« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

十一月のラーメン

11月の記事に書かなかった、11月に食べたラーメン。

笑豚人(こちら)の「からか」。Dc110601

 

香龍(こちら)の太刀魚ラーメン、左程強烈ではない太刀魚の風味。Dc111501

 

かんかん亭(こちら)。くま家(こちら)とともに最近のお気に入り。
広島とんこつしょうゆラーメン。Dc112101

広島屋台風しょうゆラーメン、に辛みそを追加。Dc112320

 

赤竜(こちら)の汁無し坦坦麺。
1.5倍、650円、昼はご飯のサービス。Dc112405

 

優華(こちら)の坦々麺。Dc113002

Dc113003  

昼は単品がなく
セットだけ。

これで、1155円。
前回は何とも
思いませんでしたが
今回はちょっと
高いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

万華灯

Dc112322  

熊本県菊池市のお祭り「万華灯」、
数万本の蝋燭が作り出す地上絵、
残念ながら見たことはありませんが、
とても美しいそうです。

そのお祭りに因んで作られた、
蝋燭をかたどったお菓子です。
大納言小豆の入った抹茶味、
さわやかな香りの柚子味、
粒栗が入った栗味、の三種類。
この箱は5本入りです。

城下町菊池には
歴史のあるお菓子もありますが、
このお菓子は、お祭りとともに、
わりと新しい物のようです。Dc112324

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

今朝しぼり純米

Dc112804  

岡山県鴨方
「かもみどり」の
丸本酒造

昨日の朝
しぼったばかりのお酒が
今日我が家へ

早速頂きました
去年も旨かったが
今年はそれ以上
吟醸ではないのに
果実のような風味
程よい酸味Dc112801t

次回の純米吟醸が楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

「小左衛門」無濾過生

Dc112101  

ちょっと前にも
飲んだ
小左衛門

今度は
無濾過生

生酒をとれば
ラベルは同じ

酒商山田の
森澤さん推薦

キリッとして
ピチピチ(?)
お米の味ですDc112502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

御飯の友

Dc112328 熊本では誰でも知っている「ふりかけ」。
大正初期に薬剤師がカルシウム不足を補うために作ったとか。
日本ふりかけ協会(こんな団体があるのですね)公認の元祖です。
あの丸美屋よりも、広島の三島食品よりも、由緒正しいのです。Dc112404

この会社が、卵かけ専用ふりかけ、を作りました。Dc112332

「お醤油の代わりに、ふりかけて下さい」、と書いてあります。Dc112403

これ、結構いけます。しばらく楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

「わたや」&「△□〇」

Dc112261 田舎茶屋わたや、彼方此方に店がありますが、これは沼田店。
安佐南区沼田町伴5006、アストラムライン伴中央駅のちょっと北。
宮浜温泉→抹茶満月→グラマーペイン(こちら)、経由で来ました。
小さな子供がいる時、色々なメニューがあるので便利です。
私は、田舎セット(黒米ごはん)、1040円、を頂きました。Dc112259

昔、「わたや」の系列店に「コットンハウス」(わたやの英訳!?)というお店がありました。命名方法が安易、というか、これに決まるまでは結構考えたのだろうと苦労の跡が窺えたり、凄く印象に残りました。名前の通り、「和」ではなく「洋」でした。聞かなくなったので、なくなったのでしょう。

もう一つ余計な事、わたや沼田店の裏に下の写真のような建物があります。道路からも見え、異彩を放っています。Dc112262

屋上から頭と手を出している動物は何なのでしょう?
(株)△□〇、ユニークな社名です。
以前の勤務先にこの会社が来ていました。内装関係だったと思います。その時読み方を知りました、「ミヨマル」です。中央あたりの窓を見てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

抹茶満月

Dc112263_2 茶の環の、抹茶バターケーキ、しっとり仕立ての[抹茶満月]、
遂にゲットしました。
サンリブ五日市店の菓匠茶屋では、割と手に入れやすい
という情報があったので、宮浜温泉の帰りに寄りました。
すんなり二個購入出来ました。一つ、1575円。Dc112266

中は鮮やかな緑色、味は当然抹茶、パサつかない程度のシットリ。Dc112274

これまでに食べた茶の環のお菓子:
濃厚抹茶チーズケーキ(こちら)、年輪バウム(こちら)。
私的には、チーズケーキが一番かな。
他にも美味しそうなものがあるので、挑戦する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

宮浜温泉「旅館かんざき」

広島にも温泉と名のつく所はありますが、沸さなくてもいいお湯が湧く所は「みはらし温泉」ぐらいではないでしょうか。ただし、ここは風情のある温泉とは言い難く、スパリゾートと自称していますが、温泉レジャーランド、といった感じです。とはいえ、それなりに楽しめる所ではあります。
宮浜温泉も泉温は25度です。県外の人には名前も知られていない温泉でしょうが、そこの宿の一つ、石亭、は全国的にもかなり有名だと思います。石亭、は知っていても、宮浜温泉、は知らないという人が多いのではないでしょうか。
今回は、うちの奥さんの還暦祝いに、子供たちが、宮浜温泉「旅館かんざき」に招待してくれました。Dc112202

宿の詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

麺屋くま家(続編)

麺屋くま家(こちら)、お昼の全メニュー。


チャンポン、850円。長崎名物とあるが、別物。Dc101401

 

醤油らーめん、650円。Dc111109

 

Dc111601 Dc111602

 

黒ゴマ香る担々めん
辛さ4倍、750円。

私には、4倍でも
ほとんど辛くない。
汗は出たが。

ラーメンと違い、
麺が太い。

 


あっさり塩焼きソバ、650円。Dc111701

 

+250円で、ハーフチャーハンとシューマイのセット。
この日はシューマイがなくなり、水ギョーザ。
チャーハン以外に、担々ライスあり。Dc111704

 

くま屋の広島風黒ゴマつけ麺、辛さ6倍、750円。
ここの黒ゴマは、辛さだけではなくホンノリ甘さもあり、超美味。Dc112105

 

+250円で、担々ライスとシューマイのセット。Dc112109

 

以前書いたしおラーメンも含め、ここの料理はとても美味しい。
さらに、駐車場もあるので行きやすい。今一番のお気に入りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

日にち薬

本のことは「さーたんの独り言本家」の方に書くのですが、読後ちょっと時間が経ったのと、単にその本の中にあった言葉のことなので、ここに書いています。

日にち薬、先日読んだ「ヘブン」という本に出てきた言葉です。
文脈でおよその意味は判ります。日にちの経過が一番の薬、ということでしょう。なんと、広辞苑にはでていません。人に聞いたり、ネットで調べたりしました。本やDVDのタイトルにもなっていました。。
治療をしなくてもその内に治る、という自然治癒力を称える意味合いと、すぐには治らず時間がかかる、という医療現場で使われる言い方があるようです。この本では後者の意味で医者が使っています。また、病気だけではなく、苦しみや悲しみについても言われるようです。関西でよく使われる言葉で、作者・川上未映子は大阪生まれです。

この年になって、こんな言葉に出会うとは、読書は楽しいことです。

ただ単に、私が無知だったのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

東京ばな奈「アイとサチ」

Dc111505アイとサチ、意味不明の命名です。
ホワイトチョコレートをラングドシャで挿んだお菓子。
バナナの風味を加えているところが特徴と言えるでしょう。
普通の東京ばな奈より、はるかに美味しいものです。Dc111508

ヒデクン、アリガトー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

福砂屋のカステラ

長崎の従兄弟が送ってくれました。Dc111510

長崎のカステラで一番有名なのは文明堂でしょう。1900年創業、すぐに東京などへ進出し、現在一つの会社ではないようですが、全国に数え切れないほどお店があります。私が住んでいる近くの、小さな商店街にもあり、ビックリです。
地元長崎の人(私も昔、長崎に住んでいました)には、文明堂より福砂屋のファンが多くいるようです。1624年創業という歴史がその理由かも知れません。文明堂がテレビコマーシャル、《カステラ一番電話は二番》、とともに全国展開を始めた頃も、福砂屋は地元だけで商売をしていました。このことも好感をもたれた理由なのかもしれません。今では福砂屋も、文明堂にははるかに及びませんが、全国にお店を出しています。広島にも、そごう本館にあります。
ここのカステラは確かに美味しいと思います。やわらかく、しっとりしていて、味がすっきりしています。Dc111516

他にも気になるお店があります。1681年創業の松翁軒、何時だったかその存在を知り食べてみたいと思っています。他にも・・・・・まあ欲張らないでおきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

純米吟醸「大間の漁師」

Dc101811  

隣人よりの頂き物

青森県八戸酒類
精米歩合 50%
アルコール分
 15度以上16度未満
製造月日 21.9.
その他の情報なし

かなり辛口
だったが
開栓後
(私が体調を崩し)
暫く冷蔵庫で眠って
穏やかになったDc111801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

完熟トマトのデザート

岡山への小旅行 その8 最終回 お土産編 3/3

完熟トマトまるごとスイーツDc111607

完熟可愛いトマトいっぱいゼリーDc111604

うまくカットできませんでしたが・・・・・Dc111616

右が「まるごと」、切るとトマトの中身が出てしまいました。
ゼリーが少なく、味も匂いもトマト、本当にトマトです。
左が「可愛いトマト」、プチトマトが5個入っています。
ゼリーが多いので、切りやすく食べやすいものです。
トマトはシロップ漬だそうですが、そんなに甘さは感じません。
食べた後しばらく、口の中がトマトでした。

岡山は「晴れの国」と言われています。自称の宣伝文句だと思います。トマトの嫌いな雨が少なく、甘味を増す昼夜の寒暖差が大きく、栽培に適した気候風土だそうです。岡山と言えば桃太郎、だからトマトも桃太郎、で、お土産もトマト、御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

トマトの甘納豆

岡山への小旅行 その7 お土産編 2/3

これは何でしょう?Dc110904

Dc110895一口目は甘納豆、噛んでいるとトマトの味、確かにトマトです。
実に不思議な食べ物です。湯原温泉で購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

蒜山ジャージープリン

岡山への小旅行 その7 お土産編 1/3

Dc111115ひるぜんジャージーランドで購入、315円。
さほど強烈な主張は無く、穏やかな味わい。Dc111111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

蒜山焼きそば

岡山への小旅行 その7

蒜山と言えば、蕎麦が有名です、が今は・・・Dc111401

津山の「ホルモンうどん」に対抗したのか(?)、これだそうです。
先ず、鶏肉を炒め、キャベツを入れてまぜる・・・Dc110878

味噌だれをかけ・・・Dc110881

中太ゆで生麺を投入・・・Dc110885

完成です。Dc110886

米子道蒜山インター近くの道の駅、風の家で食べました。
蒜山焼そばMAPに載っているお店は美味しいのかもしれません。Dc111402

このMAPは、最初のパンフレットの裏面です。クリックで拡大します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

蒜山高原

岡山への小旅行 その6

Dc110864 Dc110866

上の写真、クリックで大きくなります。

一泊目を
自分で計画しなかったので、
その後の計画が遅れ、
二泊目のいい宿がとれませんでした。

と言うことで、帰宅するのですが、
折角ここまで来たのだから、
蒜山ぐらいは行ってみようと、
先ずはジャージーランドへ。

紅葉なんとか、ソフト旨い。

蒜山高原センターには
下のような木がありました。Dc110870

松茸1000円、と書かれた道路端の看板につられて車を止めましたが、
確かに1000円の物もありましたが、いいものはそれなりの値段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

下湯原温泉

岡山への小旅行 その5

Dc110860 湯原温泉の少し南にあります。20年ぐらい前に出た新しい温泉です。その頃は露天風呂がポツンとあっただけでした。今は隣に、「道の駅」ならぬ「湯の駅」ひまわり館、というものが建てられています。露天風呂には「ペットの湯」が出来、結構人気があるそうです。人間は420円ですが、ペットは1570円、毎回湯を抜いて掃除をするからとのことでした。

この日、祭りのようなものをやっていたので、寄ってみました。Dc110862

かなりの人出でした。この建物が「ひまわり館」です。中でも外でも、様々な地元のものを売っていました。Dc110890

巨大な柚子です。直径15センチぐらいです。今我が家のテーブルの上で、いい匂いを放っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

湯原温泉「砂湯」

岡山への小旅行 その4

Dc110815湯原温泉街の突当たりに風情のないダムがあります。その手前の河原に素晴らしい温泉が湧き出ています。これが砂湯と呼ばれる露天風呂です。野口冬人選定の諸国露天風呂番付で西の横綱になっています。本当に横綱です。川の反対側には大きな旅館があり、この露天風呂は360度丸見えです。上下の写真、クリックで大きくなります。Dc110842 

右手前の屋根がある所、「長寿の湯」、その奥に「子宝の湯」、左に見えているのが「美人の湯」、湯舟は三つです。長寿の湯は細長く一番小さいのですが、湯温は一番高くなっています。美人の湯は一番ぬるく、長湯向き。湯舟の底は玉砂利で、お湯は石の間から湧いてきます。子宝の湯が一番出ているような気がします。足元湧出のお湯はもう最高です。Dc110817

ここは混浴です。脱衣場もこんなものです。女性用にはカーテンで仕切られたスペースがあります。女性はバスタオルを巻いていいようです。棚に服が置いてあります。四五回ここに来ましたが、いつも女性が入っているのには驚かされます。男の方が遠慮している感じです。なお、ここは無料、月一回掃除をしている地元の人に感謝

今回初めて、元湯湯本温泉館という所に行きました。
ここの真下に湯原温泉の泉源あるそうです。Dc110811

泊まった宿の前にあり、宿が入浴券をくれました(600円もします)。しかし、ガッカリです。どうも循環しているようで、消毒剤のにおいを感じました。Dc110813

湯原温泉は砂湯です。私、夕方と朝、二回行きました。

泊まった宿は、「花やしき」という所です。
これについては「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

中華カレー@明明

Dc111009 「明明」(こちら)のカレー。
中華料理店が作ったカレーで、特別のレシピがある訳ではなさそう。
裏メニューが表に出てきたということのようです。火曜限定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三良坂フロマージュ

岡山への小旅行その3・導入編三良坂3/3

Dc110808豆遊、麦麦、とくれば、次はここ。三次市三良坂町仁賀1056-12。
麦麦から庄原インターへ向かう県道61号の途中、仁賀小学校南。Dc111004

ここの製品も、麦麦同様きん菜館に、そして三越に、あります。
しかし、全種類ある訳ではなく、品切れのこともよくあります。
広島市内ではあまり手に入らない「リコッタ」を購入、
リコッタ、とはイタリア語で、再び煮る、という意味、
チーズを作る時に出るホエー(乳清)をさらに煮詰めて作ります。
ミルクの風味、ほんのりした甘さ、ちょっともそもそした食感、
麦麦のパンにのせてみました。Dc111003

この日購入可能だった他のチーズ。Dc110809

左下は柏の葉で包まれたカマンベール(のようなチーズ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

麦麦(むぎむぎ)

岡山への小旅行その2・導入編三良坂2/3

Dc110902 三良坂パン工房「麦麦」、Boulangerie MUGIMUGI 、
三次市三良坂町三良坂2120、昨日の「豆遊」の少し西です。
きん菜館でも販売しているのですが、種類が限定されています。
6種類のドライハーブを練りこんだハードトーストがお薦めです。Dc110903

パリパリの食感、小麦とハーブの香り、幸せな朝を演出します。Dc110906

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

豆遊(まめゆう)

岡山への小旅行その1・導入編三良坂1/3

Dc110801 三次市三良坂町三良坂2610-16、
佐々木豆腐店が併設する飲食スペースで、食事は11時から15時まで。
販売はもっと遅くまでやっているが、売り切れが多いようです。
久し振りの訪問。ここの製品が全て味わえる『豆遊膳』を頂きました。Dc110804

豆腐、厚揚げも勿論美味しいのですが、油揚げの素焼きが最高です。

豆遊膳、1100円。ちょっと値上がりしたような気がします。
その他、735円から1575円までいろいろ。月曜定休、月一回日曜休み。

以下は、2011年7月追加。

Dc070313  Dc070901  Dc070902 パンフ、クリックで大きくなります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

ミシュランガイド京都・大阪2010

去年東京版が出た時、買うつもりで本屋へ行きました。が、パラパラと立ち見をしているうちに、東京に行くこともないのに、無駄だと思ってやめました。今回、京都へは年に一度は行くし、知っている街だし、「買うぞ!」、と意気込んで発売日に本屋へ行ったのですが、広島にはまだ到着していませんでした。数日後に購入、パラパラと見ています。

自慢を一つ。
三つ星の「菊乃井」、昔行ったことがあります。四十年ぐらい前のことです。学生でした。学生が行ける訳ありません。父親が京都に来た時、取引先の接待に、息子の私まで呼んでくれたのです。その当時、もしミシュランがあったら三つ星を貰っていたかどうかは分かりませんが、その対象となる京料理を、私全く覚えて居りません。覚えているのは、若者ということで特別にステーキを出してくれたこと、その席に舞妓さんが二人居たということです。舞妓さんがきれい、とは思いませんでした。歳が同じくらいというのに驚きました。

さて、本ですが、お店の紹介は、見開き2ページ、店名の五十音順に並んでいます。基本的に、左ページに写真が2枚、お店内部と料理、右ページは、上半分が説明文、下半分に、お店の外観の小さな写真と地図、お店のデータ、になっています。なかには、お店が拒否したのでしょう、写真のない所があり、左ページが説明・地図・データになっています。その場合、右ページにはその店とは関係のない京都の写真があるだけ、何か説明がほしい所です

名前を聞いたことがある店が数軒、ほとんどは店名すら聞いたことがありません。お店・料理の説明も、料金も、全く庶民を対象にしたものではなく、何か別世界のことのようです。この本、私のとっては実用的なものにはなりそうもありません。

日常的にこの本に載っているお店に通う人は稀でしょう(ミシュランの調査員とは一体どんな人なのでしょう)。普通の人が、ハレの日に、旅行に行った時に、偶に使うということもあるでしょう。しかし、総合的に考えると、そんなに魅力的に思える店はありませんでした。私にはB級グルメが似合っているようです。

ミシュランと同じ日に発売された「食べログ京都・大阪・神戸2010」、これとミシュランを比べたいと思い、同じ時に買おうとしました、が、何故か思い止まりました。何れ購入すると思います。きっと京都に行く時は、こちらの方が役に立つと思います。

長くなりましたがもう一つ、このミシュラン、日本旅館が載るということも楽しみでした。記載の仕方は同じで、宿の紹介が2ページというのは物足りなさを感じます。意外と知っている名前があり、前々から泊まってみたいと思っていた宿も含め、興味を持った所が幾つかありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

クラブハリエのバームクーヘン

息子夫婦の、娘のリクエストによる、大阪土産。Dc110606

CLUB HARIE は滋賀県近江八幡市が本拠地、県外4か所に店舗。
その店舗を、B-studio といい、大阪は梅田の阪神百貨店にある。Dc110617

かるくて、ふわっとして、しっとり。
周りの砂糖衣は、程好い甘さで、シャリシャリの食感。
美味しくて、一人で全部食べてしまいそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

永田町・権力の興亡

「NHKスペシャル、証言ドキュメント、永田町・権力の興亡」

実に久し振りに、真面目にテレビを見ました。面白い番組でした。1日~3日、三回シリーズ、一回目を途中から、二回は生放送で、三回は録画して見ました。

政権交代を視点に、93年細川政権から今回の民主党政権までの16年を振り返ります。全てに小沢一郎が絡んでいるので、彼が中心のような構成でした。野中広務の証言も多くありましたが、先日読んだ「差別と日本人」のイメージとはエライ違いです。全体的構成から撮影の仕方まで、小沢・善VS野中・悪、ともとれる描き方です。NHKって権力に弱い?

面白かった証言は、小泉政権が誕生したあの自民党総裁選で、もし彼が負けていたら、YKKで自民党を飛び出すことが決まっていたということです。そうなっていたら、これまた面白いことになっていたでしょう。

山崎拓か加藤紘一が振り返っていました、小泉政権とは何だったのか、今かなりの人がそう考えているのではないでしょうか。色んな観点から発せられる言葉ですが、私個人では、郵政民営化とは何だったのか、と言うことです。あの時も分からなかったし、今も分からない。そして今、民主党政権は何をしようとしているのか。

この番組を視聴して、一つ見えてきたことがありました。何時頃からか、政策という言葉が氾濫して、とても大切なことのように言われていますが、何か腑に落ちないものがあったのです。誰かが言っていたのですが、政策には、その背景となる思想があり、目指している目標があるはずなのに、それについてはほとんど言及されない。これです。思想のない政策は、何か薄っぺらい物を感じさせるのです。

番組の最後は、この間の総理大臣が、「国民のために・・・」と叫んでいる演説を繋ぎ合せた映像でした。

貴重な証言を色々集めたことは素晴らしいが、料理の仕方に物足りなさを感じます。新政権誕生で急いでつくったのでしょう。今回証言していない人々の話を集め、数年後にもう一度俎上にのせたら面白いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

函館Shinori志濃里

カマンベールチーズケーキDc100325

濃厚なチーズの風味、固くもなく柔らかくもない食感、程好い甘さ。

抹茶味もありました。こちらも美味。Dc100322

 

まだまだ終わらない、北海道物産展。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

しあわせロール

Dc110301 ロールケーキのうずまき屋、鳥取の米子にある、ロールケーキ専門店。
島根の松江に進出し、さらに、広島にもやってきました。
我が家の行動範囲、毘沙門通り、安佐南区緑井三丁目12-16。
「明明」中国北方小吃、の斜め前ぐらいになります。Dc110303

しあわせロール、700円、が一押しの商品のようです。
今日は、開店記念か、100円引きでした。
シットリ、というか、もっちり、といった生地でした。Dc110306

二十数種類のロールケーキがあるとのこと、色々食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでん

寒くなりましたね。今日の夕食はおでんでした。Dc110308

これから、鍋帽子(こちら)が活躍する季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

十月のラーメン

ちょっと遅れましたが、いつものラーメンレポート。
十月の記事に書いた以外で、十月に食べたラーメン。

八戒(こちら)。Dc100701

前回行った時(こちら)、変っていました。少し元に戻ったようです。

紺屋(こうや)[こちら]に久し振りに行きました。Dc101117

トマトバジルしおラーメン、(下)奥さんの梅しそしおラーメン。Dc101116

旨いのですが、それぞれ、950円、900円、ちょっとお値段が・・・

かんかん亭(こちら)、今回は、広島屋台風しょうゆラーメン。Dc102307

私的にはこちらの方が好み。早くも炬燵が出ていました。Dc102306

 
満得(こちら)に行きました。前回は、「?」の部分があったのですが、今回はほぼ満足しました。先月は、私の舌がおかしかったのか、ラーメンのブレだったのか。

蔵造(こちら)、五目温麺、750円。Dc102801

「野菜たっぷり あっさりラーメン」、と書いてありましたが、その通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸ご飯

秋と言えば、栗ご飯、私、大好きです。
松茸にはそんなに執着はありませんが、秋なので・・・
Dc110212

今年最初、そして、最後の、松茸ご飯。Dc110210

当然(!?)、外国産です。一応、香りも味も、それなりにありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

修道大学の銀杏並木

Dc103118 先日新聞に出ていたので、昨日、丘の上グルメ村の帰りに寄りました。
ここに行ったのには、もう一つ目的があったのです。Dc103119

吉田拓郎、「今日までそして明日から」の歌碑です。
去年の夏、除幕式、行こう行こうと思いながら、やっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丘の上のパン屋

Dc103101 昨日の「丘の上」の補足。パン屋が併設されています。
入口の左、横長楕円に「創作南欧料理/丘の上」、
右の縦長楕円に「パン・スイーツ/丘の上のパン屋」。
教会もあり、結婚式・パーティーも出来るようです。Dc103104

たくさんの種類のパンがあります。Dc103103

奥に六つ位(?)テーブルがあり、そこで食べることも出来ます。Dc110101

ブルーベリーパン(150円)と豆乳パン(220円)を購入、
今朝食べましたが、結構美味しいと思いました。Dc110102

高速4号線沼田口の所に、看板がありました。Dc103116

丘の上グルメ村、だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »