« 湯元館はなれ葭蘆葦 | トップページ | 三千院 »

2014年7月 6日 (日)

重家酒造の横山さんを囲む会

Dc070643

昨夜のことです。会場は、中区袋町2-19、魚樽・袋町支店。

重家酒造は壱岐焼酎を造る蔵、一昨年から日本酒造りを復活させようと、当面は他の酒蔵のタンクを借りて取り組んでいます。

Dc070601

山口の澄川酒造場(東洋美人)で仕込んだ「横山50」で乾杯。生は壱岐島内だけでの販売。題字は川﨑麻世が書いたそうです。味わいが濃厚、辛さの中にちょっと甘さもあり、酸が強い。とても旨い酒です。

Dc070605

Dc070608

次は、生でない「横山50」、これは広島でも手に入るそうです。強烈な生を飲んだ後では印象が薄かったのですが、飲んでいる内にスイスイ、所謂食中酒、飲みやすいお酒です。

Dc070610

中央は、鮎、骨のコリコリと心地よい食感が楽しい。

Dc070612

ギザミの南蛮漬け。

Dc070614

しゃぶしゃぶ。

Dc070616_2

Dc070617

長崎の蔵で仕込んだ特別純米酒。お米のやさしい味わい。

Dc070619

鱧、夏を感じます。

Dc070622

Dc070624

Dc070626

Dc070627

次々に出て来る料理、食べて飲んで大忙し。

Dc070629

焼酎登場。壱岐焼酎は、米麹1、大麦2、で作られたもの。お酒と同じような香り、穏やかな味わい。

Dc070635

とてもアッサリ味の穴子、美味。

Dc070636

Dc070638

デザートまで出て来ました。満腹。

Dc070640

最後に横山さんの挨拶。

Dc070603

3時間半ぐらい飲み食いしました。体重増加!?

|

« 湯元館はなれ葭蘆葦 | トップページ | 三千院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/56709339

この記事へのトラックバック一覧です: 重家酒造の横山さんを囲む会:

« 湯元館はなれ葭蘆葦 | トップページ | 三千院 »