« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

十一月のラーメン

記事に書かなかった、十一月に食べたラーメン、など。

かんかん亭(こちら)、広島とんこつしょうゆラーメン。Dc110301

ひさし紙屋町店(こちら)の鍋焼らうめん。Dc110512 昼向きの味になってきたようです。

満得(こちら)、久し振り。ラーメンの写真がとれないので外観。Dc110521 色んなものが傷んでいます。ラーメンもブレが大きいような。

福山SAの「尾道ラーメン」。Dc1108134 ここのラーメンは結構いけます。タコ天ラーメン。Dc1108131 衣が剥がれやすいのが欠点。

らーめん「さんや」(こちら)の「のりしおらーめん」。Dc111511 「のり」が入って塩味たっぷり。

香龍可部店(こちら)、外観がかわり、「屋台」という文字が消えています。Dc111841 野菜ラーメンを頂きました。Dc111840 赤いのはトマト、多少その酸味があります。

天下一品(こちら)の、とり天ラーメン。Dc112402 このラーメンスープに浸かったとり天、美味です。

五色屋(こちら)、サンマの醤油。Dc112502 サンマの風味がちょっと弱くなったか。

お久し振りの紺屋(こちら)、梅しおラーメン。Dc112807 すごく旨かった。スープも麺も具も、申し分なし。
でも高いなあ、900円。基本の、しょうゆラーメン、しおラーメン、800円。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

永坂更科布屋太兵衛

Dc112901 東京麻布十番にあるお店の支店、福屋八丁堀店9階。Dc112902 江戸時代は庶民の食べ物が今や高価な食べ物に。Dc112904 更科よりは普通の蕎麦が私の好み。左手前は胡麻ダレ。Dc112906 確かに美味しいのだけれども、コスパを考えるとどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

竹泉

Dc111844  

兵庫県田治米合名会社、
元禄15(1702)年創業。

「竹」は、
竹の川の水を使ったことに由来、
「泉」は、
先祖の出身地・和泉から、
良水を尊び、その風土に感謝、
先祖に対する尊崇と感謝、
を現わす。

酒屋に並んでいるのを見て、
飲んだことがなかったので購入。

これはトテモとても美味しいお酒です。
上品で、決して弱くない辛さ、
弱そうでいてキリッとした酸味、
お米の味わいが引き出された旨み、
幸せな気持ちになるお酒です。

 
 

Dc112219b   
Dc111845

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびすかぼちゃブリュレ

Dc101111 マダムブリュレ(こちら)の南瓜ヴァージョン。Dc101119 店員さんの一押しでした。南瓜の風味が見事にマッチしてます。Dc101122 最近デパートでよく販売していて、チョット有難味がなくなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

焼鳥「和楽」

Dc112709 友達の息子さんが一か月前に始めたお店。Dc112712 東区曙一丁目6-16、第10平勝ビル1F、
東区役所東の東蟹屋町交差点を東へ、最初の信号(曙町1)の所。Dc112710 二人掛けのテーブル×2+四人掛けのテーブル×2+カウンター。
いろいろな料理を頂きました。Dc112713  Dc112714  Dc112716  Dc112717  Dc112718  Dc112719  Dc112720  Dc112722 お酒も、獺祭、開春、などがありました。
お腹一杯になりました。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン@呉麺屋

Dc112706 呉麺屋は呉冷麺の専門店だと思っていました(こちら)。シャレオ西通り23にあった「たんびに」の後に、呉麺屋が出来、暖簾には、広島ラーメンが呉冷麺の前に書いてあります。Dc112707 お昼のサービスメニュー、半チャンとセットで、850円。鶏がらスープのラーメン、玉葱たっぷりの炒飯、結構イケます。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

スペイン石窯パン「リナータ」

Dc112134 スペイン石窯とは? リナータの意味は? 判りません。Dc112139 安佐南区緑井三丁目13-14、に一週間前に開店したお店です。

Dc112511 丸太ブレッド(プレーン)、140円。

Dc112115 丸太ブレッド(メープル)、240円。

可部の「ルパン(こちら)」〈現在長期休業中〉のものに近い。

Dc112112 ショコラブレッド、360円。Dc112114

Dc112513 ロングソーセージ、300円。Dc112520

Dc112517 紅茶メロンパン、150円。Dc112538

Dc112515 チョコラータ、160円。Dc112537

Dc112516 キャラメルオランジェ、200円。

レシートに、「ホームページに遊びにきてね」、と書いてあるので行ってみました。ポムフードグループのホームページでした。「リナータ」のことは何も記載がありません。恐らく、このグループの新しい展開で、ホームページ作成が間に合っていないのでしょう。前にあった「ポムの樹」は撤退したのではなく、業態変更ということのようです。それにしても左程長くない期間によくお店がかわる場所です。レストラン、ケーキ屋などが記憶にあります。

最近新しいパン屋さんが続々と誕生しています。買う方にとっては嬉しいことですが、過当競争になるのではと心配です。特に、同じ毘沙門通りにある、私の大好きな「グテ」、頑張って貰いたいと思います。なことを言って、私が「リナータ」に行ってはいけません。はい。

「リナータ」のパンたち 

「リナータ」のパンたち(その2)

「リナータ」のパンたち(その3)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

八丁座

Dc101104 

 

八丁座のオープンを
楽しみにしていました。

26日が御披露目だと
発表されていましたが、
前日の25日に
「武士の家計簿」
の試写会があると知り、
行こうと努力しました。

何とか招待状を手に入れ
奥さんの誕生日にも拘らず、
一人で行きました(御免)。

素晴らしい劇場です。
江戸時代の芝居小屋を
イメージして作ったのこと、
その通り和のテイストで、
なお且つモダンさも備え、
寛げる空間です。

左の写真は
十月初めに撮ったもの、
下に昔の名前が
残っています。

先日工事をしていました。

今日は当然完成していました。

↓ ↓ ↓

Dc112501_2 8Fは・・・Dc112506 右が劇場、人が見えるカウンターがカフェ、奥にカフェのテーブル。Dc112521 従業員はこの様な法被、和装の蔵元社長が見えます。Dc112535 スクリーン「壱」、一番後ろにカウンター席、右側後ろには・・Dc112530 畳の席もあります。Dc112529 提灯がいいですね。約170席。「弐」の方も見せて貰いました。Dc112532 こちらは約70席。Dc112533 「壱」も「弐」もシートは二種類、色は違います。Dc112534 感動しました。劇場に感動しました。

肝心の映画の影が薄くなってしまいました。
明日にでも「本家」の方に書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Birthday

Dc112504_2
今日は我が家のお母さんの誕生日。何歳になったのでしょう。
菓子工房カプリス(こちら)でケーキを作って貰いました。Dc112503 スポンジが5層ぐらいにになっています。Dc112527 フンワリとろける美味しいケーキでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

高知道のトンネル

四国への旅、その14、ラスト。

高知自動車道はトンネルだらけです。Dc1108127 上の正方形のプレートにある、16/22。
22あるトンネルの16番目、ということ。
この数は、南国インターから川之江ジャンクションまで。
高知インターから南国インターまでに、3つ。
さらに高知インターと須崎インターの間には、11。
以上は上り。
下りは川之江ジャンクションと南国インター間が3つ少なく、19。
○○/19、という表示があります。
何れにしてもトンネルだらけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコ・パン・ヤのパンたち

ニコ・パン・ヤ(こちら)のパン、いろいろ。

Dc102103_2 クリームパン、135円。Dc102104_2

Dc102105_2 みるくフランス、160円。Dc102106_2

Dc102107_2 あんバタフランス、160円。Dc102108 これ、素晴らしいコンビネーションです。

Dc102109 イチジク、160円。Dc102110

Dc102111 クルミ、140円。Dc102112

Dc102113 アーモンドチョコ、170円。Dc102114

Dc102602 明太子フランス、190円。

Dc102603 アンパン、120円。Dc102604

Dc102605 カレーパン、170円。Dc102606 焼き立てということもあるが、非常に旨い。

Dc102601 食パン、230円。

Dc103102 山食パン、320円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

陽気大手町店

Dc112317 このお店が出来た時、四年近く前だったと思いますが、もう江波に行かなくてもお昼に陽気のラーメンが食べれると喜びました。が、ガッカリしました。違うのです、何かが違ったのです。それ以来足が遠のいていたのですが、今日近くを通ったので行ってみました。Dc112316 江波の陽気で食べた時程の感動はありませんが、結構旨いと思いました。麺固めで、と言っている人がいて思い出しました。ここの麺は柔らかめだったのです。スープとの絡みはよくなりますが、もうちょっと固い方が好みです。

中区大手町三丁目1-6、広電中電前電停すぐ。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知土産

四国への旅、その13。

高知のお土産。
Dc1108142  Dc1108145  Dc1108146  Dc1108150  Dc1108165  Dc1108166
高知は何処に行っても龍馬でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

十四代それほど飲みたいん?会

十四代をたらふく飲む、という会で、昨夕たらふく飲みました。

Dc112203  
Dc112204  
Dc112207  
Dc112209  
Dc112212  
Dc112214  
Dc112215  
Dc112218  
Dc112221  
Dc112217  
Dc112224  
Dc112226  
Dc112227
まだ幾種類かありましたが、これ位が美味しく飲める限界です。

会場は、オリエンタルホテル広島22階、日本料理みつき。Dc112201 この献立表、クリックで大きくなります。Dc112206  Dc112211  Dc112213  Dc112216  Dc112220  Dc112222  Dc112225  Dc112229  Dc112230

幸せな一夜で御座いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帽子パン

四国への旅、その12。

Dc1108138
ケンミンショーで見て、高知に行ったら買おうと思っていました。Dc1108155
中心部はフワフワ、周りはカステラ生地で硬め。
近くで売っているなら、また買いたいという美味しさでした。買ったのは・・Dc1108123
ポール・ボキューズ、って超有名な人ですよね。何故高知に?
このお店、高知大丸にあります。大丸つながりのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

桜下亭

Dc112102 安佐南区長束西三丁目9-17、長束西小学校の近く。Dc112109 反対側から見たお庭。Dc112121 古民家を改装した、フレンチレストランです。Dc112111 さつま芋のスープとさつま芋のパン。Dc112125 メイン、パンにベシャメルソース。Dc112127 上がハムとチーズの入ったホワイトソース、時計回りに、茄子入りかぼちゃ、エビ入りトマト、ターキーとブラウンマッシュルーム入りレンズ豆。
左側は、芋とズッキーニ。Dc112128 デザートは、ほうじ茶と黄粉のムース(黒糖ソース)、抹茶のクッキー、柿とクルミとレーズンのタルト。Dc112129  
Dc112126  

以上、
1500円のランチ。

初めに
飲み物メニュー、
結構なお値段。

 

 

ジンジャーエール、
500円。

 

コスパ、微妙です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼サバ寿司

四国への旅、その11。

Dc1108129 尾頭付きで、頭の中までギッシリ御飯が詰まっています。Dc1108157  Dc1108159  Dc1108161 ひろめ市場で購入。Dc1108124 物凄く活気のある市場で、高知中の食べ物が揃っているような感じです。反対側から出ると日曜市の通り、ぜひ立ち寄るべき所だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土佐の日曜市

四国への旅、その10。

日曜市は、高知城の東、追手筋で朝から夕方まで開催されます。Dc1108104 こんな感じで1キロ以上、お店は500軒ぐらいあるそうです。売っているものは、食べ物が多いという印象ですが、実に様々なものを売っています。観光客を集める効果があること確かですが、本来地元の人の為のものでしょう。安かったのでこんなものを買いました。Dc1108141a  Dc1108139a   

 

 

 

この茗荷、
美味しい酒の
ツマミに
なりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

土佐料理司本店

四国への旅、その9。

宿が洋食(フレンチ)だったので、昼は和食です。
このお店、龍馬の恰好をした店員さんがいました。Dc1108122 寿司御膳さしみ、2500円。Dc1108113 黒潮定食、2500円。Dc1108114 左上の皿、鰹たたき、うつぼたたき、中上、鯨大和煮、中中央、どろめ(いわしの稚魚)、右上の皿、鯨コロッケ、鯨カツ。美味しく土佐を頂きました。Dc1108121 ガラス越しの実演です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

ボジョレの夜の料理@和

実にたくさんの美味しい料理がありました。

Dc111809

Dc111810

Dc111811 これはでかくて10センチぐらいありました。

Dc111814 ちょっと小さいお豆さんも。Dc111812

Dc111813  Dc111821

Dc111816  Dc111825

Dc111818 新作、葱のパエリア、白葱(名前を忘れました)美味。

Dc111826

Dc111831

Dc111822 ルバーブ(蕗に似た野菜)のジャム。パンにピッタリ、旨い。

Dc111828  Dc111832

Dc111817

Dc111829 この干し柿、何と中に入っているのはチーズ。Dc111830

Dc111827 このケーキ、食べるのを忘れてしまった! 残念!

ワインも、日本酒も、料理も一杯頂きました。料理の最後の方には、この日集まった人が作ったものも二三あったと思います。

和さん、そして御一緒だった皆さん、素敵な夜を有難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレヌーボー@話食家和

話食家和でボジョレヌーボーを飲みました。Dc111834 私、ワインのことはよく判りません。Dc111835 判りませんが、とても旨い。Dc111837 すっきり、サッパリ、いくらでも飲めそうでした。Dc111838 素晴らしい道具がありました。Dc111819 このワインオープナー、いとも簡単に栓を抜くことが出来ます。Dc111820 相当高価なものだそうです。

ワインの後は、日本酒をしこたま飲みました。
美味しい料理もたくさん、たくさんなので、今晩書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

賀茂金秀

Dc110523  

 

賀茂金秀

平成21年度
だけの
限定醸造

純米吟醸
千本錦

以前からも
また最近特に
お気に入り

とにかく
旨いDc111501  Dc111502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はりまや橋

四国への旅、その8。

高知というと「はりまや橋」も有名ですが、ガッカリ名所のトップという説もあります。南国土佐を後にして、が大流行して注目を集めた割には、朱色の欄干だけが残り、わざわざ訪れた人をガッカリさせたのでしょう。今回久し振りに行って、きれいに整備されていると思いました。Dc1108106 下を人工水路が流れ、親水公園という趣になっています。
また、こちらも、「はりまや橋」です。Dc1108105 車道に架かっている橋です、が、欄干だけで川はありません。
車道を挿んで朱色の橋の反対側にもう一つの、「はりまや橋」。Dc1108107 これは明治時代のものを復元したものだそうです。この傍に・・Dc1108109 ペギー葉山記念植樹の花水木がありました。
近くの商店街にも更に、「はりまや橋」。Dc1108110 昔泊まった、高知城南の、三翠園、という宿の庭にも、以前実際に架かっていたという、「はりまや橋」がありました。何度も架け替えが行われたようですから、まだ何処かに、「はりまや橋」があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

パン工房麦屋

Dc111105 安佐南区中筋四丁目4-21、国道186号線(旧54号線)中須2交差点(きん菜館がある所)を東へ、祇園新道高架の下を潜ってすぐ。今川内にある三日月が以前にあった所です。Dc111104

Dc111108 チョコブレッド、380円。Dc111109

Dc111110 胡麻ごぼう、130円。Dc111111

Dc111112 カマンベール、130円。Dc111113

Dc111115 くるみパン、130円。Dc111116

Dc111117 クランベリーパン、130円。Dc111118

Dc111119 明太子フランス、180円。Dc111120

Dc111121 さつまいもッチーニ、150円。Dc111122

Dc111123 メロンパン、130円。Dc111124

価格リーズナブルで、美味しいパンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

高知城

四国への旅、その7。

Dc110892 桂浜と並ぶ高知の名所、高知城。Dc1108102 かなり前に来たのですが、こんなに立派なお城という記憶がありません。Dc1108103 石垣もなかなかのものです。Dc110897 この城内には銅像が・・・Dc110894 (上)山内一豊、(下)山内一豊の妻。Dc110896 一番いい場所には、板垣退助。Dc110895 このお城、江戸初期創建時のものは焼失しましたが、18世紀半ばに再建され、それが今に残っています。築城から400年、再建から250年、だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めん屋若貴

Dc111601 中区舟入本町9-20、舟入病院の向いぐらいに出来たお店。Dc111606 とても元気のお店主です。いきなり、チャーシュウ麺がお薦めです、と言われ、じゃあそれ、となりました。Dc111602 本通ランドマークビル4階のの若貴と関係があるそうですが、ラーメンは違っています。同じ牡蠣醤油ですが、広島というよりは、九州という感じになっています。牡蠣の味はそんなに強くなく、うまくまとまった味です。さすがチャーシュウ麺だけあって、中からチャーシュウがたくさん出てきます。チャーシュウも、そしてネギも、炙りです。800円。Dc111604 巨大なレンゲ、宮島産だそうです。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

戸河内中華そば大黒

Dc111529 中国道・戸河内インターを出てすぐ右手にあります。Dc111528 弁天ラーメン、500円。塩です。キリッとした塩味で、全体的に優しい味わい。他には、大黒そば、醤油、500円、ピリ辛そば、辛味噌、550円。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

筒賀のイチョウ

Dc111504 数年前から行きたかったところ。見頃ということで、出掛けました。Dc111521 筒賀神社(大歳神社)、戸河内インターを出て左(西)へ、3キロほど。Dc111507 デカイ、確かにデカイ。Dc111506 全体を撮るには、かなり離れなければなりません。Dc111510 今日の写真、全てクリックで大きくなります。Dc111508 残念ながら雨模様。吉和、三段峡辺りの紅葉を車から眺めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

ヴィラサントリーニ

四国への旅、その6。

宿泊は、エーゲ海リゾートホテル、ヴィラサントリーニ、です。Dc110890 土佐市宇佐町竜599-6、桂浜から西へ約20キロ、車で30分位。
写真の右の階段を上がると、国民宿舎土佐、左がホテルの入り口。Dc110889 ホテルは斜面に建っています。写真は一段降りた3階。
下から見上げると・・Dc110879 確かにエーゲ海的雰囲気です。

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

桂浜の坂本龍馬像

四国への旅、その5。

香川から高知へ。Dc110844 高知と言えば桂浜。Dc110846 桂浜と言えば、坂本龍馬像。Dc110832 龍馬の誕生日、11月15日前後に特設展望台が出来ます。Dc110831 タダかと思ったら、入場料100円でした。Dc110840 「やや揺れます。」、と書いてありますが、「やや」ではありません。
結構揺れましたが、なかなかの眺めです。Dc110835 龍馬の足もともはっきり見えます。Dc110837 いい時に行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広島つけ麺ヒコ

Dc111304 中区大手町五丁目5、鷹野橋商店街の一筋北。
ここは大手町支店、流川に本店があるようです。
ランチメニューには、つけ麺、ジャージャー麺、屋台風焼きそば、チャン麺、王麺、の五種類。油そばのような王麺、680円にしました。Dc111303 ちょっとピリッとして、B級の王道を行く旨さです。
次回は別のメニューを食べてみよう。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

宮武うどん

四国への旅、その4。

うどん屋、三軒目、ここも新しいお店、今年4月に開店。Dc110829 宮武と言えば、琴平にあった超有名店、それが去年の6月に閉店。その宮武で修業をし、全てを引き継いだのがここ。旧宮武については美味しかったという記憶しか残っていない私には、新宮武との比較はできませんが、充分に旨いうどんです。ひやひや、230円。Dc110826 私はまだ二三杯はいけそうだったのですが、同行者たちがギブアップ。最後ということで、サツマイモとチクワのテンプラも頂きました。Dc110828 高松市円座町340-1、高松西インターからすぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

五色台

四国への旅、その3。

腹ごなしに五色台へ行きました。五行説から各峰に五色を割り当て(赤峰・黄峰・黒峰・青峰・白峰)、それに因んでこの辺りを五色台というそうです。弘法大師の命名とか。大崎山の展望台に登りました。Dc110817 これは、「またきまい」というタイトルの彫刻、この辺りの言葉で、「また来てね」の意。正面に瀬戸大橋があるのですが、霞んでいます。Dc110816 上下の写真、クリックで大きくなります。Dc110818 手前の島は、小槌島、奥が、大槌島、その向うは玉野市。
ほとんど歩く必要がなく、腹ごなしにはなりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌つけ麺@いちがい屋

いちがい屋(こちら)で味噌つけ麺を頂きました。ちょっと前にほぼ完成と聞いていたのですが、味噌ラーメン(こちら)と同様何故かまだメニューには載っていません。Dc111103 中辛にしてもらいました。その為もあるのでしょうが、味噌味がとてもいい脇役になっています。野菜もひと手間かけてあり、美味です。何時正式デビューするのでしょう。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

麺豪山下

四国への旅、その2。

Dc110811 二軒目のうどん屋、ここも去年10月に出来た新しいお店。と言っても、白川うどん、という有名店で店長をしていた人が独立して開業したそうです。丸亀市川西町北2041。Dc110808 冷ぶっかけ(小)、300円。店名ほど「豪」ではないが、程好いコシで旨い。ただ、セルフ讃岐にしては値段が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁慶

Dc111008 中区大手町一丁目7-2、本通電停から平和公園の方へ。メインストリートからちょっと南なので、通りに看板などをたくさん出しています。Dc111006 広島つけ麺がメインのようですが、広島三大麺と称して、汁なし担担麺、広島ラーメン、も提供しています。
汁なし担担麺セット(半チャーハン付)900円を頂きました。Dc111005 担担麺はマア普通、量が少ない、チャーハンは旨い、値段はチョト高いか。機会があったら、つけ麺、ラーメンも食べてみよう。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

純手打うどん「よしや」

四国への旅、その1。

一泊二日で四国へ行ってきました。
まず、瀬戸大橋を渡って香川へ、となれば当然、うどん。Dc110805 昨年初め創業の新しいお店、坂出インターから近く、営業開始時間も早く、評判がいいので、一軒目に選びました。Dc110803 「かけ」を「ひやひや」で頂きました。小、220円。オーソドックスなうどんです。が、麺は不揃い、食感が面白い。イリコの効いた出汁はかなり旨い。食べながら、これは「あつあつ」の方がよかったかも、と思いました。
丸亀市飯野町東二343-1。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

亀齢萬年

Dc101606  

 

広島県の酒処
西条の亀齢酒造

亀齢萬年
純米吟醸原酒五拾

酒米
広島造賀産
線状心白米

栽培の難しいコメを
広島でも復活

程よい酸味で
バランスのいいお酒
とても気に入りましたDc101701_2 Dc101702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別純米「小鼓」

北近畿への旅、のオマケ、その16、ラスト。

Dc102116 

 

兵庫県丹波市の
西山酒造場

19世紀中頃の創業

「小鼓」は高浜虚子の命名とか

兵庫北錦という酒米は
とても珍しいものようです

精米歩合57%は
磨きすぎない事への挑戦

米の旨みが充分に感じられ
飲みやすいお酒です

湯村温泉の宿で飲みましたDc102401  Dc102402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

えびめし

北近畿への旅、のオマケ、その15。

出石を諦めたのですが、渋滞などで結局予定通りにはいかず、岡山で夕食ということになりました。ということで、岡山のB級グルメ、えびめし。Dc1020274 以前普通のレストランで食べたことはあるのですが、ここは専門店!?
まあ、ファミリーレストラン、という感じです。普通の、えびめし。Dc1020270 オムえびめし。Dc1020271 見た目ほど味は濃くなく、飛び切り旨いというものでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波篠山黒枝豆

北近畿への旅、その14。

Dc102102
丹波の黒豆の枝豆、去年庄原産(?)を食べて感動したので、本場のものを買って帰ろうと思っていました。SAにありました。時期的にちょっと遅いのかもしれませんが、充分に美味しいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

江野そば

北近畿への旅、その13。

遊覧船の後は、出石に行くつもりでした。乗船前に船長さんに予定を話すと、無理だと言われました。で、出石よりも美味しい蕎麦を紹介してあげる、と教えて貰ったのがこのお店。わざわざ電話をかけて、定休日でないことを確認してくれました。

Dc1020262 お店の傍に蕎麦畑があり、花が咲いていました。Dc1020258 ここのお蕎麦は、山いも入り十割そば、自然薯を繋ぎに使うのが特徴だそうですが、これって十割と言えるのでしょうか。大盛、1050円。Dc1020263 美味しい蕎麦です。蕎麦も、出汁も、控えめというのでしょうか、強い主張はないのですが、スルスルと食べてしまい、旨いと思わせるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

香住海岸

北近畿への旅、その12。

Dc102304 このパンフレット、クリックで大きくなります。Dc102305 三姉妹船長の遊覧船に乗りました。船長は、初代次女、一時間、ほとんど休みなく、いろいろ丁寧に説明してくれました。Dc1020203 以下の海岸や島の写真、クリックで大きくなります。Dc1020208 島や海岸の名称を覚えていません。次は多分、但馬松島。Dc1020211  Dc1020217 次は多分、姉妹赤島。Dc1020220 次は多分、兄弟赤島。Dc1020223 次の3枚は、鎧の袖。Dc1020229 少し右に回って・・Dc1020231 さらに回って・・Dc1020232 インディアン島。Dc1020233 インディアンの酋長を裏から見ると・・Dc1020237 多分、百層崖。Dc1020243 多分、その少し右側・・Dc1020245 他にも見所いっぱい、驚きの景観です。
帰りは少し沖合を通ったので、鎧の袖の全体像がよく見えました。Dc1020250 港に付くと一族のお出迎え、三代目もいます。Dc1020255 これまで何回かこのような遊覧船に乗りましたが、この海岸は、お天気があまり良くなかったにもかかわらず、圧倒的に素晴らしい感動的な景色でした。又この方面に行くことがあったら、快晴のもと、1時間30分のコースに乗りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

余部鉄橋

北近畿への旅、その11。

Dc1020199 昔から余部鉄橋を見たい、汽車に乗って通ってみたいと思っていました。しかし、架け替えという話がずいぶん前にあったので、諦めていました。ところが、調べてみると、新しい橋が開通したのは、今年の8月、ほんのちょっと前です。7月までは鉄橋が残っていたのです。Dc1020200 今現在、西側の鉄橋の一部が残されています。ずっと残すようです。さらに周辺整備をして、記念施設のようなものを作る計画もあるとのこと、もう一度行く価値がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

湯村温泉

北近畿への旅、その10。

湯村温泉は、848年、或は、860年、つまり平安時代、慈覚大師によって発見されたとされる古湯です。荒湯という元湯は、春来川沿いにあり、98度の高温泉が豊富に湧出しています。Dc1020169 河辺には掛け流しの足湯があります。Dc1020174 湯村温泉を有名にしたのは夢千代日記です。Dc1020173 上の写真、クリックで大きくなります。夢千代像も出来ました。Dc1020172 写真右の大きな建物、「井づつや」です。Dc1020171 荒湯が見える部屋の泊まりました。
Dc1020188
「井づつや」については、さーたんの独り言本家(こちら)の温泉へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

玄武洞

北近畿への旅、その9。

テレビ朝日の「奇跡の地球物語」という夕食時の番組、
それまで見たこともなかったのですが、偶々
この6月、
自然が選んだ最強のデザイン~ヘキサゴン~、
と題した、ハニカム構造についての回を見ました。
このハニカム構造がすごく面白いのですが、
話が逸れるので、何時か機会があれば書きます。
その時、この玄武洞が出て、行きたいと思いました。

Dc1020122 玄武洞を含む、京都府・兵庫県・鳥取県にまたがる山陰海岸国立公園を中心とした地域が、この10月、世界ジオパークに認定されました。洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、に続き日本で4番目です。東は経ヶ岬(西は鳥取砂丘)、ということは、今回の旅行、大部分がこのジオパーク内ということになります。

以下は、日本ジオパークネットワークによる、ジオパークの定義:ジオ(地球)に親しみ、ジオを学ぶ旅、ジオツーリズムを楽しむ場所がジオパークです。山や川をよく見て、その成り立ちとしくみに気付き、生態系や人間生活との関わりを考える場所です。足元の地面の下にある岩石から宇宙まで、数十億年の過去から未来まで、山と川と海と大気とそこに住む生物について考える、つまり地球を丸ごと考える場所、それがジオパークです。

Dc1020141 この記事内の写真、全てクリックで大きくなります。
玄武洞公園には五つの洞があります。
左(北)から順番に、まず、北朱雀洞:Dc1020124 南朱雀洞:Dc1020126 白虎洞:Dc1020129 玄武洞:Dc1020133 青龍洞:Dc1020136 青龍洞の右側:Dc1020138 どれも物凄い景観です。自然の造形の妙に、ただただ感嘆!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

丹後ひもの屋

北近畿への旅、その8。

今回の旅、定休日などで昼食に悩まされました。
この日も昼食時間を過ぎ、途中にあったお店へ立ち寄ることに。Dc1020121 朝とれ地魚を使った海鮮丼ランチ(1日限定20食)500円。Dc1020120 値段を考えると、これは立派なものです。

箸袋の、レイクサイド琴引、はこのお店の前にある温泉(?)宿、ともに水産卸の会社が経営しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グーテ・デ・ロワ/ホワイトチョコレート

ガトーフェスタハラダの高級なラスク、グーテ・デ・ロワ(こちら)のホワイトチョコレートをコーティングしたもの、娘が一昨日、そごうからシャレオ中央広場への出口辺りで偶然見つけ、買ってきましたDc103109 タップリのホワイトチョコ、超美味です。Dc110102 この販売は、10月下旬から5月下旬までの期間限定。ミルクチョコをコーティングした、グーテ・デ・ロワ/プレミアム、というものもあり、こちらは、11月から4月までの販売、これも食べてみたい!

食べました。グーテ・デ・ロワ/プレミアム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »