« 大砲ラーメン | トップページ | 霧の森ようかん »

2013年8月 8日 (木)

吉野ヶ里

九州北部への旅、その14。

Dc0605211

吉野ヶ里へは何度か行きました。初めて行った時、何時のことか定かではありませんが、櫓が一つか二つあるだけで、ほとんど整備されていませんでした。今思うと、その頃の方が遺跡という雰囲気はあったような気がします。その後、国営の歴史公園になり、復元整備が進みました。

上の写真、南内郭、という、王たちが住んでいたところだそうです。そこの櫓に上がると全体がよく見えます。

Dc0605212

奧の方に建物がたくさん見えるところが、倉と市、交易の中心地と考えられています。南内郭内、手前のカラーコーンはいただけません。

Dc0605213

公園の敷地は広大です。

Dc0605214

遠くに高い建物が見えるところが、北内郭、ここでまつりごとが行われていたようで、その様子が人形で再現されています。

Dc0605215

さらに北へ行くと、北墳丘墓、があります。

Dc0605217

14基の甕棺が出土、王やそれに近い身分の人が埋葬されたようです。

季節のいい時に、たっぷり時間を取って、ユックリ歩き回ったらいいのでは、と思いました。

|

« 大砲ラーメン | トップページ | 霧の森ようかん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里:

« 大砲ラーメン | トップページ | 霧の森ようかん »