« 話食家和2015年4月の企画ランチ | トップページ | 五人娘しぼったまんま »

2015年4月25日 (土)

修学院離宮・下離宮

京都・滋賀に行きました、その2。

Dc041201
 クリックで拡大します。

今回の旅行は修学院離宮の参観が主要な目的の一つです。三ヶ月前の一日から参観希望受け付け開始、元日に申し込みました。

「修学院」は、10世紀後半に建立された寺の名前が始まり。その後寺は廃絶したが、修学院村という地名は残る。離宮は後水尾上皇により、三・四年の歳月をかけ、1659年に完成。現在、下離宮、中離宮、上離宮、がある。案内人が居て集団で見て回ります。

Dc040510

先ず下離宮、御幸門から入る。柿葺、花菱紋の透かし。

Dc040513

すぐ寿月観、玄関の御輿寄、下から見るだけ。

Dc040512

右の通路を上がります。

Dc040515

右奥に大きな池。

Dc040516

寿月観の扁額は後水尾上皇の宸筆。柿葺入母屋数寄屋風造り。

Dc040520

襖絵は色あせて見える。

Dc040519

建物の周りには池に繋がる流れ。

Dc040521

小さな滝があり、水音が聞こえてきます。

Dc040527

東門から出る。

Dc040525

左の方の景色。中央奥に比叡山。

Dc040526

東門を出て右の方の景色。正面の松並木を上がると上離宮。
右に行くと中離宮、長くなったので次回へ。

|

« 話食家和2015年4月の企画ランチ | トップページ | 五人娘しぼったまんま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/59768471

この記事へのトラックバック一覧です: 修学院離宮・下離宮:

« 話食家和2015年4月の企画ランチ | トップページ | 五人娘しぼったまんま »