの古称で、それが広島の県北には残っているということです。ワニ料理はこの地方の郷土料理になっています。何故山の中でワニかというと、死んだ時ワニは体内にアンモニアを生成し腐敗を防ぐので、海から遠くても生肉が食べられるから、ということのようです。

で、ワニバーガーですが、鶏肉ではありません、当たり前ですが、魚肉です。フライにしていい食感を出し、味はアッサリで、年寄りにも美味しく頂けました。上質のパンを使えばもっと良くなると思います。
七塚原サービスエリア下り線レストラン三好野、630円。

家に帰りニュースをチェックしていたら、「ワニドック」開発、とありました。
ハンバーガーがあるのだから、ホットドッグがあってもいいでしょう、
機会があったら食べてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

鎌倉まめや

関東在住の友人から頂きました。Dc082904

ごまピー 芳ばしいゴマの風味
豆おかき 黒豆入りの塩味
モカショコラ 穏やかなコーヒーの風味
そら豆カレー そら豆とカレーの面白い組み合わせ
こつぶバタピー ピーナツの味わいがうまくひきだされている

どれも美味しく頂きました。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

鹿児島ラーメン「くろいわ」

Dc092007 アルパーク天満屋で九州物産展開催中(23日まで)。
鹿児島では有名なラーメン店のようです。
Dc092006 

スープは豚骨ベースに鶏ガラも入っていて意外にアッサリ。
麺はちょっと太め、かんすいが少ないような感じです。
博多や熊本とは違いますが、これはこれで結構旨いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

109シネマズ広島

Dc092004新しく出来たアルパーク北棟の三階にあるシネコンです。
今日この辺りで二・三時間の待ち時間があったので、行きました。Dc092002

他のシネコンに比べると、全体的にゆったりした感じです。
通常の二席分に近い広さの、エグゼクティブシート、というものがあり、2500円、オープン記念でポイントカード会員は通常料金でいいそうです。よく行くのなら会員になるのですが・・

見た映画は、カムイ外伝。
感想は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「movie 映画」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

餃子の王将

Dc091909 最近話題になっています。
この不況下で儲かっている、店舗それぞれに独自性がある、等々。

昔、お世話になりました。40年ぐらい前、京都でのことです。貧乏学生には有難い存在でした。珉珉という同じようなチェーン店もありました。こちらの餃子の方が皮が薄く、私の好みでした。「コーテルイーガー」という、オネエチャンの元気な声が懐かしく思い出されます。

懐かしくなって、広島で初めて王将に行きました。餃子、210円。Dc091905

天津飯、スープ付き、399円。Dc091903

奥さんは、天津麺、525円。Dc091907

行ってみると、店の雰囲気も違い、懐かしさは感じませんでした。
味の方も価格相応という所でしょう。
安東店、安佐南区安東一丁目5-7。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

イタリアンロール@清月

Dc091217  

山梨県
南アルプス
の産

色々な
美味しいものが
居ながらにして
味わえる
便利な
世の中に
なりました

有難いことか
有難味が
無くなったのか

プレーン
マロン
もありますが
今回はチョコ

外と中の
対比が
面白いDc091220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

急性前立腺炎

八月九月、夏の疲れが出る頃、よく泌尿器の病気になる。
何処かにも書いたが先ず三年前の夏の話。オシッコをする時に違和感があり、過去何度か経験のある尿道炎だと思った。いつも行く近所の医者に行くと、尿検査をして膀胱炎という診断。この時より前は、薬を飲み水分をたくさんとって治っていた。ところがこの時、一日経っても悪化するばかり、何かこれまでと違う感じなので、再度医者に行ったが、診断は変わらず。これが金曜土曜のこと、日曜日さらに悪化、月曜日に泌尿器科へ駆け込んだ。
急性前立腺炎、という診断。前立腺へ菌が侵入して起こるもので、体が弱っているときに起こりやすいそうだ。なぜ早く来なかったのかと怒られた。
前立腺は膀胱の下、尿道の周りにある、と言うよりは、尿道が前立腺の真ん中を通っている。だから、前立腺が炎症を起こして腫れると、尿道が塞がれ尿を出すことができなくなる。すると、膀胱に尿が溜まる。さらに逆流して腎臓が腫れることもある。放置すると腎不全になるそうだ。
教訓、自分で勝手に病気を判断してはいけない、専門医の診断を受けるべし。
当然のことだが、専門医は適切に処置してくれた。尿検査、血液検査、腹部エコー、前立腺の触診(前立腺は直腸の近くにあるので肛門から指を入れ腫れを診ることが出来る)、看護師へ「導尿」の指示。導尿、尿を導く、つまり、おちんちんに管を通して膀胱に溜まった尿を抜くということ!
治療は薬で炎症を抑えるしかないようだ。点滴を一週間、飲み薬は三週間ほど。尿検査、血液検査の結果は一週間位で正常になったが、前立腺の腫れが引かず、導尿は二週間ほど続いた。結局、三週間弱の通院だった。
次の年(二年前)の九月、泌尿器系異常の兆候、すぐに病院に行き、服薬だけ、二・三日で治癒。
去年は何もなく(九月に網膜裂肛はあった)、今年。異常を感じ病院に行こうと思ったら午後休診の日だった。早い方がいいと思い、個人病院の泌尿器科へ。素晴らしい大学出身で、大きな病院に勤めていた医師。しかし、無駄だった。尿検査と問診、薬を貰って終わり。確かにその時はまだそんなに悪くはなかった。夜から酷くなり、翌朝いつもの病院へ。それでも三年前に較べれば対応が早かったので、通院は三日で終わり。但し、その間導尿6回。二週間薬を飲むように言われ、今日終了。目出度しメデタシ。
この二週間、スポーツクラブへも行かず、晩酌もやめ、摂生しておりました。明日からは平常に戻ります。
今回の教訓、歳を考えて行動する。8月後半、暑い時に一週間旅行をしました。この一週間を除き、7月8月のほとんど毎日、スポーツクラブに行きました。8月末、一日あけて二晩、お酒をたくさん飲みました。9月2日発病。反省しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

宮島丼

宮島サービスエリア上り線の食堂にあります。
この丼が出来た時に話題になり、何時か食べようと思っていました。
先月、九州からの帰りに頂きました。Dc0822390

写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、
牡蠣フライ、穴子、広島菜、がのっています。
広島の名物全部のせ、お味はまあそれなりです。

これが何故「宮島丼」で、「広島丼」という名前ではないのか。宮島サービスエリアだから、ということもあるでしょうが、「広島丼」というものが既に存在しているからではないでしょうか。こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

麺屋一(ICHI)

Dc091508 西区楠木町3-8-4、「あ味」(こちら)の後に出来たお店。Dc091509

麺もスープもチャーシュウもなかなか良い。が、何に由来するのか、脂分のようなものが多い。食べていくうちにくどくなってくる。ただし、これが旨いのだ、という人も間違いなく居ると思う。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

越中銘菓「家持巻」

Dc082905  

隣人よりの
頂き物
何時も
有難う
御座います

万葉歌人
大伴家持が
越中国司として
高岡に五年

これに因んで
歌巻物を模して
出来たお菓子

外は
フワッとした
カステラ
中は
羊羹

楽しい
組み合わせです

高岡市
菓匠 美都家
Dc082911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

シロイタイヤキ和庵(なごみあん)

Dc091301 安佐南区緑井二丁目13-7、緑井2(道路公団)交差点北すぐ、西側。
一昨日11日開店、昨日前を通って発見、今日購入しました。Dc091304

白家(こちら)、尾長屋(こちら)、と同様、白いたい焼きはモチモチです。
よく通る所なので、また買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

香辣麺(シャンラメン)

久し振りに「明明」(こちら)に行きました。
新メニュー「香辣麺(シャンラメン)」
が出来たばかりでした。Dc091211

ちょっと辛くて香りのある麺料理、家庭料理だそうです。
「きしめん」のような麺、かきまぜて頂きます。
かなりのボリュームでした。595円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

中津江茶ソフト

熊本への旅、番外編。

阿蘇からの帰りはたいてい日田経由です。
去年の秋、わさびソフトを食べ、感動しました。(こちら
今回はお茶のソフトを頂きました。Dc0822384

とはいえ「わさび」にも未練があったのでダブルにしました。下が「わさび」です。前回も感じたのですが、ソフトクリームそのものが美味しいと思います。それに「わさび」とお茶、思い出してもよだれが出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

カフェ・シエル

熊本への旅、その15。

Dc0822355 黒川温泉入口を少し西、左の高台にあります。駐車場から見上げると・・Dc0822377

ベランダから下を見ると・・Dc0822375

バスの見える所が道路。ベランダから上を見ると・・Dc0822360

シエル、Ciel、はフランス語で「空」の意。ベランダは・・Dc0822357

店内は・・Dc0822356

ボルシチが美味しいと聞いていたのですが、ランチタイムは11時から。そもそも、「藤もと」でしっかり朝食を頂いたので、当分重いものは入りそうにありませんでした。それで、ケーキを頂きました。飲み物とセットで850円Dc0822366

クレーム・ダンジュ フレッシュチーズのケーキ 中に無花果Dc0822371

クレーム・ブリュレDc0822370

チャンティ・フリュイDc0822368

シフォンケーキDc0822369

素晴らしい環境で頂く、美味しいケーキでした。
帰る頃には昼食に訪れる人がチラホラ、美味しそうでした。
次回は是非昼食時に。

れおんさん、いい情報を有難う御座いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

奥満願寺温泉「藤もと」

熊本への旅、その14。

P8080103 実は、この記事中の写真、六年前のものです。
つまり、「藤もと」は二回目です。P8080115

この宿を含め、大好きな宿は幾つかあるのですが、そのような所で落ち着いた大人の時間を過ごすということがいまだ出来ず、数少ない温泉旅行の機会には彼方此方動き回っています。

そんな私が今回「藤もと」を再訪したのには三つ理由があります。
①小さな孫が一緒なので、初めての所にはちょっと不安があった。
②離れの予約がとれた。
③前回、台風の雨のため、「川湯」が水没して入れなかった。P8080109

写真の真ん中あたりにあるはずの湯船がご覧の通り・・・

さてリベンジなるか?
詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

タピオカドリンク

熊本への旅、その13。

Dc0822230_2 今熊本ではタピオカドリンクが大ブームだそうです。(広島は?)Dc0822231

熊本は流行が伝わるのが早い、と何かで聞いた気がします。Dc0822234

一つひとつジューサーで丁寧に作っていました。
底に見えるタピオカ、結構たくさん入っています。
太いストローでタピオカが口の中に飛び込んできて、旨い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

太平燕

熊本への旅、その12。

Dc0822224 熊本の郷土料理、太平燕(タイピーエン)を食べました。
以前記事に書いた(こちら)のですが、店や家それぞれの太平燕があるようです。今回のはアッサリ味で、体に優しい感じでした。Dc0822223

食べたところ、創作中華料理「好再来」。菊池市西寺1427-1。

今回の旅行中、もう一杯太平燕を食べました。Dc0822103

丼でわかるように、あの有名な「味千ラーメン」のものです。
気のせいか、何となくラーメンっぽい味でした!?
熊本以外で太平燕を出す店はほとんどないようですが、味千のメニューにあるということは、全国にあるチェーン店に行けば食べることが出来るのでは。広島にもあるので、食べたくなった時行ってみます。観光地のお土産物売り場にはインスタントの太平燕がありました。ということは、通販もあるのでは、と思って調べたらありました。そこまでして食べるものではないかもしれませんが、興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

富岡城

熊本への旅、その11。

Dc0822212 このお城は、天草下島の北西から突き出た、富岡半島にあります。半島と言っても、元は孤立した島で、砂州が出来て繋がった陸繋島というものだそうです。Dc0822211

天草・島原の乱のとき、幕府側の拠点だったお城。
ここから天草下島が見え、曲崎という砂嘴で湾が出来、面白い地形です。Dc0822210

天草上島へ。道の駅有明から島原半島、普賢岳が見えました。Dc0822215

いよいよ天草ともお別れです。
訪れてみて感じたのは、天草には魅力的な観光地が多くはないということでした。そしてやっぱり遠いということでした。この先そう長くはない私の人生を考えると、また行くことはないでしょう。
天草について調べているとき、天草宝島観光協会のHPを発見しました。役に立つHPです。資料を希望するときはメールを、とあったのでお願いしたら、パンフレットや地図などを無料で送ってくれました。とても助かりました。観光に力を入れているということが分かります。発展を、というより、充実した生活を送ることが出来る所であることを、お祈りします。それが出来る土地だと感じました。(今日は文章の調子が変!実は今病気です。これについては又何れ。)

熊本への旅、は続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

石山離宮「五足のくつ」

熊本への旅、その10。
昨日の記事、最後の写真、鬼海浦展望所、これを撮影した地点は既に国道から坂を上がっています。そこで山の方を見ると・・・Dc0822207

ちょっと登るのを躊躇う狭い急な坂。左の看板に、運転に自信のない方は連絡して下さい、と書いてあります。ちょっと進むと・・・Dc0822205

建物が見えてきました。Dc0822202

ここを曲がると、Villa-A、Villa-B、です、ここから海の方を見ると・・・Dc0822204

ここを更に上に行くと、Villa-C、です。もう少し上で海の方を見ると・・・Dc0822203

食事処、邪宗門のあざやかな屋根が見えます。

ここの写真は全て翌日の朝撮ったものです。

いよいよ今回の旅行で一番期待した所、ずっと来たかった宿に到着です。
が、期待が大き過ぎたか?

詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

天草の教会と西海岸

熊本への旅、その9。

崎津天主堂Dc0822105

日本的集落の中に普通に存在する。素朴な感じ。Dc0822108

大江天主堂Dc0822111

小高い丘にあり、遠くからも見える。撮影位置が既に丘の上。Dc0822112

この二つの天主堂は、拝観することが出来る(礼拝が行われている時は不可)。写真撮影禁止。中に入って思ったのは、ここは観光の場所ではなく、祈りを捧げる所だということでした。

この後、十三仏公園へ。与謝野鉄幹・晶子夫妻の句碑があります。
鉄幹 天草の十三仏のやまに見る海の入り日とむらさきの波
晶子 天草の西高浜のしろき磯紅蘇省より秋風ぞふく
ここからの妙見浦の眺めは絶景です。クリックで少し大きくなります。Dc0822115

南の方の景色
岬の突端に灯台、その手前に、小さな小さな十三仏の祠。 Dc0822117

鬼海浦展望所Dc0822208

天草の海は本当にきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

天草五橋

熊本への旅、その8。天草五橋めぐり遊覧船、というものがあります。
他の会社を調べていたのですが、ホテル竜宮の桟橋から出てるというのでそれにしました。下の写真の右手前の船です。Dc082285

五号橋Dc082287

四号橋Dc082290

中央奥、五号橋、左、四号橋Dc082291

三号橋Dc082295

二号橋Dc082294

五橋めぐり、と言っても、一号橋は遠いのでなし。

陸に上がって、高い所から天草五橋を見るため千巌山へ。
山頂からの景色。Dc082297

展望所からの景色。山頂と展望所は別の場所です。
展望所が平らな道で、楽に行けます。この写真、クリックで拡大。Dc0822100

五号橋は山に隠れて見えません。一号橋は遠くて見えません。
左に四号橋、右手に三号橋、その奥に二号橋。
西の方の景色、晴れ渡っていたら雲仙が見える。Dc0822101

東の方の景色、阿蘇が見えることもあるとか。Dc0822102

山頂まで行って大汗をかきましたが、素晴らしい景色でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

松島温泉「ホテル竜宮」

熊本への旅、その7。今回の旅の主目的地、天草に到着。Dc082286

四号橋(写真の左端)のそばにある宿が一泊目。中央のとんがった屋根が「結婚式場」、その左が「さらさ館」(ここに泊まりました)、右の高い建物が「本館」、その右が、露天風呂付きデザイナーズスイート「天使の梯子」、ここに泊まりたかったのですが、庶民には厳しいお値段、です。

詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

竹原「龍勢」

広島県竹原市藤井酒造、藤井善文蔵元を囲む会。
土曜日の「雁木」から一日あけた月曜、昨夜のことです。
「龍勢」七種類を頂きました。

Dc090102

「黒ラベル」

純米大吟醸

精米歩合50%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dc090104 

冷おろし「山田錦」

中取純米原酒

精米歩合60%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dc090109 

冷おろし「備前雄町」

中取純米原酒

精米歩合65%

 

 

 

 

 

 

Dc090113 

 

 

 

 

 

冷おろし「八反錦」

中取純米原酒

精米歩合60%

 

 

 

 

 

 

Dc090117 

 

 

 

「備前雄町」

中汲み

協会7号仕込

精米歩合60%

19BY

 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

Dc090120 

 

 

 

「夜の帝王」

特別純米酒

精米歩合60%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dc090123 

 

 

 

 

 

雄町純米吟醸

山廃仕込原酒

精米歩合60%

18BY

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 

 

Dc090129 

 

 

 

 

 

 

何故か藤井酒造以外のお酒

島根県若林酒造

開春

夏の酒溌泡酒

酒米山田錦

精米歩合60%

 

 

 

 

 

 

 
 
 

Dc090131 

 

 

 

 

 

青森県三浦酒造

豊盃

純米大吟醸

酒米豊盃

精米歩合50%

 

 

 


  
 

 

 

 

 

Dc090133 

 

 

 

 

岐阜県中島酒造

小左衛門

山廃無濾過生原酒

麹米夢錦

精米歩合70%

 

 

 

 

Dc090135 

 

 

 

 

山形県高木酒造

十四代

純米大吟醸

酒米羽州誉

精米歩合50%

 

 

 

 
Dc090128

会場は、「田心」(でんしん)、中区中町1-17。
右が店主(若い!)、左は酒商山田の波多野さん。Dc090101 Dc090107 Dc090108 Dc090112 Dc090116 Dc090119 Dc090125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松茸!Dc090126

のどぐろDc090127

帆立の燻製Dc090139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せな一夜でした。
帰りに電車を一駅乗り過ごしてしまいました。
この三日で体重が2キロ増えました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »