« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

奥出雲おろち号

広島島根JRの旅、その9。

Dc101590

奥出雲おろち号、土日祝は出雲市始発ですが、普通は木次からです。

Dc101594_2

まず、木次線の起点、宍道へ。木次線の時刻表:

Dc101593

本数少ないですね。乗客も少なかった。
始発で15名、途中で乗ったのが5名、降りたのが5名。

Dc101598

駅には、木次線歴史館、というものがありました。

Dc1015111

今は普通列車だけですが、以前は急行列車「ちどり」も走っていました。
そのヘッドマークの「ち」だけが写っています。
「むらくも」も昔走っていた列車、お座敷があったようです。

Dc1015110

二人入れば一杯になる歴史館でした。いよいよおろち号です。

Dc101596

おろち号の客車二両は自走できないので気動車がついています。

Dc1015113

木次出発の時は最後尾です。

Dc1015114

真ん中の車両は普通の客車。

Dc1015112

先頭がトロッコ列車、指定券を買うと二つの車両に席が確保されます。
天気が悪いとき、トロッコ列車に乗るのは無理です。

Dc1015105_3

さあ、いよいよ出発です。が、今日はこれまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

ラーメン・中華「哲」

Dc103008

廿日市市串戸一丁目9-38、宮島街道、廿日市消防署の横。
ラーメンがメインですが、中華のメニューも一杯あります。
お得なランチセットもあり、固定客が沢山という感じです。

Dc103005

初めてのお店ではたいてい普通のラーメンを頼むのですが、
赤唐辛子印に輝き、特製まで付いている誘惑に負けました。

Dc103004

香りも見た目もよく、食べる前から美味しいのが判ります。
ベースの醤油スープも旨く、満足の一杯でした。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

2012年10月のランチ

既に記事に書いたお店でのランチ

ピザハット(こちら)、毎月恒例(?)の「ハットの日!」
Dc101001
カマンベールデラックス(M)、2500円、
パリッと!ソーセージクラスト、+200円、
が半額で、1350円。美味しく頂きました。

麺屋くるしま(こちら)、あっさり旨だしラーメン。
Dc101902
だしの旨みのつまった和風スープ! という謳い文句。
確かにその通り、なので、インパクトはありません。
680円、前回貰った開店記念割引券で100円引き。

いよ路(こちら)、肉味噌うどん、300円。
Dc102007
梅こぶ天、100円、これ旨い。
Dc102009
おいなりさん、90円。
Dc102010
同じく、いよ路、ぶっかけ、380円。
Dc102601
春菊のかき揚げ、100円。
Dc102602
アッサリで、これも旨い。

かんかん亭(こちら)、広島豚骨しょうゆらーめん、650円。
Dc102302
4ヶ月近く休んでいた、土日のお昼営業再開。
遅く行ったので、豚骨に入るキクラゲ品切れ、で、モヤシ。

しにせ屋(こちら)、府中焼き、690円。
Dc102309
豚ミンチのかわりに、鶏ミンチを使っているとのこと。
Dc102311
なんか、府中焼きとは違うような・・・
Dc102314_2
わらび餅のサービス。

で、府中焼きの専門店へ。
「としのや」(こちら
)、あぶりねぎマヨ、900円。
Dc102811
生かけそば、750円。
Dc102812
旨いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あん餅雑煮

Dc102610

雑誌に正式な作り方が載っていたとかで、うちの奥さんが作ってくれました。白味噌仕立て、人参と大根を入れる、全て本格的です。

Dc102611

昔、本場香川で食べたこちら)時よりも、美味しいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

Goppo(ゴッポ)

Dc102409

今月22日グランドオープン、米粉パンのお店です。その前の3日間、プレオープンで全品半額、物凄い人で、うちの奥さん買えませんでした。その後は混んでいないようです。中区紙屋町一丁目2-22、紙屋町交差点南東角に新しくできたビル「広島トランベールビルディング」の地下にあり、右隣の、抹茶&日本茶カフェ nana's green tea とともに、シャレオ中央広場につながっています。

Dc102411

店内は広くありませんが、種類は豊富です。

Dc102412

奧にレジがあります。地下で充分なスペースがなさそうなので、ここで焼いているのか聞いてみました。一応焼いてはいるけど、小さい窯なので、中広のお店から持ってくるものもあるとのこと。中広!― 米粉パン!―― ということは、和良こちら)?―― 当たり!― 何と、名前は違っているけど、同じ経営だそうです。これで衝撃を受け、Goppo の意味を聞くのを忘れました。

Dc102501
米粉食パンハーフ、200円。これは中広のお店で買ったものと同じ。
Dc102503

Dc102504
米粉くるみパン、190円。
Dc102505

Dc102506
米粉フランスパン、150円。
Dc102507

モチモチとして美味しいのですが、ちょっとお値段高め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

出雲そばやき@とらこ

広島島根JRの旅、その8。

Dc101573

ホテルでひと休みして、フロントで紹介して貰ったお店の一つに出掛けました。日曜定休だったのですが、一番よさそうなので散歩のつもりで行ってみると、開いていました。お昼の寿司屋と同じで、団体が宴会をやっているためです。この日はラッキー続きでした。

Dc101574

いずもいちば酒房とらこ、出雲市今市町926-7。

Dc101582

カウンターに

座ると、

目の前に

こんなものが

ありました。

Dc101575
付出し、400円。

Dc101577
出雲野焼(円筒形の蒲鉾)、100円。

Dc101578
出雲野焼かき揚天ぷら、380円。

Dc101580
刺身盛合せ、1000円。ハマチ、鰆、カジキ鮪、烏賊、ホウボウ、鰤。

Dc101586
880円。ニンニクと唐辛子で仕上げてあります。
Dc101584
これは〆に最高です。

島根の地酒を四種類頂きました(クリックで大きくなります)。
Dc101581
「わ~らち」は、我々という意味だそうです。

美味しくお腹一杯、これで四千円ぐらい、いいお店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

石見川本駅から出雲市駅

広島島根JRの旅、その7。

石見川本駅、13時53分出発です。その一分前:

Dc101560

江津12時44分発、浜原行きの列車が到着。

写真を見て判るように、この石見川本駅には線路が二本あります。この様に、上下の列車が「離合」出来る駅を交換駅というそうです(因みに、このような場合の「離合」という言葉、行き違い、すれ違い、という意味で、これまで全国共通語と思っていましたが、今回調べていて、西の方だけで使われる言い方ということが判りました)。その交換駅が、江津と石見川本間には一つもない、ので、13時52分着の列車が到着しないと、江津に向かって出発出来ないという訳です。何故この様な時刻表が作られているのかは判りませんが。

三江線は2006年、豪雨のため彼方此方で土砂崩れが起こり全線不通、完全復旧に一年近くかかりました。確かに土砂崩れが起こりそうなところが沢山あります。この様な災害が起こらないことを祈るばかりです。この列車、発車時点で乗っていたのが9人、途中で乗ったのが6人、降りたのが3人、12人が終点まで行きました。

Dc101563

14時59分江津着、15時04分山陰本線出雲市行の列車出発。

途中、五十猛(いそたけ)駅に数分停車、窓から不思議な光景が:

Dc101565

国道9号線、湊隧道。全体が見えない、窓ガラス越しの写真で判りにくいでしょうが、この小さな岩山、道路のところだけにあります。わざわざこんな所にトンネルを掘らなくてもいいのに、と思いました。まあ、手前には民家、向こうはたぶん海、いろいろな事情があったのでしょう。

16時58分出雲市駅着。

Dc101569

普通の駅、これは南口。北口は・・・さすが・・・

Dc101572

最初の駅からここまで、246.6km、10時間32分の旅、終了。
因みに、列車に乗っていたのは、7時間29分、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

お好み焼き「ひらの」

Dc102515

南区皆実町四丁目24-12、御飯を入れたお好み焼きの元祖。

Dc102514

中は広くなく、大きな鉄板周りに三・四(・五)人、二(・三・四)人掛けの鉄板付テーブルが三つ。

Dc102510

お好み焼きそばライス、630円。下、断面のアップ:

Dc102513

全体的な味付けは濃くなく、肉の旨味が際立っています。そばと御飯が見事に融合し、今までにない旨さでした。次は、「すじこんライス」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

「月寅」紙屋町店

Dc102401

中区紙屋町一丁目1-1、紙屋町交差点を二筋東、南西角のファミマの西隣、地下一階です。本店は流川通り(流川町2-7)にあります。

Dc102407

鯛のからいすけ田楽せいろ、990円。

Dc102405

からいすけ、とは新潟県魚沼地方の伝統野菜「かぐら南蛮(唐辛子)」を特製味噌と調合し加熱と冷却を繰り返して作る辛味噌、のことだそうです。さほど辛くはなく、せいろ蒸しの鯛が美味しく頂けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤福

Dc102414

私の大の好物です。昔は、売っている所が限られていて、なかなか食べることが出来ず、関西に行ったときは必ず買って帰りました。

Dc102417

最近は手に入れる機会も増え、似たようなお菓子も出てきて、ちょっと有り難みが無くなってきましたが、やはりとても美味しいと思います。ひっくり返して写真を撮ってみました。

Dc102421

天満屋緑井店、諸国うまいものまつり、にて購入、1000円。24日・25日限定、一日300箱、11時から販売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

半ばら豚丼

Dc102318

帯広市の、はなとかち、といおうお店の豚丼。ロース肉とバラ肉を半分ずつにしたものを、半ばら豚丼、と呼んでいます。

Dc102319

確かに、二種類のお肉が入っているのは面白いのですが、さらに味付けも変わっていたらもっと楽しいと思いました。

そごう広島店、北海道の物産と観光展にて。29日(月)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

石見川本駅

広島島根JRの旅、その6。

昼食後、石見川本駅周辺を散策。

Dc101553

まず、駅舎の向こう側へ。

Dc101552

土手の向こうは、江の川です。

Dc101551

川向こうには長閑な風景が広がっていました。

駅の方を振り返ると、こちらが川本町の中心のようで、いろいろな建物が立て込んでいます。奧の方に、一際目立つモダンな建物が目に入り、時間もあることですし行ってみました。

Dc101556

悠邑(ゆうゆう)ふるさと会館、という名の、ホールや会議室、図書館を備えた、文化センターのようなものでした。この田舎に、といっては失礼ですが、実に立派な建物です。ちょうどこの日、大ホールで、宝くじワクワクふるさと劇場、があるということで、大勢の人が集まっていました。笑福亭仁鶴、オール阪神巨人、吉本新喜劇など、そして地元の人が出演、恐らくこの地の大イベントなのでしょう。

Dc101558

こちらは、その奧にある、音戯(おとぎ)館、そういえば観光案内にも出ていました。名前の通り、楽器が展示されていたり、スタジオやオーディオルームなどがあったり、音と戯れるための施設ですが、他にも、ホテルやレストラン、プールもあり、結局何のためのものなのか、いやいや、それはそれでいいのかもしれません。

そうこうしているうちに、列車の出発時刻が近づいてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

新栄寿し

広島島根JRの旅、その5。

石見川本駅、12時08分着、ちょうど昼食時、食べる所があるか事前に調べてみると、結構ありました。第一候補、ネットで評判のいいお寿司屋さん、駅を出るとすぐ前、暖簾が出ています。入ってみると、日曜定休の掲示、この日は団体の予約があり偶々開けていたそうです、ラッキー。

Dc101555

車を運転しない旅行!

Dc101539

正確な料理名は忘れましたが、寿司定食のようなもの。

Dc101541

なぜかヤクルト。その右はサラダ。お汁が巨大! お寿司のアップ:

Dc101542

こんな交通の便の悪い所の魚としては、なかなかのものでしょう。

Dc101544

サービスの、えごまプリン。えごまは特産品のようです。

列車待ちの旅行者がよく来るようで、感想を書くノートを渡されました。ちょこっと書いたのですが、前のページに、交通評論家のような人が前日に書いた少し長めの文章が目に入りました。JR三江線増便社会実験を調査に来たそうです。JRのHPには以下のような記述があります。

 三江線活性化協議会ならびにJR西日本では、平成24年10月から12月の3カ月間、「三江線増便社会実験(バス)」を実施します。
 現行の鉄道ダイヤに加えて、バスにより増便を実施することで利便性を高め、三江線のご利用促進に取り組みます。

実施内容
・鉄道に加えバスによる増便を行い、現行ダイヤの約1.7倍を運行
・アンケート調査などの結果を踏まえて、沿線の方々ならびにご利用されるお客様のご要望が多かった時間帯を中心に増便
・運賃は鉄道運賃と同様 ※注釈 駅などで購入されるJRのきっぷ、定期券でご利用可能
・バス停は三江線各駅前を基本 ※注釈 道路事情によりやむを得ず、駅前にバス停を設けられない駅があります

評論家氏は三江線の廃止につながるのではないかという危惧を述べておられました。列車ではなく、バスの増便。確かにそのような不安を抱かせる実験です。どの様か結論が出るか、注目しようと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

川辺の四季

Dc102013

西区新庄町4-20、太田川放水路の右岸、新庄橋から南へちょっと。
これまでに二・三回ランチに行ったのですが満席、今日は一時過ぎにお茶に寄ってみたら混んでいませんでした。

Dc102021

細長い店内、席は全て窓側、気持ちのいい景色です。

Dc102016

一番奥のソファー席に座りました。

Dc102020

川風が吹き抜け爽快です。

Dc102019

カフェオレを飲みながら、ゆったりとした時間を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

神楽街道三十五次

広島島根JRの旅、その4。

Dc101536

三江線の駅の一つです。

Dc101535

「潮」駅。左は・・・

Dc101534

「潮払い」すてーしょん。

三江線が沿って走る江の川は、石見神楽が内陸部に伝播したルートの一つだそうです。ということで、三江線全35駅(三次・江津を含む)に神楽に因んだ愛称名を付けています。残念ながら、全ての神楽愛称駅名板を見ることは出来ませんでした。

Dc101546

「八幡」すてーしょん、は・・・

Dc101547

ここで、次の列車まで、105分!

Dc101545

何故こんなに長く待たなければいけないのか、そして、その間をどう過ごしたのか、は後日です。 Zzz Zzz .....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

らーめん食堂「豚」

Dc101809

中区舟入南五丁目2-2、吉島橋西詰、南側。

Dc101808

らーめん、530円。店名通り、豚が効いてます。臭みはなくマイルドです。ずいぶん昔に食べたときは普通だと思ったのですが、今日は結構美味しいと思いました。食堂、とあるように、メニューは豊富、らーめん、中華、と関係ないものもあります。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

三江線

広島島根JRの旅、その3。

Dc101527

三江線は、三次と江津の間を、江の川沿いに走っています。乗客数は少なく、全国で最低のようです。私が乗った列車は、始発・三次で14人、途中で5人降り1人乗って、終着・石見川本は10人でした。三次発の列車は5本、唯一の山陰までの直通、浜田行5:46、(私が乗った)石見川本行9:57(上の写真の左)、上の写真右は次の列車、口羽行14:15、残り2本は浜原行、16:56、19:15。

Dc101529

車内、上はこの列車の進行方向前から、下は後から。

Dc101528

三江線に限らず、今回乗った車両の多くはこんな感じでした。

面白い駅を一つ。

Dc101533

下はホームと反対側の写真。高い所にあるのが判ると思います。

Dc101532

海抜ではなく、地上から一番高い所にあるJRの駅だそうです。ものによって、地上20m、或いは、地上30m、と書いてありますが、恐らく20mではないでしょうか。当然下からの写真は撮れないので、著作権を主張していない(と思われる)所から拝借しました。

Dc101701_2

中央の縦長のところが階段で116段、エレベーターはないそうです。どちらに行ってもすぐトンネルになります。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

芸備線&三次

広島島根JRの旅、その2。

Dc101507

芸備線は広島から岡山県の新見まで(厳密に言うと、最後の三つ、備中神代駅、布原駅、新見駅は伯備線になるようです)。広島駅の芸備線ホームは端っこにありました。私、広島に住んで35年ほどになりますが、芸備線に乗るのは初めてです。市内を走る区間は通勤通学に利用されているようで、この日も日曜日ながら、学生さんが多く見られました。この区間、列車に乗ったことはなくても、並行して走る道路を車で走ったことはあります。見たことのある景色ですが、ちょっと角度が変わると新鮮な感じです。その後も、聞いたことのある地名、見たことのある景色がちょっとありました。三次まで、117分。

Dc101525

三江線の列車まで、62分待ち。外に出ると、朝市をやっていました。

Dc101523

たくさんのお店、とは言えませんが、そこそこはありました。

Dc101518

美味しそうなお餅を売っていたので、一個くださいと言ったら、一個売りはないけどあげよう、とタダで頂きました。感謝。ウロチョロするついでに、三カ所のスタンプラリーに参加、10枚入りのウエットティッシュをゲット。何時の間にか一時間が経ちました。

Dc101524

右端、江津方面がこれから乗る三江線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

広島島根JRの旅

まずは可部線。
Dc101504
後ろが写っていませんが、四両編成。

芸備線、広島06:47~三次08:55
Dc101509
五両編成でビックリ、しましたが、下深川で三両切り離し。

三江線、三次09:57~石見川本12:08
Dc101526
この列車、ここが終点、なのに・・・

三江線、石見川本13.53~江津14:59
Dc101549
ここまで来たのと同じ車両です。

山陰本線、江津15:04~出雲市16:58
Dc101564

一日目終了、出雲泊。そして、二日目。

山陰本線、出雲市08:40~宍道08:59
Dc101589
二両編成。

木次線、宍道09:11~木次09:43
Dc101592
四両編成、ですが、後二両は回送、繋がっているだけ。

木次線、奥出雲おろち号、木次10:08~備後落合12:23
Dc1015108
この旅のメイン、上:動力車側から、下:トロッコ車側から。
Dc1015107

芸備線、備後落合12:54~三次14:26
Dc1015170

芸備線、三次15:14~広島17:08
Dc1015190

最後は可部線。
Dc1015191

ご苦労な旅でした。詳細は後日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

善七で楽しむ会「稲刈り」

一週間前のことです。

Dc100801

三次市布野、善七になる山田錦が実りました。

Dc100806

もう一カ所田圃があるそうですが、この日はここだけ。

Dc100810

少しずつ少しずつで何とか終了、二時間位だったでしょうか。

Dc100814

いい汗かきました。来年良いお酒になるでしょう。

この会の正式名称、稲刈り&秋の食・酒を楽しむ会。

ここからが本番、この日に出た美味しいお料理の数々。

Dc100822
これは美味、二匹も頂きました。

Dc100817
蜂の子。子だけではありませんが、珍味です。

Dc100818

Dc100819

Dc100820
猪肉。

Dc100821

Dc100823
味噌、旨い。

Dc100824

Dc100825
素麺状にしていない素麺瓜(そうめんうりについてはこちら)。
こうやって食べても面白い食感で美味しい。

Dc100826
猪レバー、だったと思う、クセなく美味。

Dc100827
ワニの刺身。広島(のこの辺り)ではよく食べられる。サメです。

Dc100828
あまり食べませんでしたが、お肉もタップリ。

Dc100829

Dc100830
ムカゴ、美味しいですね。

Dc100831
猪汁。

Dc100832
秋といえばコレ、私の大好物です。

Dc100834
ジャガイモ。

Dc100833
左の果物、ポポ、というものだそうです。初めて食べました。この辺りには多いとのこと。北米原産で、明治時代に日本へ、熟成が早く流通には不向き、マンゴーに似ていますが、独特の風味で万人向きではないかもしれません。木になるカスタードクリーム、とも言われているようで、すごく気に入りました。

勿論、善七をはじめ、藤井酒造のお酒が沢山、写真はありませんが、タップリ頂きました。来年は田植えに参加しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

雁木ひやおろし

Dc092703


先月末
酒会(こちら)で、
利き酒を当て、
ジャンケンで勝ち、
勝ち取ったお酒。

飲み初め
硬い感じでしたが、
徐々にマイルドに、
程よい酸味で
旨味濃厚、
美味しく頂いています。

Dc101201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

俺ん家

Dc101210

安佐南区川内五丁目21-44、ホームセンターダイキのチョット西。開店して半年ぐらいでしょうか。以前ここには、らーめん「さんや」(こちら)がありました(移転先はこちら)。

Dc101203

基本の広島風お好み焼き、ピリ辛麺、630円。偶々でしょうが、女性が一人でやっていました。優しい焼き方です。

Dc101205

夜は居酒屋という雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

のんき亭

Dc101112

中区八丁堀9-8、基町駐車場の前。
先日まで、手打ちうどん「立家」(こちら)、今年7月ごろ開店、何時の間にか閉店してました。その前は、沖縄そば「ゆんたく」(こちら
)、一年以上やっていたと思います。さらに前は、「ちから」でした。今回のお店、寿司・魚料理「のんき亭」八丁堀店、五日市に本店があり、その他にも幾つか支店があるようです。昨日開店、帰りに缶コーヒーをくれました。

Dc101110

刺身付日替定食、800円。鮭の刺身、旨かった。他のランチメニューも、強気の価格設定です。

***

後日、にぎり定食、1000円、を頂きました。

Dc120503

味的には不満はありませんが、微妙な値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

東京ひるがお

Dc101003

福屋八丁堀店、全国うまいもの大会(15日まで)にて。

Dc101002

一年前のこの催しで、「せたが屋」のラーメンを食べました。今年は「ひるがお」、この二つ、隣り合わせで暖簾を出す、同じ経営のお店のようです。せたが屋が、魚出汁の醤油ラーメン、ひるがおは、鶏魚貝の塩ラーメン。

Dc101019

塩らーめん、750円。濃厚な旨味、濃厚すぎる旨味、結果、何処に焦点があるのか判らなくなりました。高尚なラーメンなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

てつのくじら館

Dc100619

大和ミュージアムから見える所にあります。正式名称、海上自衛隊呉資料館。「あきしお」という本物の潜水艦(だったもの)です。

Dc100627

近くで見ると凄い迫力。向こう側にビルがあり、一階に海上自衛隊の歴史、二階に掃海艇の活躍、三階に潜水艦の活躍、という展示があります。

Dc100630

ペルシャ湾で自衛隊が掃討した地雷。地雷についての展示は事細かに説明がしてあり、とても勉強になりました。

さて、三階から潜水艦に入れます。潜水艦は三層構造になっていて、見学できるのは一番上だけです。ボランティアのおじさんの話によると、潜水艦も陸の上に置いたら建造物になり、全部を開放するには建物としての安全基準を満たす必要があるそうです。例えば避難経路とか。とても無理なので、一部の公開になっているとのこと。

Dc100649

向こうから入り、こちらに出てきます。

Dc100635

シャワーはありますが、ごく少量の水しか使えないようです。

Dc100638

とても狭いベッド。

Dc100641

士官用ベッド、チョットゆとりがあります。
手前の手摺りとスロープは展示のために付けたもの。

Dc100642

艦長室でもこの程度。

Dc100644

操縦席。

Dc100647

潜望鏡二つ、奥が操縦席。

この施設、広報活動の一環で、入場無料。貴重な体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

大和ミュージアム

Dc100608

一昨日呉に行った第一の目的です。正式名称、呉市海事歴史科学館。

Dc100602

海側から。こちら側には、大和波止場というものがあります。

Dc100603

前甲板の左半分が実寸大で表現されています。上から見ると・・・

Dc100624

また、艦橋にあたる所(二つ上の写真を撮った所)にその一部が再現されています。実際は海面から40メートルの高さだったそうです。

Dc100605

ミュージアムの中には、10分の1の戦艦大和があります。

Dc100616

10分の1で、26.3メートル。

Dc100620

10分の1という縮尺の感じがうまくつかめませんでした。

Dc100622

その他、呉の歴史(とても充実したものです)、大型史料(戦闘機や魚雷など)、舟を作る技術、未来について、などたくさんの展示があります。すべてをしっかり見たら3時間ぐらいかかるのではないでしょうか。半分ぐらいの時間で何とか一通り見学しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

水兵さんの海軍カレー

Dc100610

昨日、呉に行きました。まずは腹ごしらえ。
シーサイドカフェ「ビーコン」、呉市宝町5-20、大和ミュージアム横。

Dc100614

水兵さんの海軍カレー、980円。ほとんど辛くなくマイルド。

厚切り牛タンがのった、士官の海軍カレー、1400円、もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

香山ラベンダーの丘

Dc100520

昨日、友人とコスモスを見に行きました。

Dc100518

こんな色のコスモスもあります。

Dc100514

少しですが、ラベンダーもありました。

Dc100508

この景色を見ながら、カツサンド寿しを頂き、

Dc100506

食後のデザートは、ブルーベリーとせら梨のソフトクリームです。

美味しいものを食べ、ノンビリした時間を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

カツサンド寿し

Dc100501

三波羅、とは、世羅町西神崎876-1にある、和食亭三波羅。
Dc090757
お店で買うには予約が必要だそうです。

Dc100502

友人を迎えに行った広島空港で購入、880円。

Dc100503

カツサンド寿し、とは、カツサンドのパンのかわりに、
すし飯と海苔を使ってはさんだ物です。

Dc100505

広島らしく、オタフクソースが付いてます。
さすが人気の空弁、なかなかのハーモニーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

カマンベールチーズ「はやきた」

Dc092307

先月の北海道物産展で購入、840円。

Dc092312

殺菌タイプで、賞味期限が長く、待ってもあまり熟成しません。逆に言うと、味が一定していると言えるでしょう。クリーミーでクセがなく、嫌いという人がいないのではないかと思います。

Dc100402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

レンコン料理

我が家の新メニュー。

レンコンのカリカリチーズ焼き。
Dc100301

レンコンの砂糖・醤油炒め。
Dc100303

ともに名前の通りの料理。旨い、特に酒の肴にピッタリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

いざよい

Dc100202

これを十六夜の月と言っていいのか。朝方、まさに沈まんとするところ。

Dc100203

短い時間でしたが、いい月見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

セブンのおにぎり

Dc080407

Dc080408

Dc080409

Dc080410

Dc080411

Dc091601

Dc091602

Dc091603

Dc091604

Dc091605
これは中が見えないので・・・
Dc091606

もらいもののQUOカード+スポーツ観戦=セブンのおにぎり

ところで、「おむすび」と「おにぎり」はどう違うのか?
「おにぎり」が西日本、「おむすび」が東日本?
三角形が「おむすび」?
握り飯→お握り→お結び、「おむすび」が上品な言い方?
「握り」には、握り飯、お握り、握り寿司、があるのに、「結び」には?
まあ、大した違いはないのでしょう。

ところで、セブンは、ご飯と海苔を別々に包んでいる、あの素晴らしい発明を使ったものを「おにぎり」、それ以外を「おむすび」と呼んでいるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »