« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

十月のラーメン

記事に書かなかった、十月に食べたラーメン、など。

かんかん亭(こちら)、広島とんこつしょうゆラーメン。Dc100501 この日、昼間から酒盛りをしている団体がいた。羨まし。

同じく、かんかん亭の、激辛しょうゆラーメン。Dc101015 激辛という程ではないが、結構辛い。しかし、辛いだけではなく、もとの美味しいスープと見事にマッチしている。ハマりそうです。

國松(こちら)のラーメンセット。Dc101405 前回は醤油の強いものでしたが、マイルドに戻っています。
しかし、脂が多すぎると思います。昔はスッキリと旨かった、はずですが。

げん忠(こちら)の塩ラーメン。Dc101602 とてもシンプルな作り。

百合花(こちら)の塩ラーメン。Dc102102 この日、とても「塩」でした。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や一文字

Dc103103 福屋八丁堀本店で開催中の北海道の物産展(11月9日まで)にて。
このラーメン店は11月3日までです。Dc103105 函館塩ラーメン、780円。
スープは旨いと思いましたが、麺が好みではありません。
加水率が高く、スープと絡まず、食べ飽きしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

経ヶ岬

北近畿への旅、その7。

経ヶ岬は、京都府の、そして近畿の、最北端だそうです。
車で灯台までは行けません。駐車場から見えるのは、海と、灯台がほんのちょっとだけです。山頂展望所まで、灯台まで、それぞれ、0.4km、と書いてあります。山頂展望所と灯台は遠くなさそうです。ここまで来たら行くしかありません。まず山頂を目指します。物凄い坂でした。大汗をかきました。途中灯台が見えます。Dc1020109 やっとたどり着いた山頂、木々が生い茂っています。大パノラマを期待したのに、一方向しか展望が開けていません。Dc1020110 西の方です。奥の霞んでいる所が、犬ヶ岬、その手前が、丹後松島、だと思います。ここから灯台へは下りです。途中、猪が掘ったと思われる穴が幾つかありました。Dc1020115 立派な灯台です。「喜びも悲しみの幾年月」の舞台になったとか。Dc1020116_2 灯台の先端からは東の方が見えました。奥に写っているのが、蒲入展望所がある甲崎だと思います。甲崎は「こうざき」とか「かぶとざき」という読みが書いてあるものもありますが、「さるざき」が正しいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もち吉

もち吉は広島にも、そして全国至る所にもありますが、本店は福岡です。パンフレットの住所には、福岡県直方市下境2400番地 字餅米 もちだんご村 餅乃神社前、と書いてあります。

Dc091901

巨大な詰め合わせを頂きました。

Dc091902

それぞれが何枚かづつ、さらに、まだあります。

Dc091903

十分堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

蒲入展望所

北近畿への旅、その6。

Dc1020107 丹後半島の海沿いの道路端にポツンとありました。
後から振り返ると、ここからの景色が一番きれいでした。
Dc1020106 奥が、これから行く経ヶ岬です。白い灯台があります。Dc1020105 この写真、クリックで大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコ・パン・ヤ

Dc093014 安佐南区上安二丁目24-34、動物園入口交差点を南へ、すぐ東側。Dc093016 小さな可愛いお店です。Dc093015

Dc093018 レーズン食パン、230円。

Dc093019 メロンパン、130円。Dc093020

Dc093021 チーズのフォカッチョ、170円。Dc093022

Dc093023 トマトとチーズのフォカッチョ、160円。Dc093024

Dc093025 クルミと小倉あん、160円。Dc093026

Dc093028 チョコとオレンジのお菓子パン、140円。Dc093029

食べてみたいパンが、たくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

名もなき店 自然生(じねんじょう)物語

Dc102801  

このお店については
以前書きました(こちら)。

その後、
並木通りの方に移転した
と記憶しています。
それがまた
もとの場所にあることに、
先日気付きました。
ところが、
今日行って
お店の女の子に聞いたら、
ずっとここにあるとのこと???
私の記憶違い?
十分あり得ますが・・・・・

中区本通り2-21、
一階に「てんぷら荒谷」
があるビルの4階、
入口に
左の様な看板があります。

Bのランチを頂きました。

 

広島駅ビルアッセの6階に、
この店の姉妹店、
「麦とろ横丁」があります
こちら)。
Dc102805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

味噌ラーメン@いちがい屋

いちがい屋(こちらで試作段階の味噌ラーメンを頂きました。Dc102702 味噌の色で判りにくくなっていますが、上の方にシナチク、左の方にチャーシュウが埋もれています。目の前に置かれると、香ばしい味噌の香りが立ち昇ってきます。その割には味噌味は控えめです。そもそもここのスープは味噌に負けない強さを持っています。多少酸味を感じたように思ったのですが、そのような素材は入っていないようです。使っている味噌が持っているものかもしれません。柑橘類を加えてその辺りを強調すると面白いと思いました。
数週間前に完成間近で、今日も完成間近。完璧を目指して居られるようですが、十分出来あがっていると言ってもいいでしょう(見掛けの華やかさが少し欲しいとは思います)。味噌つけ麺も開発済みとのこと、近々新メニューが二つ登場するはずです。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

中華ハウス醍醐

Dc102611 安佐南区西原七丁目8-4、かなり判りにくい所です。祇園新道、祇園東中前交差点を東へ、一筋目を北、細い道です。かなり前から営業していて、地域に根付いたお店、という感じです。
ラーメンを食べる積りでしたが、ジャージャー麺、700円にしました。Dc102607 これ結構美味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

浦嶋神社

北近畿への旅、その5。

この辺り、日本最古の浦島伝説が残る所です。Dc1020102 神社の右隣が小学校、子供たちが写生をしていました。とても人懐っこい子供たちで、色々話しかけてきました。
浦嶋神社、祭神は浦嶋子、開化天皇の後裔、478年に常世の国へ行き、347年間滞在し、825年に戻る。淳和天皇がこの話を聞き、宮殿を造営させたのがこの神社の始まり。丹後風土記だけでなく、日本書紀、万葉集にも記載されているそうです。
境内に、蓬山(とこよ)の庭、というものがありました。Dc102095 立派な神社です。Dc102098 歴史を感じさせます。Dc102099 神社の前に公園施設があり、真新しい像が見えましたが、雰囲気を破壊しているようで、寄りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

伊根の舟屋

北近畿への旅、その4。

伊根湾めぐり遊覧船に乗りました。Dc102090 左が青島、伊根湾の入り口にあります。Dc102087 湾内は周囲5キロほど、約230軒の舟屋があるそうです。Dc102075 人様が生活している家を覗いている感じ。Dc102080 本当にたくさんあります。Dc102082 山が海岸まで迫っていて、道が狭い。Dc102083 それで、舟が交通手段になったとのこと。Dc102085 維持管理が大変だろうと思いました。Dc102093 重要伝統建造物群保存地区選定地で、珍しい建物がズラッと並ぶ景色は壮観ですが、生活の場が観光資源というのは、地元の人にとってどうなのでしょう。ちょっと後ろめたいような気持ちになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

奥伊根温泉「油屋」

北近畿への旅、その3。

一泊目、丹後半島の北東、奥伊根温泉、油屋。Dc102066 「豪華黒鮑のおどり焼き付き“奥伊根の華”プランを20%オフ!!」
というHPの宣伝文句にひかれ、このプランで予約、

もともと高くはないのに、何と、10920円、になりました。
景色よし、料理よし、温泉素晴らしい、満足の宿です。

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の温泉へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

天橋立

北近畿への旅、その2。

まず、天橋立に行きました。実に不思議な地形です。Dc102012 南から北へ、3キロほどを歩きました。Dc102014 様々なものが点在しています。与謝野鉄幹・晶子の歌碑。Dc102009 蕪村の句碑。Dc102013 北側の傘松公園に昇り、全体像を見ました。Dc102018 股のぞきをして、写真を撮りました。Dc102019 普通に撮って、回転させても同じことか? 船で南側に戻りました。Dc102029 物凄く心を動かされる景色ではありませんが、
自然の造形の妙には驚かされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

加古川名物かつめし

北近畿への旅、その1。

車で行きました。広島から結構時間はかかるのですが、公共交通機関を使っても便利とは言えません。篠山で郷土料理か蕎麦の昼食を、と考えていたのですが、空腹に耐えきれず、三木SAでストップし、「かつめし」を食べました。Dc102003 「ビフカツにほんのり甘めの特製デミグラスソースをかけたボリュウム満点の一品」、との宣伝文句です。これには千切りキャベツがのっていますが、一般的には茹でキャベツだそうです。
これって、隣県岡山の、ドミグラスソースカツ丼、と同じ発想では?
というか、似たようなものは何処にでもあるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

グテのパンたち(その5)

このところお気に入りの、グテ(こちら)の色々なパン。

Dc090710 ライ麦パン(大)、230円。

Dc090711 ショコラノア、100円。Dc090806

Dc090712 かぼちゃのブリオッシュ、140円。Dc090804

Dc092301 渋皮栗餡パン、140円。Dc092302

Dc092307 ボストーク、130円。Dc092308

Dc092907 ブドウのクリームパン、140円。Dc093002

Dc092906 イチジクとレモンのブリオッシュ、180円。Dc093005

Dc101032 ごま、70円。Dc101033

Dc092905 店の名前[おやつ、の意]と同じ、グテ、60円。Dc093007 黒糖クリームとクルミが入ったおやつ用の可愛いパン。

Dc100504 同じく店の名前を含んだ、グテパイ、180円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

わさび葉すし

奈良への旅、その8、ラスト。

雨が本降りになる前に奈良駅に戻りました。下の写真は朝に撮ったもの。Dc092705 相輪が付いている建物は旧奈良駅舎、歴史的価値があるということで取り壊しを免れ現在は観光案内所、左側が高架になった新しい奈良駅、駅舎はまだ工事中。お土産を買おうにも構内には土産物屋がありません。コンビニの店頭で、奈良らしいものを一つだけ売っていました。Dc0927128 柿の葉寿司が有名ですが、この山葵の葉を巻いたお寿司も、吉野がわさびの産地ということで特産品だそうです。写真左下は、古代あなら寿し、古代米・奈良漬・穴子、が不思議な調和を作りだしています。「うめもり」というお店の作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

平城遷都1300年祭

奈良への旅、その7。

移動にはレンタサイクルを利用しました。1日、17時まで500円。Dc092784 唐招提寺(奥の木がこんもり茂っている所)からは、秋篠川縁のサイクリング道路を走りました。空模様があやしく、ここまでで充分満足していたので、引き上げようかとも思ったのですが、折角なので、平城遷都1300年祭平城宮跡会場を目指しました。Dc092785 朱雀門。遥か彼方(約800メートル)に大極殿。Dc092786 途中、近鉄の線路が横切っている、風情なし。Dc092787 東の方に、東院庭園。Dc092792 ここは趣のある空間です。Dc092798 大極殿。Dc0927106 内部の高御座(たかみくら)。
Dc0927108
鴟尾の模型。
Dc0927112
第二次大極殿の基壇。Dc0927120 この広大な会場にある建造物はこれだけ、スケールは大きいが、風格はなく、歴史の重みがあるはずもなく、ちょっと期待外れ。この先さらに復元が続くのでしょうが、少々疑問を感じました。まあ、私が生きている間のことではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

唐招提寺

奈良への旅、その6。

薬師寺に来て、唐招提寺を素通りもないだろうと、予定していた昼食を諦め、拝観しました。人は多いのですが、割と落ち着いた雰囲気でした。

入口(南大門Dc092782

南大門からの金堂[国宝]Dc092757 

東側から見た金堂Dc092780

金堂の北の講堂[国宝] 左は鐘楼Dc092758

境内の西 戒壇Dc092759

境内の北 御影堂 中に鑑真和上像が鎮座しているはずDc092766

境内の北東 鑑真和上御廟Dc092770

御廟の前庭 土塀と苔 美しいDc092771

境内中心部の東 宝蔵[国宝]Dc092773

宝蔵の隣(南側) 経蔵[国宝](右の建物) 左の建物 礼堂Dc092775

礼堂の北に隣接 東室(右の建物) 奥 本願殿 前に芭蕉の句碑Dc092778

礼堂の西隣 鼓楼[国宝] 麗しい建物です 右は東室 左は講堂Dc092776

唐招提寺には国宝がたくさん、建物は上記の五つ。
仏像などは、金堂にある、盧舎那仏坐像、千手観音立像、薬師如来立像、梵天・帝釈天立像、四天王立像、御影堂にある、鑑真和上坐像。
他に、鼓楼の、舎利容器、金亀舎利塔、白瑠璃舎利壷、方円彩糸花網。
さらに、重要文化財も多数、ただ、全てが見れる訳ではないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半熟カステラ@壱番館

Dc101113 壱番館ザ・ビッグ安古市店、時々「半熟半額」をやっています。Dc092412 半熟カステラ、700円を、半額で販売、ならばと購入しました。Dc092413_2 切り分けることは困難です。

先日食べた、凹カステラ(こちら)と同じようなものです。
凹カステラが半熟ブームの火付け役とか、流行っているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

牛鍋二回目@話食家和

今日はお祝い事があって、話食家和(こちらに行きました。
牛鍋については二回目なので、前回を参照して下さい(こちら)。

今「和」は8周年を迎えています。Dc101616 この記念品は、数量限定なので、貰えるかどうか分かりません。
が、8周年記念で色々お得になっています。
たとえば、1050円のおばんざいランチが880円です。
私も今月中に行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MARUZEN&ジュンク堂書店

遂に開店しました。
Dc101102
確かにデカイ。広すぎて全体が見えない。Dc101207 通路は広く感じる。Dc101208 天井が低く、チョット圧迫感がある。Dc101209 ひたすら図書館で本を借りる私、そんなに行くことはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

SEIKYO PREMIUM 19BY S600

Dc100410  

広島県竹原市、
中尾醸造のお酒。

ここの代表銘柄、誠鏡。
その特別ヴァージョン。
詳細は下のラベルを。

お米らしさを感じる
風味豊かな味わいです。

特に際立ったものが
ある訳ではなく、
総体として
うまく調和しています。
仄かな甘みが
何とも言えません。

四合瓶が無く
一升瓶です。
早く無くなりそうです。Dc101001  Dc101002  Dc101003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

小麦畑のパンたち

和みのぱんやさん小麦畑(こちら)の色々なパン。

Dc082207 チョコブレッド、380円。Dc082215

Dc082210 あんパン、120円。Dc082213

Dc090214 ミニくるみクランベリー、180円。

Dc090215 サンライズ、120円。

Dc090216 フランクフルト、160円。

Dc101001 ジャーマンポテト、170円。

Dc101003 明太子フランス、170円。Dc101005

Dc101006_2 クッキーパン、150円。Dc101007

Dc101009 サツマクロ、150円。

Dc101011 チョコクロ、150円。Dc101013

若い夫婦(多分)が頑張っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた松茸!

Dc101407 アメリカ産のマツタケ、の見切り品、メチャ安。
でも、一応松茸。一応それなりの風味あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

てんぷら銀座天一

Dc101305 以前、広島そごう本館地下二階にある天一について書きました(こちら)。
今日はちょっと豪華に10階のお店に行きました。Dc101302 お昼の天丼、1365円を頂きました。さすがに旨い。小さいけど海老が二尾、小エビのかき揚げ、プリプリです。タレの量が絶妙、ご飯も美味しい。また、シジミの赤だしが素晴らしい。庶民には贅沢な昼御飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

ラーメン凪

Dc101201 今日も所用があり広島市中心部へ。昼食は、と考え、またまた、福屋、秋の全国うまいもの大会、へ行って、ラーメンです。Dc101203 特級中華そば、750円、を頂きました。
なかなかに美味しいラーメンです。鶏、煮干しが穏やかに主張するスープで、ちょっと太めの麺によく合っています。鶏肉がドンッ、ワンタンの皮のようなものがベロッベロッ、巨大なシナチクがゴロッ、ユニークです。唐辛子がチョット、味を引き締めます。11日までです。Dc101205 このラーメン屋、HPのトップに福屋に出店することが書いてあり、店舗は、渋谷店、新宿店、駒込店、と出ています。年表を見ると、色んな所に顔を出し、そして引っ込め、全体像がどうなっているのかよく分かりません。因みに、ポスターにある西新宿、昨年末ボヤを出し閉店しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

二代目 海老そば けいすけ

Dc101105 東京の高田馬場にあるラーメン店。
福屋、秋の全国うまいもの大会に出店、この店は今日で終わり。Dc101106 ちょっと変な器です。横から見ると・・・Dc101108 球を斜めに切った形、香りが逃げにくくするためだそうです。
海老の風味が強い訳ではなく、様々な旨みが混然一体になっています。写真にも写っている、唐辛子、柚子がいいアクセントです。Dc101110 レンゲがデカイ。女性が麺をレンゲにのせて食べているのを見て作ったそうです。やってみると、変な器の食べ難さを解消してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプーンで食べるロールケーキ

ローソンのヒット商品だそうです、娘が買ってきました。

Dc101020  Dc101034

Dc101019  Dc101024

Dc101016  Dc101021

スプーンを使わなくても食べられるだろう、と思っていましたが、ダメでした。それは作り方を聞いて納得しました。細くカットした生地をケースに入れ、その後でクリームを入れる、のだそうです。値段を考えれば(上から、150円、160円、180円)上出来でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

今夜の夕食

鯛めしDc101018

ハマチのカマDc101008

Dc101010

鱧のお吸い物、写真撮り忘れ

Dc101017

 

男前豆腐

玉三郎 

Dc101035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きほく「ゆずの里」

Dc072208  

ゆずの里ロイヤル

愛媛県北宇和郡
鬼北町にある
高田商店の製品

柚子の風味が
程よくきいて
蜂蜜の上品な甘さ
まろやかな飲み口
とても美味しい
飲み物です

下のゆずゼリーは
若者向きという感じ

このお店
ゆず製品以外に
醤油や味噌製品も
作っているようです

頂き物ですが
二ヶ月位経ってから
驚いたことに
お店から
挨拶状がきました

それで思い出し
飲み始めました

 

 

Dc072225_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

薬師寺「玄奘三蔵院伽藍」

奈良への旅、その5。

一般に薬師寺とは、あの東塔がある伽藍(白鳳伽藍)のことでしょう。この北に、「玄奘三蔵院伽藍」と言われる所があります。いつも公開されている訳ではありませんが、今年は特別に通年公開です。その場合、通常500円の拝観料が、800円になります。
道路に面した門。Dc092728_2 中央が、伽藍の礼門。Dc092729 玄奘塔。Dc092732 大唐西域壁画殿、中に平山郁夫の絵がある。Dc092733 何れも新しいものです。

ここからの白鳳伽藍の眺めは素晴らしいものです。Dc092734 現代人が見えなければ、往時が彷彿として蘇ると思います。

白鳳伽藍の南に、薬師寺を守護する、休ヶ丘八幡宮があります。Dc092744 なかなか趣のある建物です。八幡三神像(僧形八幡神・神功皇后・中津姫命)が鎮座しています。直接お目に掛りたいと思いましたが、公開はされていないようです。

薬師寺が主目的ではありましたが、3時間近く歩き回り、予定していた美味しい昼食を諦めなければなりませんでした。しかし、ここだけでも充分満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

薬師寺の仏像

奈良への旅、その4。

薬師寺には多くの素晴らしい仏像があります。中でも一番有名で、なお且つ心を揺り動かし、心に染み入るのは、薬師如来だと思います。金堂に、日光菩薩と月光菩薩とともに鎮座しています。Dc092719 左奥の朱が目立つ建物は大講堂、弥勒三尊が安置されています。
仏像の写真は撮れないので、「奈良百佛」からの引用: 

端々しい豊かさと力勁さ 薬師如来像  早稲田大学教授 澤柳 大五郎
 もう何十年もむかし、大学二年の時はじめて奈良に遊び、人気(ひとけ)のない薬師寺金堂の中で幾時かをただ一人で過して以来、何度この三尊の前に立つたらう。しかし螢光燈のつく前は、像容全體の端麗さは感じられはしたが、お顔のあたりはどう位置を変へてみても妙に光つて、よくは見定められなかつた。
 それが機曾あつて明るい照明の許に近々と拝することを得て、それまでの印象は全く消え去つてしまつた。法隆寺金堂に初めて照明がついたときと同様、未知の像に初めて接するやうな清新な驚きであつた。み佛の顔容を端厳微妙といふが、それは端正で豊かで雄勁でしかも端々(みづみづ)しくすつきりしてゐる。壁のやうに圓満具足してゐるけれども、若々しい新興の気魄に満ちてゐる。法隆寺金堂壁畫――それは永久に失はれてしまつたけれども――とこの薬師三尊とは、わたくしに日本の美術、いや精神が侘びや寂びや細みばかりでなく、堂々とした雄揮な生命の力勁い表現にも闕けてゐないことを示してくれた。惟ふに當時の佛教と佛師たちは新緑の萠えそめるやうな溌剌とした生活感情に溢れていたに達ひない。

もう一つ仏像をあげるとすると、聖観音菩薩像でしょう。Dc092735 この東院堂の中に居られます。この建物、東塔ほどではありませんが、薬師寺に残る数少ない古いもので、実に風格があります。
これも写真代わりに「奈良百佛」からの引用:

あこがれの青年像 聖観音像   薬師寺管長 高田 好胤
 観音さまは三十三化身といって、種々にそのお姿を現じて、私共迷っている一切衆生を済度して下さる。化身のお姿とは観音さまの慈悲を説明したお姿である。そうではなく本来本身のお姿をしていらっしゃる観音さまが、聖観音さんである。
 このお像の所顕には諸説ある様だが、一番親しみを感じるのは、有間皇子(ありまみこ)の冥福を祈ってそのお姿を模したとの所伝である。有間皇子は「家にあれば けにもる飯を 草枕 旅にしあれば 椎の葉にもる」この万葉悲歌の主人公である。十九歳、罪なくして刑場の露と消えられた悲劇の主人公である。若さのなかに気品ただよう〝あこがれの青年像″としてこの像に親しむ人が多い。
 身につけておられる装飾の精巧な美しさ、薄衣を透ってお脚が見える様式には、印度グプタ王朝時代の仏像の影響が見られ、上代日本文化に遠いインド文化の具体的影響の事実がうかがえる。

この文を書いた高田好胤という人、強烈な個性の持ち主でした。まず、修学旅行生に面白い話をするということで有名になり、よくテレビにも出ました。管主になると、薬師寺再建に取り組み、今日の薬師寺があるのは彼の功績が大と言えるでしょう。しかし、当時から再建には異論もあり、確かに今見ると、東塔があるから何とか格好がついているという感じもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

青いバラ

2001年、最相葉月の「青いバラ」という本を読みました。とても興味深い内容です。
昔から青いバラを作ろうという努力がなされてきた。しかし出来ない。それはバラが青い色素をもっていないからだと分かった。そこで遺伝子組み換え技術を使い、バラに青い色素をもたせようとしている。サントリーがオーストラリアの企業と研究していて、近いうちに成功するだろう。
大雑把にいうと、こんなことでした。サントリーの研究は、1990年から始まっていたようです。そして、2004年、成功したと報道されました。さらに、種々の問題があり、実際に販売されたのは2009年になってからです。
実物を見たいとずっと思っていました。一度、広島のデパートで展示がありましたが、行けませんでした。
今日から植物公園で展示される、と今朝の新聞に出ています。また見逃しては行けない、今日しかない、と思い、昼から出掛けました。Dc100715 これだけ、10本です。Dc100714 アップで。Dc100717 初めから言われていたように、真青ではありません。紫に近いという評価もありますが、私は、紫か青か、と問われたら、青に近いと答えます。まだまだ研究は続いているようです。何時の日か、真青なバラが出来るでしょう。Dc100720 こんな感じで展示されていて、混雑した時のために、順路まで書いてあります。今日はガラガラ、ノンビリゆっくり見物し写真を撮ることが出来ました。前のベンチで青いバラを肴にビールを飲んでいる人もいました。展示は11日まで、この間入園無料、ただし駐車料金が440円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どとんこつ石宗

Dc100708 店名から、強烈な豚骨スープを想像していました。が、背脂まで入っているのに、わりとスッキリした味わい。麺は加水率の低そうな、私好みのタイプ。気に入りました。博多ラーメンと広島ラーメンの融合といったところでしょうか。基本の、どとんこつラーメン、600円。Dc100706 佐伯区五日市中央二丁目11-1、コイン通りの南の方、西側。
呉にもお店があり、こちらの方が二号店のようです。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

ガリバー

Dc100601 CURRY&BAR GARIBER since 1984 と窓ガラスに書いてあります。確かに歴史のあるお店なのですが、この7月に経営者がかわりました。創業者が高齢になったため、隣りのスワロウテイルというバックパッカーズバー(写真右、黄色の看板があるお店)が引き継いだのです。それで外観が白からこんな色になっています。Dc100606 店内は10席ほどのカウンターのみ、そのカウンターの上は写真のような状態になっています。これは、スワロウテイルが運営する、海の家&海辺のカフェレストラン、波輝カフェ、の海岸に流れ着いた流木だそうです。Dc100602 ベーコンとチーズのカレー(だったと思います、正確な名前を忘れました)中辛、800円、を頂きました。味も引き継ぐ、とのことでしたが、美味しいけれど以前感じた喜びまではありませんでした。調理をしていた男性が楽しそうではなかったのが影響しているのかもしれません。

中区本通4-1、国際ホテルの南です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

純米「きりんざん」

Dc092319  

 

何かが突出することなく
実にバランスのいいお酒

麹米 五百万石
掛米 こしいぶき
共に精米歩合60%
日本酒度 +4
酸度 1.4
アミノ酸度 1.2

新潟県 麒麟山酒造
江戸時代後期創業

蔵の正面に
麒麟山という山がある

Dc100201  Dc100202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷹野橋辺りの駐車場

以前も書いたのですが(こちら)、新しいものが出来たり、昔からのもののシステムが変わったりしているので、最近の状況を。

市役所交差点南西角にあるビルの西は、相変わらず何時でも60分100円ですが、余程運が良くないと止めることは出来ません。

サロンシネマの南、一筋目の南西角に、何時でも60分100円のものが出来ています。ただし、3台分だけなので、めったに空いていません。Dc092511

その西の、土日祝120分100円だった所が、90分100円になってます。Dc092512

40分100円、という所も結構あります。
市役所交差点の西、南一筋目に、土日祝60分100円があります。Dc091824

30分80円という所も増えています。Dc091823

サロンシネマによく行く私にはうれしい状況です。

***

2012年4月の情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

麺屋「金十字」

Dc100406 このお店については過去に一度書きました(こちら)。同じ店の似たようなラーメンについては記事には書かず、○月のラーメン、に載せることにしているのですが、このお店、店名は同じでも、作り手がかわり提供するラーメンがかわっているので新たに記事を作成しました。そういえば、一時消えていた、函館ラーメン、という文字が復活していました。どうかわったかというと、オーソドックスになった、と思います。と言いながら、今日は、結構ユニークな、北海道ホワイト、800円、を頂きました。 Dc100404 一目見て判るように、具材がユニークです。そして、スープには十勝牛乳をたっぷり入れているそうです。見えないものではジャガイモ、玉葱、薄い豚肉が入っています。麺は縮れたかなりの太麺、スープや具材とうまくマッチして、全体的にいいバランスになっています。北海道・函館を感じられるラーメンを目指し、素材は北海道のものを使っているとのことです。広島そごう本館10階にあります。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

北海道の物産と観光展

Dc100305 広島中心部に用があったので、寄ってみました、北海道。ちょうどお昼時、そんなに列が長くなかったので、まずラーメン。初代は以前、物産展で塩ラーメンを食べことがあるので、今日は醤油、と考えていました。Dc100301 待っている間に、普段は食べない味噌が美味しそうに見えてきました。で、新味噌ラーメン、840円に変更。Dc100303 そんなに味噌が強くなく、結構旨いと思いました。
会場は凄い人、至る所に列、列、列。結局購入したのは、昆布とこれ。
Dc100313 ゆきおやき、というもの。左から、豆乳クリーム、抹茶クリーム、つぶあん。白いたい焼きを想い出させるモチモチの食感、美味しく頂きました。
広島そごうで、11日まで。

さて、帰りに、日常の買い物に緑井天満屋に。期待していることが一つ。
先日の北海道展(こちら)の売れ残りを安く売って売るのではないか・・・
ありました! これ、1050円の三割引き!Dc100309  Dc100316 ラスクにチョコを掛けたもの、左上から時計回りに、ホワイト、ラズベリー、バナナ、キャラメル、ビター、コーヒー、ストロベリー、マンゴー、全て無着色だそうです。525円の半額。Dc100311 そごうで買わなくて大正解でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

大江健三郎講演会

Dc100205 定員:先着1200名、急いで申し込みました。今日行ってみると、入口はフリーパス、といっても、席はほぼ埋まっていました。写真撮影禁止なので、開演前の舞台。Dc100213 まず、秋葉広島市長の開会挨拶があり、当然のごとく、大江健三郎を持ち上げます。この二人、昔から繋がりがあったようです。講演が始まると、今度は大江が秋葉を持ち上げていました。それも、かなりです。話は広島とのかかわり、息子と広島、と流れて行き、笑いを誘うエピソードも挿み、巧みな話しぶりです。講演は得意ではないのでは、というイメージを勝手に持っていたので、ちょっと驚きでした。
話のメインは、彼が影響を受けた二人、渡辺一夫と重藤文夫に関することでした。フランス文学者として有名な渡辺一夫は知っていましたが、恥ずかしながら重藤文夫については、名前が記憶にありません。敗戦後被爆者の治療に尽力した医師で、原爆病院の院長をした人です。「人生とはこんなものだと説得する根拠は持っていないが、目の前に苦しんでいる人がいるのだからそれに取り組む」、という重藤の言葉を大江は強調していました。
もう一つ大切なことは、本当に人間らしい人間に出会うことだ、と言っていました。そしてそれは読書によって実現するだろうと。
具体的な提案は、①核廃絶には核抑止力を必要としない、ということを政治家に分からせる取り組み、②非核三原則の法制化、③平和憲法の堅持、でした。
65年間新たな被爆都市が出なかったのは被爆者の力である。その力を受け継ぎ、10年では無理かもしれないが、20年後には核廃絶が出来るのではないか。広島長崎が、最初ではなく、最後の被爆地と言えるようになる日が来るだろう。明るい展望を持った締めくくりでした。
最後に質疑応答があり、その答えの中に、「和解をもたらす人」を待望する、という言葉があり、彼の小説を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナモン食堂

Dc100210 中区土橋町3-4、土橋町交差点(広電が己斐の方に分かれる所)を東、一筋目を南、西側すぐ。洒落たお店です。お昼に二・三度覗いたのですが満席でした。それでオバサンがたむろするお店というイメージを持ったのですが、入ってみると若者向の感じです。今日前を通ると、客はカップルが一組だけ、で入りました。若い夫婦がやっていて、奥さんは外国人です。Dc100208 名前に惹かれ、デミチキンライス、800円を頂きました。
実物はさほどユニークなものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

CHELsEA BAGEL(その2)

チェルシーベーグル(こちら)のベーグルたち

Dc092502 ホールウィート、150円。

Dc092506 黒豆&豆乳クリーム、230円。

Dc092509 ベーコン&粒マスタード、250円。

上の3個を買った日、12時半ごろ、4・5人の列の最後尾、
店に入ると、残っていたのはこの3個だけ。
店の男性がすぐに売り切れの掲示を出しに行きましたが、
私が会計をしている時、女性が一人入って来て、
空っぽの棚を一回りして、黙って出て行きました。

Dc092535 チョコココナツ、230円。

Dc092531チョコレート、230円。

Dc092518 マロン、230円。Dc092529

Dc092527 抹茶ホワイトチョコ、230円。

Dc092524 かぼちゃ、200円。

Dc092526 クランベリーホワイトチョコ、230円。

Dc092523 ほうじ茶あずき、230円。

全部で40種類ぐらいあるようです。
一日に並ぶのは20種類ぐらい、また行かねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »