« バトンドール(冬バージョン) | トップページ | ミセラ »

2014年12月22日 (月)

刀削麺荘唐家

Dc122206

秋葉原に本店がある刀削麺専門のお店。

Dc122207

縦長の店に入ると、すぐ右に食券販売機、左にカウンター5・6席、その奧に刀削麺ロボット、さらに奧にテーブル席三つ。ロボットはなかなかよく出来ています。カープ仕様で、鉢巻きには、勝鯉、の文字。左手が左右に、右手(に付けられた刃)が前後に動き、軽快に麺を削りだし、その麺はお湯の中に飛び込んでいきます。

Dc122213

麻辣刀削麺、700円。機械が削った刀削麺、細かいものはありますが、ほぼ均一です。以前、人が削ったものを食べましたが、麺の厚さ・大きさが同じではなく、食感の変化を楽しむことが出来ました。どちらがいいというものでもないでしょう。スープは、山椒の痺れとラー油の刺激、と書いてありましたが、まさにその通り。特に山椒の効き具合はそう快でした。

Dc122215

完食、美味しく頂きました。

東区若草町9-6、広島駅新幹線口を東へ、若草町東交差点の北西角、北東角が代ゼミ(もうすぐ閉校)。

おまけ、今日は冬至。今年は新月と重なる「朔旦冬至」と呼ばれる特別なもの。冬至を過ぎて太陽が復活、新月から満月へ向かって月も復活、古来御目出度い日とされているそうです。普通は19年に一度あるのですが、2033年はうまく一致せず、次回は2052年になるとのこと。私、この世に存在していないでしょう。最近よくこういうことを考えます。

|

« バトンドール(冬バージョン) | トップページ | ミセラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/58346204

この記事へのトラックバック一覧です: 刀削麺荘唐家:

« バトンドール(冬バージョン) | トップページ | ミセラ »