« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

2013年7月のランチ

既に記事に書いたお店でのランチ。

実に久し振りの、「明明」(こちら)、涼麺、530円。
Dc071022
冷麺を食べようと思ったのに、今年はやっていないとのこと、残念。
上にかけてあるものは温かいのですが、麺がキンキンに冷やしてあるので、冷麺を食べているような感じ、サッパリ頂けます。

ここも又久し振り、麺屋一(こちら)、塩らー麺、630円。
Dc071103
ニンニクか効いて、旨いです。

これ又お久し振り、天下一品(こちら)、冷しラーメン、750円。
Dc071407
旨くまとめてあります。サービスのゆで卵も頂きました。

早速再訪、佐竹家(こちら)、冷やし中華、750円。
Dc071802
これ2玉、料金変わらず。酸味がきいたタレ、何より麺が旨い。

米希[しゃりき](こちら)、寿司ランチ、700円。
Dc071813
寿司も旨かったが、お吸い物もなかなかです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

長串山公園

九州北部への旅、その10。

Dc0605120

長串山(なぐしやま)公園へ、ツツジの名所だそうです。

Dc0605118

九十九島八景(最近佐世保市に認定されたビュースポット)の一つ、北九十九島や平戸島が見えます。

Dc0605119

映画「あなたへ」のロケも行われたそうです。

Dc0605122

曇り空がちょっと残念でしたが、雨上がりで緑がキレイでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

モンタニャール

Dc071803

ウォッシュチーズです。

Dc071807

独特の香りがあまりせず、この点では物足りないのですが、味わいは濃厚、柔らかくて口の中でとろけます。

Dc071811

フランス農水省の金賞を取った、ボングラン社の製品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

もりとう食堂

九州北部への旅、その9。

Dc0605112

平戸城の下にある観光協会で紹介して貰いました。キレイとは言えない所ですが、有名人のサインや写真が掲示してありました。

Dc0605114

平戸ちゃんぽん、650円。特徴は唐灰汁(とうあく)[鹹水(かんすい)の一種]を使った麺と鶏がら(又は豚骨)とあご出汁ベースのスープだそうです。麺がちょっと柔らかいように感じました。

因みに、昨日の記事の「だし道楽」、この辺りのあごを使っています。

***** オマケ

Dc0605117

幸橋。長崎には石橋が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

だし道楽

Dc041705

以前、広島市内に、だし道楽という、うどん屋がありました。行こうと思っていたのですが、いつの間にか閉店。そこで使っていた、そして、販売もしていた出汁が、簡単に買えるようになりました。

Dc041703

広島のど真ん中、立町電停の前、朝日会館があった所に出来たコインパーキングの一角です。去年の10月頃に設置されたと思います。以後、よく買っている人を見かけます。

Dc071508

焼あご(トビウオ)一匹と昆布が入っています。わが家では主に、冷や奴と素麺に使っています。650円。

Dc071501
クリックで拡大します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

平戸城

九州北部への旅、その8。

Dc0605116

平戸藩松浦氏の居城。この地に築城されたのは1599年、1613年には自ら焼却、幕府に恭順の意を表す為ともいわれている。1718年再築、明治になって廃城。現在のものは1962年に復元された。

Dc060595

この本丸だけでなく、櫓が幾つかあり、広範囲にわたっている。

Dc0605109

さらに、隣には亀岡神社があり、丘全体が公園です。

Dc0605102

本丸の上からは、ザビエル記念教会やその下のお寺が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

笑びもち

Dc042210

安無量庵については数年前に書きました(こちら)。
最近変化が見られるので再度。

Dc042213

まず表記が変わりました。わらび餅が、笑びもち!?

Dc042216
相変わらず、抜群の美味しさです。
Dc042217

Dc040913
黒ごま入り。
Dc040914

Dc042218
食べ茶もち、屋久島・自然栽培茶使用。お茶のわらび餅、です。
Dc042219

新製品を出し、進化しているようです。

安佐南区中筋一丁目3-4。
中筋一丁目交差点、焼肉大福、パチンコメデールの南。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

寺院と教会の見える風景

九州北部への旅、その7。

Dc060582

聖フランシスコ・ザビエル教会。この裏手から坂を下ると、瑞雲寺、光明寺、といったお寺があります。寺院と教会、平戸独特の調和でしょう。

Dc060587

平戸を代表する風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

満月農園のポテトチップス

Dc071101

organic farm 満月農園は廿日市市津田にあります。廿日市市市街から車で西へ30分程度だそうです。有機栽培のお米や野菜を作っています。ここで収穫したジャガイモが、静岡にある日本一小さい(であろう)工場でポテトチップスになります。掘りたて、切りたてをすぐに揚げる、だから美味しい。

Dc071105

森のべーぐる団(こちら)で購入したためか、ラベルがありません、で、探したら可愛かったので拝借、お許しを。

Dc072001

満月に向かっているロバ(満月農園にはロバがいるそうです)。

Dc071410

海塩しか使っていないので、ジャガイモのストレートな美味しさです。

Dc071411

お値段ちょっと高めで、145グラム、400円、でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

薄香

九州北部への旅、その6。

Dc060581

映画「あなたへ」、のロケ地、平戸島の薄香湾漁港です。訪れる予定ではなかったのですが、道を間違えたのと、近いということで寄ってみました。

Dc060580

映画を観た方はお判りでしょう。あの食堂です。実はこの家、普通の民家で、外観だけが食堂になっています。食堂内の場面は東京のセットで撮られたとか。その他、写真館や郵便局も実在しないそうです。最たるものは、絵はがきが風に舞う白い灯台がある岬、ここから近そうでしたが、平戸ではなく、長崎市の伊王島灯台、3時間ぐらいかかるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

雁木 another

Dc070815


山口県
八百新酒造

雁木の別バージョン

純米・無濾過・生原酒
精米歩合 80%
日本酒度 +8.0
酸度 2.3

この精米歩合でも
旨味が強く酸も程程
適度な辛口です

旨い

Dc071426

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

田平天主堂

九州北部への旅、その5。

Dc060568

平戸瀬戸をはさんで平戸島と対峙する丘陵地にあります。

Dc060567

瓦屋根が何とも言えません。国の重要文化財です。鉄川与助という頭領・建築家が設計・施工し、1918年に建立されました。彼は長崎県を中心に多くの教会堂建築を手掛けたそうです。

Dc060571

訪れた時ミサの最中でしたが、程なく終わり、掃除が始まりました。入っていいとのことで、美しい内部を見ることが出来、感動。写真もまあいいでしょう、という消極的許可(黙認)でしょうか。

Dc060573

荘厳、華麗。

Dc060574

ステンドグラスが鮮やかです。

Dc060575_2

外から見ると…

Dc060577

厳かで、心落ち着く雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

ロペズ

Dc071901

グァテマラ人のロペズさんが営むお好み焼き店。八昌で修行したとのこと、二黄卵を使っています。

Dc071905

野菜・肉・たまご、そば入り、680円、だったような。以前食べたことはあるのですが、こんなに大きかったか、押さえていたか、記憶のいい加減さを再認識しました。ロペズさんの愛想良さは相変わらずです。

Dc071906

西区楠木町一丁目7-13、横川駅から東へ300メートルちょっと、楠木町一丁目11番交差点を北へ、すぐ東側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

山暖簾の食事

九州北部への旅、その4。

山暖簾については去年書いてます。
さーたんの独り言[本家](
こちら)の、trip温泉、2012年5月へ。

今回、料理が進化していました。

Dc060904
クリックで拡大、去年はなかった料理長の名前が示されています。

Dc060541
前菜。

Dc060542
造り。醤油、ではなく、湯葉しょうゆ、で頂きます、美味。

Dc060544
無花果と夏野菜葛揚げ。

Dc060546
鱧。

Dc060548
巻いてあるもの、二品連続。

Dc060552
平戸牛。

Dc060555
湯葉真蒸(こんな漢字も使うのですね)。

Dc060557
デザート。

朝食です。クリックで拡大。
Dc060563_2

珈琲、器がいいですね。
Dc060565

総合的に見て、とてもいい宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

山暖簾の特別室

九州北部への旅、その3。

去年泊まった宿に今年も。今回は特別室。

Dc060559

入り口も立派です。

Dc060536

和室には特別感はありません。

Dc060538

これだけなら普通の部屋とほぼ同じですが、隣に寝室があるのです。

Dc060537

これで山暖簾会席を食べて、13650円、普通の部屋は、12600円。
空いていたらこちらでしょう。

山暖簾については去年書いてます。
さーたんの独り言[本家](
こちら)の、trip温泉、2012年5月へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

森のべーぐる団のベーグルたち

此の所はまっているベーグル屋さん、森のべーぐる団(こちら)。

Dc062913
かぼちゃ、230円。
Dc062918

Dc062920
キャロブ&ココナッツ、180円。
Dc062925

Dc062926
よもぎ、180円。
Dc062928

Dc062929
ローズマリー&ポテト、230円。
Dc062931

ベーグル以外も少しあります。
Dc062932
バゲット、230円。
Dc062933

Dc071412

Dc071413

まだまだ通いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

名護屋城

九州北部への旅、その2。

名護屋城は、秀吉が朝鮮侵略のために作ったものです。現在建物はありません。そもそも七年間ぐらいでその役割を終えました。

Dc060511

名護屋城博物館があります。「日本列島と朝鮮半島との交流史」を主題に掲げた展示は見応えのあるものです。友好関係を一時断絶させた文禄・慶長の役と、舞台となった特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」について、その歴史的位置づけを明らかにすることを主要な目的にしています。

Dc060514

博物館から城跡が見えます。

Dc060520

大手口、上が本丸跡。

Dc060516

博物館内にある、名護屋城・城下町復元模型。

Dc060518

大坂城に匹敵するぐらいのお城で、周りには120ぐらいの陣屋があり、20万ぐらいの人が居たそうです。

Dc060901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

らーめん・定食「佐竹家」

Dc071414

私が毎日通る所にあります。かなり昔は花屋でしたが、長い間放置されていました。少し前、売りに出され、工事が始まり、本日開店、明日までプレオープンで午前だけです。

Dc071420
らーめん、550円。自家製麺、私好みのあまり加水率の高くない麺、スープは見た目に反してアッサリ系、具も美味しく、○。

Dc071418
奥さんは、ざるめん、650円。ちょっと食べさせて貰いました、麺は同じ、付け汁は酸味が効いていて美味、三玉まで同じ値段!

近くにいい店が出来ました。地元に愛され、長く続くことを願っています。

安佐南区古市二丁目11-1、可部街道(国道183号線)古市交差点を北東へ、ショージトマトの二・三軒北、古市郵便局の四・五軒南。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

***

その他のメニュー、こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

マロンデニッシュ食パン

Dc063012

神戸北野ホテルの食の総合ブティック、イグレックプリュス(意味不明、何語なのか?)、のパンです。娘夫婦の神戸土産。

Dc070101

ほんのり栗の風味、適度な固さ、食べやすい美味しさ。

***

もう一つ、これも土産です。

Dc063019

懐かしい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

ココスのツインカレー

Dc071215

ココスに行くのは、以前のサンデーサンも含め、何回目でしょうか。ほとんど行かないのですが、生活範囲に数軒店舗があり、最近よく「ココスのツインカレー980円(税込み1029円)」という幟が目につきます。何度も見ていると、美味しそうに思えてきます。

Dc071212

左半分が、カキ・エビ・アサリが入ったシーフードカレー、右は、バターチキンカレー、タンドリーチキンが入っています。辛くはなく、すごく美味しいという訳でもありませんが、まあ美味しいカレーです。値段が高いような気もしますが、結構いいものが入っているのでこんなものでしょうか。

安佐北区可部南五丁目14-14、可部街道(国道54号線)安佐市民病院前交差点のちょっと北、東側。調べてみると、ココスは市内に10店舗、県内にはもう6店舗あるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

一蘭那の川店

九州北部への旅、その1。

Dc070803

この写真、2005年5月のものです。一蘭発祥の店なのですが、こんな感じでした。食券は外で購入、中もあの味集中システムではありません。でも、都合のいい立地で、周りに駐車場もあり、何度も行きました。

Dc060502

今回行ってみると、大変身しています(店の左側からの写真、昔の写真は右側から)。以前横の仕切りがなかった内部も一蘭スタイルに。

Dc060505

以前は二列あった席が長い一列だけに、席数が減ったのかどうかよく判りません。昔の、古くて素朴な佇まいもよかったと思うのですが。

Dc060503

このトイレットペーパーにはビックリ!

Dc060504

ラーメン、690円、だったような、広島より安い?

Dc060507

美味しく頂きました。

福岡市南区那の川二丁目2-10。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

2013年初サンフレッチェ

Dc071005

エディオンスタジアム、という名称になって初めて、つまり、今シーズン初めて、大型映像装置が壊れて初めて、です。車載型のもので凌いでいたのですが、Jリーグより勧告を受け、写真の仮設ものを設置、今日がお披露目のようでした。因みに、この野津田選手、知り合いの息子さんです。

Dc071023

小さくて判りにくいのですが、選手の方を向いて上だけ紫のユニフォームを着て、コートぎりぎりに立っている二人、湯崎広島県知事と松井広島市長です。始球式をしました。早く便利なところに専用スタジアムを作って。

試合は前半押されっぱなし、最後の5分で急に盛り上がり、寿人まず1点、これで10年連続二桁得点達成、そのパフォーマンス:

Dc071025

前半、2-0で終了。後半又押され続け、同点に。あと10分ぐらいで、またまた寿人、ハットトリックです。寿人退き野津田登場。途中出場のファン・ソッコがだめ押し、4-2の快勝でした。

それに引き替え、カープは・・・ ひどい試合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の恵屋

Dc071001

そごう広島店屋上のビアガーデンです。ビアガーデンは何年振り、いや、何十年ぶりかも、最後に行ったのが何時か記憶にありません。

Dc071017

ここには、フローズン生、があります。

Dc071003

一日100杯限定、3杯頂きました、満足!

Dc071015

店名通り、海の恵が色々あります。

Dc071016

この日は、マグロの解体ショー、がありました。

Dc071004

巨大です。

Dc071008

ショーなのでわざとユックリやるとのこと。

Dc071009

それでも、瞬く間に解体!

Dc071012

客は700人位居たそうですが、充分行き渡りました。

Dc071014

食って飲んで3000円、昨夜のことでした。今夜は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

西條鶴大地の風

Dc061347_3


先日の飲み会の
利き酒クイズでゲット

お米本来の香り
スッキリした味わい
多少甘みも

お値段手頃
日常飲むお酒
にピッタリ

広島のお酒
美味しいですね

Dc070401

Dc070402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

ミリア・アンコール

Dc070807

ミリア、はブルメリアという花の名前、アンコール、は都、クメール語(カンボジア語)です。ミリア・アンコールは、都の花、という意味のようです。

Dc070811

ミリア・セット、900円、を頂きました。サラダ、揚げ春巻き、右側の二品には鶏肉が入っていて、野菜もたくさん使われていています。スープに入っているのは大根です。手前右二つはちょっとピリッとします。

Dc070812

デザートは、懐かしの、タピオカ、ちょっとザラッとした食感でした。

Dc070809
クリックで大きくなります。

時々宇品に行くので、又他のものを食べに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

日欧工夫料理「ベル・エキップ」

Dc070706

先日ランチに(こちら)、美味しかったので昨夜ディナーへ。

Dc070707
店内はこんな感じ。
Dc070708

ディナーコース、3200円を頂きました。

Dc070710
前菜。中央、バゲットにのっているのはキムチ。

Dc070713
パスタ。和風ジュレがかかっています。

Dc070714
カルパッチョ。鯛が美味しい。

Dc070717
白身魚と貝。お汁も美味。

Dc070718
ハンバーグ。ミンチではなく、粗切り肉、食感抜群。

Dc070720
クリームブリュレ。ここのデザートは素晴らしい。

二人でボーナスを貰った娘夫婦のご招待、ゴッチャンです。
ビール、ワイン、ゆず酒、などを飲んで、満足の一夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

献上華&かたりべ

飛騨へ行きました、その18、ラスト。

色々お土産を買いました、代表的な美味しいもの。

Dc0522621
えんどう豆と和三盆で作られた落雁。
Dc052504
私、落雁をあまり好まないのですが、これは上質で美味。

Dc0522618
きな粉とはったい粉の生地に糖蜜を絡めたもの。
Dc052503
コレは美味しい! お値段もいいけれど。

*****

オマケです。

Dc0522634
どこにでもあるものですが、キクラゲと紫蘇の実の組み合わせ。
Dc060501
唐辛子が程よくきいて抜群の旨さ。

*****

旅行から一ヶ月半が過ぎてやっと終了。

近々、一ヶ月以上が過ぎた、新シリーズ開始(予定)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

Bali-A (本店)

Dc070510

バリエー可部店では食べたことがあります(こちら)。今日は本店に行ってみました。駐車場が空いていたのです。

Dc070503

そば・肉・玉子、680円、当然ながら、可部店とほぼ同じです。

Dc070509

トッピング色々。テーブルの中央、赤い容器のサンバルソース(インドネシアのピリ辛調味料)、美味です。ワゴンにも無料トッピング。

Dc070504

安佐北区可部南五丁目8-36、安佐市民病院の北側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

温泉寺

飛騨へ行きました、その17。

Dc0522573

湯乃島館の建つ山斜面、ちょっと下がったところにあるお寺です。前回(その16)の絵にも描かれています。この173段の階段を上がります。

Dc0522575

下呂温泉は10世紀に遡ります。13世紀、山の上にあった泉源は涸れたのですが、新たな泉源が河原に見つかりました。それを教えたのが白鷺だったという伝説があります。その白鷺が山の方に飛んで行き、松の枝にとまりました。そこは今このお寺のあるところ、薬師如来が鎮座していたそうです。

Dc0522577

本堂左手前、薬師如来が祀られています。

Dc0522576

薬師如来像の下から温泉が湧いています。左の掲示、湯掛薬師(一二六六年~)下呂の源泉を痛い部分にかけて御参り下さい(お湯かけやくし)。

早朝散歩、森の中を歩いているようでそう快でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

立ち喰い寿司「すし将軍」

Dc070309

中区三川町2-1、中央通り新天地交番前交差点南西。

廻らない寿司です。椅子のないカウンターがズラーと二十席ぐらい。

Dc070306

メガスペシャルランチ、880円。目の前で握ってくれます。
にぎり十二貫と、七種類のうちから希望の手巻きを一本。

Dc070308

味噌汁もついてます。お茶は回転寿司のようなセルフ。

Dc070305

味噌汁は、貝か海草のどちらか、海草をお願いしました。この海草、ヌルッとしてます。父の田舎(長崎県)の「カジメ」だ、と思って聞いたら、黒布(くろめ)とのこと、まあ、同じようなものでしょう。このお店は大分が本店で、そこでよく食べられているとのことでした。

調べてみると、回転寿司「寿司めいじん」を四十店舗近く展開している(株)めいじん、の新業態、立ち喰い寿司は広島が四店舗目のようです。果たして、この立ち喰い寿司、どうなるか。昼はいいけど、夜は座りたいような気がします。因みに、「寿司めいじん」は、ゆめタウン広島にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

湯之島館

飛騨へ行きました、その16。

下呂富士と呼ばれる山の中腹にある、昭和六年創業の宿。

Dc062801
この絵が立地をよく表しています。クリックで拡大。

五万坪の敷地、森の中に建っているという感じです。中に居ると全体像が判りません。国登録有形文化財の本館、我々が泊まった、新館の景山荘、他に、別館、深山荘などがあります。

Dc0522570
玄関です。

Dc0522572
玄関を入ると、本館、庭が雄大です。

Dc0522590
高い所にある景山荘から見ると、建物が色々見えます。どれがどれか判りませんが、尖った屋根はサンルームだと思います。このあたりは洋風になっていてクラブなどがあります。

本館に特別室が三つあり、七重八重の間に昭和天皇が、雲井の間に今上天皇が皇太子の時、宿泊したそうです。別館の特別室、春慶荘には司馬遼太郎が宿泊、「街道を行く」でも紹介されているとか。その他著名人が多数宿泊し、その写真がズラ~と飾ってありました。どの部屋にも泊まれますが、安くはありません、が、驚くほど高いという訳でもありません。

詳細は、さーたんの独り言[本家](こちら)の、trip温泉、へ。
写真、37枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

汁なし担担麺「武蔵坊」

Dc070104

これ、國松でしょ! いえ、違うのです。

Dc070108

この外観、そして、店名、さらに、提供するのは、汁なし担担麺、マッチしていません。中区富士見町5-12、並木通り入口交差点をじぞう通りへ南下、最初の交差点南東角。國松を経由して独立、なので、似てます。でも、容器まで同じにすることはないと思うのですが。

Dc070105

中辛です。「汁が無くなるまで混ぜて下さい」と言われました。國松よりもマイルド、かなり美味です。「甘みを持った野菜と国産鳥ガラを使用」との掲示。弟子が師匠を超えているかも。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »