« どとんこつ石宗 | トップページ | 薬師寺の仏像 »

2010年10月 7日 (木)

青いバラ

2001年、最相葉月の「青いバラ」という本を読みました。とても興味深い内容です。
昔から青いバラを作ろうという努力がなされてきた。しかし出来ない。それはバラが青い色素をもっていないからだと分かった。そこで遺伝子組み換え技術を使い、バラに青い色素をもたせようとしている。サントリーがオーストラリアの企業と研究していて、近いうちに成功するだろう。
大雑把にいうと、こんなことでした。サントリーの研究は、1990年から始まっていたようです。そして、2004年、成功したと報道されました。さらに、種々の問題があり、実際に販売されたのは2009年になってからです。
実物を見たいとずっと思っていました。一度、広島のデパートで展示がありましたが、行けませんでした。
今日から植物公園で展示される、と今朝の新聞に出ています。また見逃しては行けない、今日しかない、と思い、昼から出掛けました。Dc100715 これだけ、10本です。Dc100714 アップで。Dc100717 初めから言われていたように、真青ではありません。紫に近いという評価もありますが、私は、紫か青か、と問われたら、青に近いと答えます。まだまだ研究は続いているようです。何時の日か、真青なバラが出来るでしょう。Dc100720 こんな感じで展示されていて、混雑した時のために、順路まで書いてあります。今日はガラガラ、ノンビリゆっくり見物し写真を撮ることが出来ました。前のベンチで青いバラを肴にビールを飲んでいる人もいました。展示は11日まで、この間入園無料、ただし駐車料金が440円でした。

|

« どとんこつ石宗 | トップページ | 薬師寺の仏像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いバラ:

« どとんこつ石宗 | トップページ | 薬師寺の仏像 »