« 辛口夏純「賀茂金秀」 | トップページ | U:ME(ユーミー)のパンたち(2) »

2015年8月 2日 (日)

麺匠ちゃかぽん

滋賀に行きました、その4。

Dc060283

彦根城を出た所にある、夢京橋キャスルロード。

Dc060297

鯉が泳いでいます。その中ほどにあるお店。

Dc060294

彦根市本町二丁目2-2。店名は、井伊直弼の綽名、「茶・歌・鼓」から。十四男の直弼公は藩主になる見込みもなく、青年期、学問だけではなく、茶道、歌道、能にも造詣が深かったので付けられたもの。

Dc060288

赤鬼うどん一代目、1020円。初代井伊直政公は赤い装束を身にまとい、勇猛果敢、「井伊の赤鬼、井伊の赤備え」と恐れられました。

Dc060286

その直政公をイメージしたうどんだそうです。

Dc060289

赤鬼うどん十三代目、1120円。直弼公をイメージしたうどんだそうですが、直弼は十五代目では? 近江牛、赤こんにゃく、丁字麩、入り。

Dc060290

近江牛専門店、千成亭が運営するお店。なので、隣に、近江牛にぎり寿司せんなり亭があります。販売だけですが、ちゃかぽん利用者は店内で食べることが出来ます。近江牛赤身のにぎり、500円(とろは800円)。外国人を含め、外で食べている人がそこそこ居ました。

|

« 辛口夏純「賀茂金秀」 | トップページ | U:ME(ユーミー)のパンたち(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/60925561

この記事へのトラックバック一覧です: 麺匠ちゃかぽん:

« 辛口夏純「賀茂金秀」 | トップページ | U:ME(ユーミー)のパンたち(2) »