« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

大晦日の鰤

Dc123110
我が家では大晦日に鰤を食べるのが掟になっています。
今年も美味しく頂きました。日本酒に鰤の刺身、最高です。

このブログや本家のHP見て下さっている方々、有り難う御座います。
よい年をお迎え下さい。また来年(明日)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月のランチ(2)

既に記事に書いているお店でのランチ。

和田党(こちら)、あぐー豚らーめん、680円。
Dc121304
チョコットの豚骨臭、好きです。

りょう花(こちら)、季節限定、鶏しお白湯ラーメン、780円。
Dc122303
ここのラーメンは安定してます。右下、生からし生姜、いいアクセント。

蘭担麺(こちら)の、蘭担麺、480円、麺大盛り、100円。
Dc122502
よく掻き混ぜて食べましょう。
Dc122504
久し振りの担担麺、美味しかった。

百合花[カサブランカ](こちら)、水餃子セット。
Dc122702
多分水餃子は初めてだが、黒胡椒が効いてうまい。
奥さんが食べた、鉄板焼きそばセット。
Dc122701_2
ジュウジュウ音を立てて登場。
Dc122703
ともにコーヒー付きで、580円、安い!

すずらん亭(こちら)、汁なし坦々麺、580円。
Dc123001
よく掻き混ぜて食べましょう。
Dc123002
スカッと山椒、旨い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

半世紀を映画から振り返る

Dc123010

招待券を貰ったので行きました。上と下、クリックで拡大。

Dc123011

時間があまりなかったので充分には見ることができませんでした。スチール写真がたくさんあり、映像も多少はあるのですが、ゆっくり見る環境ではありません。会場内は撮影禁止ですが、一カ所だけ、くるま菓子舗の居間を再現した所だけが記念撮影ポイントになっていました。

Dc123003

左側に廻って中を見ると・・・

Dc123009

寅さんの鞄・・・

Dc123005

座卓の上・・・

Dc123006

ここも正月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

塩菜っ子

Dc122910

本日の夕食のサラダ、中央の野菜・・・

Dc122912

一般的には、アイスプラント、というようです。アップにすると・・・

Dc122911

水滴が付いているように見えるのは、塩を隔離するための細胞、だそうです。つまり、この細胞の中には塩があります。見た目から想像できる、プチプチという食感、そして塩味、面白い野菜です。元々は塩害対策のための植物として栽培されていたものが、食用になりました。南アフリカ原産、日本では色々な所で様々な名前で作られているようです。これは庄原産直市(安佐南区八木五丁目4ー5)で購入。そういえば、先日の話食家和のサラダにも入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

ベーカリー「ピース」

Dc120536

南区段原四丁目15-5。米粉パン専門店。

Dc120538

広くはない店内に、色々なパン。

Dc120539

若い夫婦(?)がやっているようにみえました。

Dc120541
ピース食パン、280円。
Dc120542

Dc120544
エンペラーミルク、230円。
Dc120545

Dc120546
クリームパン、120円。
Dc120548

Dc121919
マーブルブレッド、280円。
Dc121921

Dc121922
紅茶メロンパン、160円。
Dc121923

Dc121924
ちっちゃな帽子パン、60円。
Dc121925
帽子パンの本家は高知(こちら)、最近広島でも流行っているのでしょうか。先日リュミエール(こちら)にもありました。

ちょっとお値段高め、でも、米粉独特のモチモチ感のある、美味しいパンです。とても判り難い所にありますが、探して訪れる価値はあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

ゴゼンシュひき抜き純米酒

Dc121706


岡山の勝山「辻本店」
搾り立ての新酒
義弟が送ってくれました
感謝です

新酒らしい硬さが
少しの渋さとともに
心地よい味わい

開栓後次第に
穏やかになって
酸味が際立ってきました

一升瓶は飲み応えがあります

Dc121701

Dc122701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

蕎麦和楽

Dc122608

中区八丁堀12-18、八丁堀交差点を北、一つ目の信号、京橋通り交差点をちょっと西へ行って南側。中心部なのに意外と通ることが少ない道で、このお店の存在に気付いたのはわりと最近のことです。というのは私にとってであり、このお店は結構昔からあるという雰囲気を持っています。

Dc122605

麦とろごはんの健康セット、920円、を頂きました。キリッと引き締まった蕎麦、濃くも薄くもないつゆが蕎麦を引き立てます。麦とろも薄味で、全体的に上品な感じ。そば湯がほぼ同時にでてきたのにはビックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

クリスマス@自宅

手作り、という言葉が至る所で使われ、どういう意味なのか判らないことがしばしばあります。我が家の手作りクリスマスは、うちの奥さんが作った料理を食べるパーティーです。

Dc122508

Dc122510

Dc122511

Dc122509
春巻き、ではありません。
Dc122514
中に入っているのは、チーズコロッケ。

Dc122515
サンタさんとトナカイさんが道に迷って遅刻しました。
Dc122518

日本の、宗教色の全くない、クリスマスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

シュトーレン@クリスマスイブ

Dc121315

今年もクリスマスにシュトーレン。

Dc122407

手作りパン工房エフェ(こちら)のものです。

Dc122410

そして、クリスマスといえば七面鳥、は手に入らないので・・・

Dc122405

日本のクリスマスのチキンを定着させたのは、KFCだそうです。ケンタッキーフライドチキン(Kentucky Fried Chicken)をKFCと書くのが新聞でも、特に見出しでは、普通になっていますが、どうなのでしょう。やたらアルファベット3文字が氾濫し困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

クリスマスイブ、のイブ@話食家和

話食家和(こちら)でパーティー。

Dc122305
野菜をたくさん、とお願いしました。
Dc122312
掻き混ぜて頂きます。

Dc122306
これも野菜、のスープ。

Dc122310
これまた野菜。一体何種類あったのでしょう。

Dc122308
料理名を忘れてしまいました。
Dc122311_2
パンは上の料理に浸して。

Dc122313
これも料理名忘却、里芋とネギのパエリア。
ピーナツを潰して・・・という説明の一部分だけが記憶に。

Dc122319
豪華なメインディッシュ、中央はブドウの入ったソース、右、フォアグラ。

Dc122321

日本酒を飲みながら、美味しく頂きました。
が、今見ていると、ワインの方がよかったのでは、という気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

たこパティエ

Dc122205

大阪土産に貰いました。何とも変な名前のお菓子です。

Dc122217

たこ焼きと洋菓子の融合、でしょうか。合いそうにないものが、それぞれを主張しながら一つになっています。青海苔とソースがいい感じです。詳細は下、クリックで大きくなります。

Dc122203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

蕎麦きり「吟」

Dc122107

初めての店なので、「せいろ」を食べるつもりだったのですが、メニューに、「ゆずきり/限定10食/900円」、というポップが貼ってあるのを見て、今日は冬至だということを思い出し、気が変わりました。

Dc122106

柚の風味がさわやかな蕎麦、鰹の香るつゆと好相性です。

Dc122105

後で聞くと、限定とは、今日一日限定、とのこと、貴重な日に巡り会ったものです。ほかの蕎麦もきっと美味しいに違いありません。近いうちに「せいろ」を食べに行こうと思います。

南区段原一丁目7-18。
段原二丁目交差点を西、二筋目の細い道を北へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

牡蠣丼@ごはんや

Dc122009

南区民文化センターでお勉強、昼過ぎに終わって外に出ると、隣の広島産業会館(南区比治山本町12-18)に、ごはんや、の看板、お腹が空いていたので行くことにしました。

Dc122006

惣菜、麺類、ご飯物、スープ、デザート、ドリンク、などが実にたくさんあり、選ぶのに困るほどです。悩んでいると・・・

Dc122003

これ、一番高いぐらいです。

Dc122001

あまり期待していなかった(失礼)のですが、なかなかに美味しい丼でした。牡蠣はもちろん、御飯も丼にあった炊き具合です。また行く機会があったら、美味しそうな総菜がいろいろあったので挑戦しようと思います。

調べてみると、広島空港にもお店があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

月あかり

Dc121917

中区大手町一丁目8-9、本通りの平和公園寄り、南側。右の細い路地を入ると・・・

Dc121914

左手前、玄関。その向こう、濡れ縁が見えている所、囲炉裏席。突き当たりにちょっと見えている所、テーブル席。

Dc121901

囲炉裏席。

Dc121902

テーブル席。ここから玄関・入口の方を見ると・・・

Dc121903

二階には座敷があるようです。

Dc121907

あなごめし、1280円。美味しい食べ方が書いてありました。「まずは御飯だけで、焼き穴子と一緒に、お好みの薬味と一緒に、出汁をかけてさらりと」。ふっくら柔らかい穴子、どういう食べ方をしても美味です。

Dc121909

奥さんが食べた、笹寿司~焼き穴子の蒸し寿司~、1000円。

Dc121913

なかなかいい雰囲気での、美味しいランチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

グテのパンたち(その12)

グテ(こちら)のパン、新作のような改作や、新作、など

Dc082539
見た目が全く変わった、ピザフランク、150円。
Dc082541

Dc082545
ウィンナーが露出した、ウィンナーバゲット、190円。
Dc082546

Dc101607
大丸が小丸二つに、イチジクとレモンのブリオッシュ、180円。
Dc101608

Dc101609
おいもフランス、150円、豪華に変化で値上げ。
Dc101610

Dc111206_2
切れ目が二筋に、ミルクが増え(?)値上げ、ミルクぼう、130円。
Dc111207

Dc112405
細長かったのが丸に、メープルクッキー、130円。
Dc112406

Dc112407_2
円盤から円柱へ、生チョコ、140円。
Dc112409

Dc120903_2
抹茶とキャラメル、130円。
Dc120904
シットリ、ケーキのようです。

Dc120905_2
ラムショコラ、130円。ラムが効いてます。
Dc120908

Dc120909
オニオングラタン、190円。
Dc120910

美味しくて、リーズナブルな価格、いいパン屋さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳川毬

南九州への旅、エピローグ4、ラスト。

Dc1124399

直径15センチぐらいの毬、柳川在住の叔母さん作、です。

Dc121806

ケースも、そして、小さな毬も頂きました。とても美しいものです。物凄い時間と労力がかかったと思います。感謝です。

柳川では、ひな壇の左右に「さげもん」というものを飾るそうです。「さげもん」とは、竹で作った丸い輪に、七個の飾りがぶら下げられたものを七つ付け、中央に大きな柳川毬が二個吊されたものです。周りに七つ付けられたものそれぞれの、七個ぶら下げられた飾りは、小さな柳川毬と布で作られた縁起のいい細工が交互になっています。7×7で49、人生50年の時代、男より一歩下がって49年、とはいえ娘を思う親心、ちょっとでも長生きできればと、中央の大玉2、で51、という意味だそうです。言葉で表現するのは難しいので、どんなものか興味のある方は、ググって、映像を見て下さい。

Dc1124396

これも叔母さんの作。大きくて豪華な柳川毬は置き場所に悩んだのですが、この松ぼっくりにはピッタリの場所がありました。

Dc1124397

もう一つ、叔母さんに教えて貰ったマフラー。

Dc121001

右中央あたりの切り込みが見えるでしょうか。

Dc121106

この様に使います。

以下私信。
叔母さん、お世話になりました。
叔父さん、お会いできず残念でした。
またお会いできる日を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

FêTE (ふぇっと)

Dc121722

FêTE (ふぇっと)、はフランス語で「祭り」、「祝日」といった意味。

Dc121721

スペシャルフレンチセットA、998円、を頂きました。

Dc121710_2
コンソメスープ。

Dc121711
季節の前菜二品とサラダ。

Dc121717
はんばあぐルイ14世―マッシュルーム入りのホワイトソース。

やわらかふわふわ、です。ハンバーグは数種類から選びます。

奥さんが選んだ、はんばあぐ和風。
Dc121714
大根おろしと柚子風味のさっぱりソース。

Dc121715
ライスのかわりにパンが選べます。

Dc121718
デザートは、アイスクリーム、か、ドリンク。
Dc121719

お値段の割には、充実したランチでした。

安佐南区安東一丁目5-12、アストラムライン毘沙門台駅と安東駅の真ん中ぐらい、北側。森の助というお好み焼き屋があった所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本吉屋

南九州への旅、エピローグ3。

Dc1124395

福岡県の柳川に行きました。うなぎのせいろ蒸しが有名です。十数軒お店があり、有名なお店の一つがこの本吉屋。天和元(1681)年創業、ということは、五代将軍綱吉の時代になります。

Dc1124390

せいろ蒸し、3200円。

Dc1124387_2

柳川の鰻はフワッとして、実に美味です。鰻はちょっとという人(うちの奥さん)でも美味しく食べることが出来るほど、うまく調理してあります。

福岡県柳川市旭町69。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

サンフレッチェのパン

今年の素晴らしい出来事、サンフレッチェの優勝。今日、平和大通りでパレードがあり、六万人以上が集まったそうです。残念ながらいけませんでした。サンフレッチェのパンというものを発見しました。早速購入。

Dc121502
サンフレッチェ紅芋あんぱん、サンフレッチェ色です。
Dc121503

Dc121504
サンフレッチェツイスト、三本の矢をイメージしたそうです。
Dc121505

鷹野橋のルーエぶらじる(こちら)の作です。ともに160円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷹の庄

南九州への旅、エピローグ2。

阿蘇で泊まった宿は、あその旅宿鷹の庄。今年のお正月に泊まった、菊池渓谷温泉岩蔵(こちら)の姉妹館です。なので、作りが似ています。違うところは、岩藏が渓谷の川沿い、に対して、鷹の庄が阿蘇山の麓、というところでしょうか。下の写真(クリックで拡大)はパンフレットなどに載っているものです。

Dc120605

中央奧、小さいですが、ギザギザの根子岳が見えています。しかし、これは高い所(多分手前に写っている本館の屋根の上)から撮ったもので、普通に見ると、根子岳は、その手前にある木々が邪魔をして、見えません。宿泊するのは、離れです。一の庄から十の庄と名づけられた十棟があります。

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉 へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

手作りパン工房 efe (エフェ)

Dc112908

南区東雲二丁目1-18。2号線東雲本町交差点から北に500M位かな、細かい説明は無理、iPhoneのマップや車のナビは連れて行ってくれます。狭い道が多く、一方通行もあるので、注意が必要です。

Dc112909

広くはない店内に、いろいろなパンがあります。が、午後2時頃行って、売り切れ閉店ということがありました、早めに行った方がいいでしょう。

Dc112912
宇治抹茶ブレッド、230円。
Dc112913

Dc112915
メイプルブレッド、230円。
Dc112916

Dc121307
チョコブレッド、230円。
Dc121308

今まで食べたこの形のパンで一番美味。フワッとしてます。

Dc121311
北海道粒あんぱん、120円。
Dc121312

Dc121310
鴨パストラミのフランスパン、180円。
Dc121402
パストラミ、とは肉を香辛料で調味し、燻製にしたもの。

Dc112919
フィグ・オランジュ、240円。
Dc112920

美味しそうなパンがまだたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇へ

南九州への旅、エピローグ1。

昼食後、一緒に旅行をした友人夫妻を鹿児島空港へ送り、南九州への旅は終了。我が家は翌日用があるので、もう一泊、阿蘇へと向かいます。

えびのPAで休息。

Dc1124281
国道221号のループ橋が見えます。北にもう一つあるようです。

南の方には、えびの高原。(ここから下の写真はクリックで拡大)
Dc1124284
左奥が韓国岳、色んな方向から見て親しみが湧いてきました。
Dc1124282

阿蘇到着は夕方、夕日に輝く山が綺麗でした。

Dc1124286

近すぎて、全体の写真が撮れませんでした。

Dc1124287

外輪山から見るより迫力があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

紀州産南高梅「梅瑞祥」

Dc121404

和歌山県の、
紀州体験物語
という会社の製品、
梅瑞祥。
(うめずいしょう)

塩分や苦みを抑え、
梅の風味は残し、
上品まろやか。

桐の箱に入った
かなりの高級品
だと思います。

頂き物です。
I さん、有り難う御座います。Dc121409
この巨大さ! 見ているだけで生唾が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くろずレストラン「壺畑」

南九州への旅、その13。

Dc1124279

太陽の光を浴びながら、壺の中で一年以上の時間をかけて発酵・熟成する黒酢。この眺めは壮観です。紹介のパンフなどには、壺畑の向こうに桜島が見えていますが、その光景が見える場所までは行けませんでした。この壺畑に隣接する建物の二階に、レストランがあります。

Dc1124275

そこから見ると、遥か向こうまで壺が並んでいます。右の方には桜島。

Dc1124272_2

黒酢を使った健康的な料理が提供されます。グラスには食前酢。

Dc1124273

黒豚の黒酢酢豚。1500円。珈琲以外には黒酢が使われています。

Dc1124277

Dc1124403_2


お土産に
ドレッシングを購入。

桷志田(かくいだ)は
黒酢の名前。

735円。
高いけれど
それに見合う
美味しさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

2012年12月のランチ(1)

既に記事に書いたお店でのランチ。

ひさし紙屋町店(こちら)、鍋焼らうめん、750円。
Dc120202
変わらず旨い。左上は、お昼のサービス、ヘリポン(?)。
Dc120201
チャーシューのヘリ、大根おろし、ポン酢、でヘリポン。
結構量があり、お値打ち。普通に頼むと100円。

のんき亭(こちら)、にぎり定食、1000円。
Dc120502
寿司、ナカナカです。細いうどん、量が多い。コスパ、微妙。
Dc120501
うどんの量を減らし、寿司を一二貫増やす、といいのでは。

かんかん亭(こちら)、広島屋台風しょうゆラーメン、550円。
Dc120913
麺を豚骨用の細麺にして貰いました。ウンマイです。

ピザハット(こちら)、先月パスした「ハットの日!」、今月復活。
Dc121108
ベーコンマッシュルーム(L)、2600円、ソーセージクラスト+200円。
Dc121110
バジルトマト(M)
、1900円、チーズクラスト+200円。
合計4900円がハットの日半額、2450円。美味しく頂きました。

博多一風堂広島袋町店(こちら)、白丸元味。
Dc121302
久し振り、というか、開店後に行って以来二回目、だと思う。
1時半ごろで、そこそこ混んでいました。まだ人気があるようです。
680円だったと思うのですが、初回の時は750円と書いている。
どちらかが間違い、或いは、値下げ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜島

南九州への旅、その12。

今回の旅行、桜島をほぼ一周しました。残念ながら、桜島がくっきりハッキリ見えるところが殆どありませんでした。

Dc1124142
霧島から知覧に行く途中、指宿スカイラインの須々原展望台から。

Dc1124248
翌日、指宿から北上している時。

Dc1124252

船で桜島へ。このフェリー、車をのせるフロアーが二つあり、乗る時点で上下に分かれます。料金は着払い、とてもスムーズです。

Dc1124255
船の上からの桜島。

Dc1124256

乗船時間15分ぐらい。降りる時も当然上下別々、高速道路の料金所のようなところで支払い。こちらもスムーズです。5M未満1480円、人一人150円。365日24時間運行、朝夕は1時間6便。一日80便以上ありそうです。本来観光用ではなく、地元の人たちの日常生活用、そして、いざという時のための備えでもあるのでしょう。

Dc1124259
渡ってすぐの、道の駅桜島、で頂きました。
Dc1124258

次に目指すは、有村溶岩展望所。噴煙は見えていたのですが、東に行くほどに空が曇ってきます。到着した時はあまり景色が見えない状態だったのですが、兎も角降りてみようと ・・・・・ 後部座席の友人が外に出て「ギャ!」と行って車の中へ。その時私も半分体を車外に出していましたが、手にバラバラという感触。細かい粒が降っているのです。よくよく外を見ると、雨のようにかなりたくさん落ちています。ビックリしました。そしてある意味、貴重な体験でした。いまだに細かい粒がバラバラと手にあたる感覚が残っています。お土産物屋は普通に開いていましたが、これ位は普通なのでしょうか。

Dc1124262
東側から噴火口。

Dc1124263
道の駅たるみず、から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

リュミエール

Dc102609

安佐南区東原三丁目、34-9。
アストラムライン西原駅南の交差点を東へ、古川を渡ってすぐ北側。

Dc120307
パン・ド・ミ、三枚110円。
Dc120512

Dc102801
くるみパン、260円。
Dc102802

Dc120305
チョコスティック、150円。
Dc120306

Dc120301
クレセント、60円。
Dc120303

Dc102803
ぼうしパン、80円。
Dc102804
帽子パンの本家、高知のもの(こちら)より鍔が小さいですね。

*****

リュミエールのパンたち
リュミエールのパンたち(その2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指宿温泉

南九州への旅、その11。

二泊目は、指宿ロイヤルホテル、です。

指宿温泉といえば、砂むし。宿が案内してくれる、天然砂むし温泉砂楽、へ行きました。写真を撮って貰ったのですが、砂の中にタオルを巻いた顔だけが並んでいるという、全く絵にならないものです。砂むしは初体験でしたが、なかなか気持ちのいいものでした。ただ、思ったほど熱くなく、さほど汗もかきません。砂を掘るほどに熱くなるそうですが、まあこれ位がいいのかもしれません。

夕食です。下の写真、クリックで大きくなります。

Dc1124219
右上、三段引き出しの中身:
Dc1124226
その左、いぶすきのたまて箱、の中身:
Dc1124224

別のテーブルに、鰹のタタキ、食べ放題。
Dc1124221

その他、後から出された料理:

Dc1124229
「豚骨」。骨(軟骨)まで美味しく頂けます。

Dc1124231

Dc1124232
上の二段重ね、デザート。
Dc1124235

露天風呂は海が見え開放感いっぱい。

Dc1124241

明けていく空を見ながらのお風呂は最高でした。

Dc1124245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

今朝しぼり2012純米吟醸

Dc121109 

 

岡山県鴨方町、
丸本酒造(こちら

今年も
今朝しぼり
を購入

昨日朝搾ったものが
今日は我が家へ
有り難い時代です

素敵な吟醸香
ほんのり甘い
フルーティな味わい
極上のお酒です

Dc121105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知覧特攻平和会館

南九州への旅、その10。

Dc1124202

実は二回目の訪問です。しかし、全部を見ることは、たとえあと何回か訪れても、不可能でしょう。今回はちょうど語り部の話が始まるところだったので、聴きました。30分ほどですが、実にうまくまとまった内容で、大いに心を動かされました。事実の説明、感動的なエピソードの紹介、得られる教訓、など控え目で丁寧な語り口です。館内は写真撮影禁止、なので建物の写真しかありません。昭和天皇の玉音放送の原稿がありました。初めて全部を読みました。コレは何だったのでしょうか。再読の必要あるか。

特攻の母、鳥濱トメ、の富屋食堂に行ってみました。

Dc1124211

ほたる館という資料館として復元されたそうです。

Dc1124212

隣には、彼女が作った富屋旅館があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

きりたんぽ

Dc120911

きりたんぽセットを頂きました。

Dc120912

舞茸、ネギ、焼麩、セリ、糸蒟蒻、牛蒡、鶏肉、きりたんぽ、スープ。
他に何もいらない、至れり尽くせりのセットです。

Dc121006

スープは濃いめ、きりたんぽ自体も塩が強く、これが北国の味?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬菜茶屋「和」

南九州への旅、その9。

Dc1124191

昼食は武家屋敷近くの和(なごみ)という店、南九州市知覧町郡79。

Dc1124196

古民家を改装した趣のある建物です。

Dc1124193

日替わりの旬菜ランチ、780円。左上、豚肉を餃子の皮のように使った面白い主菜、右中のお皿の右端、お茶の佃煮、左下、お茶ご飯。さすが知覧、お茶を使った美味しい料理でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

ケーク・オ・ブール

Dc120209

cake au beurre バターケーキという意味のフランス語のようです。箱を開けると、バターのように銀紙に包んであります。その銀紙の中は、真っ白でホントにバターのようでした。写真を撮るのを諦め、カットしてお皿へ。

Dc120210

見事にバターだらけ、スポンジの間にあるのは、牛乳を煮詰めたキャラメルクリーム。見かけほど濃厚ではなく、昔食べたことのあるような味です。

シルシルミシルさんデー、というテレビ番組で取り上げられたそうです。そうなると、これまでその存在すら知らなかったのに、食べたくなる我が家、早速娘に買ってきて貰いました。1365円。広島の名店、バッケンモーツアルトが砂谷牛乳を使って作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知覧の庭園

南九州への旅、その8。

知覧麓の武家屋敷群は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、そこにある7つの庭園が国の名勝に指定されています。

Dc1124145
東の方の入口、きれいな川を渡って見学コースに入ります。
Dc1124146

Dc1124147
森重堅庭園、ここのみ池泉式、他は全て枯山水式です。
Dc1124148

Dc1124157
佐多直忠庭園、門を入ると切石の目隠し。
Dc1124161
他の多くの庭園と同様、母ヶ岳を借景としています。

Dc1124162
佐多民子庭園。
Dc1124164
石がたくさんありました。

Dc1124170
佐多美舟庭園。
Dc1124169
広くて豪華。

Dc1124175
平山亮一庭園。
Dc1124177
サツキが咲いたらさぞ綺麗なことでしょう。

Dc1124183
平山克己庭園。
Dc1124182
ここの借景が一番でした。

Dc1124187
西郷恵一郎庭園。門の所に猫。
Dc1124188
縁側にも、置物のような猫。
Dc1124186

約700M、1時間ちょっとのノンビリとした散歩でした。

Dc1124179

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

グテのパンたち(その11)

既に10回記事を書いているのに、
まだある食べたことのない、グテ(
こちら)のパン。

Dc091901
ブドウとハニーベリー、360円。
Dc091902

Dc092505
野菜のフレンチトースト、140円。
Dc092506

Dc092507
クロックムッシュ、100円。
Dc092508

Dc092512
栗ゴマきな粉、160円。
Dc092513

Dc092514
フレンチあんパン、200円。
Dc092519

Dc092907
渋栗モンブラン、200円。
Dc092908

Dc102305
おいもショコラ、200円。
Dc102306

Dc101603
クルミとリンゴ、140円。
Dc101604

Dc112401
スモーク明太、190円。
Dc112402

Dc100201
ブドウとオレンジ、330円。
Dc100203
最近この様なパンをよく食べます。

まだまだ続くか、グテのパン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧島神宮

南九州への旅、その7。

Dc1124130

霧島神宮はニニギノミコトを主祭神とする由緒正しい神社です。

Dc1124131

三の鳥居、右にさざれ石があります。

Dc1124132

一番手前に見えるのが唐破風の勅使殿。奧の方へ、登廊下、拝殿、幣殿、本殿、と重要文化財が続きます。残念ながら公開されていません。

Dc1124135

社務所辺りに戻ると、神官が出てきて水で身を清め整列しています。

Dc1124137

毎月19日10時から行われる、月次祭(つきなみさい)、御神恩に感謝し、御神徳の昴揚、皇室の弥栄、人々の幸福、社会の繁栄、などを祈るもの、一般の参加も可能だそうです。

Dc1124138

偶々、厳かな瞬間に触れることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

純米吟醸酒「うごのつき」

Dc120515


私が
日本酒を好む
きっかけとなった
銘柄のひとつです

雨後の月というお酒は
年に二三本飲みますが
最近
華やかさというよりは
控え目な旨味が感じられる
落ち着いたお酒だと
思うようになりました

Dc120601

Dc120602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらさくら温泉

南九州への旅、その6。

一泊目は霧島温泉、狙っていた宿の予約が取れませんでした。で、

Dc120701

この宿は泥湯で有名です。しかし、源泉が離れた所にあるので、送るためのパイプが詰まらないよう泥を取り除く必要があります。その泥は別便で運び、パックをするのに使います。下の写真、宿の宣伝に使われているものです。このように顔はもちろん、体に塗っても効果があるそうですが、乾くまで外で待たなければいけません。寒い季節は大変です。

Dc120701_3

宿の詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉 へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

おいしいパン屋さん「じゅりあん」

Dc103011

佐伯区美の里一丁目4-21、宮島街道(国道2号線)、西隅の浜交差点(トヨタカローラ・ツタヤがある所)を東へ、ちょっと行って南側。

Dc103009

あまり広くない店内に、色々なパンがあります。

Dc103016
食パン半斤、125円。
Dc110109

Dc103019
切り株パン(1/4)、157円。
Dc110102
名前は様々ですが、最近この様な形のパンが増えました。

Dc103018
りんごの蒸しパン、126円。
Dc110104
これは、パンというよりは、ケーキです。

Dc102814
クロワッサンラスク。頂き物で値段不明。
Dc103013
色んなラスクがありますね。これ、美味しくない訳がありません。

どれも美味しいパンでした。又買いに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧島連山

南九州への旅、その5。

Dc112472

上、えびの高原にあった掲示、クリックで大きくなります。霧島山は、単独の山ではなく、この辺りの火山群の総称です。個々の山岳はそれぞれ個別の名称で呼ばれます。韓国(からくに)岳はその最高峰です。

Dc112469

登りたいと思いましたが、往復3時間以上かかるそうです。

Dc112473

横にある硫黄岳の下までいってみました。

Dc112476

見た目も匂いも硫黄です。

Dc112471

霧島連山の一つ、新燃(しんもえ)岳の噴火はまだ完全には収まっていないようで、その方面への登山は規制中でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

中華料理「一味」

Dc120517

1994年に出されたラーメン本のトップを飾っているお店。脱サラして屋台から始め三年、1979年にこのお店を開店。ラーメンが中心で人気はありますが、中華料理屋で豊富なメニューを誇ります。久し振りの訪問です。

Dc120522

ラーメンセット、787円。オーソドックスな広島ラーメンです。麺、スープ、具材、それぞれが美味しく、しかし、どれかが突出することなく、うまく一つになっています。炒飯は油少なめです。

中区千田町三丁目10-4、広電本社前電停と御幸橋電停の真ん中ぐらい、電車のレストラン(トランベール・エクスプレス)があるマダムジョイ千田店の向かい。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球磨川下り

南九州への旅、その4。

Dc112451

人吉に来たらこれをやらない訳にはいきません。しかし、残念なことに、11月~3月は急流コースが運休してます。水量が減るためだそうです。で、清流コースに乗りました。人吉城址の川向かいが出発地点です。

Dc112450

相良藩船番所の木札が見えます。相良氏が鎌倉時代から江戸時代を通じて人吉の領主だったそうです。

Dc112454

一人2835円、車を到着地点まで回すのに2500円必要です。お酒の入った団体さんもいて、四艘連なって賑やかに出発しました。

Dc112459

先頭の船にはガイドさんが乗っています。テープの場合もあるそうですが、この回は生で、臨機応変な解説、そして張りのある声で地元の歌を聴かせてくれました。また、この船に乗っていた女性に民謡の上手い人がいて、二・三曲歌っていました。歌を聴きながらの川下り、ノンビリしたいい時間です。ただ、数カ所水飛沫のかかる所がありました。

Dc112464

一時間半ほどのゆったりとした旅、到着するとちょうどSL人吉が通りました(ちょっと見えにくいのですが、奧の球磨川第二橋梁上です)。ここが急流コースの出発点、機会があったら乗りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月 4日 (火)

無濾過生酒「天の戸」天辛

Dc111310


大正6(1917)年創業
秋田県の浅舞酒造

辛口のお酒が
得意のようです

開栓直後は成る程
相当の辛口でした

次第に穏やかになり
旨味も感じるように
個性が消滅とも言える

下のラベル
クリックで拡大

Dc120401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人吉城址

南九州への旅、その3。

Dc112440

人吉城址はほぼ石垣しかありません。坂を登ってみます。

Dc112441

なかなかに素晴らしい石垣です。

Dc112447

三の丸から二の丸の石垣。相当な広さがあります。

Dc112442

結構高い所なので、人吉市内・球磨川がよく見えます。

Dc112455

球磨川からみた景色。

Dc112456

昔は立派なお城だったと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

らーめん一優

Dc120314

中区河原町3-14、舟入町電停から二筋北、東へ入りすぐ北側。
この六月まで五日市にあり、一度目指したのですが、住所を間違えてたどり着けず、再挑戦前に移転してしまいました。やっと本日リベンジです。

Dc120312

しょうゆとんこつラーメン、650円。醤油も豚骨も、強からず弱からず、部厚いチャーシューも程よい柔らかさ、麺も私好みの少しボソッとした感じ、モヤシまで旨い、見事な一杯です。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松龍軒

南九州への旅、その2。

Dc112434

人吉独特の食べ物が判らず、本に載っていたお店へ、テレビに出たりして結構有名みたいです。焼き餃子の専門店、飲み物を除いて、本当に餃子しかありません。ビールを飲めない運転手としてはちょっとつらい。

Dc112435

一人前9個、360円。これは4人前、二人でペロッ、まだいけそう。

Dc112437

しつこいようですが、たとえ美味しくても餃子だけでは寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

尾道らーめん「三公」

Dc120213

南区松原町二丁目37-2、広島駅ビルASSE(アッセ)の二階、東奧。

Dc120215

尾道らーめん、580円。何故写真に割り箸が写っているのか、ラーメンを持ってきた店員が、私の目の前にある箸入れから出してくれたのです。こんなことをして貰ったのは初めて、一層美味しく感じました。それは兎も角、スープは醤油も濃くなく、魚介も強くなく、全体として穏やかな味わいです。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青井阿蘇神社

南九州への旅、その1。

Dc112411

第一目的地、熊本県人吉市へ。青井阿蘇神社は古い歴史を持ち、その起源は九世紀初めまで遡ることが出来るそうです。

Dc112414

楼門。駐車場も境内も人が多いと思ったら、七五三でした。

Dc112420

また、菊祭りも開催されていて、こんな記念撮影場所が・・・

Dc112433

この楼門を含め五棟が国宝になっています。

Dc112421

手前から、拝殿、幣殿、廊、本殿、逆方向から見ると・・・

Dc112427

なかなか立派な神社でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

久留米ラーメン「魁龍」小倉本店

南九州への旅、プロローグ。

Dc112408

二週間前のことです。まず、北九州でラーメン。久留米ラーメンなのに小倉が本店、父親が久留米でやっていた屋台が源流とのこと。今は、小倉にもう一店舗、博多にも一店舗(ここへはかなり前ですが行きました)。

Dc112403

どトンコツ、という通り、ドロドロ、ギトギト、ザラザラ、広島の八戒(こちら)を凌駕しています。匂いも強烈ですが、世間で嫌われる豚骨臭は八戒の方が強いような、雨の日だったせいかもしれません。でも、兎も角、旨い、というか私の好み。因みに、私の奥さんは完食できませんでした。

Dc112406

北九州市小倉北区東篠崎二丁目1-6。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »