« 知覧の庭園 | トップページ | 旬菜茶屋「和」 »

2012年12月 9日 (日)

ケーク・オ・ブール

Dc120209

cake au beurre バターケーキという意味のフランス語のようです。箱を開けると、バターのように銀紙に包んであります。その銀紙の中は、真っ白でホントにバターのようでした。写真を撮るのを諦め、カットしてお皿へ。

Dc120210

見事にバターだらけ、スポンジの間にあるのは、牛乳を煮詰めたキャラメルクリーム。見かけほど濃厚ではなく、昔食べたことのあるような味です。

シルシルミシルさんデー、というテレビ番組で取り上げられたそうです。そうなると、これまでその存在すら知らなかったのに、食べたくなる我が家、早速娘に買ってきて貰いました。1365円。広島の名店、バッケンモーツアルトが砂谷牛乳を使って作りました。

|

« 知覧の庭園 | トップページ | 旬菜茶屋「和」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/48146730

この記事へのトラックバック一覧です: ケーク・オ・ブール:

« 知覧の庭園 | トップページ | 旬菜茶屋「和」 »