« 玄武洞 | トップページ | 余部鉄橋 »

2010年11月 3日 (水)

湯村温泉

北近畿への旅、その10。

湯村温泉は、848年、或は、860年、つまり平安時代、慈覚大師によって発見されたとされる古湯です。荒湯という元湯は、春来川沿いにあり、98度の高温泉が豊富に湧出しています。Dc1020169 河辺には掛け流しの足湯があります。Dc1020174 湯村温泉を有名にしたのは夢千代日記です。Dc1020173 上の写真、クリックで大きくなります。夢千代像も出来ました。Dc1020172 写真右の大きな建物、「井づつや」です。Dc1020171 荒湯が見える部屋の泊まりました。
Dc1020188
「井づつや」については、さーたんの独り言本家(こちら)の温泉へ。

|

« 玄武洞 | トップページ | 余部鉄橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/37516130

この記事へのトラックバック一覧です: 湯村温泉:

« 玄武洞 | トップページ | 余部鉄橋 »