« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

2011年12月のランチ(その3)

既に記事に書いたお店でのランチ、など。

かんかん亭(こちら)、広島豚骨しょうゆらーめん、650円。
Dc122408
ピンク色がかっているのは照明のためです。相変わらず美味しい。

かべ3丁目(こちら)、みそラーメン、600円(だったかな)。
Dc122712
最近みそラーメンが好きになりました。ここもナカナカです。

いよ路(こちら)、釜玉、400円。
Dc122906
いも天、80円。おすし2個、180円。
Dc122904
モチモチの美味しいうどんです。

八戒(こちら)、中華蕎麦、600円。
Dc123000
丼の奥の方に注目! 
写真を撮るちょっとの間に油膜が張っています。
以前のコッテリに戻りました。今年最後のラーメン、旨い!

今シーズン初の黄粉餅、私の大好物。
Dc123104
田舎から送って貰ったたくさんのお餅、私が殆ど食べます。

***

では皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

純米吟醸「月山の雪」

Dc121603


月山酒造は
1700年、1780年、1896年、
創業の伝統ある三社が
更なる向上を目指し
1972年に設立した会社のようです。

出羽燦々、という酒米
名前からして旨そうです。
スッキリとした味わいで、
穏やかな旨味があります。

十四代にも
出羽燦々を使ったものがあり、
美味しかったという記憶があります。

友人が送ってくれました。
感謝。

Dc123001

Dc123002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

安岡のかまぼこ

Dc122807

宇和島の親類から頂きました。

Dc122909

なかでも、じゃこ天が逸品、美味しく頂きました。

Dc122808
クリックで大きくなります。
Dc122809


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

マロンコロン

Dc121009
小樽の「あまとう」という会社の製品。
Dc122610
(上)アーモンド、(下)カカオ。
Dc122702
三層のサブレーです。味、食感、申し分なし。

先日の北海道物産展にて購入。

オマケに、北海道物産展で買ったその他いろいろ。

Dc121010
松前漬、よく買います。ご飯にも、お酒にも合います。
Dc122810

Dc121011
塩が強くなく、これまたお酒にピッタリです。
Dc121117

Dc110410
これもまたお酒によく合います。
Dc111303

今年も北海道物産展を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

はっさく大福

Dc122714

前々から食べたかった「はっさく大福」、天満屋緑井店の、帰省土産&ふるさと産直市、で見つけました。一個、158円、こういう所だとちょっと高いのかな。八朔の果実、白あん、みかん餅、のコラボ、不思議な味わいです。袋の黄色の文字、全菓博栄誉大賞、と書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

キング軒

Dc122609

中区大手町三丁目3-14、中電病院の北、ちょっと東。

Dc122606

汁なし担担麺、2辛、大盛、680円。よく掻き混ぜて食べましょう。

Dc122608

麺よし、辛さよし、しかし、山椒の爽快さは弱い、肉味噌も少ない。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

2011年12月のランチ(その2)

既に記事に書いているお店でのランチ。

丸亀製麺上安店(こちら)、天丼(こちら)。Dc121110
ごはん、120円。えび天、130円。イカ天、100円。かしわ天、100円。カニカマ天、110円。合計、560円。兎も角、揚げ立ての天ぷらは旨い。

レンゲ(こちら)、ぶっかけ、550円、おむすびセット、+200円。Dc121318
うどんは旨い、出汁が負けている、セットのお得感が弱い。Dc121319
うどんは旨い。プリプリ、もちもち、ツルツル。

國松(こちら)の汁なし担担麺、580円。Dc1211106
山椒の風味が爽快。

沖縄そば「ゆんたく」(こちら)、大人のチャーハン、520円。Dc122306
タラコを使った辛めのチャーハン、とのことでしたが、殆ど辛さを感じませんでした。とはいえ、美味しいチャーハンです。

話食家和(こちら)、おばんざいランチ、1050円。Dc122402
よくこれだけの野菜を揃えたものだと、毎回感心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

バウムラスク

Dc121116

ラスクと言えば、昔は残り物のパンを使ったものでした。
しかし今では、高級な、とても美味しいものがいろいろあります。
ここでも幾つか紹介しました。
これまでで一番美味しかったのは、グーテ・デ・ロワ(こちら)。
シュークリームの皮を使ったものもありました(こちら)。

今回発見したのはバウムクーヘンを使ったものです。

Dc121408

サクサクのバウムクーヘン、味も食感もなかなかです。

北見市の清月という会社の製品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

シュトーレン

Dc120449

この時期、このお菓子ですね。

Dc122301a

関東の親類が送ってくれました。上のパンフ、クリックで一寸拡大。

Dc120607

見ているだけで涎が出てきます。

Dc120608

実にいろいろなものが入っています。

Dc122302

美味しく頂きました。ヒデくんお姉さん、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

花畑牧場「雪どけ」

Dc110703

「生」、とか、「非加熱」、とか、わざわざ謳っているのは何故?

Dc110707

賞味期限の10日前ごろから深い熟成、と書いてあったので待ちました(上の写真)。しかし、まだ普通のチーズです。賞味期限過ぎまで少しずつ食べました。次第に牛乳の風味が強いコクのあるものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

まちの中華食堂「藤田屋」

Dc122113

安佐南区祇園三丁目22-1、判りにくいところにあります。
イオンモール西側の道路を南、祗園四丁目交差点の一つ南を東。

ラーメンセット、800円。まず、炒飯が出ました。

Dc122115

パラッとしていて、かつ、柔らかさも残っている。程よい薄味。

Dc122117

鶏が前面に出た美味しいスープ。細麺で、麺そのものが美味しく、食感がいい。ただ、この二つが一緒になると、残念ながら、ピッタリのコンビとは言えない。とはいえ、ホロホロの叉焼と共に、美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

アイスなくりーむパン

Dc120601

天満屋八丁堀店の地下で売ってます。

Dc120602

名前通りのものです。

Dc120606

詳しくは下のパンフを、クリックで大きくなります。

Dc121101

一度は食べてみる価値があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

玉子のお漬物

島根への旅、その14、ラスト。

Dc121601
島根名物でもないようですが、美味しそうなので購入。
Dc121402
これは美味。お酒にもピッタリ。

Dc1120207
もう一種類。適度なピリで、これまた美味しい。
Dc121326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

ヤマサン正宗

島根への旅、その13。

Dc1120177

木綿街道にある酒造、酒持田本店。

Dc112106_2


島根県出雲市は
日本酒発祥の地
と言われている、
そうです。

ここの代表銘柄
ヤマサン正宗。

手頃な値段の
純米吟醸を購入。

失礼ながら、
予想を超える
美味しさです。

Dc121103

Dc121104

原料米の佐香錦は島根県が育成した酒米。
佐香は出雲市にある佐香神社からとった。
佐香神社の別名は松尾神社、そう、酒造の神様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

ジェラールセレクション

Dc102711

左:ウォッシュ、右:ブルー。

Dc102716

箱の裏:
Dc110702

ナチュラルチーズ、なのに、賞味期限が物凄く先。この種のものを、ロングライフチーズ、と言うそうです。つまり、加熱処理をしているから発酵が止まっている、だから、長く持つ。ナチュラルチーズを粉砕・溶融・乳化したものがプロセスチーズ。このチーズは、ナチュラルチーズをそのまま密封・加熱しているのでナチュラルチーズと言っていいようです。

Dc110703

Dc110706

Dc110304

本物の(?)ナチュラルチーズとは違いますが、
手頃さ、保存性を考えたら、捨てたものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

木綿街道

島根への旅、その12。

出雲市平田町にある、昔の町並みが残る街道です。

Dc1120196
木綿街道交流館。

Dc1120170
本石橋邸。

Dc1120173
石橋酒造。

Dc1120174
加藤醤油店。
Dc1120194

Dc1120187
木綿屋。ガラス越しに内部。
Dc1120188

Dc1120176
酒持田本店。お酒を購入(後日報告)。

Dc1120185
持田醤油店。さしみしょうゆ、を購入。

Dc1120180
來間屋生姜糖本舗。
Dc1120183
内部です。
Dc1120182

Dc1120198
昔はこの川を、荷物を積んだ船が行き交ったそうです。

観光地としては、発展途上、と言うところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

東北復興祈願青森りんご

Dc121029

頂きました。このような企画、いいですね。

Dc121023

みんなで元気! の文字は食べられるインクで書かれているそうです。

Dc121026

味の濃い美味しいりんごでした。

Dc121103

上のような紙が入っていました。クリックで大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

長浜ラーメン曼陀羅

Dc121404

ラーメン専門店ではなく、暖簾のとおり、店内は居酒屋ムードです。

Dc121402

麺もスープも典型的な博多のラーメンです。モヤシは?
チャーシューが二枚、多量なネギの下に隠れています。

安佐南区緑井二丁目3-28、ちょっと判りにくいところです、
毘沙門通り緑井二丁目交差点を北、一筋目を東。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島根ワイナリー

島根への旅、その11。

Dc1120154

素晴らしい環境にあります。

Dc1120158

ワイン醸造館の見学が出来ます。

Dc1120166

残念なことに、この日は工場が稼働していませんでした。

ワインの試飲即売、飲食施設、土産物売り場、などがあります。
冷菓販売コーナーがあり、ソフトクリームを売っていました。
ワインソフトにもひかれましたが、出雲そばソフトを食べました。
そば風味の面白いソフトでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

今朝しぼり2011純米吟醸

Dc121325


先月末の
純米(こちら)に続き、
二回目は、純米吟醸、
今日届きました

今回のは
さらにフレッシュ、
ピチピチしています。

これから
ますます美味しく
変化していくでしょう。

Dc121309t

Dc121312
クリックで大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「田心」四回目

昨日(月曜日)のことです。土曜日の夜に思い立ち、日曜定休、コースの予約出来ず。食べたいものをいろいろ頂きました。

Dc121301

Dc121302

Dc121305

Dc121308

Dc121310

Dc121311

Dc121315
キーマカレー。

Dc121316
穴子、卵とじ。

Dc121303Dc121306Dc121314_2

飲んだことのない日本酒二種、先日飲んで旨かった米焼酎。

初めてのカウンター席でした。目の前のお兄ちゃん、一生懸命仕事をしているのだけれど、愛想なし。まあこれも、このお店のいいところなのかも。カウンターの右の方に見たことのある顔。カープの大野です。5・6人の集団で、長内や山崎も居たような。

いいお店です。一回目(こちら)、二回目(こちら)、三回目(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

八千矛@古川酒造

島根への旅、その10。

Dc1120152

Dc112101


三日前に書いた
出雲そば「かねや」、
外で並んでいると
北の方に
杉玉が見えました。
奥には煙突も。

 

酒蔵です。
古川酒造の看板。

Dc1120153

Dc112102


実に趣のある建物です。
1840年創業だそうです。

最初、
昔の日本酒
という味わいでした。
飲み進むにつれて、
枯れたような辛口に中に、
ほのかな甘みを
感じるようになりました。

Dc121101

Dc121102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

半熟生クリームショコラ

Dc121016_2

札幌、ミセス・ニューヨークのお菓子。

Dc121012

とろける雪どけ食感、の宣伝文句通り、実に美味。

Dc121014

こちらも買ってみました。

Dc121119

ホワイトチョコです。

Dc121120

Dc121124

1260円、ちょっとお値段高めですが、その価値あり。

天満屋緑井店、「冬の美味発見!北海道物産展」、にて。
明日12日(月)までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

2011年12月のランチ(その1)

既に記事に書いたことのあるお店でのランチ。

唐人楼(こちら)、台湾風炒飯、500円。Dc113005
キャベツたくさんが台湾風? それは兎も角、安くて美味しい。

鍋焼らうめん「ぽん」(こちら)、鍋焼らうめん、680円。Dc120103
久し振りで美味しかった。量が減った?

さんや(こちら)、しおバターらーめん、730円。Dc120609
しおバターらーめん、というものは、多分初めて。何故かというと、バターはラーメンと合わないのでは、と想像していたから。この思い込みは多少払拭された。次は、ザ・ラーメンで食べてみよう。

久し振りの、「明明」(こちら)、ランチ新メニュー、焼そば。Dc121019
食べやすいように(?)、麺が短かった。690円、だったかな?

ルーエぶらじる(こちら)、ランチの牛丼。Dc121015
和食屋ではないので、「丼」ではありません。
今日のことなのに、値段を忘れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

出雲そば「かねや」

島根への旅、その9。

Dc1120151

出雲市大社町杵築東四ツ角659。
出雲大社の木の鳥居から西へ、徒歩10分位でしょうか。

Dc1120148

割子四段、1300円。手作り感漂う美味しいそばでした。

Dc1120150

このお店のちょっと東に「荒木屋」という蕎麦屋があります。共に有名なお店のようで、この日も双方に行列が出来ていました。かねやの方が少なかったので行きました。しかし、そばが出てくるまでに時間が掛り、我々が店を出る時にも待っている人が少しいました。荒木屋の方は昼の営業が終わった感じ、なにせ二時を過ぎていました。お店の広さ、オペレーションの問題、好みの問題、などあるのでしょう。

二年半ほど前に荒木屋に行った時の記事はこちら。この記事の前後にその時の島根旅行のことを書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

出雲大社

島根への旅、その8。

Dc1120145
この鳥居が神域の入口です。5分ほど参道を歩きます。

Dc1120141
左に、御慈愛の御神像。

Dc1120129
右側には、ムスビの御神像。
Dc1120131
幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)と大國主大神。
Dc1120132

Dc1120133a
手前、拝殿。奥の本殿は平成の大遷宮のため覆いの中。

Dc1120135
本殿前、銅鳥居の横、神馬神牛像。
Dc1120134

Dc1120139
西十九社。この辺り、人気なし。

Dc1120136
神楽殿。この注連縄、長さ13メートル、重さ5トン、だそうです。

人が多すぎて、厳かな気持ちになれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

日御碕神社

島根への旅、その7。

Dc1120105
格式の高い神社のようです。

Dc1120117
下の本社(日沈の宮)、天照大御神が祭神です。

Dc1120107
下の本社の右側。

Dc1120108
下の本社の右後。

Dc1120110
上の本社(神の宮)、神素盞嗚尊が祭神です。

Dc1120109
上の本社から見た下の本社。

Dc1120114
上の本社からさらに上。

Dc1120111
小さな社でした。

Dc1120121_3
日御碕灯台に行く道路から見た全景。クリックで大きくなります。

心を清らかにする雰囲気の、厳かな神社でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

日御碕灯台

島根への旅、その6。

Dc112098

Dc112099

二度目です。前回は上まで登らなかったので、挑戦しました。高所恐怖症は多少克服したつもりでしたが、風が強く吹き飛ばされそうでした。

Dc112096

この様な階段を上ります。フロアがあるので恐怖感はありません。

Dc112095

最後の階段。すごい傾斜です。上から三段目の数字・・・

Dc112088

上からは広大な景色が見えます。

Dc112089

下の写真の中央あたり、ウミネコで有名な経島(ふみしま)です。

Dc112093

売店にぶら下げてありました。

Dc1120100

反対側・・・

Dc1120101

観光客が面白がるのでぶら下げているだけで、
これは何の役にも立たないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

玉造温泉「皆実」

島根への旅、その5。

Dc112057

玉造温泉は、松江市玉湯町玉造、玉湯川沿いにある、落ち着いた雰囲気の温泉で、奈良時代の開湯と伝えられる古湯です。

Dc112056

今回は、佳翠苑皆実、に泊まりました。松江しんじ湖温泉「皆実館」と同系列です。同じような料理が出ます。

Dc112060

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

紅葉@宮島

Dc120442

友あり、遠方より来る。宮島へ行きました。

Dc120415

残念ながら、紅葉の盛りは過ぎていました。

Dc120424

Dc120425

Dc120426

Dc120427

Dc120431

宮島に来たらこれでしょう。

Dc120429

友と語らいながらの散策、愉しい一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

市民公開講座「お酒と人生」

三日前のことです。以下の写真など、クリックで大きくなります。

Dc120101

驚いた話。
飲酒に限ったことではないが、入浴中に死ぬ人はおよそ一万人。交通事故より多い! 女性の飲酒率、驚異的に伸びて、現在80%。20代女性に限ると、90%、20代男性よりも多い。

この講座の主な内容。
お酒のアルコール(エタノール)は、ADH1B、という酵素で、アセトアルデヒトになり、これは毒性が強いので、ALHD2、という酵素で、毒性のない酢酸になる。この二つの酵素は、遺伝的に決まっている、つまり、お酒に対する適応は遺伝的に決まっている。

Dc113007

Dc120202

Dc120102

結局この5つのパターンになり、これを知っておくと、お酒とうまくつきあうとこが出来る。で、検査をしたらどうですか・・・・・

Dc120301

ということでした。といっても、そんなに宣伝した訳ではありません。

最後に、ためになったお話を一つ。

酒に含まれるアルコール量
=酒の量×アルコール度数×アルコールの比重(0.8)

ビール500ml、のアルコール量、約20グラム。

日本酒1合、のアルコール量、約22グラム。

個人差はあるが、アルコールの分解速度、1時間で4グラム。

心して飲みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

広島ドリミネーション2011

Dc120203

Dc120204

Dc120205

Dc120206

Dc120207

Dc120208

Dc120209

Dc120210

Dc120211

Dc120212

Dc120213

Dc120214

キレイでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

酒商山田幟町店

Dc120106

祝開店!
宇品の酒商山田が幟町に新店をオープン。
中区幟町12-17、胡町電停を北、ちから本店の向いぐらいです。
駐車場はないようですが、便利なところです。
記念品(富久長の酒粕)を頂きました。

Dc120108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »