« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

三月のラーメン

今月、記事に書いた以外で食べたラーメンなど。

百合花(こちら)の赤坦々麺。Dc030405 黒坦々麺とは違って結構な辛さ。

やな川(こちら)の半チャンセット。Dc030602_2 美味しさが安定してきました。

メリさん家(こちら)のラーメン。Dc031004 Dc031006

 
安心の
旨さ。

賄いの
豚まん。

中味が
その日
その日で
違う。
 

 

ばりウマ[口偏に旁が馬]の濃塩。Dc031010 結構美味しく、色んな面で便利なお店。

味噌屋蔵造(こちら)の汁なし担鍛麺。Dc031520 「並」だが、「小」の様に量が少ない。

遊山(こちら)の中華そば(しょうゆ味)。Dc032701 見た目ほど醤油は濃くない。旨い。

五色屋(こちら)、ホタテの塩。Dc032705 サンマに比べ、ホタテは上品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

吉田牧場

Dc032901 この写真は2005年4月に訪れた時のものです。Dc032902 岡山県加賀郡吉備中央町上田東2390、岡山県の真ん中あたり、本当に山の中にあります。カマンベールが有名で、なかなか手に入りません。この時はすんなり購入できたのですが、この後、テレビに取り上げられたりして、二三回行ったのですが品切れ状態で、足が遠のきました。カチョカバロも有名ですが、個人には大き過ぎ、主に都会のレストランが買うそうです。この近くの、「オーガニッククッキングサタケ」という、これ又山の中の素敵なレストランで食べたことはあります。

この吉田牧場のチーズが、先日広島のアンデルセンにあったのです。ビックリしました。偶に入荷するそうです。生産量を増やしたのか、以前ほどの人気ではなくなったのか。何れにしても嬉しいことです。

カマンベール、150g、1733円。Dc031017 Dc031503 ラクレット、173g、1635円。Dc031015 とても美味しいチーズです。ちょこちょこアンデルセンを覗こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

春の北海道物産展

天満屋3店舗で早くも北海道物産展。八丁堀店、3日~15日、アルパーク店、17日~29日、緑井店、19日~29日。Dc032813 昨日、緑井店で、いかめし、を購入。Dc032816 去年はお菓子の売れ残りが値引き販売されていた(こちら。ちょっと期待してます・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

麺屋大輔

Dc032801 今日も津山、そして又ラーメン。津山市東一之宮7-9、先週、おかやまB級グルメフェスタ in 津山、が行われた、グリーンヒルズ津山の近く。
特製とんこつ、950円、を頂きました。
ふつうのとんこつ、650円、卵入り、750円、あぶり肉入り、850円。Dc032807 これはかなり旨いラーメンです。豚骨の美味しさをサッパリと引き出しています。麺はスープによく絡み、パサッとなる一歩手前の心地よい食感。煮卵、チャーシューも素晴らしい。チョコット入っていたモヤシが邪魔な感じ。次回は、しお、を食べてみよう。

後日追加 : しお、食べました。こちら

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

津山ロール@フランセ

2010年岡山への旅②、その6、ラスト。

Dc032502 津山ロール、というものが出来ていました。Dc032503上の説明(クリックで大きくなります)にある菓子職人は8人(8店)、つまり、8種類の津山ロールがあるということです。Dc032403 今回は、「黒豆珈琲ロール」を購入。Dc032411 程好い珈琲の風味が黒豆と合ってます。Dc032505パティスリーフランセ、は昨日書いた京御門本店の正面にあります。京御門高野支店では、合体しています。Dc032115次の機会には、他のお店の津山ロールも食べようと思います。

2番目、くらやの津山ロール(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風流

Dc032711 南区西霞町3-34、国道2号線比治山中高の入り口に最近出来たお店。メニューに「一心不乱」のマークがあり、ラーメンの名称もそっくりで、博多の有名店「一心不乱」と関係があるのでしょう。
黒のコクとんこつラーメン、700円、をこってりスープで頂きました。Dc032708 美味しいと思います。量がちょっと少ないか。次回は「白」を。

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

京御門

2010年岡山への旅②、その5。

Dc030615 津山には和菓子屋が多いのですが、その代表的なものは、くらや(こちら)とこの京御門です。写真は本店、津山市林田町51番地、城東町並み保存地区にあります。
ここの代表的なお菓子は、「桐襲」(きりかさね)です。Dc032405 柚子風味の白餡、柔らかい皮、上品な美味しいお菓子です。
他にも色々あります。店の名前と同じ「京御門」という月餅。Dc030709 柔らかいカステラの中に備中大納言の粒餡が入った「老松」。Dc030630 備中大納言の粒餡をはさんだ最中、「三羽鶴」。Dc030706 Dc030711

「お城のやぐら」
という、どら焼き。

 

左、
栗入白餡。

下、
備中小豆の粒餡。Dc030704 まだまだあります、何れ又。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

津山ホルモンうどん@ぽん太

2010年岡山への旅②、その4。

Dc0321108 B級グルメフェスタでまともな昼ご飯にありつけなかった家族のために、「津山ホルモンうどん」を食べに行きました。便利な所にあるお店には行列が出来ていました。グルメフェスタから流れてきたのではないでしょうか。「津山ホルモンうどんマップ」を見て中心地から外れたお店に行きました。津山市高野本郷1424-7、53号線津山インターから少し北。Dc0321105 前に食べたもの(こちら)よりうす味、適度に温めた鉄板の上でホカホカ、店によってかなり違いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

おかやまB級グルメフェスタ in 津山

2010年岡山への旅②、その3。

津山市北部のグリーンヒルズ津山という大きな公園で開催されました。Dc0321102 中央奥に見えるテントがお店。近くで見ると・・・Dc032181 これが南会場。公園の反対側・かなり離れた所に北会場。
途中にバーガー会場や地域産品を販売するお店などがあります。

一日目、用事を済ませ昼からノンビリ行こうとシャトルバスが出る駐車場に行くと、チケットが売り切れたとのこと、ショック、甘かった。
二日目、30分前に到着、先ずチケットを買うために行列。Dc032184 最初は、三崎まぐろラーメンを目指す。Dc032182 最後尾というプラカードを持つ女子高生、8時半からこの場所にいるとのこと。突風が吹き、寒そうでした。写真では判りませんが、ミニスカートです。
30分ぐらいでゲット。Dc032189 あ、ああ、あまりの量の少なさに唖然!デパートの試食じゃないぞ!
500円だぞ!まぐろラーメンとはまぜそばか?
一発目でショックを受け、意欲が萎える。
人気の所は1時間もたっていないのに完売!Dc032192北会場を目指す途中。
みるく鍋(みるく味の豚汁)、100円、真っ当な値段。 Dc032198 北会場の富士宮やきそば・横手焼そば、凄い人気。
で、宇和島じゃこ天うどん、300円。写真撮り忘れ。じゃこ天は旨かった。Dc0321100
安富牧場を発見。先日、吉備SAで食べたのが本来の旨さではなかったので、ソフトクリームという天気ではなかったけれど挑戦。Dc032194 これが一番旨かった。ということで、これにて終了。

二日間で、主催者の目標10万人を遥かに超え、15万人が押し寄せたそうです。これはお祭りです。年寄りには向いていません。食を楽しむことは出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちがい屋の中細麺

いちがい屋(こちら)の中華そばに、中細麺が出来ていました。Dc032412 スープも心もちサッパリ系の感じ。
これはこれで美味しいが、私的には太麺が好み。

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

湯郷温泉「竹亭」

2010年岡山への旅②、その2。

これまでの旅行は宿が重要なポイントでした。用件があって旅をすると、温泉宿は二の次になります。こんな言い方は宿に失礼ですが、事実この宿にはこれといって惹き付けるものがあった訳ではありません。Dc032117 湯郷温泉は関西からの団体が多いといわれていましたが、今はどうなのでしょう。ともかく、大きな宿ばかりです。この宿も、部屋数40以上、宴会場もたくさんあるようです。特に不満があった訳ではありませんが、料金は高いと思いました。

詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

煌白水

2010年岡山への旅②、その1。

Dc032106津山市元魚町52-2、津山市中心部にあるアルネ津山(天満屋を核テナントにした複合ビル)のすぐ北にあるお店。実は、この近くにあるラーメン専門店を目指したのですが、場所が分からず、ここも以前から気になっていたので入ってみました。洒落たお店という感じがしていたのですが、中は庶民的で家族経営のようでした。Dc032104 お薦めの、煌(ファン)ラーメン、800円を頂きました。見た目も実際も激辛です。更に熱々で最後まで冷めませんでした。辛さ的には問題はなかったのですが、スープの熱さと汗ダラダラには参りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わいず亭

Dc030211 Y'stei 西洋菓子 菓道 わいず亭
西区横川町一丁目4-31、小田億本店の隣です。Dc030212 キュービック、370円。Dc030216 さっぱりゆずムース、370円。Dc030220 他にも美味しそうなお菓子がたくさん、又行かねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

亀萬にごり酒

Dc031514  

誕生日に
孫が―孫の親が―
持って来てくれました。

亀萬、という
熊本では
有名なお酒です。

にごり酒でも
にごり度合いが
かなり強烈。

甘酒の様です。Dc031603 Dc031606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

鯛塩ラーメン

2010年岡山への旅①、ラスト、番外編。

帰路の福山SA、RESTAURANT鞆絵。Dc0313105 福山ということで、鯛、以前からあったのかどうか判りませんが、これも魚系ブームの一つと言えるのでしょうか。流石、腐っても鯛、と言うだけあって、とても美味しい出汁です。更に、結構身のある、焼いたタイが載っています。鯛飯とセットで、930円。残念なことに、ご飯がベチョッでした。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

トマトのお菓子

2010年岡山への旅①、その5。

去年湯原温泉に行った時、美味しいトマト製品を見つけました。トマトの甘納豆(こちら)とトマトのゼリー(こちら)です。美味しかったので、今回も買おうと思ったのですが、同じものがありません。
で、塩とまと。Dc031609 塩とトマト、よく合います。ちょっとやわらかめです。
もう一つ、とまとジュエリー。Dc031610
Dc031613
Dc031901これもやわらか、しっかりトマトの味がします。

去年のことがあったので、何も疑わず、湯原(岡山)土産に購入しました。ところが、帰ってからよく見ると、販売元が岡山の会社ではありません。製造は・・・・・書いてありません。どういうことなのでしょう。今度からは買う前によく見るようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

おかやまロール

2010年岡山への旅①、その4。

Dc031525 吉備SAだけで売っている、と掲示がありました。Dc031802 切断面をもう一枚。Dc031808 何が入っているのか、下を読んで下さい(クリックで大きくなります)。Dc031805 Dc031806 これ、結構いけます。桃はバッチリ、吉備団子は、私はいいと思いますが、好みが分かれるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

湯原温泉「八景」

2010年岡山への旅①、その3。

Dc0313101 湯原温泉の一番奥、ダムの手前、露天風呂西の横綱「砂湯」の真ん前、にある、「八景」に泊まりました。かなり期待して行ったのですが、ちょっと裏切られました。と言っても、悪い宿ではありません。
もう一つ残念だったのは、目の前にある「砂湯」に入れなかったことです。二三日前に降った雪があちこちに残っていて見るからに寒々しく、更にこの日は風が強かったのです。

詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

今日は私の61回目の誕生日です。Dc031701 奥さんが作ってくれたケーキを食べました。Dc031702 ポロシャツ、本、お酒、を家族から貰いました。
一日一日を大切にしようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

今朝しぼり純米吟醸(二回目)

Dc031604 岡山県鴨方
「かもみどり」の
丸本酒造

昨日の朝
しぼったばかりのお酒が

今日我が家へ

今朝しぼり
第一弾「純米」(こちら
第二弾「純米吟醸」(こちら)に続き
第三弾「純米吟醸」が到着

ラベルは同じデザイン

今回は最高の出来
まさにワインの様
これからの変化も楽しみ
Dc031601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面館

Dc031608 久し振りに行きました。南区東雲一丁目17-4、場所の説明不可能、一方通行もたくさん、お店の駐車場は二三台、近くにコインパーキング見当たらず、でも、行く価値はあると思います。Dc031606 ラーメン、630円。薄くてでかいチャーシュウ、ネギもモヤシもたっぷり、麺は普通麺と細麺から選べます。今日は細麺、コリコリといい食感、スープは過剰なものが何もない、穏やかな美味しさ。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

熟成細麺「宝屋」

2010年岡山への旅①、その2。

Dc031313 お昼の候補は別のお店だったのですが、そこに行く時間が無く、その場合に備えて調べておいた岡山駅構内にあるラーメン屋に行きました。京都が本店のお店で、京都市内に5店舗、ここが初の府外進出です。
ラーメン、600円。Dc031307 宝ラーメン、650円。Dc031308 丼の底に意味不明の文字。Dc031309京都ラーメンとは何か、色々な種類があってよく判りませんが、このラーメンは豚骨醤油で、それほど濃厚ではなく、そこそこ美味しいものでした。

オマケ、岡山駅前の桃太郎。Dc031314 もう一つオマケ、桃太郎の隣の噴水。Dc031315

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

ソフトクリーム@吉備SA

2010年岡山への旅①、その1。

ご当地ソフトを食べずにはいられない私、でも、ちょっと冷やし過ぎ(?)、
ザラッとした舌触りで、味も充分に楽しめず残念。Dc031304 Dc031306

この看板を発見。

ここには以前、行った
ことがあります(こちら)。

これもまた
ザラッとした食感、
値段も牧場より高い。

1人で二つを食べた
訳ではありません。
念のため。Dc031305

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「龍勢」生もと造り

Dc030203  

先日、
藤井酒造へ
行った時(こちら
に購入。

スッキリと
キレが良く
お米の旨みが
濃厚に
感じられます。

日本酒度 +2
酸度 2.0Dc031401
Dc031402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

スチームケース「ルクエ」

Dc020220 何かのお返しに頂きました。電子レンジで蒸し物を簡単に作る道具です。そのまま食卓にも出せるデザイン、確かに便利です。Dc020222 Dc020507 Dc030410 愛用しています。私は食べるだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

女子高生キムチ

Dc022717 広島県庄原市の建設業者が多角経営で作ったキムチ。激辛・普通・甘めの三種類を作る予定で、激辛を「頑固オヤジキムチ」、甘めを「おぼっちゃまキムチ」という名前にすることは決まっていたが、普通の名前が思い浮かばず、未定、そんな時突然「女子高生」という言葉が降って湧いてきたとのこと。「唐辛子のカプサイシンとコラーゲンで、女子高生のようなプルプルお肌を目指しましょう」という宣伝文句は後付けのようです。パッケージの女子高生は庄原出身の瀬尾公治という漫画家に依頼(結構有名な人のようです)。去年の4月に発売、メディアに取り上げられ売れているそうです。七塚原サービスエリアで発見。Dc022721 ほとんど辛くありません。「頑固オヤジキムチ」、「おぼっちゃまキムチ」は未発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

イズモ・ラ・ルージュ

Dc022008 島根県、木次(きすぎ)乳業のチーズ。以前プロボローネ(こちら)を食べたことあり。これは、セミハードのミニゴーダチーズ。さほどクセがなく、食べやすく、何にでも合う。Dc030402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

松盆栽

香川への旅、番外編、2/2。

一つ忘れていたことがありました。Dc031019 津田特産讃岐黒松、と書いてありました。
香川県は日本一小さな県ですが、日本一の松盆栽の産地だそうです。鬼無という所が有名で、ここの宣伝文句は、「世界一の松盆栽と植木の里」、です。高松のちょっと西にあります。津田は、津田の松原で有名な所で、高松の東の方です。高松自動車道に「津田の松原サービスエリア」があり、素晴らしい景色が見えます。Dc0222139 中央の建物が、栗林公園にある商工奨励館、左端にチョットだけ写っているのが県特産品売り場、上の盆栽はここで購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

純米吟醸「山猿」

Dc022006  

山陽小野田市の
永山酒造

宇部市、「貴」の
永山本家酒造場
ではありません

開栓直後と
暫くたってからとは
かなり味わいが
変りました

派手ではなく
切れのいい
旨い酒Dc030701 Dc030702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラソフト

香川への旅、番外編、1/2。

帰り、福山サービスエリアで食べました。バラソフト。Dc0222196 バラミックスソフト。Dc0222197 福山=バラ、ということで作ったのでしょうが、味ではなく色。味の方はヨーグルトたっぷりでサッパリ、満腹のお腹にスルッと入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

わら家

香川への旅、その15、ラスト。

Dc0222184 江戸末期の藁葺き屋根の民家と水車で有名なうどん屋。Dc0222186 高松市屋島中町91、屋島ドライブウェイ入り口近く、四国村にあります。Dc0222188 内部もいいムードです。Dc0222190 ここは釜揚げが有名。Dc0222191 モチモチ、シコシコ、美味しかったのですが、この日これが三時前で4食目、さすがにお腹一杯で、今回の食べ歩き終了。また近いうちに、うどんだけのツアーに来たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

屋島からの景色

香川への旅、その14。

屋島のことが日本書紀に書いてあるそうです。屋島寺が出来る前、667年に山城が築かれました。白村江の戦に負け、高まる対外的危機感から造られたものの一つです。この島には古い歴史があります。名前の通り昔は島でしたが、埋め立てで陸続きのようになりました。名残の川はあるそうです。歴史上でもう一つ有名なのは、源平の屋島の合戦です。Dc0222183 向こうの山が五剣山、下が、埋め立てで川のようになっていますが、檀ノ浦、那須与一が扇の的を見事射落とした所です。因みに、関門海峡の源平の古戦場も、壇ノ浦、紛らわしいことですが、「ダン」の漢字が違います。屋島は檀(木偏)、下関は壇(土偏)。
檀ノ浦は屋島の東側、西側は高松市内の方ですが、残念ながら霞んでよく見えませんでした。Dc0222168 左の奥、手前に見える小高い丘が紫雲山、その奥の左右に細長い丘の東に今回の宿、喜代美山荘花樹海があります。北の方位目を転じると・・・Dc0222171 右の島が男木島、左が女木島、鬼が島伝説で有名な所です。スカッと晴れた時にまた行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そずり鍋

Dc030621 昨日、津山での夕食。備山という焼き肉屋さん。建物全部がお店ではありません。多分、一階と二階。津山市林田(はいだ)121-4。Dc030620 津山の郷土食、そずり鍋というものを頂きました。「そずる」とは、この地方の方言で「削ぎ落とす」という意味だそうです(この地方出身の家の奥さんは知らんと言ってますが)。作州牛の骨に残った肉を削ぎ落としたものを使った鍋がそずり鍋です。Dc030624 鍋の底には糸コンニャクと牛蒡が入っています。
これで三人前、一人前1700円です。Dc030622 Dc030627

脂身のついたお肉がいい出汁になっています。

お肉自体も、脂の甘さ、とろける美味しさ、たまりません。

最後は餅を投入、旨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

ビートン中華そば

Dc030609 今週末も所用で津山へ。
今回はラーメンです。このお店、検索したサイトで断トツの一位でした。Dc030608 津山市田町3、商店街の北、元魚町交差点北西角。Dc030607 鶏ガラスープの醤油らーめん、個性的ではなく昔からあるタイプ。
麺はコシがあるというよりモチモチという感じ。
700円という値段、ちょっと高いのでは。

さーたんの独り言(本家)ラーメン一覧はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

屋島寺

香川への旅、その13。

屋島山頂にあります。754年、鑑真が屋島の北嶺に開創。810年、空海が南嶺の現在地に移築。真言宗御室派。四国八十八箇所霊場第八十四番札所。 駐車場から行くとまず、東大門。Dc0222155 東大門を入って右、千躰堂、三躰堂、七福神、大師堂。Dc0222157 七福神。Dc0222159 東大門を入った所からの境内。Dc0222156 上の写真、右に屋根だけ見えているのが本堂、その左の半分に分かれているように見える屋根の建物が宝物館、その手前が鐘つき堂、その左が四天門。 下、本堂の右手にある蓑山大明神。Dc0222160 この狸が道に迷った弘法大師を案内したとか。 下、本堂。Dc0222164 四天門。Dc0222166 四天門の南にある仁王門。Dc0222162 登山道を上ってくるとここに出るようです。ロープウェイ乗り場という看板がありましたが、現在運行していません。

四国八十八箇所霊場には何か所か行ったのですが、今回行ったここと善通寺ほど大きな所はありませんでした。ちょっとイメージが変りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

骨付鳥「一鶴」屋島店

香川への旅、その12。

Dc0222145 何となく古めかしい店を想像していましたが、凄くモダンでした。
おやどり、980円。Dc0222149 ひなどり、870円。Dc0222150 キャベツが付いてます。Dc0222152 とりめし、スープ・漬物付き、450円。Dc0222153 香辛料の効いた濃い味付けですが、美味しく頂きました。

高松市屋島中町220-1、屋島に上がる入り口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割り飯@いちがい屋

Dc030407 いちがい屋(こちら)で「もりそば(並)」を頂きました。
そして懸案の「割り飯」。Dc030408 スープをちょっと温めて貰って、ご飯と卵を投入。Dc030409 スープ割りも美味しいが、割り飯もいけます。+150円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

餡餅雑煮

香川への旅、その11。

Dc0222137 栗林公園に行った目的の一つ、園内の花園亭、餡餅雑煮。 Dc0222134 Dc0222136 ずっと食べたいと思っていました。美味しゅう御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗林公園

香川への旅、その10。

この案内図、クリックで大きくなります。Dc022302過去に訪れたことはあるのですが、初めてのように、その雄大さ、美しさに圧倒されました。紫雲山と一体となった配置は見事です。Dc0222129 上、南湖、下、北湖。Dc0222130 ちょうど梅が咲いていました。Dc0222143 季節季節にいろいろな花が咲くようです。
うどんツアーに行ったら、また寄ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

海風堂(吉島)

Dc030210

国際ホテルの西にあった海風堂(こちら)が昨年12月に移転しました。高い家賃が一番の理由、その他にも成程と思う理由が、店主のブログに書いてありました。移転先は、中区吉島東一丁目5-7、右側(南側)に駐車場が2台分あります。やっと今日行くことが出来ました。

Dc030208

とんこつ塩ラーメン、680円を頂きました。上品になったような。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜代美山荘「花樹海」

香川への旅、その9。

Dc0222107 高松市の小高い丘の斜面に建っています。部屋から市内が一望でき、屋島も見事に見えます。温泉であることをさほど謳っていませんが、一応温泉です。讃岐うどんツアーにはいいと思います。Dc022260 坂を上って8階がロビーです。今回、20周年記念のプランがあり、10,500円で泊まりました。

詳細は「さーたんの独り言(本家)」(こちら)「trip 温泉」へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

善七で楽しむ会「泡汁の会」

昨日のことです。去年も参加した、善七で楽しむ会「蔵元探訪・泡汁の会」(こちら)、今年も参加しました。
会場は竹原市の藤井酒造・酒造交流館にある、そば処「たにざき」。Dc022812 今年は料理の紹介を。Dc022810  Dc022811   Dc022813  Dc022814  Dc022815  Dc022816 泡汁。Dc022819  Dc022823 お酒は八種類ほど(クリックで大きくなります)。Dc022820 左から、
宝寿 生一本 特別純米酒 20BY、
龍勢 生もと 雄町純米 無濾過生原酒 21BY、
裏・龍勢 山田錦 特詰純米吟醸原酒 19BY、
龍勢 山廃仕込純米吟醸 雄町 19BY、
龍勢 純米吟醸 中取り無濾過生原酒21BY、
善七 2009、
宝寿 自作米 純米大吟醸 18BY、 この右は同じ酒、
龍勢 活濁酒 21BY。
右の二本は瓶ごと燗をしたのでラベルが濡れています。
なんと大吟醸を燗で飲んだのです。
活濁酒の方は残ったものを燗にしました。

たくさん頂きました。が、この会の前にお好み焼きを食べたのがこたえて、途中からペースがガックリ落ちました。来年の教訓に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二月のラーメン

今月、記事に書いた以外で食べたラーメンなど。

遊山(こちら)の塩ラーメン。Dc020301 しょう油よりも私の好み。唐辛子がちょっと入っている。

かべ3丁目(こちら)の塩ラーメン。Dc020501 ここも、しょう油よりも塩が旨いと思う。豚骨スープが濃厚

勤務先の食堂の担担麺。Dc021301 350円、それなり。

いちがい屋(こちら)のもりそば。Dc022002 ここの麺は本当に旨いと思います。

百合花(こちら)の黒坦々麺。Dc022704 黒ゴマ風味で穏やかな辛さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »