« 梅鶏 | トップページ | ひろしま菜あんぱん »

2012年2月21日 (火)

もんじゃ麦

東京へ行きました、その14。

Dc1219169

月島にもんじゃ焼きを食べに行きました。
ここが本店、幾つか支店を持つ有名店のようです。

もんじゃ人気ランキングの1位・2位・3位を頂きました。

Dc1219147
麦スペシャル、肉・イカ・エビなど10種類の具。

Dc1219152
明太もちチーズ。

Dc1219161
夏木マリスペシャル、夏木マリが好んだのでしょうか。
キムチ・納豆・チーズ・明太子。

店の人が作り方を実演してくれましたが、速くてその充分な写真が取れませんでした。以下は、我らが代表の調理です。

Dc1219153
具材を鉄板へ。

Dc1219154
炒めて、このような形に。

Dc1219155
出汁を投入。

Dc1219159
混ぜ合わせる。

Dc1219160
平らにのばし、右上でもんじゃ焼きの下に隠れている「はがし」という小さなコテで食べる。本来は、写真のように下からすくうのではなく、上から押しつけ、柔らかい粘りのある部分とヘラをくっつけて、もんじゃ焼きをを鉄板から剥がすのだそうです。うまくいくこともありました。

広島で一・二度食べたことはあるのですが、本場で食べると美味しい、ような気がしました。実にビールとよく合います。

このお店で感心したこと。椅子の座る板を持ち上げると、中に服を入れる箱が作ってありました。掘りごたつ席は座布団の下にあります。食べ物の匂いが服に付く心配がありません。いいアイデアだと思いました。

|

« 梅鶏 | トップページ | ひろしま菜あんぱん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/44208254

この記事へのトラックバック一覧です: もんじゃ麦:

« 梅鶏 | トップページ | ひろしま菜あんぱん »