« 博多ラーメン味の蔵 | トップページ | 大規模土砂災害 »

2014年8月19日 (火)

モーウイ〔毛瓜〕

Dc080102

三次きん菜館(こちら)で購入。

Dc080106

手元にある小学館の食材図典Ⅲによると:
ウリ科。別名、赤毛瓜、越瓜(えっか)。華南(かなん)型と呼ばれるキュウリの一種で、地這(じばい)栽培される。果皮は赤茶色で、細かい網目状の模様がある。果肉は白く、淡白な味でキュウリに似るが、青くささはない。長さ25cm、重さ1kgくらいになった完熟果を食用にする。沖縄県では、味噌(みそ)煮(モーウイウブサー)やそぼろ煮、和(あ)え物、酢の物、汁物、黒砂糖漬けなどに利用する。収穫時期は7~10月。主な生産地は今帰仁村(きなじんそん)、糸満(いとまん)市など。15世紀以前に中国の華南(かなん)地方から持ち込まれ、琉球(りゅうきゅう)王国時代の宮廷料理の食材用に栽培が始まり、庶民にも広がった。

Dc080912

原産地はインド西部という説あり。中国で使われていたので中華風料理にも、そして、漬物にも、要するに何にでも合うようです。

Dc080109

みずみずしくアッサリ味なので、サラダでも美味しく頂けました。コリコリとキュウリよりもいい食感です。

|

« 博多ラーメン味の蔵 | トップページ | 大規模土砂災害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/57098435

この記事へのトラックバック一覧です: モーウイ〔毛瓜〕:

« 博多ラーメン味の蔵 | トップページ | 大規模土砂災害 »