« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

夏の美味しいかきと銘酒の会

Dc073001

昨夜、かき船かなわの会です。本日の銘酒。

Dc073008
クリックで拡大。百十郎が特に美味でした。

Dc073102
これもクリックで拡大。

Dc073009
先皿、当然牡蠣。岩がき、旨い!

Dc073011
これも先皿、燻製、佃煮、チーズ。

Dc073013
ポンズで頂く、鯛生ちり。

Dc073016
焼物。
Dc073101
牡蠣とリンゴのグラタン。
Dc073020
器のリンゴも美味しく頂きました。

Dc073023
牡蠣天ぷら、野菜も旨い。

Dc073025
味噌味の茄子と牛肉の煮物。

Dc073027
うざく(鰻の柵切り)がザクザク入っています。

Dc073030
鱧入麺。

Dc073032
杏仁豆腐、酒ジュレ。

美味しい料理に旨い酒、幸せに酔っ払った一夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

すし辰西風新都店

Dc073001

寿司大好き孫の希望により今日も。
安佐南区伴南四丁目1-1、フレスポ西風新都内にあります。

Dc073004
玄界灘五貫盛、820円。

Dc073002
冷製ちゃわんむし、500円。フカヒレなど高級食材入り。

Dc073006
真イカちょっと漬け、120円。

Dc073008
鯖鮨、240円。

などを美味しく頂きました。すし辰は結構いいですね。
三人半で、6千円ちょっと、昨日の倍!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

寿司めいじん

南区皆実町二丁目8-17、ゆめタウン広島の二階にあります。大分が本店の回転寿司チェーンで、同じ会社の立ち喰い寿司店には以前行きました(こちら)。店に入ってみると、寿司は回っていません。

Dc072901

タッチパネルで注文し、品物は二本のレ-ンを流れてきます。

Dc072902

回転寿司も日々進歩しているのですね。商品も、握りだけではなく、ロール寿司、刺身、天ぷら、揚げ物、鉄板焼き、串揚げ、汁物、蒸し物、チーズフォンデュとかアヒージョなどの「逸品」、サラダ、麺類、デザート、何でもあります。チョコレートファウンテンまでありました。珍しい物を二つ。

Dc072904
カマンベール(串揚げ)。

Dc072908
サーモンとクリームチーズロール、何とも不思議な物でした。

回る寿司は、勿論回らない寿司も、滅多に行かないのですが、今日来た孫が好きなので久し振りに行きました。4人半で、3000円位、安い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

純米吟醸「一白水成」

Dc071603_2


元禄元(1688)年創業
秋田県、福禄寿酒造

い米とから
番旨い酒、という意味

開栓直後、魔法の水!
スルスルと喉に流れていき
淡い旨さだけを感じる

日にちが過ぎていくと
次第に辛さが現れ
酸も出て来る

この先どうなるか・・

Dc071604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

加藤登紀子 with 広島交響楽団

Dc072703

愛と平和のコンサート、に行きました。

Dc072704

広島ホームテレビ、ぽるぽるクラブのペアチケットプレゼントに当選、なんとS席です。右寄りですが、前から8列目、悪い席ではありません。

第1部は広響の演奏、チャイコフスキーの弦楽セレナーデ第一楽章、モーツアルトのディベルティメントK.138、バーバーの弦楽のためのアダージョ。久し振りの生クラシック、感動です。昔みたいに広響の会員になり、定期演奏会に通おうかと思いました。

第2部、加藤登紀子、「百万本のバラ」、とともに登場。曲にまつわる語りを入れながら、「難破船」、「時には昔の話を」と続き、次の二曲、「今どこにいますか」、「青い鯉のぼりと白いカーネーション」、は東日本大震災の見聞を基に作った曲、歌も語りもとても心に響きました。そして、今日のメイン、「広島愛の川」、中沢啓治が遺した詩が歌になったものです。。

愛を浮かべて川流れ
水の都の広島で
語ろうよ 川に向かって
怒り、悲しみ、優しさを
ああ、川は 広島の川は
世界の海へ 流れ行く

アンコールという形で二曲。みんなが聴きたい名曲、「知床旅情」、愛のコンサートを締め括るに相応しい、「愛の賛歌」。素晴らしい一時でした。

昼の部が終了して、今日は夜の部もあります。

Dc072705

三連覇を目指すサンフレッチェの応援に行きました。

Dc072302

招待券、朝日新聞のプレゼントで当たりました。これもペアです。残念ながら勝てませんでしたが、土壇場で引き分けにしたのでヨシとしましょう。

実は先週も当たり、応援に、この時は5-2で気持ちよく勝利。

Dc072301

月初め、春日大社に行き、丁寧にお参りしたので、御利益があったのではないでしょうか。サマージャンボ、買っておけばよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

手打ちうどん「暖家」

Dc072605

東区牛田本町二丁目4-15、饒津ガードからビッグウエーブに行く道の真ん中ぐらい、この方向だと右手(山側)。

Dc072609

お昼のうどんセット、好きなうどんとミニ丼。ミニ丼は日替わりのようで、今日はかき揚げの卵とじ。うどんはザルをチョイス、800円。うどんは7・8分茹でていたようで、結構コシがありました。プラスチックのザルはちょっと残念。値段を考えると、頑張っているとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

麺屋いざら (BAR IZARA)

Dc072505

中区胡町2-4、もみじ銀行本店の南、先日この通りを歩いていてこの幟に気付きました。中島町にあったお店(こちら)が移転したようです。

Dc072507_2

5階に上がるとドアの上には、BAR IZARA、の看板。

Dc072509

昼は、麺屋いざら、夜は、BAR IZARA。もともとはBARをやっていて、あとから麺屋をオープン、昼夜別の場所で大変だったので、ここに統合したとのこと。イザラはバスク語(スペインとフランスの国境付近にあるバスク地方に住むバスク人の言語)で「星」の意味、ヘミングウェイが好んだというイザラというリキュールもこの地方で生産されています。

Dc072512

盛岡冷麺を食べるつもりだったのですが、今週のおすすめ麺!に惹かれてしまいました。トマト冷麺(大)、680円。コシのある中華麺、スープは盛岡冷麺のもの、程よいピリ辛、超旨、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

さぬきうどん天霧(可部店)

Dc072401

チェーン店ですが実態はよく判りません。私の生活範囲にも数店舗あります。長く続いている店舗が多いので、地域に定着しているのでしょう。

Dc072403

可部店オリジナルメニュー、ミニ丼シリーズの中の、ミニ鮪丼セット、870円、を頂きました。さぬきうどん、ほどのコシはありませんが、美味しいうどんです。鮪丼は値段を考えれば十分でしょう。茶碗蒸しもミニですが、鶏肉、椎茸、エビ、蒲鉾、銀杏、が入っていました。

Dc072405

セルフでコーヒーのサービスもあります。コスパ、申し分ありません。

安佐北区可部南五丁目11-7、安佐市民病院交差点の少し北。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

出雲そば大黒屋

Dc072303

中区銀山町5-3、弥生通り北口を南へ100mぐらい、西側。かなり昔から行ってみたいと思っていたお店です。

Dc072308

何を注文しようか悩み、「お昼の定食」の一番上にある、そば定食、700円、にしました。出雲そばの冷やぶっかけ、旨い。そして、左上の、出雲名物「のやき」、これが美味です。のやきを肴に一杯、〆にそば、何時かやってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

梵天丸

Dc072201

佐伯区城山(こちら)からこの3月に移転、1キロも離れていないところです。大きくきれいになり、駐車場も10数台分あります。

Dc072205

奮発して、特製汁なし担々麺(大)、910円、を頂きました。特製は、ネギと肉そぼろが増量、温泉玉子付きです。

Dc072207

二辛にしたためか、刺激に物足りなさを感じました。ネギも多すぎて、ちょっと持て余し気味。「特製」(+200円)でなくてもよかったかな。

佐伯区五日市中央七丁目5-11、木舟交差点を北へ、すぐの新落合橋の手前の角。駐車場へ入るときは問題ないのですが、出るとき、南へ戻るのは至難の業、いったん北へ出ました。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

フィガロ房州

Dc072107_2

フランス菓子ポワブリエールたかのばし店、舟入に本店があるケーキ屋さんです(以前書いた胡町店の記事はこちら)。とてもおいしいケーキを作っています。ここの二階が、フィガロ房州、です。高い所の看板にあるように、この四月までは、サロン・ド・テ房州、という名前でした。かなり昔に行ったきりなので、店名以外何が変わったのか判りません。映画がちょうど昼食時間前からはじまるので、ここなら軽く食べるものがあると思い行きました。

Dc072106

ワンプレートメニュー(食事クレープ)、500円、です。三種類の中から、冷製トマトソース&ベーコン、を選びました。このお店が広島で初めてクレープを焼いたそうです。普通あまり食べることのないクレープ、美味しく頂きました。

中区千田町一丁目3-24、鷹野橋電停からすぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

朝拝@春日大社

奈良・京都に行きました、その4。

神主が案内する朝のお参り、というものが春日大社で行われていると知り、参加しようと思いました。一の鳥居、6時半集合、宿から2・3分の所です。しかし、土日祝だけとのこと、残念。で、朝拝(朝のお参り)に参加しました。神職と神社職員だけで行われていたのですが、遷都千三百年を記念して一般人も参加出来るようになりました。9時から本宮の直会殿にて、「大祓詞」という祝詞を三回唱えます。板張りの上で20分ほど正座、当然足が痺れまくりました。東日本大震災、奧吉野・熊野大水害の被災者の救済、災害の復興成就を祈念した萬度祓というものです。毎日参加している一般の人も居るそうです。この後、神主が摂社・末社にお参りするのに同行できます。

Dc071902_2

上、クリックで拡大。下、上の右上部分を拡大したもの。

Dc072001

神主の説明付きで、10までの主な神社のお参り、帰りは、若い神主の丁寧な説明ですべてにお参りしました。

Dc0710127

本宮を出て、この御間道(おあいみち)を進みます。

Dc0710116
奧の方から戻りながらの写真です。10の金龍神社。

Dc0710117
手前、7の佐良気(さらけ)神社。
奧、6の三十八所(さんじゅうはっしょ)神社。

Dc0710119
奧、5の葛城神社。手前、4の広瀬神社。

Dc0710120
Bの夫婦大黒社。

Dc0710121
Aの若宮。

Dc0710122
奧、3の南宮神社。手前、2の兵主(ひょうず)神社。

Dc0710124
1の三輪神社。二拝二拍手一拝、何度も何度もやりました。

写真撮影可ですが、神社の正面は神様の通り道、なので、そこで写真を撮ってはいけません。神社の名前、間違っては居ないと思うのですが、もし違っていたら、神様ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

グテのパンたち(その16)

新作、改作、続々の、グテ(こちら)のパン。

Dc042309
トマトチーズのカレーパン、190円、改作です。
Dc042310

Dc042906
じゃがいもキッシュ、180円。
Dc042907

Dc042910
生チョコ、140円、改作、円盤から円柱を経てこの形。
Dc042911

Dc042912
クリームパン、130円。
Dc042913

Dc052713
ラズベリー、160円。
Dc052714

Dc052711
ベーコンライ、130円。
Dc052712

Dc061702
大葉とスモークチーズ、210円。
Dc061704

Dc061705
プチトマト、70円。
Dc061707

色々楽しませてくれるパン屋さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

江戸三

奈良・京都に行きました、その3。

Dc071047

春日大社、一の鳥居、ここから参道を進むとすぐ右手に数寄屋風の建物が数棟見えてきます。

Dc071048a

これが、料理旅館江戸三です。大阪に出て商売をした所が江戸堀三丁目、それに因んでこの名前をつけたそうです。

Dc071095

先程の一の鳥居の右手、この緩やかな坂を上がると、江戸三の建物群の中に入ります。奈良公園の中なので、看板を立てることができません。

Dc071094

道沿いの最初の建物・影向(ようごう)(二枚上の写真の右端に写っている建物)の壁に、「献上/名物若草鍋/江戸三」と書いてあります。若草鍋という料理の名前は志賀直哉がつけたとのこと、残念ながらこの時期には提供されていません。中央奥に見えるのが帳場。

Dc071091

左が帳場。その右、我々が泊まった、魚鼓(ぎょく)という離れ。右は恐らく一番大きい建物・中央亭、朝、浴衣を着た外国人家族が出て来ました。南側からここまで、車で入ることができます。前述のように、案内板なし。

Dc0710198

入口近くの建物・八方亭に、江戸三と書いてあるだけ。

詳細は、さーたんの独り言[本家](こちら)の、trip温泉、へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

ちりめん食堂

Dc071702

中区本通8-31、の「川口商店」に「ちりめん食堂」ができています。左半分を奧の方まで食堂に、ほとんどカウンター席です。

Dc071705

オススメの、釜揚げちりめん丼、イリコだしの味噌汁がついて、600円。山盛りのちりめん、素材を生かした薄い味付け、美味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

廣島麺匠こりく

Dc071610

県病院の近くにあった、麺の家こりく(こちら)が移転。

Dc071607

店が広くなり、駐車場もでき、便利になりました。

Dc071606

こりくラーメン、800円。鶏ガラ、豚骨、魚介だし、香り油、のスープ、私は魚介だしを強く感じました。麺を引っ張り出して撮影、縮れ玉子麺、断面が楕円形のような感じ、いい食感です。

Dc071608

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

興福寺

奈良・京都に行きました、その2。

Dc071044

奈良といえばこの景色、興福寺五重塔と猿沢池。

Dc071027

東金堂。

Dc071028

宝物館。この二つ、中に立派な仏像があるのですが、撮影禁止。

Dc071501

で、阿修羅像のマグネットを購入。

Dc071034

南円堂。

Dc071037

三重塔。

Dc071039

北円堂。この二つ、鎌倉時代の再建、興福寺で最古の建物。

雨も上がり、奈良に来たという雰囲気を味わい、宿へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

めん処やまさき

Dc071412

安佐南区八木二丁目16-14、エディオン八木店の真ん前。随分昔からあるお店です。今日ちょうど昼時だったので、そして、店頭の看板に書いてある、肉汁つけうどん、に惹かれて初めておじゃましました。

Dc071413

レギュラーメニューではなく、日替り定食用の一品だと思われます。冷たいざるうどんを熱いおつゆで、と書いてありました。見た目とは異なり、さわやかなつけ汁、美味しく頂きました。これで600円、満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

揖保川とまとラーメン

奈良・京都に行きました、その1、プロローグ。

まず兵庫で昼食。奈良・京都がメインですが、ちょっと滋賀にも。

Dc071006

龍野西SA上り線、左奥に食堂、千登世という名前です。その前の赤い幟に、「揖保川トマトラーメン」と書いてあります。ラーメン好きの私、食べない訳にはいきません。880円。

Dc071003

結構なトマトの風味、程よい辛さ、野菜たっぷり、トロミがつけてあるのでなかなか冷めない、のが早食いの私には欠点(?)かな。

Dc071002

辛いものが苦手の奥さんは、にゅーめん、720円。

腹拵えを済ませ、いざ目的地へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

賀茂金秀 特別純米 13

Dc070113


私の大好きな
広島市黒瀬町の
金光酒造のお酒。

13はアルコール度数、
加水ではなく原酒。
新たな挑戦です。

13度なので飲みやすい、
原酒なのでコクがある、
ほのかな甘味に
キリッとした辛旨、
最後は酸で締め括り。

美味しいお酒です。

Dc071201_2

Dc071202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

近為&五辻の昆布

滋賀・京都に行きました、その9、ラスト。

最後にお買い物、まずは近為。

Dc0608232
今回購入して特に美味しかったもの、胡瓜の奈良漬け。
Dc0608245

そして、お昼にお茶漬けを頂きました。前回(こちら)よりお安い1080円のもの、白みそ仕立てのお雑煮、つけもの盛り合わせ、ちりめん山椒が予めのせてあるご飯、という構成でした。

次は、近為から見えるところにある、五辻の昆布(本店)。前回はお休みで、金閣寺店(こちら)に行きました。

Dc0608215

歴史を感じる店構えです。

Dc0608222

店内もゆったり、お茶のサービス、試食もいろいろありました。

Dc061315
朱雀と名付けられた塩こんぶ。

Dc0608255
嵯峨野と名付けられた、きくらげと生姜。超美味。

両店とも、京都に行った時は必ず寄ろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

スカモルツァ。(えごぉま。)

Dc070112

敷信村農吉(しのうむらのうきち)という会社のチーズ工房「乳ぃーずの物語。」の製品。敷信村は昔の地名。「乳」を「ち」と読ませるとは、すごい荒技。この会社は、保育所の運営が出発で、他に農産物の販売、青少年教育事業をやっているそうです。

Dc070504

モッツァレラを乾燥させたスカモルツァ、もちもちとした食感は、そのまま食べても美味ですが、熱を加えるとトロトロになって一層美味しくなります。

Dc0710349

エゴマとは絶妙の組み合わせ、ほのかな風味が素晴らしい。

Dc070506

三越広島店の地階(アバンセ)で購入。537円+税。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

出町ふたば

滋賀・京都に行きました、その8。

Dc0608213

いつも行列。これはかなり少ない方、だそうです。

Dc0608244

豆餅。フワフワもちもち、で、豆の食感がいいですね。

本日中にお召し上がり下さい、が厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

JaPan屋のパンたち

JaPan屋(こちら)のパン。

Dc062516
甘夏デニッシュ食パン、360円。
Dc062517

Dc062519
レモンデニッシュ、170円。
Dc062520
レモンピール入りのクリーム。

Dc062907
クリームチーズクロワッサン、90円。
Dc062908
ゴーダチーズが入っています。

Dc062909
アップルカスタ、170円。
Dc062910
スライスりんごとカスタードクリーム。

Dc063006
アップルパイ、140円。
Dc063007

Dc062901
コーヒーデニッシュ食パン、360円。
Dc062902

このお店には、おはぎパン、180円、という珍しいものもあります。
昔食べたときの写真(こちら)、粒あんおはぎ入りのモチモチパン。

時には、チョコデニッシュ食パンなどを買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

三千院

滋賀・京都に行きました、その7。

Dc0608211

滋賀県から山を越えて、京都大原三千院へ。入口の御殿門。

Dc0608268

二三度来たことがあっても大昔、こんなに広いとは。

Dc0608193

客殿前の、聚碧園(しゅうへきえん)。

Dc0608200

三千院といえば、往生極楽院、でしょう。

Dc0608202

その前の苔むした庭に、わらべ地蔵。右手前、その奧にも。

Dc0608199

Dc0608204

金色不動堂。

Dc0608205

観音堂。

Dc0608206

慈眼の庭。写真では見えにくいのですが、水が流れています。奧の方の山と渾然一体となり、静寂の中に引き込まれそうな空間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

重家酒造の横山さんを囲む会

Dc070643

昨夜のことです。会場は、中区袋町2-19、魚樽・袋町支店。

重家酒造は壱岐焼酎を造る蔵、一昨年から日本酒造りを復活させようと、当面は他の酒蔵のタンクを借りて取り組んでいます。

Dc070601

山口の澄川酒造場(東洋美人)で仕込んだ「横山50」で乾杯。生は壱岐島内だけでの販売。題字は川﨑麻世が書いたそうです。味わいが濃厚、辛さの中にちょっと甘さもあり、酸が強い。とても旨い酒です。

Dc070605

Dc070608

次は、生でない「横山50」、これは広島でも手に入るそうです。強烈な生を飲んだ後では印象が薄かったのですが、飲んでいる内にスイスイ、所謂食中酒、飲みやすいお酒です。

Dc070610

中央は、鮎、骨のコリコリと心地よい食感が楽しい。

Dc070612

ギザミの南蛮漬け。

Dc070614

しゃぶしゃぶ。

Dc070616_2

Dc070617

長崎の蔵で仕込んだ特別純米酒。お米のやさしい味わい。

Dc070619

鱧、夏を感じます。

Dc070622

Dc070624

Dc070626

Dc070627

次々に出て来る料理、食べて飲んで大忙し。

Dc070629

焼酎登場。壱岐焼酎は、米麹1、大麦2、で作られたもの。お酒と同じような香り、穏やかな味わい。

Dc070635

とてもアッサリ味の穴子、美味。

Dc070636

Dc070638

デザートまで出て来ました。満腹。

Dc070640

最後に横山さんの挨拶。

Dc070603

3時間半ぐらい飲み食いしました。体重増加!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

湯元館はなれ葭蘆葦

滋賀・京都に行きました、その6。

Dc060888

湯元館本館、当然ここにロビーがあります。

Dc060890

しかし、今回我々が泊まったのは、はなれ葭蘆葦(かろい)。「はなれ」といっても、普通にイメージする「離れ」ではなく、別の棟の中にあります。その4階に専用ラウンジーがあるとのこと。

Dc060891

人が少なく落ち着いた雰囲気、右には足湯、左奥にはマッサージチェアーがあります。「はなれ」は昨年7月にオープン、全10室。この棟は11階まであり、7階までが「はなれ」、8階~10階は「月心亭」、「はなれ」がベッドなのに対して、「月心亭」は和室のようです。

Dc0608162

11階の露天風呂からの眺め、左中央の道路に面した建物が湯元館本館(5階建て)、その右が南館(8階建て)、手前の小さいのが西館(5階建て)、巨大な旅館です。

詳細は、さーたんの独り言[本家](こちら)の、trip温泉、へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

天狗舞超辛

Dc061318


自宅では飲んだことがなかった
天狗舞だったのに、
今年になってはや2本目。
前回は純米大吟醸(こちら)、
今回は純米超辛。

両方とも、
酸の効き具合が素晴らしい。
辛さは「超」とまでは
感じなかったが、
コクと一体となり
とても美味しい。

3本目、飲んでみよう。

Dc070101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

日牟禮ビレッジ

滋賀・京都に行きました、その5。

Dc060884

日牟禮(ひむれ)八幡宮。近江八幡市にある、長い歴史を誇る神社です。本殿横には立派な能舞台もありました。

Dc060885

この神社の傍(境内・参道)に、「たねや」と「クラブ・ハリエ」からなる、日牟禮ビレッジがあります。

Dc060883

「和」の方の、「たねや」、残念ながら改装中でした。

Dc0608237Dc0608262

手狭な仮店舗で営業中、茶屋は休業でした。丁稚羊羹を購入。

Dc0608257

柔らか、コクのある甘さ、なかなかの美味。

Dc060882

「洋」のクラブ・ハリエ。奧には美しいお庭。

Dc060881

日持ちのする、バームクーヘンサブレ、を購入、サクサク美味しい。

Dc0608251

観光バスを含め車多数、人ゴチャゴチャ。大繁盛でした。

*****

まさに今、そごう広島店の地下一階で「たねや」と「クラブ・ハリエ」の商品を販売しています。かなり長期、8月半ばまでの二ヶ月間ぐらいではないでしょうか。年末にも行われ、毎年恒例になっているようです。
以前購入したときの記事、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

花山椒(中広店)

Dc070204

今年2月に開店した、花山椒の4店舗目。本店(こちら)、2店舗目未訪、3店舗目(こちら)。少し中心部を離れているが駐車場(2台)があって嬉しい。店内はカウンターと小上がり、前は居酒屋というのが明らか。店を示しているのは立て看だけ、ちょっと寂しい。

Dc070201

並を3辛でお願いしました。

Dc070202

山椒がスカッと効いて旨い。

西区中広町一丁目5-12。中広通り、中広町2丁目21番交差点(広島高速4号線に上がるところ)から一つ南の交差点(名前がありません)を西、最初の交差点の北西角。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

パングラタン@MON(もん)

Dc070110

MON(もん)八丁堀店、中区鉄砲町10-15、八丁堀交差点の北東角、階段を下りて地下が喫茶です。南竹屋町に本店があり、20年ぐらい前、仕事絡みでよく行きました。店の横にあった駐車場がなくなり、近くでの用事もなくなり、とんと御無沙汰です。八丁堀店は目立つところにあり、パングラタンが美味しいと言うことも聞いていたのですが、何故か今日まで未訪でした。

Dc070106

グラタンリングセット、880円。刳り抜いたパンの中にグラタンが入っています。美味です。グラタンの右にあるのが、パンの上の部分と刳り抜いた中身、ともにバターが塗ってあります。茸サラダも美味しかった。

グラタンではなく、カレーパスタが入った、カレーリング、というものもあるようです、次回に。それより、パンそのものを食べてみなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »