« Chinese Dining 夢 | トップページ | 深川珈琲 »

2013年11月14日 (木)

小石原焼と高取焼

九州へ、その10。

大分県日田市の北に小鹿田(おんた)焼という陶器があります。
最初の出会いは大学生の時でした。
友人から貰った花瓶を今も使っています。

Dc111402_2

飛び鉋、刷毛目、櫛描き、といった幾何学的な文様が特徴です。
10年ほど前、10軒窯元が残っている小鹿田に行きました。
鄙びた、趣のある、時流を超越した雰囲気でした。
その時買ったものの一つ、ぐい呑み、愛用しています。

Dc111404_2

昭和になって、柳宗悦が、戦後には、バーナード・リーチが紹介し、
日本はもちろん海外にも広く名を知られるようになりました。
ちょっと西、福岡県朝倉郡東峰村にある、小石原焼の分流です。
なので、小鹿田焼と小石原焼は似ています。

今回、その小石原(こいしわら)を訪れました。
小石原焼は、1682年に開窯したそうです。
たまたま、民陶むら祭というイベントが行われてい凄い混雑、
比較的混んでいない所を見て回りました。

Dc1016258
        ↑の外側↓                ↑の内側↓
Dc1016257

素朴な中にもモダンさが加わったようです。

少し奥まった所に、高取焼宗家、という窯がありました。
高取焼は福岡県で始まり、400年の歴史を持っています。
現在、小石原にありますが、全く違う焼き物です。

Dc1016246_2

探していたものがあったので購入。

Dc1016265

気品があり、優美です。
手が出ない程高価なものが多くありました。

|

« Chinese Dining 夢 | トップページ | 深川珈琲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/53936195

この記事へのトラックバック一覧です: 小石原焼と高取焼:

« Chinese Dining 夢 | トップページ | 深川珈琲 »