2015年10月20日 (火)

東京たまごキャラメルたまご

Dc101119

頂き物。見るからに「ごまたまご」の兄弟?

Dc101204

キャラメル味もなかなかに美味しい。

Dc101205
クリックで拡大します。

初めて「ごまたまご」を食べた時はとても感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

東京カンパネラ

Dc101110

東京土産に頂きました。偶々今、福屋八丁堀店、全国うまいもの大会(~19日)で大々的に売り出しています。

Dc101121

ふわふわで風味豊か、美味しい。

Dc101208

Dc101209
Dc101516

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

キャンベルショコラ@ルタオ

Dc101509

そごう広島店、北海道の物産と観光展(~27日)で購入。

Dc101518

キャンベルソースとムース、クーベルチョコのムース、の三層。

Dc101522

口の中でとろけます。

Dc101416

事前にこんなモノを販売していました。各地で開催される、北海道どさんこプラザ・北海道主催「北海道の物産と観光展」で使えます。

Dc101514

千円券7枚で五千円、このケーキ分がお得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

京だんご藤菜美

京都の二年坂・清水道にお店があります。

Dc100911
茶の露ほろり。抹茶の風味と程よい甘さの小豆。
Dc100912

Dc100915
大福。やわらか、フワフワ、美味しい。
Dc100917

そごう広島店地下一階で売っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

菊水飴

京都・滋賀に行きました、その14。

宿の人に今日の予定を聞かれ、賤ヶ岳に登るつもりというと、調べてくれて、リフトは来週からの運行とのこと、残念。で、上から見るつもりだった余呉湖を湖畔から見ることにしました。

Dc0405319

一周する道もあるようですが、そこまでの魅力を感じませんでした。

Dc0405324

次は菊水飴を買いに。営業していないように見えました。

Dc0405325

北国街道沿いに江戸時代からあるお店だそうです。

Dc0405374_2

砂糖は使わず麦だけで作ります。

Dc0405321_2

優しい甘さ、超美味です。

Dc0405326

店の前の道路にある穴、地下水が出て積もった雪を溶かす装置だそうです。この後気を付けてみると、ほとんどの道路にありました。この辺り、かなり雪深い所だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

新潟・長野・富山の物産展

福屋八丁堀店にて。

Dc060906
信州戸隠そば、山故郷(やまざと)。ざるそば、831円。
Dc060908
ぼっち盛り、というそうです。
Dc060910
蕎麦湯も頂きました。

Dc060926
小布施堂、栗むし、864円。
Dc060931
栗あんに栗の渋皮煮。

Dc060914
麦香房EPI、信州りんごパン、432円。
Dc060917
りんご果汁で生地を作り、蜜りんごを練り込む。

この物産展は本日で終了、会期わずか6日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

さつまどりサブレ

Dc051611

創業大正8(1919)年の老舗、鹿児島風月堂の作。私、この様なお菓子が大好きです。元祖は鎌倉豊島屋の鳩サブレでしょう。博多のひよこサブレというものも食べたことがあります。他にも、いろいろな類似の商品があるようです。

Dc051609

右上から時計回りに、さつまどりサブレ、さつまどり紫芋サブレ、さつまどり黒酢黒糖サブレ、しおサブレ、黒さつまどりサブレ、知覧茶サブレ。

Dc051610

隣人よりお土産に頂きました、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

熊本城昭君の月

Dc050326

熊本の新しいお菓子。朝鮮飴をホワイトチョコで包んだものです。朝鮮飴は加藤清正に繋がる昔からの熊本名物。それをホワイトチョコで包む、という発想はありそうな、なさそうな。しかし、出来上がったものは見事なコンビネーションです。味も食感も素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

小倉りんごぱい@銀座甘楽(かんら)

Dc112812

このお店で有名なのは豆大福。しかし賞味期限の関係でお土産には不向きですね。一方、このお菓子はお土産用にぴったり。

Dc112816

パイ生地の中にあんこ、上にりんご。パイはサクサク感を残しながらしっとり、リンゴは煮てあるけれど歯ごたえあり。甘さと酸味、硬くなく柔らかくなく、味と食感、なかなか絶妙のバランスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

赤とち餅

Dc122406

鳥取自動車道、鳥取ICを出て正面に見える「お菓子の壽城」(城の外観で、お菓子のテーマパークとのこと、まだ中に入ったことはありません)。そこにある「福うさぎ」のお菓子です。

Dc122407_2

餡をとち餅で包んだのが「白とち餅」、逆にとち餅を餡で包んだのが「赤とち餅」。頂いたのは赤い包装紙に包まれた赤とち餅です。

Dc122413

このような赤福に似たお菓子、私は大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧