« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

2012年6月のランチ(3)

既に記事に書いているお店でのランチ。

もんごい二代目(こちら)、期間限定夏麺、COOLらーめん2012、780円。
Dc062502
水で締められた麺が何とも言えません。鶏チャーシューもあっさり美味。

八戒(こちら)、冷麺、700円。
Dc062601
久し振り。ラーメンに劣らず美味。一年中食べられます。

カリーの樹(こちら)、やさいカレー、850円。
Dc063001
久しぶりに行ったら、お店の外観が変わっているような。
コクのある味は変わらず。野菜がホクホク、うまく調理してあります。

麺屋いざら(こちら)、盛岡じゃじゃ麺、580円。
Dc063007
ここから各自で味付けをします。
Dc063009
生姜、酢、ラー油、胡椒、ニンニク、そして紅ショウガをのせ攪拌。
Dc063010
食べ終わったら、鶏蛋湯(チイタンタン)、100円。
Dc063012
卵、肉味噌、をゆで汁で割ったスープ。御馳走様でした。

カレーの市民アルバ(こちら)、あらびきウインナーカレー、700円。
Dc063019
午前中シネツインで映画、15分で昼食、再度シネツインへ。
二周年記念とかで、ライスかルーの大盛りサービス中。
ルーを大盛りにして貰いましたが、まあ多いかなぐらいでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

門司港レトロ展望室

佐世保に行きました、その10、帰路2。

Dc0523168

この門司港レトロ展望室がある建物、1階と最上階31階の展望室以外は住居になっています。黒川紀章設計の高層マンション「門司港レトロハイマート」なのです。今回の旅で泊まった宿も黒川紀章でした! 一番上は、緊急離着陸用ヘリポートです。この展望室の宣伝文句には、360°ではなく、270°と書いてあります。一辺に展望スペースがない為です。しかし、斜めに見ることによって全方向を見ることは出来ます。

門司港レトロ中心部1。
Dc0523142

門司港レトロ中心部2。
Dc0523139

関門海峡の向こう、下関市中心部。
Dc0523138

下関市の唐戸方面。
Dc0523137

めかり方面。
Dc0523134

中央の山に、平和パゴダ。
Dc0523145

左の山に関門トンネルの入り口。
Dc0523144

一回りして、右端に海響プラザ。
Dc0523143

ちょっと霞んでいましたが、いい眺め、夜景がきれいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

まるかじり「あまおう」

佐世保に行きました、その9、帰路1。

Dc0523128

すぐ食べようと思って、サービスエリアで購入。しかし、レジで、少し溶かしてから食べて下さい、と言われ、成る程ごもっとも、しばらく我慢して頂きました。とっても美味しゅう御座いました。いいお値段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛肉包み揚げ

我が家の新メニュー、我が家風牛肉包み揚げ。

Dc062606

牛肉に包まれているのは、ジャガ芋や玉葱など野菜いろいろ。美味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

臥牛窯

佐世保に行きました、その8。

Dc0523120

三川内には皿山が三つあります。前日行った、三川内皿山、一番窯元が多いのですが、見学出来そうな所はありませんでした。その北(東)に、江永皿山、次に窯元が多そうなのですが、ここも客を呼び込もうという案内無し。で、さらにチョット北、前日から看板に気付いていた、木原皿山の臥牛窯に行きました。

Dc0523121

きれいなギャラリーがありました。見ると、三川内焼とは異なっています。よく間違う人がいるのでしょう、店員さんが慣れた感じで説明してくれました。現川焼(うつつがわやき)というのだそうです。そういえば、「三川内ガイドマップ」には出ていますが、「三川内焼窯元へのご案内」には載っていません。江戸中期に長崎市の現川村で創始され、「西の仁清」と言われたとのこと(名陶工、野々村仁清に並ぶ?)。それが藩の財政問題のため半世紀ほどで消滅、幻の陶器になっていたものを、この窯の先代が研究し復活させました。

Dc0523194

鉄分の多い茶褐色、海や草原を表す刷毛目、が特徴です。鷺や草木が描かれているものも多くあります。派手さはありませんが、落ち着いた、上品な焼き物です。お値段も庶民的に言うとなかなかでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

ラ・ネージュのケーキたち

ラ・ネージュ(こちら)のケーキ。

Dc121908
大きなおもちシュー、210円。

Dc121909
サクサクパイシュー、189円。

Dc051811
オペラシフォン、390円。

Dc051815
くるみのシフォン、380円。

Dc041717
栗シフォン、480円。

Dc041718
ピスタチオシフォン、420円。

Dc041719
プレーンシフォン、390円。

Dc041720
キャラメルシフォン、390円。

Dc051808
コーヒーシフォン、398円。

Dc051811
濃厚抹茶のシフォン、420円。

Dc062610
マダムロール、1150円。
Dc062611

いずれも美味しいケーキです。
最後のロールケーキは堂島ロール(こちら)に匹敵する美味しさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

世知原茶

佐世保に行きました、その7。

お茶と石橋の街、が世知原町のキャッチフレーズのようです。

Dc052394

メインストリートからお茶畑は見えませんでした。

Dc0523103

近くの嬉野茶には知名度では劣るものの、品質では負けていません。嬉野茶に似た、優しい味わいです。品評会での受賞も多く、古い歴史があります。町内で数軒見掛けたお茶屋さんの一つに寄ってみました。

Dc0523119

ここでも、他の所でも、色々と購入、お土産用も含まれています。

Dc0523176

Dc0523177

Dc0523183

嬉野にもあったのですが、水出し○○、夏には便利で美味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

2012年6月のランチ(2)

既に記事に書いたお店でのランチ。

満得(こちら)、ラーメン、730円。
Dc061901
改装しています。写真撮影禁止は変わらず。店内も黒を基調、ユニフォームも黒、ラーメン丼も洒落たものに、深い円錐形でちょっと食べにくい、そして、100円値上げ、さらに、大盛りも同じ値段だったのが+100円。夫婦のような男女に加えて、厨房に男が一人増えている。ラーメン自体はさほど変わらず、油が増えたかな。

きさく(こちら)、汁なし担担麺(大盛り)、550円。
Dc061910
よく混ぜて食すべし。
Dc061911
店内のにおいが凄い、と話題になっていたが、本当だった。嗅細胞はすぐ疲労するから食べる頃にはあまり気にならなくなったが、何か手を打つべきでしょう。お味の方は相変わらず申し分なし、山椒の痺れる感じが堪りません。

五色屋(こちら)、盛りそば、アサリ味、750円。
Dc062003
左横はタマネギ、右横は背脂、その上は麺を解す為の水。アサリ味は上品、タマネギを投入するといい感じになった。

麺屋一(こちら)、らー麺黒とんこつ塩、630円。
Dc062206
いつも期待通りの美味しさ。

かんかん亭(こちら)、広島屋台風しょうゆラーメン(麺は細麺)。
Dc062304
この組み合わせ、好きになりました。

同じく、かんかん亭、冷やしラーメン。
Dc062301
これは隠しメニューです、普通食べることは出来ません。
ベースは醤油ラーメン、水で締めた麺が素晴らしい食感。

かんかん亭、例年のようにチチヤスのプールサイドに出店します。
なので、残念ですが、月末からお昼の営業は秋までお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

世知原の石橋

佐世保に行きました、その6。

世知原には17のアーチ式石橋があります。石橋の築造技術は江戸時代初期にヨーロッパ(オランダ)からもたらされたようで、平戸や長崎に美しい石橋があるのはよく知られています。しかし、世知原にはこんなに数があるのに、あまり知られていません。そもそも、世知原という町自体が知られているとは言えないでしょう(前回書くべきでしたが、「世知原」は、「せちばる」と読みます。九州には、「原」を「ばる」と読む地名や人名があります)。オススメの石橋を宿で聞いて、二つ行ってみました。

Dc0523105

橋を渡っても、石橋とは気付かないかもしれません。

Dc0523108

スロープがあり、車椅子でも橋の真下に下りることが出来ます。
街中にあり、生活排水が流れ、水がきれいとは言えません。

Dc0523107

この角度から見ると、落ちないのが不思議に思われます。

Dc0523112

この橋は町外れにあります。

Dc0523116

ここは水がきれいです。

Dc0523114

立派な文化遺産だと思いますが、活かし切れていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミュ ナポレオン ブック

Dc052914

本棚を整理していたら奥の方からブランデーが三つ出てきました。父の海外旅行土産なので、恐らく三十年ぐらい前のものだと思います。このカミュだけ開栓していました。ナポレオンの帽子のような栓は箱に入っていて、ずっと付いたままになっていた栓のコルクは朽ちていて、開けるのに苦労しました。

Dc052915

チビチビと飲んでいます。味わい深く、優雅な気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

ミスホア

Dc062209

vietnamese cafe miss hoa ベトナミーズ カフェ ミス ホア

パセーラの6階、翼の広場・スカイパティオに面しています。マリオグループのお店です。このお店が出来たとき、広島でもベトナム料理が食べられると喜んだのですが、ちょっと違っていました。店名も、ベトナム料理ではなく、ベトナミーズ(ベトナムの・ベトナム風の) カフェ、なのです。

Dc062211

フォーのランチセット、780円、を頂きました。フォーは4種類あり、ピリ辛を選択。生春巻きもまぜご飯も美味しく頂きました。

***今日の大発見***

Dc062212

スカイパティオから北を望む。何を発見したかというと、西側に外階段があり、9階まで上がれるということ! 今日まで知りませんでした。家の奥さんは知っていました! 皆さん知っているのかな。9階から北を望む。

Dc062207

いい眺めでした。西の方を見ると・・・

Dc062208

少し残っているライトスタンドが木の陰で見えにくくなっています。全体をどうするかが振り出しに戻ったのに、これだけ残しても困るのではないでしょうか。菓子博のときは? 個人的には、サッカー場に一票!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

山暖簾

佐世保に行きました、その5。

Dc052396

標高350m、佐世保市世知原町の山の中にある公共の宿です。
2006年4月オープン、総合プロデュース、黒川紀章。
これ以前には、国民宿舎国見山荘、というものがあったようです。

Dc052398

二階にロビー、お風呂や食堂があります。宿泊は一階。
和室8部屋、洋室10部屋、特別室1部屋、バリアフリーの洋室1部屋。

Dc052330

とても気持ちのいい露天風呂です。
料理よし、料金安い、人気なのが分かります。

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉 へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

ビルケンシュトック

BIRKENSTOCK ドイツの靴(サンダル)メーカー。

Dc061914

これも父の日プレゼント。正規品証明書なるものも入っていました。

同封のパンフレットより。
Q 人は人生でどれくらい歩くのだろう?
A 91,980km 地球を約2周半歩く計算です。

計算方法は以下、興味があればクリックを。
Dc062002

素足で履くと気持ちいいので、もうチョットしてから使おうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐嘉平川屋

Dc061509

佐賀県のお豆腐屋さんです。上、クリックで拡大します。

Dc061505

佐嘉おぼろ豆腐。
Dc061710
クセのない、スッキリした味わいです。柚子胡椒がいいですね。

冷や汁。
Dc062009
温かいご飯におぼろ豆腐、紫蘇、葱、胡瓜、胡麻、を載せ、
冷や汁の素をお湯で溶き、冷やしたものをかける。
Dc062010_2
美味しい。もっといろいろな野菜を載せてもいいでしょう。

デザート呉豆腐。
Dc061906
とても豆腐とは思えません。とても粘り気があります。

二男夫婦からの父の日プレゼントでした。

実は先日、偶々この豆腐屋の製品を食べました。
Dc060103
近所のデパートで売っていたのです。
名前の通り、とても濃くて、そのまま美味しく食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

「開運」涼々

Dc052915_2


 

静岡県
土井酒造場の
開運
夏季限定品
涼々(りょうりょう)

 

爽やかな香り
低めのアルコール度数
しかし充分なコク
そして旨味

 

ラベルは一枚だけ

Dc061504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

2012年6月のランチ(1)

既に記事に書いているお店でのランチ。

「明明」(こちら)、中華冷麺、690円。
Dc060101
久し振りでした。暑くなったらこれです。

丸亀製麺上安店(こちら)、明太釜玉(並)、380円。
Dc060301
野菜かき揚げ、130円、さつまいも天、80円。
ここも久し振り、相変わらず大繁盛です。

珍豚香〔ちんとんしゃん〕(こちら)、ピリ辛ゴマたれ冷し中華、720円。
Dc060604
味はいいのですが、私には全く辛くありませんでした。何時のものか判らない割引券が400円分、ありがたく使わせて頂きました。

りょう花(こちら)、夏季限定の、スープ冷麺、840円。
Dc061209
「冷麺嫌いの社長が考えたあっさり優しいスープ冷麺」
結構旨かった、ただ、暑い日だったけど冷房きき過ぎ。

さんや(こちら)、みそカレーらーめん、800円。
Dc061707
同じく、さんや、ちーずカレーまぜそば、750円。
Dc061709
よく掻き混ぜてお召し上がり下さい。
Dc061711
共にカレーが効いた夏向きのメニューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

父の日(のお菓子)

昨日、前夜祭。

quatre feuille (カトル・フィユ、フランス語で、四つの葉っぱ)
(厳密に言うと、feuilles と s が必要なはず、発音はしないけど)
というケーキ屋さん(南区皆実町2ー5-1)のケーキです。

Dc061703

Dc061704

Dc061705

Dc061706

今日、当日。

Dc061712

櫟(西区己斐東一丁目2-21、己斐橋西詰めをちょっと北、に本店、
そごう広島店などに支店あり)のワッフル。

Dc061708

父の日バージョンで、ビール、などというものもあります。

Dc061715

私が全部食べたわけではありません、念の為。

他のプレゼントは、後日食べてから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

ハーベストタイムのいろいろ

ハーベストタイム(こちら)のお菓子たち。

Dc071607
ほうじ茶ブラマンジェ。

Dc071608
マンゴープリン。

Dc071609
苺ヨーグルト。

以下は頂き物。

Dc052704
バニラクッキー、チョコクッキー、ココナツサブレー。

Dc052706
バターパウンド、ショコラのパウンド。

Dc052708
フィナンシエ、フィナンシエショコラ。

Dc052710
思い出のバームクーヘン、右は品名なし(フィナンシエに似た感じ)。

Dc052712
二つとも品名なし(左、クッキー? 右、フラン?)。

Dc052713
グレープゼリー、丹波黒豆マドレーヌ。

Dc052715
スティック:プレーン、紅茶、抹茶と黒豆、野いちご。

どれも美味しい。パン屋(こちら)共々絶好調、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

日本酒銘酒会12年6月

Dc061406_2

一昨日のこと、三ヶ月に一度のお楽しみです。

Dc061401

今回は二十銘柄ありました。

Dc061403

珍しく全部制覇出来そうだったのに、七田が無くなっていました。

Dc061410

どれも美味ですが、特に、而今、雨後の月、が印象に残りました。

上三つと下一つ、クリックで拡大します。

Dc061412

料理も美味しく頂きました。

Dc061407
上左、イクラ小丼 山葵 振柚子
上中、お浸し 釜揚げしらす 酢橘
上右、若鳥塩麹漬 若茄子わさび漬
中左、叩きオクラの梅海月和へ
中中、烏賊海女漬
中右、生じゅんさい 濃口二杯酢 溶辛子
下、まぐろ 分葱 酢味噌 紅蓼

Dc061408
防風というセリ科の植物が入っているようです。

Dc061409
チラッと見えている赤いもの、コンニャクです。

Dc061411
真イワシとハタハタの一夜干し、美味です。

Dc061413

食器もいいですね、砥部焼かな。

Dc061414
竹を外すと・・・
Dc061418

幸せな一夜でした。

Dc061402

賀茂泉酒造四代目の前垣さん、酒商山田の森澤さん、
そして、雲海の皆さん、お世話になりました。
次回を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ハットの日!

Dc061421

ピザハット広島古市店、安佐南区古市一丁目38-27、国道183号線古市交差点を区役所の方に入って真っ直ぐ、150m位。
四・五年前、ピザ大好きなアメリカ人に半額になるピザの調査を依頼され、気付きました。お持ち帰りに限り、毎月第二火曜日から三日間のみ。それ以来、半額でもねえ、と思っていましたが、クリスピーな生地があるというので試してみました。クリスピーな薄い生地は四角でした!

Dc061423

トマトソースデラックス、Mサイズ、1900円、が、950円。ピザというよりは、クラッカーという感じがしました。次にもし頼むことがあれば、ふっくらの方がいいかな。「みみ」にチーズやソーセージが入ったものもあるそうなので、こちらの方がいいかも。頼むことがあれば。当然半額を狙って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

錦月食堂

Dc061301

安佐南区中須一丁目2-3、安川大橋南詰を川沿いに東南へ。ほぼ毎日通るところにあり、ずっと気になっていて、やっと行けました。女性二人が切り盛りしている、店名の通り、様々なおかずがある、食堂です。

Dc061303

提灯に、味自慢中華そば、とあるので、挑戦しました。500円、自己主張はありませんが、うまくまとまった一杯です。

Dc061304

183号線を南に行く時、安川大橋辺りで上の光景が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

コラーゲンラーメン@八百豚

Dc061210

中区八丁堀11-12、八丁堀西交差点を北へ、宝くじ売り場を過ぎ、すぐの北西角。店名に永遠がはいっていないが、永遠希グループの一店。

Dc061212

コラーゲンラーメン、750円。オススメと言うことで食べてみました。中央の白いものがコラーゲン。で、コラーゲンって何? 健康にいいとか、肌にいいとか、本当かな。味的には、美味しいというものではなく、混ざることによって、焦点がぼけたような気がしました。それがいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

三川内皿山

佐世保に行きました、その4。

窯元が多く集まっているところに行ってみました。

Dc052318

最初に見つけた駐車場の傍にありました(↑↓)。

Dc052317

あまり煙突が見えないので、さらに上に。

Dc052321

立派な煙突です。

Dc052319

この窯元には駐車場があったので、覗いてみようと思いました。

Dc052320

ところが、入り口が判りません。まあいいかと退散。

伊万里の大川内山(こちら)のようなところを想像していたので、ちょっとがっかりしましたが、これが窯元本来の姿かもしれません。あまり観光地化するのも考えものでしょう。

三川内焼に「平戸」という名前が多いのは、平戸藩主が朝鮮から陶工を平戸(島)に連れてきて始めたものだから。その後、不足した陶土を求めてここに移住したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

一番搾り FROZEN GARDEN 広島

昨日、広島市まちづくり市民交流プラザ(袋町小学校との複合施設)でのシティ・カレッジに参加しました。4時過ぎに終わって、外に出ると・・・

Dc060914

前日にオープン、そういえばニュースでやっていました。私、夜の部もあるので、車ではありません。飲むしかないでしょう。

フローズン生、3/4パイント、600円。

Dc060911

ー5℃で凍った泡が載っています。ビールの旨味を閉じ込め、飲むと口の中でシャリシャリ、苦みと好相性です。旨い、実に旨い。

Dc061001

ビールの下のコースター。中央の英語: The taste sensation from Kirin. Draft beer with an icy-crisp head with really good times.

Dc061002

お店で貰いました。

Dc061005

確かにこれはいいおつまみです。

中区袋町6-42、本通りアンデルセンの横を南へ。8月31日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

麺屋台「我馬」中町店

Dc060909

中区中町5-8、三井ガーデンホテルの西側を北へすぐ。我馬本店(こちらにはたまに行くのですが、ここは初めてです。

Dc060906

四季のラーメン第拾八作、肉肉つけ麺、930円。醤油出汁ですが、肉や魚系の旨味、程よい辛味、そして、シャキシャキのネギ、美味です。

Dc060907

最後はスープ割り、ゴッチャンでした。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

手打ちうどん「真や」

Dc060807

今年の四月に出来たお店、「まことや」、庚午三叉路の少し西。

Dc060802

ぶっかけうどん(冷)、500円。アップ・・・

Dc060803

コシのある美味しいうどんです。ちょっとお値段高め、かな。

Dc060808

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

ロックフォール(ブラックラベル)

Dc052909

日本人の大好きな、三大、で言うと、世界の三大ブルーチーズ、の一つ。三つの内のこれだけが羊さんのお乳。つまり、私の好きな要素が詰まっていると言うことです。アップで:

Dc052911

美味しそうです(気持ち悪いという人もいるかも)。青カビによる酸のため、刺激的な風味、口の中でとろける感じ、最高です。

Dc052914

そごう広島店の地下で購入、販売は日食と書いてありますが、
右下のおじさんマーク、欧グルマン(こちら
のものでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

銀嶺立山

Dc051208


立山酒造

文政13(1830)年創業

富山県砺波市

 

スッキリ爽やか

でありながら

嫌みのない旨さ

後口がいい

気に入りました

Dc052905

Dc052904

Dc052906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

広島四川食堂

Dc060506

東区光町二丁目9-15、広島市東消防署の西、光町一丁目交差点のちょっと東。京京〔じんじん〕(こちら)の系列店のようです。

Dc060505

汁なし担々麺(冷)、550円。珍しいことにスープ付きです。ランチは他に、汁なし担々麺(温)、550円(大盛り、680円)、麻婆豆腐丼、500円(大盛り、650円)、ご飯などがあります。入りやすい明るいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

三川内焼伝統産業会館

佐世保に行きました、その3。

Dc052311

素晴らしい焼き物が展示されています。ロビーだけ撮影可(↓)。

Dc052312

三川内焼の特徴は、藍色で絵付けをされた繊細優美な白磁、精巧緻密な透かし彫り、唐子の絵柄、です。その特徴のあるものを手に入れたかったのですが、高価です。唐子絵は江戸時代、佐世保藩御用窯の指定図柄で、七人唐子は朝廷や将軍家への献上品、五人唐子は大名クラスへの贈り物、三人唐子が武士用だったそうです。私、武士でもないので、一人唐子にしました。

Dc0523199

例によって、ぐい呑みです。

Dc052314

隣りにあった物産館。

Dc052315

その又隣り、焼き物の歴史と三川内焼の製造工程を紹介。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

三川内焼陶磁器卸団地

佐世保に行きました、その2。

三川内インターを下り、ちょっと北へ行ったところにあります。近くの有田焼にも同じような施設がありますがこちら、そこほど大規模ではなく、整備もされてもいません。しかし、品定めをするにはこちらが手頃です。

Dc052306

10店舗分ほどのスペースがありました。下の二枚、反対側から。

Dc052309

二・三軒は営業していないようでした。

Dc052310

トイレの表示。

Dc052308

店内の様子。

Dc052307

お手頃なものを中心に購入。

Dc0523185

今回の旅行で買った焼き物全て、子供たちにも分けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

小倉発祥焼きうどん

佐世保へ行きました、その1、往路。

二週間ぐらい前のことですが、ボチボチとご報告。

九州へ行く時はよく壇ノ浦PAで昼食になります。
偶には違ったところへ、ということで、ちょっと先の吉志PAへ。

Dc052301

焼きうどん、580円。
Dc052303

敗戦直後、小倉のあるお店が焼そばのソバがなかったのでうどんを使った、のが始まりとか。今や何処にでもあるものなので、小倉のオリジナリティを出すのは難しいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うの花ぱい

Dc052703

お嫁チャンの帰省土産に貰いました。新宮村の霧の森菓子工房、といえば、霧の森大福(こちら)、ですが、こんなお菓子もありました。併設の、豆腐工房の自家製おからを白あんにまぜ、パイ生地で包んだもの、上品なお味です。ほとんど私が頂きました。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

ねぎラーメン「はせがわ」

Dc060111

中区堀川町1-7、薬研堀通りと仏壇通りの交差点、北西角。
外から見ると広そうに見えるが、カウンターだけで、10席ぐらいか。

Dc060113

ねぎラーメン、800円。ねぎで何も見えないが、麺は普通のストレート、具材は、サイコロみたいなチャーシューとシナチク。昔飲んだ後に食べた時のおぼろげな記憶とは違い、塩気の少ないアッサリ味だった。元々そうだったのかもしれない。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »