« 薩摩茶屋 | トップページ | あったりまえけん弁当 »

2014年5月24日 (土)

京菓子司「源水」

京都・兵庫に行きました、その2。

Dc051407

1825年創業のお店。京都市中京区油小路二条下ル二条油小路町274、ANAクラウンプラザホテル京都の東側、京都二条油小路郵便局の北隣。ここのお菓子はここでしか手に入れることが出来ません(紫野源水という暖簾分けのお店があり、似たようなお菓子があるそうです)。

Dc051414

広くはない店内に色々なお菓子が並んでいます。

Dc051412_2

立派な工芸菓子。

Dc051413_2

このお店のお菓子はなんといっても、ときわ木、です。

Dc0514228

これだけ買うとちょっとお得になり、3024円。

Dc052401

寒天と砂糖が主原料、透明感のある琥珀というお菓子の一種。

Dc052402

上品な美味しさ。何十年ぶりでしょうか、幸せな気持ちになります。

Dc051415

店内の掲示、この文豪もこのお菓子が好きだったそうです。

|

« 薩摩茶屋 | トップページ | あったりまえけん弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/56296949

この記事へのトラックバック一覧です: 京菓子司「源水」:

« 薩摩茶屋 | トップページ | あったりまえけん弁当 »