« 豊能梅(豊の梅) | トップページ | グテのパンたち(その15) »

2014年4月28日 (月)

きつき漁菜館

大分県に行きました、その1。

大分空港で友人夫妻と待ち合わせ、途中の大分空港道路、桜が満開ですごくキレイでした。一ヶ月ほど前、三月末日のことです。この後三日間、大分県の至る所で、桜を堪能しました。

まずは、杵築観光協会のHPで調べた近くの食堂へ、灘手漁港の傍で、魚を美味しく安く食べられるとのこと。

Dc040202

席に着くと・・・
Dc040203

漁師丼、600円。
Dc040205
お魚たくさん、確かに安くて美味しい!

りゅうきゅう丼、800円。
Dc040206
温飯(あつめし)とも呼ばれ、もとは、海の男のまかない料理。
りゅうきゅう、という名の由来は、琉球とも千利休とも?

杵築市守江4780-86。ここはお薦めです。

|

« 豊能梅(豊の梅) | トップページ | グテのパンたち(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/55860650

この記事へのトラックバック一覧です: きつき漁菜館:

« 豊能梅(豊の梅) | トップページ | グテのパンたち(その15) »