« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

Dish FUKUROMACHI

Dc063001 ディッシュ・フクロマチ、中区袋町1-12、本通りの二筋南、並木通り寄り、北側。ディッシュ・サカイマチ(こちら)の二号店。この階段を上がり、右に行って、更に階段を上がります。Dc063002 ベジタブルランチ、1300円、を頂きました。Dc063004 グリーンサラダ。Dc063005 ドリアンの天然酵母パン。Dc063007_3 左から、カリフラワーとひよこ豆のマスタード和え、ミニトマトのコンポートとロゼワインのジュレ、有機赤かぶと白菜の甘酢マリネ。クリックで拡大。Dc063008 野菜スープ、冷製です。Dc063010 卵でとじた野菜とお米のオーブン焼、オーロラソース。Dc063011 何れも美味しく頂きました。特にメインディッシュは最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

「かんかん亭」お昼の営業終了

かんかん亭(こちら)

広島豚骨しょうゆらーめん、650円。Dc062902

広島屋台風しょうゆらーめん、550円。Dc062806

下の写真、広島屋台風しょうゆラーメン、の顔をしていますが、麺は、広島とんこつしょうゆラーメンの、細くて加水率の低いものです。スープはしょうゆの方が好き、麺はとんこつの方が好み、なので、この組み合わせをやってみたかったのです。しかし・・・Dc060802 合わないことはないが、本来の組み合わせの方がいいようです。

逆もやって貰いました。広島とんこつしょうゆラーメンのスープと、広島屋台風しょうゆラーメンの太めのツルツル麺との組み合わせです。Dc061208 この組み合わせは意外に合いました。
とはいえ、やはり、元々の組み合わせがピッタリです。

激辛とんこつラーメン、750円。Dc062201 暑い時、汗をかきながら、辛いもの、最高。

激辛しょうゆらーめん、650円。Dc062808

6月一杯でお昼の営業が終了です。明日は定休日なので今日が最後、で行ってきました。夜やっているとはいえ、なかなか行けないでしょう。で、今月は頑張って全種類+αを食べました。何時の日か昼の営業が再開することを願っています。それまでは、食べたくなったら、夜行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

太平燕@広島

本場熊本馬刺専門店「馬一」(こちら)に行った時、
太平燕(タイピーエン)(こちら)があることに気付きました。
食べに行こうと思いつつ、なかなか行けませんでした。Dc062810 ココの太平燕、量は多くありませんが、豪華です。
中央の野菜の下に、海老や貝、肉類がたくさんあります。
スープはちょっとピリ辛で、私好みです。780円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

イタリア料理イタリ屋

阿蘇・久住への旅、その15。

Dc0517252 イタリア料理イタリ屋、Ristorante da KUNI 。
山鹿市鹿本町中富68-2、国道325号沿いです。Dc0517253  Dc0517255  Dc0517257  Dc0517259

石窯で焼く本格ナポリピッツァ、という謳い文句、美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

あしゆ隈府

阿蘇・久住への旅、その14。

Dc0517249 菊池市隈府(わいふ)1273-1、菊池神社のふもとに広場があり、そこの「きくち観光物産館」と「菊池夢美術館」の間に作られています。これは本格的なものです。硫黄の臭いが漂っています。Dc0517251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

熊本城など

阿蘇・久住への旅、その13。

大観峰から阿蘇五岳を見てDc0517189 熊本市内へDc0517193 まず、水前寺公園、街中なので、角度によっては、興醒めなものがDc0517194 太平燕[タイピーエン](こちら)を食べDc0517196 熊本城へDc0517215 天守閣は、大小二つの天守を持つ独特のもの、右にちょっと屋根の見える建物が、2008年春に復元公開された本丸御殿大広間、豪華な部屋もありますが、当然ながら歴史的な風格はありませんDc0517206 宇土櫓、唯一創建当時から残るもの、国指定重要文化財、傷みが激しいので、そのうち公開されなくなるかもしれないとのことDc0517213 宮本武蔵など、歴史上の人物に扮した人が何人かいましたDc0517197 この人、一番愛想がよく、この首掛石を首にかけて運んだという伝説を持つ、横手の五郎、おかげでこの石の存在を知りました

このシリーズ、長期にわたりましたが、阿蘇・久住を離れ、もう少し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

メールのパンたち

メール(こちら)のパン。

Dc051214 赤すぐり、180円。

Dc051215 桜パイ、180円。

Dc051217 モーンクーヘン、200円。

Dc051219 ケーズシュタイン、178円。

Dc051221 ジャーマンフランク、400円。

Dc062316 ミニジャーマン、230円。Dc062317

Dc062304 しっとりクリームパン、120円。Dc062305

Dc062308 あんぱん、130円。Dc062309

Dc062313 カレーグラタン、250円。Dc062314

Dc062306 ちぎりパン、1個50円。Dc062307

どれも美味しいパンです。
日頃の行動範囲にないので、なかなか行けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

COFFEE BEANS SHOP Smile

Dc021915

コーヒービーンズショップ「スマイル」、東区二葉の里二丁目8-9、
饒津ガードをJR広島駅新幹線口の方へ少し、北側。
雑味のない、スッキリしたコーヒーが多いようです。

Dc030906

店に入って右側、レコードをかけるステレオがあります。
買おうと思うコーヒーを試飲させて貰いながらジャズを聴く、幸せ。

Dc022805

Dc022806

Dc031319

今のところ、この三種類。いろいろ飲んでみようと思います。
問題は、日頃の行動範囲にないので、中々行けないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

サンフレッチェ

Dc062206 朝日新聞のアスパラクラブで当たりました。Dc062202 久し振りのナマです。Dc062203 雨が心配でしたが、降らず、過ごしやすい宵でした。Dc062208 平日ということもあってか、ちょっとサビシイ人出です。Dc062210 写りはよくないのですが、3点目のPKが決まった瞬間。Dc062211 勝ったから、ヨシ、楽しい一時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

長湯温泉「ラムネ温泉」

阿蘇・久住への旅、その12。

大丸旅館の近くに、長湯温泉といえばこれ、というぐらい有名な、ガニ湯(カニ湯)があります。Dc0517147 川の真ん中、手前は道、向こうは宿の建物、道路からも宿の窓からも丸見えです。でも、気持ちの良いお湯です。昔、入りました。今回は、この先にまず入りたい温泉があるので、帰りにと思っていたのですが、残念ながらその時はお湯を抜いて掃除中でした。

Dc052106 その入りたい温泉とは、大丸旅館の外湯、「ラムネ温泉」です。上の写真、団扇なのですが、ほのぼのとしたこのキャラクター、南伸坊の作で、いろんな所に使われています。Dc0517163 世界有数の炭酸泉、この様に、細かい泡が体中にビッチリ付きます。

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

長湯温泉「大丸旅館」

阿蘇・久住への旅、その11。

Dc0517176 二泊目は長湯温泉、大丸旅館、古い歴史を誇る宿です。上の写真に写っている建物は本館、向こう側に大正九年創業時のものを復元した、別館藤花楼があります(下の写真の更に右側)。Dc0517179 藤花楼は高いので、本館に泊まりました。玄関です。Dc0517145

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

焼肉@かんかん亭

かんかん亭(こちら)、初めて夜に行きました。Dc061906 備長炭で焼き肉です。Dc061909 かんかん焼肉セット。

Dc061911  Dc061913  Dc061914

Dc061912 オニオンサラダ。

Dc061915 チャーシュウもやし。

Dc061917 焼肉丼、ハーフ。

他に、軟骨の唐揚、ラーメン、ビール等で、一万一千円ほど。
質量ともに満足。また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の日2011

三人の子供たち×2、より父の日のプレゼント。Dc061923 感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

彩果の宝石

Dc061808 さいたま市のトミゼンフーズのお菓子。友人よりの頂き物。Dc061810 果物の味と形をしたゼリーです。Dc061807 15種類あります。Dc061811 上の写真、クリックで大きくなります。

美味しく頂いております。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

ひと振り酒 Cooking Magic !

Dc061529 
一昨日の
日本酒銘酒会で
貰ったお酒。

ひと振りで
料理が美味しくなる。
飲んでも美味しい。

で、飲んでみました。
日本酒の香りが強く、
濃厚、辛口。
料理に使います。

詳しくはこちら

このラベルは
蔵元がある音戸に
橋が架設された記念の
特別ヴァージョン。

以下の写真は
クリックで大きくなります。Dc061701  Dc061702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクヱビス

Dc061304 今年のお気に入りのビール。
軽やかで、絹のようななめらかな口当たり、が宣伝文句。
独特の苦みにシビレマス。Dc061306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

手打ち十割そば「結喜庵」

Dc061602 中区幟町8-15、幟町公園の北東、幟町交番の南東。
このお店、二年ほど前まで、福屋の9階にありました。Dc061608 蕎麦御膳、1050円。蕎麦は更科か田舎蕎麦が選べます。おかずも、ニシンか天麩羅、温泉卵か卵焼き、が選べます。お得な美味しいセットです。Dc061609 そばの実ご飯、です。そばのアップも撮るべきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

「雲海」日本酒銘酒会

Dc061505

今宵、この会に参加しました。Dc061514 こんなにたくさんの種類の日本酒がありました。Dc061508  Dc061509  Dc061510  Dc061511 今回は少しずつほとんどのお酒を頂きました。

Dc061516 素晴らしい料理です。Dc061512  Dc061513  Dc061515 これ、四人前です。Dc061517 これは八人前です。Dc061518 これも八人前です。Dc061520 これまた八人前です。Dc061526

初めに、恒例の聞き酒がありました。Dc061521 今回もまぐれで当たったのですが、ジャンケンで負けて、景品なし。

Dc061529
 

 

これは

全員へのお土産。

 

詳細は、

飲んでから報告します。Dc061519 左、このお土産をくれた榎酒造の蔵元。中央、この会のコーディネーター、酒商山田の森澤さん。右、会場のプロデューサー。

しこたま飲んで、家に帰って、この記事を書きました。
そんなに酔っ払っていません。至福の一夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

さんや

Dc061410

川内にあった、らーめん「さんや」(こちら)が5月初めに移転しました。
安佐南区緑井二丁目5-19、ちょっと判りにくい所です。
JR緑井駅の踏切を渡って西へ、JA下緑井生鮮市場の手前を南

Dc061407

しおらーめん、680円。移転前の高レベルを維持しています。

Dc061401

何時も、ラーメンばかり、つけ麺、まぜそば、を食べたことがありません。
通いやすい所になったので、色々食べてみようと思います。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

後日追加 ***

牡蠣バターらーめん@さんや
ホタルイカのしおらーめん@さんや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

インド料理「カナック」

Dc061311 中区大手町二丁目2-10。
紙屋町交差点を南下、本通りを過ぎて二筋目を西、一筋過ぎて北側。Dc061308 カレーランチ、780円。カレーは数種類から選ぶ、キーマカレーを選択、辛さは自分で調節する。ナン、ご飯はおかわり自由。お店の人が勧めてくれたので、ハーフサイズをお願いした。Dc061310
久し振りのインド料理、美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

亀齢入魂純米「山」夏囲い

Dc060407  

西条、
亀齢酒造のお酒。

宇品の
酒商山田が販売。

これは、
夏の特別バージョン。

濃厚な米の旨味、
結構な辛さ、
かなりの酸度、
これらが見事に調和、
見事なお酒です。

先週月曜販売開始、
四日間で完売とのこと。
大切に飲んでます。Dc061201

Dc060408

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州電力八丁原地熱発電所

阿蘇・久住への旅、その10。

普通観光客が行かない所です。
瀬の本高原から筋湯温泉に行く途中にあります。

Dc0517103_2
クリックで大きくなります。すごい迫力です。

今回もオマケ。数年前の早春に行った時の写真。Dc060801

近くに小松地獄という所があります。Dc060803
雲仙や別府とは比べようもありませんが、硫黄の臭いは凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

人形町「玉ひで」

Dc061101 やっぱりお江戸、TOKYO物語。三越広島店にて、19日(日)まで。
1760年創業の老舗。明治時代に親子丼を考案、発祥の店、らしい。
ずいぶん昔、東京のお店に行ったのですが、お昼の営業終了時間が早く、間に合いませんでした。また、何時だったか、この様な物産展に来ていたのですが、長蛇の列、用事もあり諦めたこともありました。今日は次の用までの時間を十分にとって、行列覚悟で行きました。Dc061105 江戸前親子丼、1300円。漬け物がついています。Dc061106 親子丼のアップ。Dc061107 確かに美味しい。やげん堀の七味がよく合います。
しかし、です。問題点が三つあります。一つ目。1300円という値段。この値段に見合うほどの満足感が得られるか。二つ目。この容器、丼のような格好はしていますが、内側の底面は平らです。つまり、ご飯の量が見た目より少ないのです。三つ目。土曜日の初日ということもあってか、食べ終わるまでに小一時間かかりました。親子丼にこれだけの時間をかける価値があるのか。なんてことを考えてしまいました。これから行こうと思われる方、以上のことを考慮に入れておいた方がいいと思います。私は本を持って行って、かなり読むことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

九重“夢”大吊橋

阿蘇・久住への旅、その9。

Dc060701_2

九重:ここのえ、久住:くじゅう、近くにある紛らわしい地名です。
この橋については以前に書いたことがあります(こちら)。

Dc051797

木々が茂って橋の全体が見え難くなっています。奥の山は涌蓋山(わいたさん)、多分。下の写真、橋の上から北の方、九酔渓、紅葉の名所。

Dc051794

橋から南の方、奥の山は久住連山(多分)。

Dc051796

右奥の滝は、日本の滝百選の一つ、震動の滝。下は、そのアップ。

Dc0517102

紅葉の頃に来たいと思います。

オマケ。その紅葉の時期、橋がない頃に来た時の写真。震動の滝。

Dc060809

桂茶屋からの九酔渓。

Dc060807

 
Dc060806

Dc060805

人も車も多かったけれど、凄くきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

しゃもじそば「三六」

Dc060904 お店の前のしゃもじには、手打ち蕎麦と地酒とお魚、さぶろく、の文字。
夜は居酒屋っぽくなるようです。Dc060902 しゃもじそば、700円。ご覧のような入れ物からのネーミング。
要は、ざる蕎麦です。ツルッとしていて、ちょっと固め。
何かが際立っている訳ではありませんが、美味しい蕎麦です。

中区幟町10-18、幟町公園の東側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

Mehl (メール)

Dc042107 速谷神社の近くにある、ドイツ菓子「コンディトライ・フェルダーシェフ」の姉妹店として、一年ぐらい前にオープンしました。メールは粉という意味で、このお店はドイツパンをメインにしています。

Dc051209 トーストブロット、300円。Dc051210

Dc042108 紅茶ラスク、126円。Dc042110

Dc042111 豆パン、95円。Dc042112

Dc042113 バナーネンマンデル、230円。Dc042114

Dc042115 クリームチーズレーズン、190円。Dc042116

Dc042117 ブッターブレッツェル、100円。Dc042118

Dc042119 カイザー白ごま、136円。Dc042120

Dc042121 カイザー黒ごま、136円。Dc042122

Dc042123 チョコパン、130円。Dc042124

Dc051212 ブレッツェル、300円。

西区古江東町9-24、判りにくい所ですが、行く価値は充分にあります。広電古江駅から、北(山)の方に上がります。ル・ジャルダン・グルマンのちょっと手前の右(東)側、その駐車場と同じ敷地にあります。

後日追加:
メールのパンたち
メールのパンたち(その2)
メールのパンたち(その3)

後日追加:コンディトライフェルダーシェフに行きました(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

そばらいふぁーむ

4月に「そばライ」というものを食べました(こちら)。元祖「ひらの」に行きたいのですが、なかなか機会がありません。で、今日、西の方に用があったので、「ひらの」から独立した、「そばらいふぁーむ」に行きました。Dc060707 佐伯区藤垂園6-10、宮島街道(国道2号線)、八幡川橋西交差点を南。Dc060701 そばらい、680円。ドッキング前、そばの上にライス。Dc060702 完成。二つに切断。Dc060704 断面をアップ。Dc060705 これ、かなり美味です。素材が渾然一体となり、旨味アップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

元祖広島まぜ麺「一平や」

Dc060605 南区京橋町10-14、駅前大橋を南、二筋目を西、北側すぐ。Dc060602 トマトまぜ麺、620円、ご飯、100円。
麺を食べた後、ご飯を投入、タレを追加、粉チーズを振りかける。Dc060603 普通のまぜ麺を食べる予定が、トマト+ご飯+チーズ、に惹かれました。
ヴォーノのトマトラーメン(こちら)を思い出したのです。
次回は、元祖広島まぜ麺か濃厚魚介ラーメンを食べようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

グテのパンたち(その8)

まだまだ食べていないものや新作が登場、グテ(こちら)のパン。

Dc060502 紅茶のレーズンブレッド、350円。Dc060503

Dc040303 紅茶のレーズンパン、90円。Dc040304

Dc040305 ティーメイプル、140円。Dc040307

Dc040313 ショコラノア(新バージョン、以前は四角形)、150円。Dc040315

Dc042717 グテ(新バージョン、外側に砂糖)、60円。Dc042801

Dc050701 宇治金時、150円。Dc050703

Dc051002 メープルクッキー、130円。Dc051003

Dc051004 ハムチーズ、140円。Dc051005

Dc060214 黒蜜マロン、170円。Dc060215

Dc060217 トマトサラダ、200円。Dc060219

ここのパン、費用対効果抜群です。食パンも安定してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日台&べべんこ

阿蘇・久住への旅、その8。

北側に回り、久住連山を反対側から見ました。Dc051788 この写真、クリックで大きくなります。
朝日台、数年前に較べ、ちょっと寂れたように感じました。

近くの、牛を飼育する牧場経営の、農家レストラン「べべんこ」で昼食。Dc051792 べべんこ、とは大分の方言で子牛のことだそうです。
豊後牛が名物ということで、肉どんぶり、980円、を頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

栗芋ん

Dc060409 鹿児島の、けーきはうすモンブラン、というお店のお菓子。左:栗、右:安納芋。大まかに言うと、栗きんとん、芋きんとん、を求肥で包んでいます。Dc060410 これ、すごく美味しい!
そごう広島店、大九州展にて。6日(月)まで。あと二日あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかば亭

Dc060404
中区大手町五丁目5-10、鷹野橋商店街の西端の方、北側。
この場所、何回か店が変わり、一時期新華園があったような・・・Dc060402
つけ麺中(1.5玉)、900円、がランチサービスで、700円。
お値段高めの広島つけ麺の中では、リーズナブル、味もいい。
ラーメンもあるので、次回食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

くじゅう花公園

阿蘇・久住への旅、その7。

Dc053001 観光バスが来る大観光地でした。
久住連山をバックにきれいな花が咲き乱れています。

Dc051772

Dc051778

Dc051783

Dc051786

下の写真は阿蘇五岳がバックです。Dc051779

上の写真全て、クリックで大きくなります。

それぞれの季節にいろいろな花が咲くようです。
芝桜、ラベンダー、サルビア、コスモス、など。
また違う季節に来たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

焦がし焼きそば「嬉一」

Dc060203 大分県日田の焼きそばです。以前、想夫恋というお店(こちら)で食べたことがあり、結構美味しかったので、懐かしくなり、行ってみました。ここの主人はまさにこの想夫恋で修行したそうです。Dc060209 焦がし焼きそば(並)、680円。お昼はご飯がつきます。
茹でた麺を鉄板で焦がすように焼くのが特徴。本場より上品?

中区八丁堀13-2-1。
八丁堀交差点を北、一筋目を西、一筋目を北、西側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

博多一幸舎

Dc060105 2004年創業のお店で、急成長、話題になりました。今は、安定している?
そごう広島店、大九州展にて。6日(月)まで。Dc060103 博多豚骨ラーメン、750円。典型的な博多ラーメンですが、豚骨臭やドギツサはなく、上品にまとまっています。逆に言うと、強烈に惹き付けるものはありません。博多のお店とは、味も値段も違うのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »