« 無濾過生酒「天の戸」天辛 | トップページ | 中華料理「一味」 »

2012年12月 5日 (水)

球磨川下り

南九州への旅、その4。

Dc112451

人吉に来たらこれをやらない訳にはいきません。しかし、残念なことに、11月~3月は急流コースが運休してます。水量が減るためだそうです。で、清流コースに乗りました。人吉城址の川向かいが出発地点です。

Dc112450

相良藩船番所の木札が見えます。相良氏が鎌倉時代から江戸時代を通じて人吉の領主だったそうです。

Dc112454

一人2835円、車を到着地点まで回すのに2500円必要です。お酒の入った団体さんもいて、四艘連なって賑やかに出発しました。

Dc112459

先頭の船にはガイドさんが乗っています。テープの場合もあるそうですが、この回は生で、臨機応変な解説、そして張りのある声で地元の歌を聴かせてくれました。また、この船に乗っていた女性に民謡の上手い人がいて、二・三曲歌っていました。歌を聴きながらの川下り、ノンビリしたいい時間です。ただ、数カ所水飛沫のかかる所がありました。

Dc112464

一時間半ほどのゆったりとした旅、到着するとちょうどSL人吉が通りました(ちょっと見えにくいのですが、奧の球磨川第二橋梁上です)。ここが急流コースの出発点、機会があったら乗りたいと思います。

|

« 無濾過生酒「天の戸」天辛 | トップページ | 中華料理「一味」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 球磨川下り:

» こたつで暖、球磨焼酎を満喫 球磨川初下り [ローカルニュースの旅]
人吉球磨の新春の風物詩である、球磨川下りの「初下り」が1日あり、県内外から訪れた20人がこたつ舟で約1時間半の船旅を楽しんだ。球磨川下りは3、4日は午前10時半の出発のみ、5日から通常運航する。こたつ舟の運航は2月末まで。約10キロの急流コースは4月1日から始まる。... [続きを読む]

受信: 2013年1月 3日 (木) 19時19分

« 無濾過生酒「天の戸」天辛 | トップページ | 中華料理「一味」 »