« 小鹿田(おんた)焼の里 | トップページ | 中華そば「めじろ」 »

2015年9月28日 (月)

中華そば「ことり」

Dc092810

この4月、広島を代表する、中華そば「すずめ」、が閉店。「ことり」の店主は、「すずめ」で修行をし伝統の味を守っていこうとこのお店を開店。

Dc092812

中華そば、700円。見た目は似ていると思います。味は、旨い、広島の豚骨醤油です。すずめと同じかどうか、最近食べていないので判りません。恐らくすずめとは違うという人が居るでしょう。でも、同じである必要があるでしょうか。同じ店でも変化します。ましてや、作る人が違うのです。個人的には、変わって当然、伝統を踏まえ進化していけばいいと思います。その意味でここのラーメンには個性がありません。生き残るためにはただ伝統を守るだけではだめなのでは。平日の一時頃、客は数人でした。

中区宝町4-13、フジグラン広島の西、裏通りの狭い道、以前、金田屋和田党(こちら)、その後、ゴリ家(こちら)、があった所。という場所なので、「ことり」には頑張って欲しい。

さーたんの独り言本家(こちら)の「食物」にラーメン店一覧。

|

« 小鹿田(おんた)焼の里 | トップページ | 中華そば「めじろ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213803/61814684

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば「ことり」:

« 小鹿田(おんた)焼の里 | トップページ | 中華そば「めじろ」 »